カテゴリー「お茶講座」の45件の記事

開く会話法とお茶を身に付けると、外見が美しくなる訳は?

こんにちは

「お茶時間10分習慣」で意識をすっきり整える

 お茶の間トレーナー 金澤木綿です。

寒いですね??!!全国的に大荒れな天気ですが、

静岡は寒いけれど、やっぱり晴天です。

気分だけは気持ちがよくてありがたいです。

ところで、お茶の間コミュニケーション講座の

受講生さんからの声をブログにアップしました。

http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/1128

不思議に思うかもしれませんが、

開く会話法を学び、心の使い方を身に付けると、

外見が、驚くほど美しくなります。

表情や目の輝き、穏やかさなど、

あらゆるところに、そのすっきりとした美しさを垣間見ることができます。

女性は特に、分かりやすい!^^

彼女もそんなお一人でした。

「すべては自分の中で起きていました。^^;」と、最後は笑っていましたが、

一人ではコツが分からず、堂々巡りになりがちですね。

彼女の感想も、アップしています。

===========================

【開く会話法を身に付けると、外見が美しくなる理由は2つ】

1 ご自分の会話のくせを簡単に改善していけるので、

 周囲との関係が良好になり、結果、心おだやかに過ごせるため表情が豊かになる。

2 もう一つは、ブログにて!お読みくださいね。

http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/1128

===========================

こんな風に、特に女性に嬉しい効果がある

お茶の間コミュニケーション講座。

1月31日(日)から、4期が始まります。

1日2単位 半年間のコース。

美しい大人の女性になるための一つの方法として、

取り入れてみませんか?

5期生からは、少しずつ受講料を上げさせて頂きます。

今だわ!という方は、お早めにどうぞ。

詳細は、こちらから。

http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/856

【1月・2月の企画】
・1/31 お茶の間コミュニケーション講座1・2
・2/4 なりたい私になるお茶の時間 
 特別版 舞台俳優と一緒にリーディングカフェ
 http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/1111
・2/21 牧之原協奏曲 500円でスイーツとお茶飲み放題のイベントに出店します
 https://www.facebook.com/events/1682811888642830/ 

他にも、今月発売の雑誌フィガロに、和紅茶の益井園が登場しているとか!

まだ私自身も拝見していませんが、本屋に立ち寄りの際はご覧ください。

それでは、風邪など引きませんよう、

熱いお茶召し上がって下さいね。^^

金澤木綿


●お茶の魅力や日本を味わいたい方には
 お茶うけ屋公式サイト⇒ http://ochaukeya.com/

●作り手の個性が光る日本茶や、お道具が気になる方は
 お茶うけ屋ショップ⇒ http://ochaukeya.shop-pro.jp/

●日本茶を活用したコミュニケーショントレーニングや、
 お茶セミナーに興味がある方は
静岡・感性コミュニケーションスクール⇒ http://kanseiinst-shizuoka.com/

  ○o。.。───────────────

     一杯のお茶から始まる
      お茶の間コミュニケーション。
 お茶と真摯に向き合えば、自ずと自分が見えてきます。
    お茶って、やっぱりおもしろい!

  自分だけでなく、目の前の相手の魅力も
     引き出す人になりませんか?              

    ───────────────。.。o○

| | コメント (0)

カラダとココロの一体感、感じてますか?

カラダとココロの一体感、感じてますか?
そこ、お茶を通して稽古してみませんか?

お茶が美味しい秋ですね。
みなさんにとって、お茶はどんな存在ですか?

あってもなくても、影響がないもの?
それとも、毎日飲まないと落ち着かないもの?
はたまた、いれてもらえれば、その美味しさは染み渡るもの?笑

「毎日慌しくてお茶なんていれてられない!」
と言うかもしれませんが、
あえて私も言うならば。

「慌しいからこそ、
まずは、落ち着こう。
とにかく、席に座るところから。」

座ったら、湯ざまししながら、
まずは深呼吸して。

Photo_2

そして、もう一つ。
座ったら、考えることをあきらめて。
「この数分間であれも出来る、これも出来る。」
なんていう妄想は、カット。

それでも落ち着かない時は、自分に問いかけてみて下さい

「この10分間お茶することで、
私にどんな悪い影響があるというの?
それは、それは真実?」

大切なのは、
カラダも、今ココ。
気持ちも、今ココ。

一体感を持つことです。

1017_2

感性研究所のNLP を学んだおかげで、
以前よりも幅広く、お茶の効果を伝えることが出来るようになりました。

お茶の楽しみ効果を体感したい方は、10/17  お茶ヨガへ。
http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/752
 
お茶うけ狙いのお茶時間でもいいんです。
私も好きです。(*^_^*)
お茶うけ屋、なんて屋号のサイトをする位ですから。


お茶うけ屋では、岐阜県美濃白川茶

常磐園さんのお茶販売の準備中です。

こちらも楽しみですね!


| | コメント (0)

「茶道を学び茶道を活かす」2デイ集中講座

「茶道」を学び、同時に全く違う「感性コミュニケーション」
というアプローチから茶道を見て行く2日間の特別講義です

講座のテーマは、「茶道を学び、茶道を活かす!」

①1/31(土) 10時~17時
テーマ「茶道の稽古と、感性力」

②2/28(土) 10時~17時
テーマ「茶道の茶事と、営業力」

●日本的なリーダーシップとは、

いったいなんだと思いますか?

あまりに無意識に行われている会話や関係の作り方を、
あえて、非日常の茶道の動きを通して理解し、
さらに、感性流リーダーシップ・コミュニケーションを通して、
日常の業務や暮らしに落とし込む。

発祥は、日本の茶道と、アメリカの実践心理学。
一見全く違う世界ですが、日本人が行うからこそ、
二つの世界に共通項が見えてきます。

現代の仕事や暮らしに役立つヒントがたくさんあります。
通しで参加されることで、より深く理解できます。

「自分たちの特徴」を客観的に知ることで、
知識を、活用できる知恵に変えることができます。

日本の伝統文化を普段着で体感していただける、
今までにない日本茶の講座です。

しかも、講師の先生方が素晴らしい!
自信を持ってご紹介したい先生ばかりです。
*頭の理解を超えて、体感で学べる2デイ集中講座は、
2回目の開催は予定していません。

   ・‥…─*─…‥・

お申し込みは、こちら

   ・‥…─*─…‥・

【セミナー内容】

家庭や社内の人間関係だけでなく、
これからの営業は、関係作りが大切と言われます。

実は、共に一杯のお茶を囲む茶道の動きには、
この関係作りに役立つ要素がたくさん含まれています。

日本的なリーダーシップとは、どういうものだと思いますか?

あえて、非日常の茶道から、
亭主(リーダー)の仕込み等を客観的学ます。

さらに、茶道を、感性流リーダーシップや
コミュニケーションという角度から見て行くことで、
日常の仕事や暮らしにも役立つように、落とし込んで行きます。

*経営者や営業職の方、会社で部下のいる方にも、おすすめの内容です。

【この講座の特徴】

一日の講座の流れは、

「聴く講義」と「質問する講義」で組み合わたライブ講座。

受け身の講義ではなく、講義を聞きもう少し知りたいと思った事は、質問しながら深掘りしていくように、質問時間が60分間と充実しています。

また、何もお茶の知識がなくても多角的に学べるのが、この講座の特徴です。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○

≪午前≫ 茶道講義

1 茶道の講義 90分間 「茶道における稽古」

2 講義を受けて、質問タイム 60分間 ・・・講師お二人と受講者からの質問を交えながら、茶道とは何か?を深掘りしていきます。

≪午後≫ 感性力講義 

3 感性力の講義 90分 「感性力を発揮する」

4 講義を受けて、質問タイム 60分間 ・・・講師お二人と受講者からの質問を交えながら、感性力を活かすとはどういうことか?を深掘りしていきます。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○

【こんな方におすすめです】

・日本の文化を学びたい方

・茶道って何?と思われた方

・共感型リーダーシップを学びたい方

・お茶の仕事をされている方

・お茶を学ばれている方

・お茶が好きな方

・「教育」について意識の高い方

・無理のない自然な営業力を身に付けたい方

・日本式のコミュニケーションについて、興味がある方

・感性って何?と思われている方

・人と円滑なコミュニケーションを取るコツを知りたい方

昔は、トップセールスはお茶を飲みながら行われました。ざっくばらんに話す時間の価値を、ぜひ現代版でご活用ください。

●仕事で言えば、経営者、自営業者、営業マン、先生、お茶の関係者。

【講師紹介】 

■ 日本茶道塾 茶道教授  吉野亜湖 

  静岡産業大学非常勤講師 

これからの茶道は、それぞれの流派や団体という、
限られた世界で生きるという小乗的な状況や形式の抑圧から卒業し、
茶道が発見した侘の真理のもと、現実世間の中で自在に生き、
ありのままの心で臨むべきであると感じております。
 茶は心を育てるものです。
自らを解放し、自由になっていく・・・
その楽しき道をご一緒させていただければ幸いです。 

茶道塾・白雲塾長の言葉 ホームページより引用


■一般社団法人感性研究所 代表 岡田裕之

【これからの感性社会に必要な感性力】

情報化社会が極まり、時代は感性社会の変遷期にあります。

たんなる情報通では通用しない時代。
これからは、情報をどう読みとり、
どう伝えるかという、
センスが問われる時代といえます。
数字そのものには意味はありません。出来事もそうです。

情報に意味を持たせるのは、人です。
情報に意味をもたせ、どう活かすかが重要なのです。

テクノロジーが進めば進むほど、実は、人にしかできない能力が必要とされるのです。

また、感性社会は成熟社会。
消費者の志向はモノからコトへと変化していきます。
人々は、より心の充足感や共感を求めるようになるのです。
人の心をくみ、活力に繋げる能力。
共感コミュニケーション力が、これまで以上に重要視されるようになってきています。

さらに、人を魅了する表現力や、
人を惹きつけるリーダーシップ力を備えた人材の出現は、
日本のみならず世界中の人々が待ち望んでいることです。
実際、世界の先進企業でさえ、経営者自らがプレゼンテーションをして、
人々を魅了しているということからも、
いかに感性に訴えるスキルが重要であるかを知ることができます。

そうです。
時代の変遷期においては、マネジメント能力だけでは不足なのです。
創造性と共感性を兼ね備えた、人を惹きつけるリーダーシップ力が必要なのです。

NLP感性研究所のホームページ「NLP感性研究所とは?」より引用

◆日時  2015年1月31日(土) 10時00分 ~ 17時00分
           2月28日(土) 10時00分 ~ 17時00分

◆場所  1/31 静岡駅前パルシェ会議室
           2/28 あざれあ 
   ≪アクセス≫ JR静岡駅から徒歩圏内 

◆費用  2日間参加 16000円  1日のみ 10000円

◆お申し込み   定員になり次第、終了します。

○o。.。───────────────

この、茶道を学び茶道を活かす集中講座は、

2度目はありません。これぞ、一期一会講義です。

ご興味を持ったら、ぜひ今のうちにどうぞ。

  お申し込みは、こちらから

───────────────。.。o○

| | コメント (0)

歴史を学ぶと軸が出来る

先月の大阪出張の際、袋布向春園本店さんで行われた、もちや様こと、橋本素子先生茶の歴史講座に参加しました。
テーマは、「茶湯(ちゃとう)って知ってる?」

なぜ、「結婚式とお茶」ではなく、「お葬式とお茶」がセットのイメージになったのか?お寺とお茶とお酒の話など、地味な話なのですが、おもしろい。
個人的には、お葬式のパッケージ化の経緯についてのお話は、とても興味深かったです。

2213

そう、歴史って、一見地味な話なんですよね・・・。(もちやさん、ごめんなさい!笑)

でも、歴史を知ると大きな流れが見えるんですよね。
なんていうか、基本に帰ることが出来るというかね。
発想がゆるく、のびのびとなるというかね。

しかも、今回は私が昨年10月17日に栃沢茶農家の皆さんと一緒に参加した、非公開の東福寺の開山忌、茶道の原型とも言われる四つ頭茶会の話も登場しました。

Toyugasira

あの時はフリーズして、記事にもできませんでしたが、写真撮っておいたおかげで、少し頭がほぐれました。ありがとうございました。

タイトルに、「歴史を学ぶと軸が出来る」としたのと、「発想がゆるくなる」なんて正反対に見えますが、歴史を学ぶと自分の言葉に根拠が持てるようになります。そうすると、柔軟に対応できるようになるんですね。私はまだグラグラですが・・・。^v^;

Yu

写真は、東福寺にて。この席って、だれもが撮影したくなる場所ですね。お気に入りの一枚♪

それにしても、今の時代に「日本式」だとか「中国式」だとか言ってることも、溯ると全く違ったりしておもしろい。頑なになる必要なんて全くないなぁと感じました。

というか、昔って今ほど、全てが厳密に分類なんてしてなかったんじゃないの?と、思える講座でした。

いいかげんが、好い加減。

残留農薬やら細菌やら、検査をすると妙に「ゼロじゃない」ということに過敏になってしまう私たち。よくよく考えたら、色々な微量成分を計る機械が発達したおかげで、今までなかったものが、見えるようになったおかげで、自分たちが暮らしづらくなってたりして・・・。

2211

あぁ、橋本先生の講座とは関係ない話なのですが、歴史を知るとそう思います。
細分化、階級化することで、利益を得る人たちっていたんじゃないかなぁ?茶道や煎茶道の流派だって、その典型だと思いますし・・。

(ちなみに、利益を得ることが悪いとは言っていませんよ~。次代へつなぐために、必要なことだと思います。)

などと言う話は現場でしたわけではなく、私が一人つぶやいているだけの話です。^^

それにしても、和歌山や徳島からも人が集まるなんて、橋本先生の講座は噛むほどに味が出るということが分かります。
少数精鋭講座、正直贅沢すぎます。ずるい!

2212

今回は、たふちんがブログで私の来訪を書いて下さったおかげで、2年前や1年前に行ったお茶講座に参加して下さったお客様や、お茶うけ屋バージョンの焙烙を買ってくださったお客様にもお会いできて、本当に光栄でした。^^ 

講座後、座談会?で話題になったのが、「これからのお茶」について。
つまりは、私を含む!若い人たちにとって、「かっこよく、尊敬出来る人生の先輩と、どこで出会えるのか?」は、かなり重要なテーマだと思います。

橋本先生の次回講座は、「中世の茶園について」
■3月20日(土)13時~15時  
詳細は、こちらから。 

マイ急須でお茶が何種類も頂けて、お菓子も色々と並びます。正直、贅沢すぎると思います!!いいなぁ、近くの方は~。

にほんブログ村 グルメブログ 
お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ 
カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

きらく市でお茶講座

出張から戻り、本日は静岡市水見色地区の農産物加工所『きらく市』のお母さんたちにお茶の講座をしてきました。きらく市は、オープニングも手伝わせていただいたイノシシ肉を食べれる加工所です。

2231

お茶の木の生理と、成分の関係。
湯温と成分の関係、淹れ方実践。
などなど、2時間半近く経ってしまいました。

最後は、季節別のお茶の提供方法などについても意見交換。現場があるというのは、色々と出来る事が多く、私自身も楽しみです。商品化してね~!

メンバーの一人が、昨年秋の料理通信を偶然購入していたらしく、私の取材記事をみなに見せていました。

2232

あまりに、私の写真うつりが今日と違ったようで。笑
雑誌と現物を何度も覗き込み、見比べて盛り上がりました。

2233

私は左端。確かに、違う! f^0^; 

さてと、一連の出張もあと一踏ん張り。
その後は自宅でしばらく作業です。

東京・大阪・大津・静岡と、カフェ情報も含め書きたい記事が溜まっています。

でも、今日は眠いので。
まずはおやすみなさい~。

にほんブログ村 グルメブログ 
お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ 
カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノリタケティーセミナー報告

東京ドームで行われたテーブルウェアフェスティバルの中で、特設イベント会場でノリタケティーセミナーをさせていただきました。

02051

久しぶりの紅茶セミナーでしたが、とても楽しい時間でした。
反省も多々あるのですが、それでも、会場からたくさんのご質問を頂けたこと、多くのうなずきと一生懸命メモを取って下さる方などもいらしたことが何よりも嬉しいです。

02052

セミナーが終わった後にもお客様がお待ち下さって、たくさん質問をしてくださいました。

上海セミナー以来の講座だったのですが、改めてお茶の楽しさは茶種を超えて、共通するものがあると実感。こうやって日本茶以外の講座を時々行うことで、新しい気づきが生まれますね。

暮らしの中で、質の良い道具を使うことがとても大切だと、改めて実感しました。

02053

今回のセミナーの機会を作って下さった、ノリタケ様に感謝です。
ありがとうございました。

02054

ノリタケブームの入り口のディスプレイ。
う~ん、ゴウジャスですばらしい。^v^
ノリタケさんのブースは生花しか使用しないらしく、ブース内には桜も満開、ボケも咲いて、それはシック&華やかなブースでした。

実はこの日のセミナーの案内状を、以前の勤め先ダロワイヨの上司に送ったところ、当日見に来てくださいました。
サリー姿に、とても驚き、そして喜んで下さいました。(私も嬉しい♪)

02056

今は外商を担当されている方ですが、当時は店長と部下でした。今も変わらず、アドバイスを頂きます。

「衣装は雰囲気とぴったりで、内容もとてもよかったよ。」まず、ほめる♪
「一つ、『~かなぁ。』という表現をよく使うね。あれは、講師という立場では自信がなさそうに映ってしまうから、気を付けた方がいいね。」と、アドバイス♪^v^

はい、本当にまだまだです。^^;
ありがとうございます。


にほんブログ村 グルメブログ 
お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ 
カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

柔らか頭作成お茶講座!?

今日は、藤枝市の洋菓子店レ・トゥーヌソルの山田オーナーからの紹介で、藤枝北高等学校の「農業起業基礎」を選択された生徒さんに、お茶の講座+α(なんだ?笑)の授業をさせていただきました。

私は頑固なのに、お茶に関してだけは柔らか頭が出来るようなので、お茶を使って、柔らか頭になるための発想の仕方について、体験学習をしてもらいました。

S080709_1130

お茶講座の内容は、冷茶の作り方と、ミックスティー作り。
もちろん今回も、ティーポットボトルは大活躍♪
ボトルが欲しい!という声も上がりました♪

お茶の講座をしながら、柔軟な発想力の鍛え方を同時に組み込んでいくというのは、今までやったことがない講座スタイルで、とてもおもしろかったです。(ちなみに写真の手前にある黒いボトルは、お醤油です。)

今まで高校生に講座をした事がなかったのですが、人数が7名と少なかったのも、ワークショップのようで入り込めて良いのだと思う。

講座をやりながら、自分も頭の中もクリアになり、思考が柔らかくなってきて、講座は受ける方以上に、やることで身に付くことが多いものですね。

ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

紅茶講座の報告

12月1日の紅茶講座は、風邪が流行っていて、キャンセルを余儀なくされた方もいらっしゃいましたが、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。
スリランカの産地別のお茶の説明です。

S0712_051


昨日、私のお茶の同志でもある方と一緒に飲みました。
飲みながら、「あんたは、導入がヘタ。自分で言ってたけど、エンジンかかると調子良いのに。」と、酔いながらも手厳しいアドバイス。

S0712_052

本当に、そうなんだ・・・よね。

昔、ヴィータという名前で、友人と「世界のお茶講座」を展開していた時から、友人からずっと言われてきたこと。お客様が、全員こっちを向いているのが、実はとっても緊張してしまいます。こっち見ないで~!!って。(汗)

きっと、これを万が一、当時の友人(今ももちろん、友達ですが。^^)が読んだら、「成長してない!練習不足!」と怒られるな・・・。^。^;) 
彼女は、いつも全力疾走で、がんばっているから

話を講座に戻します。^^

続きを読む "紅茶講座の報告"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今月の茶道教室

パソコンを打つ気になれなかった1週間。
書きたい記事は山ほどあり、後手後手に動いておりますが、まあ一服お茶でも飲んで、のんびり記事の更新をしていきたいと思います。

今日は、午後から月一回の茶道教室の日でした。
今月は先生から、「日本茶インストラクターについて、知りたい。」という要望があり、教室に参加している私と、サイトウ氏とアマノ氏の3人で、日本茶インストラクターについての講義をしました。こういう講義は、初めてだったので、これまた新鮮。^^


S0711281




90分の講義は、3部構成にして、分担。それぞれ個性のある組みたてで、勉強になりました。

●一部は、サイトウ氏による、データ資料を見ながら、日本茶インストラクター制度の必要性が生まれた背景、現状の会員数や活動内容などの概要。
個人的には、図表(データ)を見ながら解説をしてもらうと、皆が納得するのだと、改めて勉強になりました。

●二部は、私が日本茶インストラクターの試験”風”のテスト問題と、その解説。
いや~、問題も難しいですが、それを解説するのも、難しい~!知らなくても十分『お茶好き』として生きていけるような気が、しなくもなかったです~。

●三部は、アマノ氏による、お茶の淹れ方の解説。2種類のお茶をお菓子と一緒にご用意しました。とても分かりやすくて、質問がたっくさん!こちらも、大好評でした。


S0711282




改めて、日本茶インストラクターってすご~く、重箱を隅を突付いたような問題を出すんだな~と実感。^^;)正直ここだけの話、もう一度受けたら、絶対に受からないと思う・・・。

でも、茶道教室の方なので、それぞれお茶に対しての興味が深い方ばかり。
制度こそ違いますが、お茶好きには変わりがないため、質問も多くあっという間でした。

最後、茶道の先生が、茶道の免状を取る資格についての話をしてくださり、茶道の教授になるためには、『年を重ねながら、大人としても熟す必要がある』と考えられているので、50歳以上と言う決まりがあるという話をして下さいました。

お茶を伝えるって、知識だけじゃないんだと、つくづく。
そう、思います。
お茶と出会えて、成長することの楽しさを知った気もします。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喫茶楽塾

今日は、急きょ代打で、静岡県茶商工業協同組合主催の喫茶楽塾という日本茶セミナーの講師をしました。
この企画は、首都圏の消費地で行う、静岡茶のPRを目的としたセミナーで、お茶を手軽に楽しんで頂くための、日本茶導入セミナーです。
0710251








0710252 これだけ、道具類が揃い、選んで遊べる機会はなかなかないでしょうから、セミナーの内容量は多くないですが、楽しいティータイムがすごせると思います。

昨日の茶道の先生も、お客様をお迎えする亭主が一番楽しいのですよ。と言われていました。お客様に楽しんで頂くために、細部にまで気を行き届かせて準備をし、トータルコーディネートをする。さらに草木を育てたりと365日、その過程を楽しんでいる。^^

楽塾も、自分たちでゲストとホストを決め、テーブルコーディネートをし、そういうおもてなし気分をちょっぴり味わえるような、そういう時間だと思っています。

ちなみに私自身が、なぜずっとお茶を仕事にするために、あきらめずにジタバタしていられるか?というのも、お茶を仕事にすることで、私自身が、自分流に365日、お茶を愉しんでいるってことだと思うんですよね~♪ 

あぁ、シアワセ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧