カテゴリー「企画報告」の48件の記事

【1】茶農家のお茶会(2013 2/27)盛況でした!

第3回茶農家のお茶会、バタバタしながらも無事に終わりました。手伝ってくれた茶友たち、参加してくれた農家の皆さん、そしてもちろん、お茶をしにいらして下さったお客さま。
貴重な休日をフルに使わせて頂ける古桑庵にも!

皆さま、ありがとうございます。笑顔多き、充実した一日となりました。

Photo

不思議とね・・・。イベントの企画をするのが私の仕事ですが、やっていてパワーが流れ出してしまう(疲れて疲弊する)ものもあるのです。
皆さんには、「仕事だから当然だ」と言われるかもしれませんが、一人で同じような意識でやっているのに、差が出てくる。

0

でもこのお茶会は、やる度に、私のパワーもチャージされるという不思議なお茶会なのでした。本当に、大好きなのです!ご一緒させて頂き、本当にありがとうございました!

私が静岡に来て、これほどお茶が好きになった理由は、農家で、農家が淹れてくれたお茶を飲んだから・・・。農業や文化や暮らし、生き方・価値感など、たくさんの事を学ぶきっかけになりました。

11

この幸せを一人でも多くの方と共有したい!
これが、このお茶会の原動力です。^v^ 

お茶うけ屋サイトに、お茶会の報告を一つ書きました。

Photo_2

ちゃめびとの仲間も、当日は手伝いにきてくれました!感謝

FB友だちや、茶友も来てくれました。FB内にもたくさん記事を書いてくれたのですが、それ以外に、ブログにも書いてくださった記事をご紹介します。

●フードライター momokoさん。 1≫ 2≫
●極楽天山さん こちら≫

お茶はね、難しいものじゃなくてさ。単純に、暮らしを愉しむ素材だと改めて思いました。出会いに、感謝です。

次回は、≪7月10日(水)冷茶で満喫茶会 ≫です!お待ちしています♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

「ティー・コネクションズ・ミーティング@chazz7」報告

1/23 チャレンジショップ「Chazz7」主催の、
  ティー・コネクションズ ミーティング
Tea ConneXions Meeting   [茶匠×デザイナー]の様子です。

静岡は、全国でも茶匠が多い地域ですが、同じくデザイナーも多い地域なのだそうです。伝統工芸が盛んな土地だからこそ・・・、なのだそうです。お互い近くても知らない業界だということで、デザイナーの鈴木さんと、お茶関係の私が出来る婚活パーティーという気持ちで、企画をしました。

●総勢40名様以上のご参加を頂きました。ありがとうございました。

≪第一部≫
ミライエの会場をお借りして、吉村紙業株式会社 橋本久美子社長より、「小ロット・小予算で効果的なパッケージを作るコツ」というテーマで、ご
講演頂きました。

Photo_2

後半は、私も参加して具体的な価格やロットの質問をしたりと・・。

Photo

茶匠さんの中でも具体的で参考になったという話を頂き、さらにデザイナーの皆さんには、初めての話で、業界を知る良い勉強になったという感想を頂きました。

≪第二部≫
茶匠×デザイナーの交流会

Photo_3

会場はChazz7に移って、食事しながらざっくばらんな交流会です。

Photo_4

お茶を使った料理
とお酒&お茶。

Photo_5

ある方が、ちょっとした満員電車の中のようだと言われましたが、う~ん、確かにそうかもなぁ~。^^;

Photo_6

終始、こういう状態でした。

写真は、Chazz7共同運営者の「あとりえ・す」デザイナー鈴木啓子さん。

Photo_7

デザイナーの皆さんには、こうや
って一言ずつ、自己紹介や作品のPRをして頂きました。デザイナーと言っても、色々なスタイルがあるんだなぁと実感。勉強になりました。

人と交流することで、新しい視点が増えたら・・・。
今すぐじゃなくても、ある時ふっと誰かとつながったら・・・。

出会いって、今すぐ活用するためにどん欲に作るものじゃなくて、
必要な時に、ふっと繋がれるための
第一歩。

この交流会が、そうなったならばありがたいです。
感謝

【1/25中日新聞社 茶況】 で、ご紹介頂きました。

ティーライフナビゲーター
かなざわ ゆう

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

報告<2>第2回 茶農家のお茶会【スタッフ編】

今日は思いっきり、雨な静岡。
いかがお過ごしですか?
私は家でとろとろしながら、のんびり過ごしました。

今日は、第2回茶農家のお茶会報告≪1≫の続きです。

Asimoto

改めて、あぁ。
天気も味方してくれて、良い茶会だったなぁとしみじみ。^^

企画をするのが好きなくせに、実はビビり屋な私。^^;笑
彼にもよく言われるのですが、「緊張してお腹を壊しても、でも、やっぱり何かやろうと思うんだねぇ・・。^^;」自分でも本当に不思議なのですが、その通り!笑

でも、今回はなんとなくね。2回目ということもあってか、人にお任せするということが少しずつ出来るようになってきました。遠くで行う企画なだけに、自分で動けることに物理的な限界があるからというのも、大きな理由です。

Photo

これは、スタッフの一人が勤めているお店に貼りだしてくれた手作りポップと、当日用に書いてくれたポップです。読みたかったので、頂いてしまいました。^^
瀬野さんは、前回のお客様。^^ 
とても頼もしくて、「○○だけ押さえてくれれば、後はお任せします。」と何度言ったことかな。^v^ 安心して待つことが出来た、ガッツのある20代女性でした。

Photo_2

大箸さんも前回のお客様。柔らかく丁寧に穏やかな雰囲気は、パン教室の先生だからかな。当日もスムーズに動いて下さって、結局裏方は二人にお任せしてしまいました。道具が不足気味の中、動きを工夫してくれ助かりました♪

Photo_3

私が一番ミスがないようにと気を使ったのが、予約席一覧表。席が被ってしまったらお客様に直接ご迷惑をおかけする部分です。とても気を使うのですが、基本的に私はおっちょこちょい。^^;

静岡で一緒に打合せをしながらサポートしてくれる齋藤さんには、いつも感謝感謝。^^ちゃめびと仲間の雅恵さんも、販売や全体の動きを見てくれて、安心安心。^v^

自分にとってはこの茶会の準備から当日まで、気持ちをストレッチしているような感覚になり、本当に良い学びの時間となりました。

そうそう!

Okamura

夏の梅ヶ島和紅茶集中セミナーでご縁が出来た、佐賀県の和紅茶専門店「くれは」の岡本さんも、日本橋三越の催事後に茶会に来てくれました。^v^(スーツ姿のお方)

ありがとうございます。岡本さんは、こんなマジメに座っている写真じゃなくて、本当はもっとおバカなかわいい写真の方が、本人らしいと思うのですが、残念!撮り損ねました~。笑

他にも、撮影をしに来てくれた友人も。^^
 BUT TEA 
彼女は、いつもはお茶を撮る専門なのですが、この日は人をクローズアップしてくれました。いい写真なんです。ぜひ、見てみて下さい♪農家が良い顔しています。

瀬野さんも茶会考察を書いてくれました。洗い物をしながらも、よく観察していたなぁと、感心。しかし、観察力が鋭くてあたふた。笑笑 昔の私のブログ記事に似ているのは、彼女は目的を持ってスタッフに入ってくれているからだろうと思いました。

大箸さんも、茶会の感想を書いてくれました。読みながら、涙。TvT) 彼女から頂いた手紙に、「明るくて前向きで、ゴム毬のようなゆうさん」と表現してくれていたのですが、なんて言い得て妙!ま・さ・に♪笑 (ゴム毬だから、時々、何かの角にぶつかって、ぴょ~んっと明後日の方に飛んでっちゃうこともあるんだけどね~。><)

お客様の煎茶小僧さんも、4農園回ってブログでご紹介下さいました。
一つ目はこちらから。その後は順に4農園の紹介記事につながっていますので、ご覧ください。

Yuiri

最後に、私も入った写真を一枚!^0^)/ 
ご参加頂きました皆さま、関係者の皆さま本当にありがとうございました。
毎回、皆さまの笑顔や笑い声を聴くことで、自分のエネルギーにさせて頂いています。今回もたっぷり充電させていただきました♪

一杯のお茶で、笑顔と元気が湧いてきますように。

次回は、2月27日(水)『おひな様と農園茶会』です。
少し、趣向を凝らした、春の茶会をご用意したいと思います。
ご予定あけて、お待ちくださいね♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

報告<1>第2回 茶農家のお茶会 

10/24(水)第2回 茶農家のお茶会が無事、盛況のうちに終わりました。ご参加頂きました皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

1

初回の茶会よりも、多くのお客様にいらしていただき会場はいっぱいに。今回も嬉しいアンケートのお声を頂いています。これが、とっても嬉しいのです。

実は、着物で参加された若い方も多く、カジュアルな会なのに?と思って伺ったら、若い人たちも着物を着て出かけるのに気分がいい季節なんだとか。着物が着れて嬉しい!と喜んでいらっしゃいました。そうでしたか~。^v^ 

Photo

片づけまで終わった後の、農園主&スタッフのみんなと一枚!

前回は、この時大泣きした私ですが、今回はすっきりと晴晴と。^^今回の茶会準備は、この反省会の時間をイメージしながら過ごしました。うふふ、変かしら?
でも、終わってみんな晴晴、いい顔してますね!

ではでは、茶会が始まる前の写真をずらずらっと。
竹内園の紀文君。

Takeuti

2回目の参加です。終わった後に、前回の来てくれたお客さんが、また自分の席に入ってくれたのが、嬉しかった~!と喜んでいました。^^ なぜか、年上の女性に人気。あ、でも同世代の女子にも・・。^^

山水園の内野さん。今回は奥さんと一緒。^^

Sannsui

「はい、チーズ!」とカメラを向けると、二人がこっちを向いてくれるのかと思うでしょう?内野さんちは、ちょっと違います。
奥さんは、ご主人の顔を覗きこんでにっこりするんです。数回撮り直しても自然とそうなるので、これはもう奥さんの人柄なんですよね。なんだか温かいなぁと嬉しくなりました。^^ 

マルヒ鈴木製茶の鈴木さん。

Suzuki

参加は初めてでしたが、しっかりと準備されていて、かぶせ茶に紅茶にウーロン茶に・・。土づくりについてなど、一生懸命語ってついつい、時間が長引くほどに。^^熱いっていいですよね!しっかり伝わってましたよ。

終わった後にメールを頂き、本当に良い勉強になったと。自分のお茶を飲んで頂き、すぐに反応や感想が聞ける機会はなかなかなく、とても良い刺激になったようです。

参加した甲斐があった。と言われるのは、企画の準備をしているものにとっては本当に嬉しい言葉です。

最後は、村松園の村松さん。

Muramatu

トークやお茶淹れの中心は、奥さん。^^脇からご主人が、製造や栽培に対するこだわりをぽろり、ぽろり。少し緊張気味のようでしたが、ご夫婦がおもしろいバランスで、なんだかりら~っくす。^^ 

2

天気もよく、賑やかな笑い声も弾み、午前午後と大盛況でした。当日参加のお客様の中には、高知から出張でいらしてる方も!^v^ 満席で、1時間待ちという方も・・・。すみません、ありがとうございます。

3

それにしても、お茶っていいですよねぇ・・・。
と、改めて思った一日でした。

そして、この茶農家のお茶会は、本当にたくさんの人や運にも応援してもらっているんだなと思えた一日でした。

茶会企画は、私が古桑庵の店主に企画書を持って話を聞いてもらいに伺ったのがきっかけでしたが、今では店主もすっかり茶会の応援団になって下さっています!そして、当日手伝ってくれた仲間も・・・。本当にありがたいです。

本当に、ありがとうございました。
やっぱり、お茶がいいんだよねぇ。

■次回は、2月27日(水)おひな様と農園茶会です。
お時間空けておいて下さいね♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

梅ヶ島・和紅茶集中セミナー③<天空の茶畑>

の続きにて。

和紅茶製造の合間に、隠れ茶を守る会が発足したきっかけになったという、1000mの茶畑を見に行きました。

31

まぁ、正確に言えば、茶畑から見える景色を見に行ったというか・・・。

32

辺り一帯が、放置茶園だったところを、隠れ茶を守る会の齋藤さんがボランティアを募り、茶畑として再生したのだそうです。

33

それはもう、すばらしかったです。

34

標高1000mから撮影。気温がぐっと下がるのが体感出来ました。

35

なんせ、ここには3回も訪れているのですが、
私は初めて、霧が晴れた世界を見せて頂きました。
いつも、ものすごい霧の中ばっかりでしたから~。
もう、感動しましたね。

36

参加者の方から、翌日筋肉痛になった・・というメールを頂いたのも、この道だからこそ・・・。納得です。

梅ヶ島の土は礫(小石)が多くて、サラサラしています。だから足元が滑る。でも肥料持ちが悪いけれど、茶の木本来の力を引き出す力を持った土壌なのだそうです。納得です。

37

最後に、熱く語っている齋藤さん。
こんなに梅ヶ島に熱くなる方は、どこにもいないと思いますね。^^

今回の梅ヶ島での和紅茶集中セミナーも、齋藤さんの熱い思いに岡本氏が賛同し、お茶うけ屋がサポートして実現しました。

熱い思いって、やっぱり大事ですよね。^^
あなたの熱き血潮も大事にして下さいね!

P1060414

あ!でもその後行った、安倍の大滝のつり橋では、熱き血潮がめちゃめちゃク~ルダウンしましたよ~。

P1060404

揺れる、ゆれる~。笑

改善点もありますが、色々な方の思いがこもった濃い企画となりました。ご参加頂きました皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

隠れ茶の会が、お茶うけ屋に参加することになりました。和紅茶「山霧の香り」煎茶「隠れ茶」ともに、準備中です。楽しみにしていて下さいね♪ 

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

和紅茶集中セミナー②<くれは岡本氏による講座風景>

さてさて、報告①の続きです。

前夜は夜中1時までお茶談義が続いていたようですが・・・。

21

翌朝は、8時半にはセミナーが始まりました。

22

まずは、テイスティング。

23

さらに、テイスティング。

24

まだまだ、テイスティング。
ミルク入りもテイスティング。

25

改めて飲み比べる機会も少ない和紅茶ですが、今回は何度も何度も飲み比べました。皆さん、それぞれが何かを感じた様子です。

その後はテーブル席で、まずは私の講義。トーク一辺倒でしたが、時間が押していたので、急ぎ足急ぎ足。なぜ、今から和紅茶なのか?私なりに解説しました。

写真はありません~!^^

26

そして、このセミナーの主役、岡本氏による和紅茶集中セミナーが始まりました。分かりやすくて、納得の和紅茶分類法です。この分類に合わせた淹れ方の解説も納得でした。なるほど!

27

テイスティング時間の見積もりが甘くて長引いてしまい、昼食も急がせてしまいました。すみません。

最後の感想で、「合宿のようだった。」というコメントも!笑

はい、そうでしたね~。本当は梅ヶ島の良さをゆったり味わってもらおうと思ったのですが、やはり1泊2日に盛りだくさん過ぎたようでした~。

おかげ様で、参加者の皆さんの満足度は高く!!
名前の通り、和紅茶集中セミナーな2日間でした。

ありがとうございました。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

梅ヶ島・和紅茶集中セミナー①<本気の、オレの紅茶作り>

8/4~8/5 1泊2日の梅ヶ島和紅茶。
少し遅くなりましたが、アップしていきます♪

他にも参加者の皆さんが記事を書いて頂いているので、
まずはそちらをリンク!

◎くま日記 和紅茶合宿@静岡・梅ヶ島 その1

◎くま日記 和紅茶合宿@静岡・梅ヶ島 その2

◎くま日記 和紅茶合宿@静岡・梅ヶ島 その3

◎くま日記 和紅茶合宿@静岡・梅ヶ島 その4

「紅茶の魅力、お茶の魅力、梅ヶ島の魅力、人の魅力が伝わりますように~♪」という嬉しいメッセージ付きで、ご連絡頂きました。

◎奥田実紀のブログ 梅ヶ島で紅茶を作った

◎隠れ茶を守る会 和紅茶集中セミナー1日目

◎隠れ茶を守る会 和紅茶集中セミナー2日目

あぁ、これで報告は充分なほどに!^^

あとは、写真だけずら~りとご紹介しますね。

11

くれはの岡本さんを中心に、参加者13名による「オレの紅茶作り」が始まりました。
どんなお茶が出来るんでしょう??楽しみ!

12

同時に、山霧の香りの生産者、佐野さんは同じ葉で機械揉みを開始。
どんな違いが出るんでしょう?わくわく!

13

岡本さんを囲んで、皆さん真剣にメモメモ!^^

14_2

岡本さんと佐野さんと、東京で和紅茶を作られている生産者と・・・。
さて、生産現場に深く関わっている3人は、どんな会話をしているんでしょうか?興味しんしん!

15

さて、佐野さん手作りの発酵機の中に、茶葉が入りました。ここからは香りの変化を見て行きます。

17_2

発酵中は、散策に行くチームと日陰で佐野さんとお茶するチームに分かれました。散策の吊り橋は怖かったらしいです。^^;
日陰でお茶派は、梅ヶ島の暮らしや紅茶製造のことなど、のんびりと会話。心地よかった!

16

佐野さん、どう?どんな香りになったかな?

18

さてと、完成!オレの紅茶はどうなったかな?^^ 翌日テイスティングです!

19

翌朝は、8時半からセミナーが始まりました。オレの紅茶、テイスティングです。^^結果は~~~~。そりゃ、皆さん自分のお茶が一番ですね♪

それにしても、打合せから当日まで、佐野さんとご一緒させてもらいましたが、隠れ茶の会の皆さんが、佐野さんを慕う気持ちがよく分かりました。

Photo

無口かもしれないけれど、仕事が丁寧。研究熱心、工夫大好き。山霧の香りは、そういう方の手から生まれて来た紅茶です。だから、優しくて艶やかさのある香りですよ。

梅ヶ島和紅茶「山霧の香り」は、グリーンコネクションで購入できます。

今日も暑いですね。

まずは、お茶で一服。^^


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ




| | コメント (0)

藤枝市のケーキ屋さんで、子どもお茶いれ練習会♪

先週末は、今年で6年目のケーキ屋さんで新茶イベント。

お茶入りスイーツをたくさん並べたイベントです。
きっかけは、レ・トゥーヌソルのオーナーシェフの山田さんと出会い。

Yamadasan

私も元はケーキ屋出身ですし、山田さんの「子どものテンションがあがる店にしたい。だから子どものおやつ菓子を作る。」という考え方が好きで、意気投合しました。

Photo_2

あ、話は飛びますが、茶農家のお茶会@古桑庵6/6 にも、私のダロワイヨ勤務時代の上司が来て下さいました。もう、14,5年前に退社した会社の上司ですが、こうやって私が何かを始める時には、顔を出して下さる。そういう関係が続いていることがとても嬉しいです。ありがとうございます。

ご縁は、不思議がいっぱいです。^v^

Gd1

新茶イベント「グリーンデイズ」は、スタッフが茶娘衣装で接客をしながら、店の外ではお茶の試飲販売や、室内ではお茶のいれ方などを子どもたちに体験してもらっています。

3

あえて昨年から、子どもたちにはお茶のいれ方練習会、大人の方にはお茶を一杯召し上がっていただくという、ものすごくベーシックな内容にしています。

4

去年来てくださった方が今年も親子で来てくれたり、数年前に来てくれた方がまた寄って下さったりと、茶飲み話をしていってくれます。

9

高校生や、中学生の子も・・。^^ 何気に、かわいい。

5_2

姿勢を意識してもらうだけで、ずいぶんと雰囲気が変わりました。

6

山田さんの子供たちも、一生懸命練習していました。すごく、かわいいんだよねぇ・・。

8

やっぱり、職人さんの子供だからか、よ~く観察するんです。それを見ているのがこちらも楽しい。上の子は、一日手伝ってくれました。藤枝の和紅茶をいれています。

7

こちらの親子は、去年はお腹の中に居た子が今年は生まれて、お子さん連れて来てくれました。お母さんにお茶を~。

2日間のイベント終了後、な~んと!サプライズ!!><)
誰もお客様がいないのに、突然ハッピーバースデイの曲が店内に流れ、スタッフのみんながケーキを持って登場しました。誰の誕生日~??と思ったら・・・。

11

なんと、私の誕生日をスタッフみんなで祝ってくれたんです♪

想定外の出来ごとで、嬉し鳥肌立っちゃいました。>< 例年誕生日など一切気にしたことがないのですが、実は今年はちょっと自分の中でも特別な年でした。
だから、すごく嬉しくて! ありがとうございました。

10

家に帰って、パートナーと二人で、ぱくぱくぱく。鮮度の良いうちに、全部頂きました~!笑
それにしてもこのイチゴの表情が、ホントに私っぽいんですよね♪

良い記念になった○○才の誕生日でした。

あ!グリーンデイズの報告記事だったはずが・・・。^^;笑

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

【御礼】茶農家のお茶会@古桑庵2012.6/6

6/6茶農家のお茶会@自由が丘「古桑庵」
無事に開催、終了いたしました。

2

いらして下さった皆さま、
会場を提供して下さった古桑庵のオーナー、
お手伝いして下さったちゃめびと(お茶ユニット)&齋藤俊一氏
参加してくれた茶農家の皆さん。
本当にありがとうございました。

Photo_2

本当に、本当に、本当に。
ずっとブログを書いて来た者として
言葉にしなくてはいけない大事な記事なのですが、
正直、言葉に出来ないというのが本音です。

それくらいに、深く深く、思う事や感じた事があった一日でした。

3

お客様の笑顔と、農家の皆さんのイキイキとした表情が
古桑庵の会場からあふれんばかりになっていて、
なんていうか・・・・。すごくハッピーな時空間が生まれました。

そして私自身も、たくさんのパワーを頂きました。
あんなに心穏やかに、そしてわくわく感を味わいながら
お客様をお迎えできるなんて、本当に私って幸せ者です。><)

7

FBの中では、茶会に来てくれたFB友だちがたくさんの写真をアップしてくれましたが、ここでは紹介出来なくて、残念です。
でもブログでも、友人たちが記事を書いてくれました。

8

とにかく、何かアップしなくてはと思い、
自分の言葉が出てこないので、リンクを貼らせていただきます。
*他にも、ブログに記事を書いて下さった方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

●Nextea 井上典子さん 私の心の友です。^v^
茶農家のお茶会 ・・お茶会の様子です。たくさん写真がアップされてて分かりやすいなぁ。
その2 裏方編 ・・今からお茶の楽しさを広げる活動をしていくユニット≪ちゃめびと≫4人について書いています。

本当に・・・。
本当に・・・。

お客様はもちろんのこと、古桑庵のオーナー様や

Photo

農家の仲間や裏方をしてくれた友人たち(ユニット名「ちゃめびと」)

6

私が一番信頼している齋藤俊一氏や、他にもたくさんの協力してくれた友人たち。

ありがとうございました。
その一言しか出てきません。

片づけ後の挨拶では、つい気が緩んで泣いてしまいました。
山水園の内野さんに、「ゆうが泣いているのを見たのは、2回目だ。改善点はあったとしても、納得行った感じなんだな。」と言われてしまいました。笑(しかし、私は1回目の涙を覚えておりませぬ。^^;)

お茶会運営としては、まだ改善点は多いのです。
でも改善出来る事があることも、次に改善できる場があることも有りがたいです。

==================
次回は、10月24日(水) 同じく古桑庵にて
茶農家のお茶会を開催します。
 ●詳細な受付開始は、9月1日からです。
==================

すみません、本当に。

かっこいい言葉も何も浮かんでこないのです。
深く深く、皆さまに御礼申し上げます。

一歩ずつ、一歩ずつ。
歩ける足があることを・・。

前を見る、大きな目があることを・・。

一言ずつ、一言ずつ。
伝えたい思いがあることを・・。

9

一生かけてやりたいことを、
伸び伸びとやらせて頂けることにも・・。

人とつながれる手と心があることにも・・。

感謝!と言葉で書くと簡単だけれど、本当の感謝の気持ちは言葉にならないものでした。心から・・・。ありがとうございました。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (6)

「日本茶の審査をプロに学ぶ」講座:感謝!

2月19日の午後、お茶うけ屋サロンで開催しました、「日本茶の審査をプロに学ぶ」講座は、無事・・・というか、やっぱり当然!!盛り上がって終了しました。(すみません、1時間も延長して3時間講座に・・・。^^それでも、皆さんすぐには帰られず、講師は質問攻めになっておりました。^^)

資格などは全く関係がなく、「日本茶をもっと知りたい!」「人に説明出来るようになりたい!」という熱い方々が集まりました。ご参加頂きました皆さま、本当にありがとうございました。

あっという間に満員御礼となり、お断りしたほどだったのですが、向上心の高い方が遠くは愛知県からもお集まり頂きました。

1_2

講師をお願いしました、真茶園の松田社長も、参加者からの高度な質問に押され、どんどんと社員教育レベルの厳しい鑑定方法にまで入ってくださいました。^v^ 

しみじみ、おもしろかったですねぇ。
なかなか、客観的にお茶をみることは難しいかもしれませんが、見る視点を学べばあとは毎日がチャンスですね。だからこそ、しっかりと身につけたい部分です。

松田社長が最初に言われた話が、印象に残りました。
「なぜ、茶を鑑定する技術が必要か?」という内容です。

2_2

「お茶時期、毎日たくさん届く荒茶(農家がその日に製造した茶葉)の中から、良質な荒茶を瞬時に選び、仕入れていく必要がある。
それが、最終的にはお客様に対して私たち(問屋)が誠実な商品を作るために必要なことだから。」

と言われていました。
なるほど、納得です。

3_2

だからこそ、練習の場となる今日の茶の審査で大切なことは、「分からないなりに、○○○○○」ことだとか。
これまた、納得なお話でした。^^

審査の勉強をしたからといって、何かがすぐに体得できるわけではありませんが、経験は積まないと進化しませんからね。^^

<参加者からの感想>
・お茶の何から見るか?を考えるようになった。
・頭の理解は出来たけれど、舌の理解はまだこれからになりそう。
・楽しい経験だった。なかなかこれだけ飲み比べができないから。
・講師の話と金沢さんの補足がバランスがよく、理解しやすくなった。
・プロの見方が学べて、おもしろかった。
・自分のお茶に対する知識が薄っぺらいものだと実感できたのがよかった。
・荒茶の見方がしっかり理解できて、おもしろかった。
・講義の面白さとともに、色々な人との出会いもあって楽しかった。
・日本茶のことをもっと知りたくなった。

4_2

講座の2回目は、4/14 真茶園でのブレンド勉強会です。新茶の火入れが始まっている時に工場の中も見学させていただきます。香りは現場でしか味わせませんからね♪

一般募集を始める前に、ほぼ埋まってしまいそうですが、あと数名お席があります。
と言いながら、告知は明日以降に・・・。^^ しばらく、マメなブログチェックをお願いします。m(、、)m

5

そして、松田社長から嬉しいメールもいただきました。

真茶園のホームページはこちらから。

それにしても、凄いハイレベルの受講生さん方ですね。
ゆうちゃんが作りだす世界がありますね。
お茶以外のことも、勉強して世界の中で
それも伝えていける人だな~って感じました。

お世辞かもしれませんが、単純に嬉しいメールでした。
私の周りには、根っからのお茶好きが集まります。皆さん、純粋に好きなんです。そういう方に囲まれて、たぶん私は幸せ者です。^v^

大好きなお茶ですが、なぜ私はお茶なのか?色々と伝えたいことがあふれそうですが、そんなくさい話は捨てておいて、まぁとりあえず。

今日もお茶しましょう♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧