« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の8件の記事

「食べないようにしているものはありますか?」という問いかけに。

2012年2月19日「日本茶審査の基本をプロに学ぶ」講座にご参加くださった方との会話の中から。

「ゆうさんの表現はとても豊かで分かりやすいのですが、日々の食事で何か意識していることはありますか?食べないようにしているものとか・・・。」

という、かなり誇大広告のような、過大評価のような嬉しい質問が♪ 笑 ^v^

ちなみにわが家では、私は「味音痴だけど、味の記憶力が高い。」と言われています。これって、本当に当たり!!さすが、パートナーだなぁと思います。笑

1

写真は最近はまっている、ケツメイシの炒り炒り焙じ。薄くて軽いコーヒーみたいです。

いつどこで、どんな状況の中で、どんな会話の中でこの味を食べたか?という記憶だけが抜群なのです。(味の再現性はないのです。^^;)
これはもう、ただ食い意地が張っているというだけの話なのですが、良くも悪くもインパクトのあった時などは、特に映像として記憶されています。

そんな私の食生活は、チャレンジャーな食べ物が大好きで、甘いお菓子が大好きで、素材を楽しめる料理も大好きで・・。まぁ、なんでもありだということです。腐りかけている食べ物でも、とりあえず口にして記憶しています。^v^;)

ということで、フェイスブックでは時々登場するわが家の食生活。^^
田舎だからこそ楽しめるスタイルなのだろうと思います。
私にとっては、静岡暮らしは止められないです。

Oden1

農家の方に、びっくりするほど大きな大根をもらい、このままデカさを味わいたいと作ったのが、おでん。

Oden2

まんまるなのです♪作るのと同時にお皿に盛るのが楽しかった~。

Choko1

友人が誘ってくれた、バレンタインのチョコフォンデュパーティ。

Choko2

ネギやゴボウ、焼き芋にウインナー。未知の世界だったけど、新たな発見があった味作り。これは本当に楽しくて、びっくりした~!

Sin1

田舎だからこそ味わえる最高のぜいたくは、食材の鮮度!素材の持つ味をそのまま楽しめるから、料理は塩だけでも十分です。畑はありがたい。

Sin2

いただき物の、今日釣ったばかりの脂ののったクロダイとメジナ。卸すのは大変だけど、いじっていると魚の違いもよく分かります。内臓ぷりぷりなので、平気になりました。

Sin3

養鶏場で買うその日に産れたばかりの卵は、卵かけご飯が必須です。^^卵もサイズによって違いがあるのが分かります。

Motu1

スーパーには並ばない、1~2cmのくずジャガイモはわが家の畑から。でもにんにくと一緒に素揚げして食べると絶品です。インカのめざめとアンデスレット。品種の違いも楽しめます。

Toru1

友人宅で頂いた、トルティーヤ。

Toru2

こうやって、自分で味を色々試して作るのが好きみたいです。日本の手巻きずしと同じだなぁ。

Kioku

香りの記憶を残す道具!?笑 このごろ楽しんでる実験道具。^^
お茶でも料理でも、記憶に残るというのがとても大切。

いつかは、これを使ってみんなで香りの記憶を遡ってみたいなぁ♪

記憶は個人差なので、自分の記憶の残し方というのはそれぞれだと思いますが、何かを提案する側としては、どう印象付けるのかをもっともっと考えたらおもしろいなと・・・思いますね。

Kasi

ちなみに、今日いただいたお茶とお菓子は
インプットされました。笑 

特にお菓子は無名なお店ですが、一口食べて
「あれ?おいしい。」とすぐに検索。
なるほど、納得。
次回行ったら、お土産はこれにしよう♪

あ!ところで、タイトルの返事はですね・・。
なんでも食べるけれど、家の中では化学調味料を使いません。味噌汁も本当に適当ですが、出汁をとります。
調味料が強いと、どんなものでも同じ味の記憶になります。これって、お茶も同じな気がします。(意味不明かな?)

では、今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

牧之原市の今を語る!「しげちゃんネル4」放送しています。

先日、2回目のマキノハラTVの「しげちゃんネル」を収録。

牧之原市長と一緒に、牧之原市政についてトークしてきました。
と言っても、私はうなずいて聞いているだけなのですが。^^;

45分位の収録が20分に集約され、
とても分かりやすく編集されていて、
マキノハラTVの編集力はすごい!と思いました。

次回は、牧之原議会も始まっていることもあり、生放送するとかしないとか・・・。

う~ん、ちょっぴり勉強しないと、質問もできやしないですね。文字で読む市政は面白みに欠けるのですが、市長から直接話を伺えるのは役得です。笑

もしよかったら、ご覧ください。

動画がうまく見れない方は、こちらからどうぞ。

だんだんと春めいてきて、庭の梅が咲きだしました。

春はすぐそこ!

お茶飲んで待ちましょう。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

「日本茶の審査をプロに学ぶ」講座:感謝!

2月19日の午後、お茶うけ屋サロンで開催しました、「日本茶の審査をプロに学ぶ」講座は、無事・・・というか、やっぱり当然!!盛り上がって終了しました。(すみません、1時間も延長して3時間講座に・・・。^^それでも、皆さんすぐには帰られず、講師は質問攻めになっておりました。^^)

資格などは全く関係がなく、「日本茶をもっと知りたい!」「人に説明出来るようになりたい!」という熱い方々が集まりました。ご参加頂きました皆さま、本当にありがとうございました。

あっという間に満員御礼となり、お断りしたほどだったのですが、向上心の高い方が遠くは愛知県からもお集まり頂きました。

1_2

講師をお願いしました、真茶園の松田社長も、参加者からの高度な質問に押され、どんどんと社員教育レベルの厳しい鑑定方法にまで入ってくださいました。^v^ 

しみじみ、おもしろかったですねぇ。
なかなか、客観的にお茶をみることは難しいかもしれませんが、見る視点を学べばあとは毎日がチャンスですね。だからこそ、しっかりと身につけたい部分です。

松田社長が最初に言われた話が、印象に残りました。
「なぜ、茶を鑑定する技術が必要か?」という内容です。

2_2

「お茶時期、毎日たくさん届く荒茶(農家がその日に製造した茶葉)の中から、良質な荒茶を瞬時に選び、仕入れていく必要がある。
それが、最終的にはお客様に対して私たち(問屋)が誠実な商品を作るために必要なことだから。」

と言われていました。
なるほど、納得です。

3_2

だからこそ、練習の場となる今日の茶の審査で大切なことは、「分からないなりに、○○○○○」ことだとか。
これまた、納得なお話でした。^^

審査の勉強をしたからといって、何かがすぐに体得できるわけではありませんが、経験は積まないと進化しませんからね。^^

<参加者からの感想>
・お茶の何から見るか?を考えるようになった。
・頭の理解は出来たけれど、舌の理解はまだこれからになりそう。
・楽しい経験だった。なかなかこれだけ飲み比べができないから。
・講師の話と金沢さんの補足がバランスがよく、理解しやすくなった。
・プロの見方が学べて、おもしろかった。
・自分のお茶に対する知識が薄っぺらいものだと実感できたのがよかった。
・荒茶の見方がしっかり理解できて、おもしろかった。
・講義の面白さとともに、色々な人との出会いもあって楽しかった。
・日本茶のことをもっと知りたくなった。

4_2

講座の2回目は、4/14 真茶園でのブレンド勉強会です。新茶の火入れが始まっている時に工場の中も見学させていただきます。香りは現場でしか味わせませんからね♪

一般募集を始める前に、ほぼ埋まってしまいそうですが、あと数名お席があります。
と言いながら、告知は明日以降に・・・。^^ しばらく、マメなブログチェックをお願いします。m(、、)m

5

そして、松田社長から嬉しいメールもいただきました。

真茶園のホームページはこちらから。

それにしても、凄いハイレベルの受講生さん方ですね。
ゆうちゃんが作りだす世界がありますね。
お茶以外のことも、勉強して世界の中で
それも伝えていける人だな~って感じました。

お世辞かもしれませんが、単純に嬉しいメールでした。
私の周りには、根っからのお茶好きが集まります。皆さん、純粋に好きなんです。そういう方に囲まれて、たぶん私は幸せ者です。^v^

大好きなお茶ですが、なぜ私はお茶なのか?色々と伝えたいことがあふれそうですが、そんなくさい話は捨てておいて、まぁとりあえず。

今日もお茶しましょう♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

マニアなお茶遊び

先日、島田駅近くに借りているお茶うけ屋サロンで、緑茶の再火(さいび)をしました。

再火とは、湿気てしまって嫌な臭いのする茶葉などにもう一度熱を加えて、茶葉の中から湿気や嫌な臭いを取り除き、香ばしい香りをつける作業のことです。

Photo

フェイスブックで知り合った方から、1.5キロ対応の台湾製の焙煎籠をゆずっていただいたのがきっかけです。これは、お茶を芯から乾燥させ、甘香ばしいお茶の香りを引き出す道具です。

これ、欲しかったんだ~!!

これがあれば、私のお気に入りの、あの秘蔵のお茶が仕上げられます♪

2_2

とはいえ、初回から本番なんて無理なので、まずは何度か道具のくせを知ったり扱い方を探したりするために、ダメになった茶葉で練習しました。

と書くと、まるで私が再火をしているようですが、実際にやっているのは私ではなく、我がパートナー。昔は火入れ職人だったので、こういうことをするのが大好きです。
私は横で、言うばっかり。笑 

1_2

でも、香りがどんどん変化して、味もどんどん変化して。
浅蒸し茶と深蒸し茶の違いもあり。
それらを部屋の中で楽しめるなんて、そりゃもう♪
いや~、マニアには本当におもしろかったなぁ~。笑

この日は、フェイスブックでも順次投稿していたので、プロのお茶屋さんたちが色々とコメントを下さって。。。^^

それもまた、考える要素となり、おもしろかった。

とはいえ、4籠分の実験は、なかなかハードでした。
最後は胃がもたれてきますしね。^^;

3_2

翌日、もう一度味を見たら・・・。
やっぱりお茶屋さんが言うとおりですね。
緑茶の場合、緑茶方式の再火をしても、やっぱりおいしくないんですよね。烏龍茶などはあんなにおいしくなるのになぁ・・。

と、やってみたいことばかりが浮かんできて、
楽しくてしょ~がありません。笑

早く、荒茶でやりたいな~!
こ~い!こ~い!

早く、春よ来い。^0^
お茶飲んで待ってます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

2/16は、もくもくの日

わが家の梅の木も、つぼみがぷっくりと膨らんできました。
まだまだ寒いけれど、やっぱり春に向かっているようです。

2月16日は、島田のお茶うけ屋サロン開放日です。
もくもくと自分のやりたいことを、のびのびとやる一日です。

私もこの日は、日常から切り離されて過ごすことで、
自分の暮らしが、どれほど周囲に影響されながら
本意でない時間を費やしているのかを実感する、
気づきの多い一日となります。

それが、とてもおもしろいです。^^

明日はやりたいことと考えたいことがあるので
静かに課題をクリアにして行きます。

色々なお茶をご用意しております。
自由に召し上がってくださいね。
お菓子や食事は、お持ち込みください。
*ご利用の方は、事前にご連絡くださいね。

詳細は、こちらからどうぞ。

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

岐阜県白川茶の茶農家へ

2月の始めに、和歌山県の白浜町と那智勝浦の茶農家さんの3人で、岐阜県の茶産地白川町へ行きました。
行った理由は和歌山県の茶農家さんが、手揉みの認定試験を受けるためだったのですが、私はそこに便乗し、自分の出身県の茶産地を見に行きました。

3

道中は、和歌山県の茶農家さんと近況報告など・・・。そして現地では、白川茶の話・・・。翌日は手揉み茶試験の見学をしながら三重・岐阜・滋賀周辺の生産者さんとも知り合いになるなど、盛りだくさんの1泊2日でした。

2

たくさんお世話になったのは、東白川村の安江さん(常磐園)。フェイスブックで知り合いました。

この時、初めてご対面です。^v^ とはいえ、初めてとは思えないほどすんなりと話が始められるのが、FBの良さですね。和歌山県の茶農家さんたちは、「う~ん、信じられない。」と怪訝な雰囲気でした。笑笑

東白川村は、岐阜県で2番目に小さい村で、なんと99%の住民が神道という全国でも珍しい地区。そういう話を聞くだけで、なんとなくこの土地に魅力を感じてしまいます。

4

私の中に、白川茶のイメージはあるのですが、それは商品となる茶葉を買って飲んだだけの記憶。はたしてそれが、現地でどう感じるのかな?とちょっぴりわくわくして伺いました。

伺ってよかった~。
どうも私、白川茶。好きです。この香味は、くせになります。

1

山間地の茶産地なので、標高に添ってお茶の風味や、地域の取り組みが違います。私が伺った五加地区は、標高250m周辺で、地域全体で無農薬栽培に取り組んでいます。地域全体での取り組み・・・というのが、ポイント高いですよね!

Photo

雪が大量に積もるのではなく、寒くて降った雪が溶けない寒さの地域です。茶畑と雪の写真は絵になりますね。

7

安江さんのお茶。
香味があって、残香が残るお茶でした。
また、緑広がる時に伺ってみたいです。

今回、手揉み茶の会場でも、色々な方と知り合えました。少しずつ通って、自分の目で見たいと思います。出会いに感謝!

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

「米国における茶を楽しむ文化と輸出の可能性」

すみません。もう定員オーバーになったそうです。告知が遅くなりました。

藤枝市の静岡産業大学で、「米国における茶を楽しむ文化と輸出の可能性」というタイトルのシンポジウムが開かれます。

日程は2月14日と迫っておりますが、
ご興味ある方はいかがでしょうか?

2012214_01

~ アメリカにおける緑茶の位置づけと将来の姿を、
お茶を楽しむ文化と緑茶に求める価値の両面から考えます。~

ということだそうです。

海外から見た日本茶とは?というお話を聞くと、
日本茶の魅力を再発見できると思いますよ。

チラシとお申し込み用紙は、こちらのPDFファイルをご利用下さい。

「ocha_2012.2.14[1].pdf」をダウンロード

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

2月から動き出したことの一つに。

こんにちは。
またもや、更新が滞りました。^^;

旧正月を過ぎ、八十八夜(今年はうるう年なので5月1日)までの、カウントダウンが始まりました。
だからという訳でもないのですが、そろそろ新茶に向けて、個人的にそわそわしてまいりました。笑

やりたいことが目白押しですが、う~ん。
ここは、冷静に冷静に。^^

2月から始めた新しい動きの一つに、地元牧之原市の情報を発信するマキノハラTVのある番組のパーソナリティーを務めることになりました。

番組名は、牧之原市長・西原茂樹の「しげちゃんネル」です。(リンクをクリックすると番組が見れます。)

Photo

牧之原市のことに疎い私でしたので、パーソナリティーをすればそれなりに市政の勉強になるかもしれないと思ったのが、やらせて頂くきっかけです。

西原市長はとてもユーモアがあり、考え方がオープンではっきりしていて、話を伺うのがとても楽しくなる方です。

まずは、1回目の放送が始まっています。
もしよろしければ、ご覧ください。

個人的には、自分のちょっぴり語尾が流れる話し方が気になって仕方がない。苦笑
こうやって映像を撮って振り返りができ、話し方の訓練ができる機会を得られて、本当に私ってツイテルなぁと感謝しています。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »