« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月の3件の記事

茶道と農業とアートの共通項を体感しに来ませんか?

こんにちは

「お茶時間10分習慣」で意識をすっきり整える

 お茶の間トレーナー 金澤木綿です。

1月も後半ですね。
私はや〜っと、風邪抜けてきた感じがあり、ほっとしています。
今年の風邪は、本当に長いです。と言っても、
2つ連続でひいた感覚があるのですが。
体力をつけなくては!と思った次第です。
みなさんは、いかがですか?

今日は宣伝です。
●1/31 2/28 茶道を学び活用する講座を開きます。
http://ochaukeya.com/archives/4036

講師を私の茶道の先生と、大阪の感性の先生をお招きします。

私が最初に茶道を学び始めた時に感じた事は、
「茶道で学べることは、山の農家から学べることと同じかも。」でした。

だから、ある意味、茶道のことを、
「現場を見ない、大人のままごとだな〜。」とも、
秘かに思っていました。

でも長く続けて、茶道への理解は、少し変わってきました。
先日、これに関して、茶道の先生とも語り合ったのですが、

「場所を選ばず、自然の中に包まれる感覚を、
再現性のある形で、表現出来るのが茶道だ。」
と感じるようになりました。

「再現性がある」ということは、
「人為的である」ということです。

茶道は、山や自然の中に入れば感じられる感覚を
意図的に、でも人の気配をギリギリまで消すことで表現している
まさに、日本的な芸術なのだなぁ〜と感じています。

あるがままの自然に対しては、
「自然」であって「芸術」と言わないですね。
やはり、人が意思を持って作るから、芸術になる。

ま、私にとってお茶は、芸術というよりも、
もっとこじんまりとした、暮らしのアートなのですが。

お茶の葉も、摘んで乾燥させても、あの、お茶にはなりません。
やはり、意図を持って人が作る。
けれど、葉を観て、しとりを観て観て、
茶葉にムリをさせずに、お茶に仕上げる。
これもまた、アートだなぁ〜と思います。

こう考えると、表現する行為はどれも、アートな感覚があります。
芸術と言ってもイイのですが、、芸術だと重くもなるかな?

お茶を新たにとらえてくれる人にとっては、
暮らしに、アートな感覚を加えて行く。
お茶をいれる行為も、そんな感覚かもと思ったりしています。

だから作り手も売り手も、そういう意識を持ったら良いのかもしれませんね。

「あなたの暮らしに、美はあるか?」
「あなたの暮らしに、アートはあるか?」

私たちはどこか、そういうものをかっこいいと感じている気がします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

茶道的感覚を、自分の暮らしに活用することはもちろん、
販売をするのに活用したいと思った方にも
この2日間の講座はおススメです。(1/31 2/28)
http://ochaukeya.com/archives/4036

茶道を学び、今に活用するために、共に考えてみませんか?

お茶を売る人ではなく、
 お茶を語る人に! 
  お茶を表現する人へ!

よりストレートに、表現力を身に付けたいと思った方は、
2/1 3/1 翌日に開かれる、感性研究所岡田講師主催の2デイもおすすめします。
*リンク先から、飛べるようになっていますので、ご覧ください。

お茶の間トレーナー
金澤木綿

 ○o。.。───────────────

     一杯のお茶から始まる
      お茶の間コミュニケーション。
 お茶と真摯に向き合えば、自ずと自分が見えてきます。
    お茶って、やっぱりおもしろい!

  自分だけでなく、目の前の相手の魅力も
     引き出す人になりませんか?              

    ───────────────。.。o○

| | コメント (0)

「茶道を学び茶道を活かす」2デイ集中講座

「茶道」を学び、同時に全く違う「感性コミュニケーション」
というアプローチから茶道を見て行く2日間の特別講義です

講座のテーマは、「茶道を学び、茶道を活かす!」

①1/31(土) 10時~17時
テーマ「茶道の稽古と、感性力」

②2/28(土) 10時~17時
テーマ「茶道の茶事と、営業力」

●日本的なリーダーシップとは、

いったいなんだと思いますか?

あまりに無意識に行われている会話や関係の作り方を、
あえて、非日常の茶道の動きを通して理解し、
さらに、感性流リーダーシップ・コミュニケーションを通して、
日常の業務や暮らしに落とし込む。

発祥は、日本の茶道と、アメリカの実践心理学。
一見全く違う世界ですが、日本人が行うからこそ、
二つの世界に共通項が見えてきます。

現代の仕事や暮らしに役立つヒントがたくさんあります。
通しで参加されることで、より深く理解できます。

「自分たちの特徴」を客観的に知ることで、
知識を、活用できる知恵に変えることができます。

日本の伝統文化を普段着で体感していただける、
今までにない日本茶の講座です。

しかも、講師の先生方が素晴らしい!
自信を持ってご紹介したい先生ばかりです。
*頭の理解を超えて、体感で学べる2デイ集中講座は、
2回目の開催は予定していません。

   ・‥…─*─…‥・

お申し込みは、こちら

   ・‥…─*─…‥・

【セミナー内容】

家庭や社内の人間関係だけでなく、
これからの営業は、関係作りが大切と言われます。

実は、共に一杯のお茶を囲む茶道の動きには、
この関係作りに役立つ要素がたくさん含まれています。

日本的なリーダーシップとは、どういうものだと思いますか?

あえて、非日常の茶道から、
亭主(リーダー)の仕込み等を客観的学ます。

さらに、茶道を、感性流リーダーシップや
コミュニケーションという角度から見て行くことで、
日常の仕事や暮らしにも役立つように、落とし込んで行きます。

*経営者や営業職の方、会社で部下のいる方にも、おすすめの内容です。

【この講座の特徴】

一日の講座の流れは、

「聴く講義」と「質問する講義」で組み合わたライブ講座。

受け身の講義ではなく、講義を聞きもう少し知りたいと思った事は、質問しながら深掘りしていくように、質問時間が60分間と充実しています。

また、何もお茶の知識がなくても多角的に学べるのが、この講座の特徴です。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○

≪午前≫ 茶道講義

1 茶道の講義 90分間 「茶道における稽古」

2 講義を受けて、質問タイム 60分間 ・・・講師お二人と受講者からの質問を交えながら、茶道とは何か?を深掘りしていきます。

≪午後≫ 感性力講義 

3 感性力の講義 90分 「感性力を発揮する」

4 講義を受けて、質問タイム 60分間 ・・・講師お二人と受講者からの質問を交えながら、感性力を活かすとはどういうことか?を深掘りしていきます。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○

【こんな方におすすめです】

・日本の文化を学びたい方

・茶道って何?と思われた方

・共感型リーダーシップを学びたい方

・お茶の仕事をされている方

・お茶を学ばれている方

・お茶が好きな方

・「教育」について意識の高い方

・無理のない自然な営業力を身に付けたい方

・日本式のコミュニケーションについて、興味がある方

・感性って何?と思われている方

・人と円滑なコミュニケーションを取るコツを知りたい方

昔は、トップセールスはお茶を飲みながら行われました。ざっくばらんに話す時間の価値を、ぜひ現代版でご活用ください。

●仕事で言えば、経営者、自営業者、営業マン、先生、お茶の関係者。

【講師紹介】 

■ 日本茶道塾 茶道教授  吉野亜湖 

  静岡産業大学非常勤講師 

これからの茶道は、それぞれの流派や団体という、
限られた世界で生きるという小乗的な状況や形式の抑圧から卒業し、
茶道が発見した侘の真理のもと、現実世間の中で自在に生き、
ありのままの心で臨むべきであると感じております。
 茶は心を育てるものです。
自らを解放し、自由になっていく・・・
その楽しき道をご一緒させていただければ幸いです。 

茶道塾・白雲塾長の言葉 ホームページより引用


■一般社団法人感性研究所 代表 岡田裕之

【これからの感性社会に必要な感性力】

情報化社会が極まり、時代は感性社会の変遷期にあります。

たんなる情報通では通用しない時代。
これからは、情報をどう読みとり、
どう伝えるかという、
センスが問われる時代といえます。
数字そのものには意味はありません。出来事もそうです。

情報に意味を持たせるのは、人です。
情報に意味をもたせ、どう活かすかが重要なのです。

テクノロジーが進めば進むほど、実は、人にしかできない能力が必要とされるのです。

また、感性社会は成熟社会。
消費者の志向はモノからコトへと変化していきます。
人々は、より心の充足感や共感を求めるようになるのです。
人の心をくみ、活力に繋げる能力。
共感コミュニケーション力が、これまで以上に重要視されるようになってきています。

さらに、人を魅了する表現力や、
人を惹きつけるリーダーシップ力を備えた人材の出現は、
日本のみならず世界中の人々が待ち望んでいることです。
実際、世界の先進企業でさえ、経営者自らがプレゼンテーションをして、
人々を魅了しているということからも、
いかに感性に訴えるスキルが重要であるかを知ることができます。

そうです。
時代の変遷期においては、マネジメント能力だけでは不足なのです。
創造性と共感性を兼ね備えた、人を惹きつけるリーダーシップ力が必要なのです。

NLP感性研究所のホームページ「NLP感性研究所とは?」より引用

◆日時  2015年1月31日(土) 10時00分 ~ 17時00分
           2月28日(土) 10時00分 ~ 17時00分

◆場所  1/31 静岡駅前パルシェ会議室
           2/28 あざれあ 
   ≪アクセス≫ JR静岡駅から徒歩圏内 

◆費用  2日間参加 16000円  1日のみ 10000円

◆お申し込み   定員になり次第、終了します。

○o。.。───────────────

この、茶道を学び茶道を活かす集中講座は、

2度目はありません。これぞ、一期一会講義です。

ご興味を持ったら、ぜひ今のうちにどうぞ。

  お申し込みは、こちらから

───────────────。.。o○

| | コメント (0)

元旦メルマガより 「お茶の仕事は、志事です」

あけましておめでとうございます。

本年も、引き続きよろしくお願いいたします。


「お茶時間10分習慣」で意識をすっきり整える
 
 お茶の間トレーナー 金澤木綿です。


年末、最後に熱を出し、とはいえ大掃除とお節の準備はやりたくて。

年末のご挨拶もなく、2015年を迎えました。

年越しで厄を落としたので、

今年も、元気にはりきって行こうと思います。

今年は、多くの方にご迷惑をおかけしながらも

それ以上の多くの方に、笑顔と喜びが増えるように活動します。

私にとっては、お茶の仕事は、志事です。


*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○


お茶の魅力、伝わらないのは、伝え方が悪いだけ。

軸足は本質を押さえながら、表現は伝わるように変えて行こう。


*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○


そんな気持ちでいます。
下記は、年末にパートナー農園向けに出したメルマガの一部です。
3年間を振り返りながら、過去・現在・未来・信念などを伝えました。
その中の一部を、皆さまにもシェアさせて頂きます。

*てにをはは、ご容赦くださいね。^^;



≪私が考えるお茶の魅力≫

私は、「一杯のお茶から始まる、心地よい交流」が、
お茶の一番の魅力だと考えています。

なので、「心地よい交流」をずっと深掘りした時に、
「イマドキ風にした、お茶の間の再現」を、
お茶の間コミュニケーションとして、提案しようと決めました。

私の夢は、この「イマドキ風にしたお茶の間」を創れる、
つまり心地よい交流を生みだせるコミュニケーター達が
全国各地で、自分なりのお茶の間空間を創り、
その地域の中で、お茶を介した安心できる交流場になることです。

その新しいお茶の間では、
お茶を淹れたり飲んだりしながら、心を楽に語り合い、
周辺の茶農家と交流したり、
茶葉販売もその方々を介して繋がります。

私は、お茶の知識を教える人ではなく、
目の前の人の魅力を引き出せる人を、
たくさん輩出したいです。

これは、お茶の製造と同じように、
基本のスキルを身につければ、
それぞれの個性を活かして、多様なオリジナルができます。

みながそれぞれの魅力を活かすこと。
私自身もそこに積極的に関わって行きたいと強く考えています。

だから、今年はそのための志事をします。

私のソフト販売(*注1)は、ほんとに時間がかかりすぎましたが、
コレで決まりです。

来年は、このセミナーの数を増やし
東京での拠点作りです。

*注1・・・茶葉販売部門は、農園とお客様との交流を促します。



○o。.。───────────────


 ≪私が信じていること≫

・日本茶は、絶対に現代人の役に立つ。
 理解されないなら、理解しやすいように変えて行くだけ。

・人は皆、誰かの役に立ちたいと考えている。
 一杯のお茶を淹れることが、自分だけでなく、
 目の前の人を輝かせる、貢献ができる。

・心地よく暮らすためには、(内外に)あるがままの自然が必要。

・私がお茶と出会った理由は、お茶の神様に伝道者として選ばれたから。

                            
  ───────────────。.。o○


だから、私には「茶をあきらめる」という文字はありません。

そのためにも、方向が定まった今、ここからはきちんと稼ぎます。


田舎暮らし・農家交流で、経済活動は等価交換だと学びました。
「等価」が分かりにくいので、
「通貨」で価値を表現しているんだと。

田舎は、通貨で表現しない文化が
まだまだたくさんあるということ。 それが、都会の人には、温かく感じるんだろうな~と思います。 少なくとも当時の私には、涙が出るほどそう感じました。 お客様に選ばれるには、その無形の良さは活かしながら、 通貨の表現も活用するということでしょうか。 以上 農園向けメルマガの一部より 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 皆さまにおかれましても、
充実した福多き一年となりますように。 ↓↓ 募集が始まりました ↓↓ *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○ ≪「茶道を学び、茶道を活かす」2デイ集中講座≫ ■ 1月.2月は、茶道と感性の専門プロ講師による、    スペシャル2デー講座があります。  1/31(土) 茶道と感性力   2/28(土) 茶道と営業力   静岡駅前 10時~17時頃 お申し込み、詳細は、こちらから ↓↓↓ 2度目はない特別企画です。
この師匠コラボは、最初で最後です。 http://ochaukeya.shop-pro.jp/?pid=85282462 茶道ってなに?茶道と営業が繋がるの? 素朴な疑問を感じた方こそ、
このライブ講座をお楽しみください。 *20名様募集ですので、お早目にどうぞ。

両日、翌日曜日は、企業向けに感性コンサルタントとしてもご活躍の 講師・岡田裕之先生が、NLP2デイ講座を開きます。 現在は大阪でしか開催されていない、 少人数制の感性流NLP講座を特別に静岡でも開催します。
http://www.nlpkansei.com/twodays-nlp.html ・自分を表現したい方、講師業の方には特におすすめ。
大枠を感じられ、プレゼン力も付く2デイがとてもお役に立ちますよ。

■ お茶の間コミュニケーション講座 1/10 チェンジ 「一杯のお茶で、すぐに気分を変化させる」 1/24 自問 「自分のためのお茶と問いかけ」 ↓↓↓ 月謝制がお得です。 http://ochanoma-ex.com/info/ochakomyu/ どこかでお会いできるのを、楽しみにしています。 *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。...。o○  ○o。.。───────────────                          一杯のお茶から始まる       お茶の間コミュニケーション。  お茶と真摯に向き合えば、自ずと自分が見えてきます。     お茶って、やっぱりおもしろい!   自分だけでなく、目の前の相手の魅力も      引き出す人になりませんか?                                       ───────────────。.。o○

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »