« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の2件の記事

何を喜びに感じますか?

あぁ、7月も終わりますね。
充実した毎日をお過ごしですか?

Photo_3

私は、「あぁ、もう7月が終わってしまうんだ。」という気持ちと、「まだ、7月なんだ、やれることあるね。」という気持ちが混ざり合う感覚。

Photo_5

とりあえず、今回も盛況に、7/10 第4回茶農家のお茶会が終わり、やっと記事を更新したところです。  報告記事は、お茶うけ屋のこちらから ⇒★

Photo_4

続けるからこそ、改善が出来るし、新しいことが盛り込める。ついつい慣れてくると緊張感が薄れてしまう私。毎回「これが最後」という気持ちで、準備をしたいなと思い、あえて今回は、次回の日程をお客様にお伝えしませんでした。

Photo_6

本来なら、あり得ないんでしょうけれども。せっかくの告知のチャンスを流してしまうなんて・・・・。

とはいえ、終わった後にもお客様から嬉しいメールを頂いたり、農家のいい顔見たりすると、日程は決めてないけど、「次回もやるぞ!」というワクワクした感覚が湧きあがります。

Photo_7

この内側から湧き上がる感覚。
私が大事にしている感覚です。

8月は、牧之原市内で、茶農家向けのコミュニケーション講座を開きます。これも、長らく私は、地元でお茶について熱く語ることをしていかなったのですが、ある時ものすごく!心から、「今、茶農家に必要なモノが何なのかを、伝えたい!」と思ったのでした。

Photo_8

「伝えたい!」と湧きあがる感覚を言葉にしたら、あれよあれよと、話が出来る場を用意して頂けたり、やりたかったセミナーが実現したり。あぁ、言葉にするのが大事って、こういうことなんだなと実感しました。

湧きあがる感覚って、独りよがりなこと?
と疑問に思うかもしれませんが、う~ん、人は分かりませんが、今の私は少し違う。

「必要な人のところに、必要なものを届けたい。」

どこに、何が必要かを見極めるのが大事だよね。やりがいのある仕事だなぁ。

Photo_9

写真は、6月17日に静岡で行われた『マイナビFESTA』に社会人サポーターとして参加した時のものです。 

生かして頂いて、ありがとうございます。
もっともっと、役に立ちたい。
仕事させて頂けることに、感謝しています。

久しぶりの更新を、読んで頂きありがとうございました。もう少し有益な情報が出せると良いのですが、ついつい自分のつぶやきばかりですね。

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

マニアな私が、心沸き立つお茶とは?

今年も頂いた、自家用茶。岐阜の山の方のお茶です。手摘み釜炒り。見た目はワカメのようですが、新茶です。湯を注ぐと、緑の新芽に戻ります。面白いのは、これを来年飲む時は、味も飲み方も変わってきます。

Photo

私は全国各地の地方茶から品評会まで、人より多く、お茶を観て、飲み、味わってきました。日本だけでなく、お茶の木から作られたお茶は、世界各地を。

正直、日本茶業界のルールや既存の価値感にガッカリすることも多くある中、自家用茶の世界を知ることで、日本茶を深く理解することが出来ました。
だから、こういうお茶を頂くと、本質的な私の”マニア心”が沸き立つんです。(笑)

Photo_2

でも実際は、深く理解するほどに、希少性や価格や製法に対する執着が、すーっと消えていきました。

単なる旨さや、珍しさだけではない、お茶の世界。もちろん、作法やマナーとも違う世界です。

お茶は、作り手の意思が作るもの。そして、そのお茶の魅力を引き出すのは、淹れ手。その、連係プレーです。

だからこそ、作り手の意思が分かるお茶を、まずは会話をしながら味わってみて欲しいと、心から思う。
本当におせっかいな私、です。(笑)

7/10、茶農家のお茶会は、そういう”連係プレー”の交流の場です。
今までは、茶会の場作りという形で連係してきましたが、今回は私自身も、もっとストレートに連係させて頂けるので、とてもわくわくしています。

自由が丘・古桑庵で、お待ちしております。ぜひに。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »