« まさに馳走なお節になりました。 | トップページ | 開く会話法とお茶を身に付けると、外見が美しくなる訳は? »

新年のご挨拶 湧きあがる喜びの根っこは、ここに。

こんにちは

「お茶時間10分習慣」で意識をすっきり整える

 お茶の間トレーナー 金澤木綿です。

2016年も無事に始まりました。あけましておめでとうございます。

皆さまにとっても、より充実した一年となりますように。

今年の私のテーマは、三猿にかぶせて♪^m^
「好奇心を持って、見て!聞いて!話す!」

そして仕事としては、
自分が身に付けて来たものを
人の役に立つように、
活かして行くことを大切にします。

私はそんな一年に。あなたはいかがですか?

今晩は、焼津市の地元を盛り上げる番組
(なんていうんでしょ?地域番組?)
焼津TVに30分ゲストで参加します。

番組のパーソナリティーは、
マジシャンのYAMAさんという知人です。

彼に、今の私の仕事につながった背景を説明しようとして、
一つブログを書きました。

~~~~~

茶道を稽古しながら気付いたことは、
『自分の気持ち(心の動き)を
素直に受け取り、
言葉や行動で反応していくことの大切さ』です。

その呼応が、主客の会話だったり
間の使い方だったり、
当然、準備だったりします。

茶道はお茶という狭い世界の出来事ですが、
そこで行われていることは、
あらゆる世界に通じる話です。

なぜなら茶室は、コミュニケーションが凝縮された世界だからです。

私は茶室で学べることを
どうやったら、一般化することができるかな?
とずっと考えていて、
感性研究所の岡田代表と出会いました。

と、ここまで写しましたが、
記事は長いので、続きはこちらへ↓↓↓

http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/1092

タイトルは、こちらです。
【自分を実験台にして分かったことは、
軸が整えば、自然とより良い方向へ進んで行く】

本から学べる人、他人の経験から学べる人
賢い人は、自分の経験以外からも
たくさんの学びを得ていく気がします。

私は?。。。少し頑ななところもあって、
いくら本を読んでも、やっぱり最後は
自分で確認したことを、優先させてしまいます。

要領よく生きるためには
これが良いのか悪いのか分かりませんが、
今の自分の立ち位置、仕事に対する誇りは、
この自分で確認して納得したものを選んでいる
という自信から来ています。

日本茶という世界
心という世界

どちらもあいまいで、
万人受けする大正解がありません。

だからこそ、私はそれが好きです。

大正解がないってことは、
人とズレた感覚を持っている人も
一緒に暮らしていける環境が作れます。

そういうゆるさが、今はとても心地よく感じますね。

それもこれも、お茶という答えのない日本の文化と関わりながら、
さらに、心・コミュニケーションという
摩訶不思議なものを学生時代から学んできたからでしょうか。

正月から穏やかに楽しい気持ちで
今の仕事に取り組めていて、
この感覚をもっともっと自分の身体に落とし込んでいこう!と思っています。

青山学院の箱根駅伝の選手たちも、
みんな楽しそうなのです。やっぱり楽しいパワーはすごいですね!

●一緒に、心のトレーニングをしていこう!という方は、
1月16日、17日の「成幸プログラム2デイ」にどうぞ。^^
http://www.kokuchpro.com/event/391dee6cdbc71bf94bd9c588f225f63d/

●気楽にお茶をしながら話をしたい方は
1月8日11時30分? 「なりたい私になる!お茶の時間」 
私が「牧之原台地の別荘」と呼ぶカフェで、
わいわいと今年もやりましょう!
http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/1054


金澤木綿

●お茶の魅力や日本を味わいたい方には
 お茶うけ屋公式サイト⇒ http://ochaukeya.com/

●作り手の個性が光る日本茶や、お道具が気になる方は
 お茶うけ屋ショップ⇒ http://ochaukeya.shop-pro.jp/

●日本茶を活用したコミュニケーショントレーニングや、
 お茶セミナーに興味がある方は
静岡・感性コミュニケーションスクール⇒ http://kanseiinst-shizuoka.com/

  ○o。.。───────────────

     一杯のお茶から始まる
      お茶の間コミュニケーション。
 お茶と真摯に向き合えば、自ずと自分が見えてきます。
    お茶って、やっぱりおもしろい!

  自分だけでなく、目の前の相手の魅力も
     引き出す人になりませんか?              

    ───────────────。.。o○

|

« まさに馳走なお節になりました。 | トップページ | 開く会話法とお茶を身に付けると、外見が美しくなる訳は? »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさに馳走なお節になりました。 | トップページ | 開く会話法とお茶を身に付けると、外見が美しくなる訳は? »