« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の7件の記事

静岡新聞社さまの取材記事

5/25(金)静岡新聞の夕刊、見開きページ「生活彩々」に、農園茶について記事が掲載されました。↓の写真の左側です。
このページは、カラーページ。
しばきり園の渡さんに、お茶を淹れてもらっているところです。

1

記事全体は、静岡県内の、地域や品種、製法などの違う個性を楽しむという内容で、山間地の特殊な茶葉の紹介をされています。

いつも思うけど、私って自分が淹れるお茶よりも
人に淹れてもらったお茶の方が好きです。^m^

作り手に淹れてもらったお茶は、なおさらです♪
役得♪ヤクトク♪笑

2

*写真をクリックすると、大きくなります。

そんな冗談はさておき。
「茶農家のお茶会」は、穏やかな楽しい茶会となるでしょう。
どうぞ、遊びにきてください。

ご予約(お支払いまで終了の方)頂くと、茶会の時間が予約できます。当日待ち時間が少なくなると思いますので、おすすめです。

ご予約・詳細は、こちらから。

■次は、5/30 朝刊
朝日新聞 関東版 「東京マリオン」様にも、茶会の告知記事が掲載されます。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

なんだか、いい感じなのです。5/25静岡新聞夕刊の取材にて

梅雨前の今この時期は、本当に気持ちが良いですね。

なんだか留守ばかりで、更新が途絶えますが
日々日々、体が軽くなるのを感じます。

今、きっと私はいい感じなんだ~。

先日、静岡新聞社様に、自由が丘の茶農家のお茶会の案内を含めた、農園茶の取材していただきました。

4

取材中の様子。
気持ちの良い、ふんわり軽くなる時間でした。
週末で子どもたちもいるからね。
子どもたちがお茶をいれてくれます。^^

6

私はこれが、好きなんだよなぁ~。
いつもみんな笑顔。

詳しくは、お茶うけ屋に書きました。
ご覧くださいね~!
しばきり園の貴重な山吹色のお茶

【静岡新聞 5/25(金) 夕刊 】
カラー写真付きで、登場します♪

でも・・・、やばいすっぴん。笑

新茶最前線セットも半分が過ぎて、
お客様から感想などの便りを頂いています。
その便りを読んでいると、私が今度は癒されます。

お茶の力って、すごいんだ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

20.5キロを背負って、山登り?

初夏ですね。初夏ですよ。

1

ぽかぽか陽気に、つちや農園のくろべえも、うとうと。
気持ちよさそうです。

0

なんていう名前の花だろう?ぽこぽこしていて、青空に映えるなぁ。

2

台地はもうお茶が終盤なのに、標高600mの茶畑は一面の新緑!清々しいです。(5/14現在)
写真の奥の畑は、在来。手前はさやまかおり品種。
その間にあるのは、な~んと♪わらび~!!

あそこだけは、土屋さんちの畑ではないそうですが、いいなぁワラビ畑。笑 いやいや、なかなか困りものなのだそうです。

4

お茶摘みさんたちと一緒に、ご飯をよばれてしまった(よばれるというのは、静岡の方言なのかしら?よく分からないけれど・・。)ので、午後から少し茶摘みを。一働きしました。

つちや農園の一番高価なお茶の新芽を、山の下の黒い覆いの畑で摘んでいます。

3

お昼になるからとお茶摘みさんが上に上がってくるところ。ただ、上がるだけでもけっこう大変。^^;

が、私は一働きさせてもらって♪
みんなが摘んだ新芽を背負って、この道を上りました。
茶部屋で計ったら、全部で20.5キロ。

5

へぇぇ~!手では20キロ持つの大変だけど、背負うってすごい担げるものですね。自分でもびっくり。

貴重な新芽を、ひっくり返したら大変と思い、本当に一足一足踏みしめて上りました。^^;

でも、ちょっとした思考の時間♪大事な時間。
「昔の人は、こうやって荷を背負って上り下りしたんだよなぁ・・・。」私はそうやって体験させてもらうことで、歴史というほどではないけれど、ちょっとしたその土地の昔を感じて行くのがとても好きです。

6

その後茶部屋で飲んだ、つちや農園の水出し茶は、最高においしい~!!笑
やっぱり、働いた後のお茶は、いいね♪

つちや農園の話は、お茶うけ屋のサイトでも書きますが、ここは完全趣味な私を・・。笑

今日もお茶を一杯。

====まだまだ募集中!=========

●6/6(水)茶農家のお茶会@自由が丘「古桑庵」
新茶を持って作り手自らがお茶を淹れにまいります。
午前か午後かのご来場時間をお伺いできると幸いです。

友人が、茶農家のお茶会の紹介記事を書いてくれました。彼女も大阪から手伝いに来てくれます。ぜひ、ご覧ください。なかなか嬉しい記事なのです♪笑

ご予約は、こちらから。

詳細は、こちらから。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (4)

今年もやります!藤枝市のケーキ屋さんで新茶イベント

うふふふふ♪
今年も、藤枝市のケーキ屋さんレ・トゥーヌソルが、
新茶を楽しむイベント『グリーンデイズ』を開催します。
今年で6回目!

え?山田さんと知り合ってから、もう6年も経ったということですね・・。
う~ん、時間が流れるのは早いです。

1

昨年は、藤枝かおり(品種)のスイーツを取材してもらいました!

≪2012年 グリーンデイズの中身です。≫

●山田シェフの、2日間限定 お茶入りスイーツ販売♪
●マルヒデ岩崎製茶さんの、ティーバックの詰め放題!?など、お得で楽しいテント祭り♪人を楽しませるのはピカ一ですね。
お茶うけ屋は、子どもから大人まで、だれでもお茶入れ練習会。

2

今年は、茶器の販売もしてみようと思います。^v^ 急須の選び方など、分からないことがあったら、どんどん質問しに来てくださいね。

33

楽しく楽しく!ケーキ屋さんで新茶のイベントですよ~。
お近くの方は、ぜひ美味しいケーキを買いながら、一緒にお茶も楽しんで行って下さいね♪

昨年の様子は、こちらから。 マルヒデ岩崎さんは、こちらから。
主催のレ・トゥーヌソル山田さんのホームページは、こちらから。

■詳細は、PDFファイルよりどうぞ。

「12.pdf」をダウンロード

 

今日は蒸し暑かったなぁ・・。

そんな時も、お茶を一杯。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

初夏と風と、新茶最前線

初夏らしい、気持ちの良い日が続きます。
ごぶさたしています。いかがお過ごしですか?

ついつい、ブログの更新が遅れてしまいますが、茶農家は色々と回っています。
よろしければ、お茶うけ屋サイトをご覧くださいね。
てっちゃんの茶工房の味は、ココにあり!
向笠園のむっちり新芽

Photo

春の桜の季節には、桜と青空のセットが大好きですが、初夏になると青空と新芽のセットが大好きになります。

大きく育った新芽が風にさらさらとなびき、風の通り道が見えてきます。

2

なんだか、本当に自分のちっぽけな悩みごとも全部吹き飛ばしてくれる気持ちよさです。本当に、お茶に救われている気がする。

3

牧之原台地では、収穫はそろそろ終盤。でも場所が変われば、まだこれから始まる地域もあります。それもまた、楽しみです。

そんな中、お茶うけ屋の新メニュー「新茶最前線セット」(ご予約終了)の第一便が到着しました。
最初は、竹内園です。どちらかというと、旨みと渋みでさっぱり飲み飽きないお茶です。新芽には一切農薬がかかっていないナチュラル系です。

Photo_2

少しずつ、色々な農園のお茶を試して頂きたいと思い、5農園はそれぞれタイプの違うところをセットにしました。5農園が終わる頃に、お好みが見つかるといいですね。

早速、ブログにお茶を紹介くださった方がいらっしゃいました。いつも、英語で農園茶を世界に発信してくれている、BUT TEAさん。
 こちらから→☆竹内園【お茶うけ屋】
         ☆竹内園・お茶漬け
いつ見ても、ほれぼれする写真。同じ物とは思えないほど、かっこいいです♪^v^ ありがとうございます。

もう一人、来年に向けて改善点を見つけたいと思い、モニターをお願いしている世界のお茶アナリスト南野望里子さん。
 こちらから→☆新茶最前線セット
本当は、裏側でアドバイスを頂ければと思っていたのに、しっかり宣伝してもらっちゃいました♪ありがとうございます!

2

昨日は、山の農家山水園さんの茶工場へ。結局、お茶が出来上がる夜9時半頃まで見ていました。お茶の油で手がつるつるになりました。

さてさて、新茶はまだまだ続きます。

今日もお茶を一杯。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

気づかなかったことに、気づける喜び。

静岡に移住して、14年。
もうたっぷり、静岡生活を満喫しています。

2

新茶もどんどんと始まっていて
写真を撮るために、茶畑に入ると
刈りたての畑からは、ぷわわ~んと
新芽の香りが漂います。

目には何にも見えないんです。
でも、大きく深呼吸したくなる清々しい香り。

1

そしてそれは、商品になった茶葉とはまた違う
生の香り。それが、なんとも良いんですよ。

街の中に住んでいても、
小さな違いは日々あると思うけれど
自然がたくさんの中にいると
その小さな変化がとても楽しくて、おもしろくて。
驚いてばかりで、やめられません。

6

人からすれば、どれも緑色の「緑茶」に見えても
この時期、色々な茶工場に入って
テイスティングを繰り返すと、
お茶の味が作り手によって違うのが分かります。

お茶を作るのにかかる時間は、4~5時間。
その長丁場の製造の中で、
お茶の味の大きな方向付けをするのが
「蒸す」という最初の工程です。
それは、たったの30秒~120秒程度。

5

この工程の違いが、作りたい【目指す】お茶を作るための
大きな差を創りだすんです。
そこがとっても、おもしろい。
お茶は、人が作っているんだと実感します。

3

山のお茶、里のお茶と
私は作り手の見えるお茶を大切にしていますが
それは、お茶の美味しさだけではなく、
たぶん、その製茶技術の中に、
人生哲学的なものを見ているのかな。

別に精神論の話をしたいわけではないのですが
小さな変化に気付けるって、かっこいいなぁと思う。

G2

単一農園茶だと、作り手が一人(ノンブレンド)だから、
その方向が明確で、違いがとても分かりやすい。
だから、おもしろいんですよね。

街にいても小さな変化はたくさんあるけど、
私のように大ざっぱな子には、田舎の方が分かりやすい。

8

雑草は日に日に伸び、--;
野菜もなんとなく生長して♪^0^)/
春には春の花が咲き、^v^)
そういう中に、「新茶」もある。^v^)~旦

今年は、農家と問屋の茶取引「荒茶の相場」の変動に
不思議なものが見えてきます。

相場は誰が作っているのか?と疑問だったけど
相場もやっぱり、人が作っているんだよなぁ・・。
と、しごく当然のことを実感。

夢見る夢子から、一歩成長したのかな。
今年は、潮目なんだろうな。

7

お茶はね・・・。
どこで買っても、緑色した茶っぱですが、
毎日同じように淹れても、同じ味にはなりません。
それがまた、すごくおもしろい。

お茶の美味しさは色々あるけれど
ノンブレンドの方が、
農園ごとの違いは味わいやすく、
『毎年の味』がゆらゆらゆらぐのところが、自然でいい。

取りとめもない話だけど
なんていうか、そういうゆらゆらゆらいでいるのが
日常だよなぁ~と思ったんです。
だから、毎日がおもしろいんだよなぁ・・。

お茶の味と一緒で
言葉にならないんだよなぁ・・・。

とにかくね。

今年のお茶は、どこも美味しいから!
安心して召し上がって下さい。

ではでは
今日もお茶を一杯。^^

==================

●5月は「新茶最前線」を楽しむ一か月♪
少しずつ楽しんで、こっそりと楽しんで。
お気に入りを発見しちゃうのが、いいね。

新茶最前線セットの詳細はこちらから。

●6/6(水)茶農家のお茶会@自由が丘「古桑庵」
新茶を持って作り手自らがお茶を淹れにまいります。
事前予約はお得で、確実ですよ。

チケットは、こちらから。

==================

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

本日、八十八夜なり。だから、なに?

今日は、立春から数えて88日目。
八十八夜です。

この日のお茶は、
長生きするとか健康だとか
縁起の良いお茶として喜ばれます。
お手元に新茶が届いた方は
ぜひぜひ、お召上がり下さいね♪

でもでも、本日のワタシは少しへりくつ女かな?笑

八十八夜は新茶のイメージ。
静岡県でも、そういうPR活動をしています。

はいはい。
そうかもしれませんが
地域によっては、まだまだ新芽は育っておらず
待ち状態。

中山間地の多い静岡では、
GW明けてからというところも普通にあります。

そのお茶は、縁起が良くないのか?
っというと、そんなことはもちろんなく・・。
待って待って、みんなが待ちわびて出て来た新芽は
とても縁起の良いお茶だと思います♪

茶業界では、この八十八夜時期の販売を
「新茶商戦」と呼び、気合いを入れて
他社より先に広告を!予約を!
いち早く、安くお届けします!
となります。

はい、私も農園茶を紹介するようになってから
新茶のご予約ください~♪とお願いしてしまいます。笑

でも、「早い収穫=美味しい」とは少し違います。
あ、早いから悪いということでもありません。^^

へりくつを言ってるように思うかもしれませんが
農産物ですから、土地にあったスピードがあるわけですが
消費の現場では、「土地」に対する意識:価値よりも
「時間」に対する意識:価値が高いんだろうなぁ。

今の世の中は、
「時間」が一番貴重だったりするわけですが
せっかくなら、「待つ時間」にも価値を見出して行きたいなぁ。

待つ時間って、わくわくするし♪
なんとなく、切ないし♪
なんとなく、振り返るし。笑

ふふふ。^^
そこにも、価値あると思うんだよなぁ。
そうじゃなきゃ、「急須でお茶を淹れて飲む」時間も
ショートカットされちゃうものね。

リンク先は、2009年の新茶期に書いた、
はっと我に返った時の記事です。
「新茶。だから、なに?」は私の基本的な考え方です。

新茶とは、茶に関わる者たちの思いのせた、消費者への新年のご挨拶。
収穫期を迎えた産地の喜びを、伝言ゲームで消費地に届けています。
茶業界は、その伝言がうまく引き継いでいけているのかな?

==================

●5月は「新茶最前線」を楽しむ一か月♪
少しずつ楽しんで、こっそりと楽しんで。
お気に入りを発見しちゃうのが、いいね。

新茶最前線セットの詳細はこちらから。

●6/6(水)茶農家のお茶会@自由が丘「古桑庵」
新茶を持って作り手自らがお茶を淹れにまいります。
事前予約はお得で、確実ですよ。

チケットは、こちらから。

==================


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (4)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »