« 天気悪いけど、茶畑はこんな感じです。 | トップページ | 東京の日本茶カフェ「古桑庵」で、茶農家のお茶会を開きます。 »

地域差・個性差を新茶で実感。各農園直送『新茶最前線セット』

そろそろ、新茶の季節を迎えようとしています。
いかがお過ごしですか?

昨年から静岡県内を中心に、畑の見える生産者のお茶を「単一農園茶」という形で紹介してきました。
今年は、そのバリエーションの広さや楽しさを味わっていただこうと、いくつかの企画をしています。

Photo

*4/13撮影 静岡県中部 牧之原台地

まず、単一農園茶の醍醐味は、やはり地域・気候の違いを味わうことですが、緑茶は一年中あるため、その差が見えにくいと言われます。

でも、私が単一農園茶にはまった理由は、この地域差・個性差です。

ここには、作り手の考え方と、自然環境による違いがはっきりと見えてくるため、毎年『新茶』が登場するのを、わくわくして迎えています。

今年の新茶は、この地域差・気候のずれを味わってみませんか?あなたの好みがわかるようになりますよ♪

Photo_2

*4/15撮影 静岡県中部 大川地区

新茶が出来た農園から、
直接お客様にお茶が届く

『新茶最前線セット』という商品を作りました。

5月の間中、農園から一袋ずつ新茶が届きます。
お気に入りが見つかれば、そのまま注文が出来るようにもなっています。

【5月3日までにご予約いただく、限定セットです。】

商品の詳しい説明は、こちらから。
 ●5農園コース
 ●3農園コース

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

|

« 天気悪いけど、茶畑はこんな感じです。 | トップページ | 東京の日本茶カフェ「古桑庵」で、茶農家のお茶会を開きます。 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気悪いけど、茶畑はこんな感じです。 | トップページ | 東京の日本茶カフェ「古桑庵」で、茶農家のお茶会を開きます。 »