« 磨いて磨いて、ずっと使える問いかけとは?@10/11第3回お茶コミュ講座 | トップページ | 「気付きとは、自分の心を身体で感じること」@お茶の間トレーナー »

茶農家がおもてなしするお茶会@スルガ銀行主催

今まで自由が丘・古桑庵で開催していた、茶農家のお茶会。

今回はご縁がありまして、

スルガ銀行二子玉川支店&お茶うけ屋 コラボ企画として、

復活しました!

141115スルガ茶会午前
*クリックすると大きくなります。

2014年11月15日(土)東京二子玉川支店d-labo(ライズオフィス12階)

【参加農園】

山水園1山水園 茶師 内野清己


茶会-3豊好園 茶師 片平次郎


益井1益井園 茶師 益井悦郎


【コーディネーター】

ゆうベースup金澤木綿 お茶の間創造プロデューサー


スルガ銀行は、静岡の地方銀行ですが、

とてもおもしろいコミュニティ空間(d-labo:夢研究所)を作っています。

ある場所でのプレゼンを聴いて、声をかけて下さったのが始まりです。

何度も何度も、互いの想いを語り合い、共有する。

人との出逢いは本当におもしろいですね。


制作中
写真は、スルガ銀行にてフライヤー作成中の一枚。

全て、手作りですよ。^^


打合せも、山の農家山水園にて。


今回は、そこから、同じく静岡県の茶農家3人が作るお茶を、

テーブル席で、ゆったりと楽しんで頂きます。


お茶うけ屋は、茶葉販売者でもなく、何屋なのだ?と聞かれますが、

本当に、【お茶の普及・農園茶の認知】を目的にしてます。

「お茶って、いいよね!」と言って頂ける方を、一人でも増やしたい。


日本茶のおもしろさをどう表現していくか?を考えた時に、

私が茶業に関わって、一番おもしろいと感じた、農園茶。

コーヒーで言えば、サードウェーブと同じですね。


141115スルガ茶会午後


「作り手の数だけお茶がある。」

「みんな違って、みんないい。」

という世界を、消費側から見えるようにすることは出来ないだろうか?


自由が丘でのお茶会も、「リアルで、飲み手に会いに行こう!」と考えました。

d-laboで、この『農家とのリアル交流茶会』が開かれることを

心から嬉しいな~と。


お茶のおもしろさは色々ありますが、

「どんなお茶(茶葉)を選びたいのか?」

まずは、リアルに農家の話を聴き、お茶を楽しんでみてください。^^


お申し込みは、直接d-laboへお願いいたします。

d-labo告知記事は、こちらからどうぞ。

*午前の部の申し込み

*午後の部の申し込み


何を言っても、やっぱりお茶は、

飲みながら~が、一番ですね♪♪


お会いできるのを楽しみにしています!

|

« 磨いて磨いて、ずっと使える問いかけとは?@10/11第3回お茶コミュ講座 | トップページ | 「気付きとは、自分の心を身体で感じること」@お茶の間トレーナー »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 磨いて磨いて、ずっと使える問いかけとは?@10/11第3回お茶コミュ講座 | トップページ | 「気付きとは、自分の心を身体で感じること」@お茶の間トレーナー »