« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の7件の記事

「自学の強さ」について

先日、パートナーと夜の散歩をしながら話をしたことがおもしろかったので、書きとめます。

 「自学の強さ」について

自分で学び方から学んだ者は、段取り良く教えてもらって勉強した者よりも、深く・幅広く・強烈に記憶できる。

自分の興味を深堀りするように学んで行くという方法は、山あり谷あり。一見遠回りでしかない。しかし、最初から「既存の枠」という存在がなく、興味がある部分を繋ぎながら学んで行くので、結果、独自の世界観が出来上がっていく。

ただ、自学に終わりはなく、他者との比較もないため、もしかしたら未熟のまま終わることもある。だからこそ、「好き」なことを探求するしか、「継続」が出来ないのではないか。

Sdsc_0124

一度、自学の学び方を身に付けた者は、別の興味の対象と向き合った時、そのものの本質的な部分を見分けるスピードが、数段早くなっていることに気付く。情報の取捨選択が早く出来るようになるのかもしれない。

お茶に関して、私は自学タイプなんだと思う。私だけではなく、自学するからこそ、どの角度から問われても、慌てふためくことなく対応が出来る。

それは、「完璧」ということではなく、自分に不足している部分も理解し、分からない部分は分からないと素直に言えるからだと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~

人づてに、講座でお茶を学ぶよりも、作り手にお茶を淹れてもらいながら話を聞く方が、自学的です。結局、これの繰り返しです。^^会話から何を感じるか?は、人それぞれ。だから、お茶っておもしろい。

210242

お茶会は、10月24日(水)10:30~15:30 

【所要時間】 約1時間30分~2時間 (1席30分×3席)
*ご予約頂くと、当日待たずにお席にご案内できます。
*当日のスムーズな運営のために、ご予約のご協力をお願い申し上げます。

お好きな3農園の席に順番に入り、お茶とお菓子を頂きながら、
お茶の話、農家の暮らしなどをしながら、ざっくばらんにお茶する会です。

●茶会のお申し込みは、こちらから。
*名前・住所・電話番号・連絡可能なメールをお書き添えて、ご連絡ください。

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

第2回 茶農家のお茶会@自由が丘 古桑庵 『秋茶、熟す』

■農家と一緒に過ごす、最高にハッピーなお茶の時間です。

第2回茶農家のお茶会 @ 自由が丘・古桑庵

 『 秋茶、熟す 』

すでに、10名様ほどご予約頂いております。

==============
お茶会は、10月24日(水)10:30~15:30 までにご入店ください。

【所要時間】 約1時間30分~2時間 (1席30分×3席)
*ご予約頂くと、当日待たずにお席にご案内できます。
*当日のスムーズな運営のために、ご予約のご協力をお願い申し上げます。

お好きな3農園の席に順番に入り、お茶とお菓子を頂きながら、
お茶の話、農家の暮らしなどをしながら、ざっくばらんにお茶する会です。

210242

*写真をクリックすると、大きくなります。

秋になり、お茶も熟してきました。
新茶とはまた違う、落ち着いた味をお楽しみください。

Photo

この茶会から出てくるオーラは、キラキラしていて素晴らしいんですよ。
作り手がきちんと見えて語る世界。あなたの近くにも引き寄せてくださいね。

前回の様子は、こちらからどうぞ。

●参加費 2,000円(当日払い)
3つのお席(農園)に入り、お茶とお菓子と会話を楽しめます。

●茶会のお申し込みは、こちらから。
*名前・住所・電話番号・連絡可能なメールをお書き添えて、ご連絡ください。

ご予約は、お早めにどうぞ~♪

========================
≪前回ご参加頂いたお客様の声≫

●回収できたアンケート結果
 「とても楽しい・楽しい」とのお答えが、100%でした。

●アンケートの中で伺った改善点を元に、今回のお茶会の運営を改善しました。ぜひ、2回目もご来場をお待ちしております。ありがとうございました。

≪アンケートより 茶会の感想≫

・農家さんと触れ合える機会はなかなかないので、またこのような茶会に参加したいです。 30代女性

・アットホームな感じだったので、入りこみやすく、楽しかったです。農園さんとも、もっとお話してみたかったです。このような機会があれば、もっともっと参加したいです。 20代女性

・実際に茶畑に行って、茶畑の中で飲んでみたくなった。 20代女性

・どの茶農家さんも、それぞれの想いを込めてお茶を作られていると感じられてよかった。直に想いを聴けるとありがたみを感じられて良い。 30代女性

・雰囲気もよくて、また来たい。 40代女性

・それぞれの農園の生い立ち、現在の在り方、未来に向けてを伺うのが、おもしろかったです。 40代

・「静岡茶」と言っても、それぞれのこだわりがあり、特徴があり、とても楽しかった。また参加します。 40代女性

・あまり固苦しくないのが、よかったです。 30代

・それぞれのお茶農家さんの熱意が伝わって来ました。淹れて飲んでみたいです。農家さんのお茶を。 40代

・直接茶農家の方々とお話しながら入れて頂いたお茶は、皆さんの想いが伝わってきてとても美味しかったですし、楽しかったです。 20代女性

●アンケートの中には、私宛てに、お茶の楽しみ方講座を開いてほしいというリクエストをいくつか頂きました。ありがとうございます。

10月のお茶会では、まだ運営に徹することになりますが、少しずつ講座も絡めながら開催してみようとも考えております。どうぞ、進化し続ける茶農家のお茶会に、いらしてくださいね。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

自分のことを、一番、最高に、心底、応援してくれるのが、『自分自身』

今年の夏は、色々な人に会いに行ったと以前書いたけど・・。
この頃本当に、縁って不思議だなぁっと思う。

私は、『自分の未来は自分で創る』と考えているタイプだけれど、少し前は、『頑張って創ろうと思うけど、がんばってもがんばっても、“やっぱり”、無理かもしれない。』っとどこかで思っていました。笑笑

だから、どこかに必死さがある。(イヤ、人様からはのんびり静岡人になったと言われておりますが・・。)

でも、この文を読むだけで、“やっぱり”人は自分の思うことを実現する力があるんだなぁと改めて思うのです。

ポイントは、「やっぱり」という一言。^v^;

やっぱり、無理かもしれない。 
  ⇒ そう!その通り!あんたは賢い!^0^)/

となるわけです、はい。

1

この手の話は、脳科学の中でよく言われている話なので、調べればすぐに出てくることなのです。私自身も、だからこそ、ポジティブな考え方をした方がいいと思っていたけれど~~~。
心の底では、誰かが「でもっ・・・」とつぶやき返してくるのです。誰って、そりゃ、私しかいませんけれども。笑

それは、はっきりと言葉になって出てくるのではなく、なんとなく漠然とした不安だったり、倦怠感だったりする。別に積極的に自分にブレーキをかけるというものではなく、なんとなく、どよよんと被さって来るぐったりとした空気のようなものです。

1_2

それが、今年の夏は全部、すっきりと心の中が整理できて、心の底から来る「でもね、やっぱり・・。」とささやく重い声が消えてしまいました。
だから、とても体が軽い。そして、全てのことに楽しみ方を見つけられる気がしています。失敗もまた、楽しい。笑 
そう、転んだってタダじゃ起きない。^^そんな図々しさを身に付けたというか♪

人はこれを『ポジティブシンキング』と呼ぶかもしれませんが、今ならば、説明が付けられるかなぁ・・。

ポジティブシンキングは、以前の私。
「でもね、やっぱり」と言ってくるもう一人の自分を打ち消すために、無理やりテンションあげて、馬力を出している状態。否定的な自分を表面に出さないようにしてきたという感じかな。

2

それが、今は全然違うのです。^^
もっと軽く。もっと素のまま。本当に、自分らしく。

心の底から、『未来は自分で創ることができる。全てはうまく行く。』ことを理解して、身体全体で味わっているように感じるのです。だから、無理がない。自分に対して、否定的なことを言う自分が消えたかのようです。

自分のことを、一番、最高に、心底、応援してくれるのが、『自分自身』なんじゃないか?と考えるようになりました。

皆、自分を幸せにしてあげたいって思うでしょう?
それはとても自然で、当然の思い。
だから、自分を幸せにしてあげるために、何を大切にするのか?というのを常日頃から考えて行った方がいいんだろうなぁ・・。

Photo

ちなみにね、自分を否定する「でもね、やっぱり」君が消えるとね。他人様の言葉を否定することも無くなる気がしています。

これは、「ポジティブシンキング」のような強制力ではないからかもしれません。^v^(ポジティブシンキングの場合は、ネガティブシンキングを否定したくなるんです。聞きたくもないって。^^;)

自分を否定しなくなると、出てくるのは、
もっと、穏やかな・・・。もっと、静かな・・・。もっと柔らかい・・・。
こんこんとわき出す泉のような、澄んだ力。

そういう澄んだ泉の水を汲んで、
もし一杯お茶を淹れることが出来たなら、
それは本当に幸せだと思う。

Photo_2

そして、私は。
あなたがそういうお茶を淹れられるように、
心の中に澄んだ泉がわき出るような、お手伝いがしたいんだと、
今、はっきりと理解出来るようになりました。

自分のことを、一番、最高に、心底、応援してくれるのが、『自分自身』

言うは易し。感じるは難し。^v^
とりあえず、一緒にお茶しましょう♪

■農家と一緒に過ごす、最高にハッピーなお茶の時間です。

すでに、10名様ほどご予約頂いております。ありがとうございます!

スタッフも、あと1名ほど募集しています。

==============
次の企画は、10月24日(水)

第2回茶農家のお茶会 @ 自由が丘・古桑庵

2_2

この茶会から出てくるオーラは、キラキラしていて素晴らしいんですよ。作り手がきちんと見えて語る世界。あなたの近くにも引き寄せてくださいね。

前回の様子は、こちらからどうぞ。

●参加費 2,000円(当日払い) 3つのお席(農園)に入れます。

●茶会のお申し込みは、こちらから。
 *名前・住所・電話番号・連絡可能なメールをお書き添えて、ご連絡ください。
==============

当日、運営を一緒に手伝ってくれる方“若干名”を募集します!勉強になりますよ。こちらも、合わせてご連絡ください。

今日もお茶を一杯。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

初めてのお茶会@chazz7 感じたこと

9月15日~16日は、静岡市七間町にあるお茶のアンテナショップ「Chazz7」で、“心ストレッチ茶会”というのを開きました。

いつも私のイベントは、賑やかで楽しく外側に開放していくものが多いのですが、今回は少し・・・。内側に向かっていく、静かな茶会を開いてみました。農園茶がなければ、語れない世界でもあります。

2

自分で自分のために淹れる一杯のお茶。
大事な一杯なんですよね。

『賑やかなものの方が、人は集まる』というのも理解した上で、お茶の持つ心地よさをどう表現したらいいんだろうな~と。

一人でいらして下さった方、
親子でいらして下さった方。
ご夫婦の方。
お友達同士の方。

1

色々でしたが、とにかくもう自分にとっても、最初の最初の1回目。でも一生にこの最初は1回しかないのですから、とても大切で、忘れられない2日間でした。

●茶会の感想を、本格日本茶カフェ「茶空間」のブログでもご紹介頂きました。

10年ぶりにお会いした方もいて、びっくり!以前私との違いについてや海外事情を伺ったり・・。

●夕方には、中国茶の萬千吉茶坊の綾子さんもいらしてくれました。いつもは茶坊でお茶トークが多いのですが、こうやって私の茶会に来てくれたのは、初めてかも!?笑
私の語る『農園茶』の解説をきいて、いたく感動してくれました。笑 
何かコラボ企画が生まれるかもなぁ~。笑 ブログでもご紹介下さいました。

3

ちゃめびとのシンボル『急須』を頭にのせて、お子さんと記念撮影。

<一緒に手伝って下さった斉藤さんとの会話>
私   「やる価値があるよね。」
斉藤 「あるよ。誰もが出来ることじゃないけど、誰かがやらんとな。」
私   「改善すれば、やれると思う。」

斉藤 「あなたぐらいにしか、出来ないからな。だからこうやって、オレは応援するんだよ。」

本当に、ありがたい。
この一言が、世界最強のパワーを生むんだと思う。感謝しきれない。

4

今、私は一緒に学び、成長できる仲間が欲しいと、強く強く思っているんだと思う。

斉藤さんには、きっと「仲間じゃないよ、あんたが先を歩いているから、みんながついて行くんだよ。」と言われそうです。 形はなんであれ!

一緒に学ぶ人たちが集うベースを作りますね。お待ちください。

さて、最後はまたまたやってきました。^^

農家と一緒に過ごす、最高にハッピーなお茶の時間です。

==============
次の企画は、10月24日(水)

第2回茶農家のお茶会 @ 自由が丘・古桑庵

2_2

この茶会から出てくるオーラは、キラキラしていて素晴らしいんですよ。作り手がきちんと見えて語る世界。あなたの近くにも引き寄せてくださいね。

前回の様子は、こちらからどうぞ。


●参加費 2,000円(当日払い) 3つのお席(農園)に入れます。

●茶会のお申し込みは、こちらから。
 *名前・住所・電話番号・連絡可能なメールをお書き添えて、ご連絡ください。
==============

当日、運営を一緒に手伝ってくれる方“若干名”を募集します!勉強になりますよ。こちらも、合わせてご連絡ください。

今日もお茶を一杯。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

紅葉山庭園のカジュアル茶会 2012・9・9

週末に紅葉山茶室でのカジュアル茶会がありました。
3年ぶりに開いた斉藤さんのお茶会。
盛況に終わりました。

1

窓から見える景色は、まだまだ夏の色。
私もお手伝いをしながら、のんびりさせていただきました。

2

午前中は、どうしてもお客様をお待たせすることが多くなりがち。

3

午後からは、ゆったりと楽しんで頂けることが多くなりますよ~。

6

紅葉山茶室は、この窓越しに見える景色がとても素敵です。四季折々の景色が広がりますね。

5

主催の斉藤氏。
今回もお茶と一緒に添えられたお菓子のセレクトには、ほれぼれしました。写真で紹介しようかなと思いつつ、やっぱりこれは・・・。参加者の楽しみということで、お茶を濁そう。^v^ 笑

4

それにしても、斉藤さんの人柄が出ている会です。
スタッフもお客様も穏やかで楽しそうでした。

さて、次回も楽しみですね!

お茶会って聞くとハードル高そうに思うかもしれませんが、ただただ座って笑ってお茶飲んで、楽しく過ごして頂ければいいのでしょうね。

大人の遊びだと思います。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

9月のお茶会第2段 「爽風茶会」9/15~9/16

9月のお茶会、こちらはお茶うけ屋企画です。

場所は、静岡市七間町にある、
お茶のコンセプトショップ「Chazz7(チャズセブン)」です。
こちらのお店は、静岡発のお茶のチャレンジショップでもあります。

それならば、私もチャレンジ!ということで♪
私が皆さんとご一緒したい、今までとはちょっと趣向を変えた、新しい試みの茶会を開くことにしました。

~心ストレッチ茶会~

お茶うけ屋×斉藤CHAVI 
『気持ちゆるめる、お茶の時間』
~内面から“深み”を引き出す、日本茶の世界~

【日時】 2012年9/15~9/16 (土・日) 11:00~17:00
【所要時間】 約30分位 *席が空き次第、ご案内致します。 
【参加費】 1,200円(お茶+スイーツ+お土産付き)
【内容】 美味しいお茶を飲みながら、心をほぐす体験茶会。
*当日も参加できますが、席が少ないため、大まかな来店時間を伺えると幸いです。
【場所】 静岡市葵区七間町3-3 Chazz7

*連絡先:画像内に記載

『心ストレッチ』・・私の、お茶のテーマの一つです。よくあるお茶のいれ方教室や、美味しいお茶を味わう茶会というだけではなく、もう一歩、お茶の持つ本質的な力を表現したい。それはきっと、あなたの暮らしに役立つものだと思うから・・。

画像をクリックするとアップします。

15_2

今日もお茶を一杯。
ぜひ、遊びにいらしてください。

実はここだけの話・・・。この参加費で行うのは、たぶん最初で最後かも。^m^ 初回チャレンジということで、ずいぶんお値打ちになっております♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

なんと~!9/4 大阪のABCラジオ番組に登場♪

お茶うけ屋の単一農園茶が、大阪のラジオでご紹介頂きます♪

【番組名】ABCラジオ「とことん全力投球!!妹尾和夫です」のメイン特集コーナー「今週のどやっ!」に登場します。

時間は、火曜日13時15分~14:10まで
大阪方面の皆さま、私の代わりにぜひ、お聴きください。^^
そして、よろしければ、感想なども伺いたい~。笑

どのお茶を召し上がって頂けるかな?^^楽しみです。

===============

☆ニュース和夫侍 (12時25分~)
全力投球時代の人気コーナーが装いも新たに復活。
妹尾和夫、もとい和夫侍が、世間をにぎわすニュース、出来事、
そしてリスナーの悩み、愚痴にいたるまでを斬る!

☆クイズ 和夫に教えてあげる(12時52分~)
リスナーさんと電話をつなぐクイズコーナー。
問題は、リスナーさんの超プライベートなもの。
(今朝、何を食べた?など・・・)
ヒントを頼りに妹尾さんが答えます。
↓このコーナーです!
☆今週のどやっ!1時15分 (13時15分~)
メインの特集コーナー。
妹尾和夫が森羅万象の中から今もっとも気になる出来事をとり上げて
考察してゆく
---------------------
☆主演 妹尾和夫  (14時10分~)
妹尾和夫58歳。
成功と挫折、転機を繰り返してきた正に波乱万丈の半生を赤裸々にふりかえる

=================

だんだんと涼しくなってきました。
お腹冷やさないように、お布団かけて寝て下さいね。

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »