« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の6件の記事

大人の茶遊び@東京・向島3/14

2回目の「大人の茶あそび」を、3月14日(金)開催します。

今回のキーワードは、《熟成》

音楽とワインと熟成茶。
アルコールが入ると、お茶も茶話も、美味しいんですよ。
感度もよくなって、お茶に幅を感じます。^^

1400x300

会費:5000円なり。
日時:3/14(金)PM7:00前くらいから(集まったら始まり)
場所:向島 古民家ワインバーお静 ⇒こちら

前回は、大人の新年会の間に、ちょろりと混ざって
なんだかすごいワインが登場しましたが・・・。^^
前回の様子⇒こちら
お静さんって、何が飛び出すか??未知との遭遇。
流れにお任せしながら、楽しみます。

今回は、ゆったり質の良い音楽を聴きながら、
わいわいと、茶話を楽しみたいと思っています。

何が飛び出すのか分からないのも、お静さんのおもしろさ。
流れに身をまかせながら、ご一緒しませんか?
ちょっぴり異色なコラボですが、
想像出来ない組合せは、本当におもしろいですよ。

●お申し込み・お問合せは、こちらから。

お一人でも、お友達とご一緒でも!
お気軽にどうぞ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ


| | コメント (0)

お酒とお茶の共通項

先日の話。

地元漁港で獲れた、天然ブリの頭を発見!初めて出合いました。
ので、もちろん、購入。この日はアラだけで、ブリ大根を作りました。

Photo

私にはブリは少し臭みがあるので、ブリ大根にする時はいつも熱湯をかけて下処理を丁寧にします。でも、天然ブリは養殖と違うため、味はあるけど臭みはないんですね!臭みは餌から取る脂分なのかもしれないですねぇ。

生姜と塩と少々の醤油だけで、本当に美味しいブリ大根が出来ました。スープがもったいないなぁと思っていたら、なんと翌日、スープが全て、煮こごりになっていました。びっくり!

Photo_2

これ、頭の部分だからこそ、ですね。これほどきれいな煮こごりが出来たのも初めてだったので、大喜び。煮ものの中に、余分な魚片が入っていないため、汁も透明で、雑味がなく美味しいんですよね。

もう一度温め直し、型に入れて冷蔵庫へ・・。
そして、私は日本酒を買いに・・・。笑

Photo_3

口の中で煮こごりが溶けきりそうな時に、お酒をちびり。

ひぇ~♪(*≧∀≦*) ぬひゃひゃひゃひゃ~。
あぁ、小さなしあわせ。

あ、なんでこんな話を?と言われそうですが、最後の一文が言いたかったから、今日の記事を書きました。

~煮こごりが、口の中で溶けきりそうな時に
     お酒をちびり。~


この感覚が分かる人なら、きっと日本茶も楽しめます。笑

さ、バカなこと言ってないで、お仕事お仕事。
そんなこんなで、今日もマニアなお茶時間です。

またね~♪


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

出会いも出合いも、不思議だけど必然なのかな。

お茶会の報告を書きました。
お茶うけ屋のサイトへどうぞ。

昨日、どっぷりと大型の書店で時間を過ごしました。
あるジャンルで、読みたいと感じる本を探していたのですが、ネットでも店舗でも自分なりに検索をしていましたが、なかなかフィットする本が見つからず、困っていたところ。

昨日はやっと、読まなくてはいけない本ではなく、
読みたい本を見つけることが出来ました。

本を購入した後、通路を何も考えずに歩いていたら、一冊の本が目に飛び込んできました。飛び込んできたというより、自分が吸い寄せられた感じでした。

すっと棚の前に立ち、それを抜き出して読みだしたら、止まらず。
結局、立ち読みで読破。
さらに、家に連れて帰りたくなり、購入。
夜中もまた、読み直してしまいました。

Photo

本の感想は人それぞれなので書きませんが、シンプルな言葉の中に、とても深い気づきを多角的に頂ける一冊になりました。

昨晩ちょうどある方から、
「溢れてくる涙を、止めてはいけないよ。」
「人の目を気にしすぎるね。」
と、言われたところ。

東田さんは、日々何を考え、何を感じているんだろうか。
書籍で、その一片を感じることが出来たようで、沁み入りました。

言葉が紡げるって、本当にしあわせなこと。自分の悩みがちっぽけに見えた。

本の中にもあったけど、自分に望まれていることをやろうと思えた本でした。

あるがままに自閉症です ~東田直樹の見つめる世界~

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

 

| | コメント (0)

東京は雪景色。白から始まる。

週末の雪は本当にすごかったですね!
週末、師匠の企業研修向けコミュニケーションセミナーに、サポータ―として入るため東京へ行きました。よりによって、大雪の日でした。

時間が全く読めないので、向うで時間を過ごすつもりで出発。新幹線も遅れながら走っていたので、とにかく安心。静岡県中部だけは雨でしたが、三島辺りから雪になり、トンネルを抜けたら本当にそこは雪国になりました。

Photo

おもしろかったのは、品川に到着した後は、
会場まで地下を通り、通り、通り・・。
仕事を終え、結局、夜、友人宅に到着するまでに、
地上を歩いたのは、自宅前のほんの5m程度でした。

う~ん・・・。東京は、不思議な町です。笑

Photo_2

翌日はお見舞いと、青山マルシェに。
12日の農家のお茶会にも参加するひらの園さんのブースで、最後のお茶会のチラシまき。

Photo_3

大雪の翌日で、お客様が少ないとのことでしたが、それでも常にお客様が足を止めていらっしゃいます。久しぶりの販売業、楽しかったなぁ。

平野さんの接客も見ていて惚れぼれ。

Photo_4

何より嬉しかったのは、ほんの数時間立っただけですが、お茶好きな若い方がたくさんいるんだなと実感出来た事です。色々な方とお話させて頂きながら、私もパワーを頂きました。

3

12日のお茶会を手伝ってくれるスタッフも、偶然近くにいて合流し、写真をパチリ。

帰りも平野さんとご一緒させて頂き、同じお茶だけど立ち位置が違うもの同士、お互いの仕事に対して思うことを語り合う。いいね~!生み出す楽しみを知っている人は、話をしていておもしろいです。

そして、これからの自分にも、わくわくする。
やっぱり、動いたら見えてくる。
やっと見えた自分のお茶、私もがんばろう!

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

お茶も料理も、人も同じ。

お茶も料理も、人も・・・。
全部同じなのかもしれないなぁ。

配合するには、分解する力がいる。
分解出来れば、組み立てることができる。
自分軸が出来れば、色々な顔を持つことが出来るようになる。

自分を理解し自分軸を確認する前は、
色々な顔を持つことは、まやかしだと思っていたけど
仕事中の顔と、家庭の中の顔は、違うはず。
誰もがそうやって、いくつもの顔を持つ。

昔はそれが、取り繕っていて怖いと思っていたけれど、
本当は、その方が自然なんだね。

そして、全部ひっくるめた自分が、私。
1が全で、全が1。

これも、統合出来たから分解できる感じ。
なんておもしろいんだろう。

全部、そのままで認めるのがいい。
私のお茶のあり方も、そのまま。

---------------

これからの私の講座は、お茶を活用しながら、人に意識を向けて行くものにシフトします。ここが見えてくるまでにかなりの時間を必要としたけれど、私にとっては全て必要な時間でした。お茶と出会えて、本当によかったです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

チルチル・ミチルは、散る散る・満ちる?

紅梅が、咲きだしました。
一花咲くと、次から次へと咲きだします。

一花咲く前は、まだか、まだかと言うのに
それ以降は、あれよあれよ、となる。

Photo

今朝も、数個咲いていました。
梅は咲く前の、今にも咲かんとする蕾が愛らしいです。

「しあわせの青い鳥」という話をご存知ですか?
遠くに青い鳥を探しに行ったけど見つからず、飼っていた鳥がそれだったというお話。

チルチルとミチルが、旅先の色々な国で見つけた青い鳥は、不思議とその国を出て持ちかえろうとすると、色が変わったり死んでしまったりしました。

楽しいことや満足感を、外へ外へと探しに行きたくなる時があります。それって、悪いことじゃない。

Photo_2

でもせっかくなら、
「あぁ、楽しかった!」で終わらずに、
外で見つけた楽しさについて、
もう一度落ち着いて、消化する時間も一緒に持てたら、
永続的な楽しさを発見するかもしれません。

チルチルとミチル。


今、ふと気付いたのですが~!
「散る散る、満ちる」

⇒「梅の花が咲き、散って行くまで見続ける時間を持てば、人生が満たされる」

っという、隠語だったのかしら・・・。


あ、たぶん。
全く関係ないですね。笑

たまには、お茶をどうぞ。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »