« いちご味のお茶 | トップページ | 池本克之氏の講義を参考に、TPPを考えてみると? »

単一農園茶・テイスティング会

あっという間に、秋になり。
温かいお茶でほっとする季節に。

私は金曜日から東京へ行っていて、ゆっくりお茶を飲んだのは今朝久しぶりに。

ふわぁ~、とけます。お茶がとけるんじゃなくて、私がとけます。笑

1

今、夏の写真を見ると太陽の光がキラキラ光っているのを感じます。

2

8月の末に、お茶うけ屋の農園後継者が集まって、テイスティング会をしました。
自分のお茶は、自分で淹れます。

写真は、右の白いシャツが神奈川から高梨晃さん。その後ろの黄色いシャツが竹内紀文さん、その奥が向笠安大さん。

3

他にも、持ち寄った地域別の品種茶や紅茶を試飲したり。

お茶って、おもしろい。
深くて深くて、作り手も思い深くて。

作り手の意識を愉しむ時と
飲み手の気分を満喫する時と両方あるけど
あなたにおすすめしたいのは、あなたの気分を優先していいってこと。
でも、気分を楽しむために、ちょっとだけお茶を知っているといい。
そうすると、選び方が分かるから、ね。

ちょっぴりマニア度の高いお茶ですが、「違いの分かる私」に酔える季節も、秋だったりします。笑

まずは、お茶うけ屋の向笠園の品種茶からどうぞ。^^

今日もお茶を一杯。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

|

« いちご味のお茶 | トップページ | 池本克之氏の講義を参考に、TPPを考えてみると? »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いちご味のお茶 | トップページ | 池本克之氏の講義を参考に、TPPを考えてみると? »