« 「九州ちくご元気計画」のご案内です。 | トップページ | きっと会話が生まれるお茶の作り方 »

久しぶりの再会にて。

大学を卒業して15年以上が経ちました。

1

その間に、大学は拡張され、ほぼ全てが新しく建て代わり、自分たちが過ごした面影はさっぱりなくなっておりました。

3

先日、卒業以来初めて、母校に行きました。

学年を超えたゼミ同窓会に参加したのですが、実は私。^^;そのゼミに所属していなかったんですよね。^m^ 授業を受けた事がある程度。

2_2

それでも、せっかくの機会だからと友人と申し込み、
そして、本当に私が会いたかった、ゼミの先生にアポを取りました。

私が悩んだり、へこたれそうになった時に弱音を吐いたり、逆に嬉しい報告をしたりと、卒業以来ずっと手紙やメールで連絡をしていた稲木先生です。

5

本当にお会いできてよかったです。
数年前に先生も大病をされて、色々と体も不都合が出て来たとのことでしたが、私たちがお会いした先生は、当時と全然変わりませんでした。

皆が、「昔から先生はダンディーで人気があった。」と言っていましたよ。^v^

6

この写真のメンバーも、卒業以来初めて再会した人もいるほど、久しぶりの顔ぶれです。

研究室の机の上には、ダンディーな先生とはイメージが違う、本当にかわいらしい動物の保温ポットや、通常の緑茶はもちろん、ハーブ入りの緑茶など色々なお茶缶が並んでいて、すごく嬉しくなりました♪なごむ、なごむ。

稲木先生は、お茶好きなのです。^m^

友人が忙しい中、ケーキを焼いてきてくれて、そうなるともう。
お茶を飲みましょうねという雰囲気に。
本当に、美味しいお茶の時間でした。ありがとうございます。

実直でまじめな先生だからこそ、損な役回りをしても、教育現場に熱い思いを持っているのが、お話伺っていて伝わって来ました。
先生は、私が熱心な学生だったといつも言って下さるのですが、私は在学中勉強していた記憶がほとんどありません。

でも、少しだけ納得してしまった。
私はやっぱり、この先生に学んでいた。
だって、同じ血を感じる。笑
というか、こういう人が好きなんだ、私。
なんだか、すっきりしました。^v^

そうそう、そして
少しだけ父にも似ています。
頑固さかしら?笑

5184

父さんも元気してますか?
ずっと無料かと思っていたけど、
そろそろ、母の人力車も『有料化』が決まりそうですよ。^ー^)v

5182

お互いに、一時へこたれてもいいからさ。
逃げずにがんばろうよ。
私も、がんばります。

さぁさぁ、今日はお茶の前に。
まずは一歩、歩こうか。

^v^ ね♪


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ


|

« 「九州ちくご元気計画」のご案内です。 | トップページ | きっと会話が生まれるお茶の作り方 »

つれづれ 」カテゴリの記事

コメント

恩師・ご両親……自分を育ててくれた存在に
感謝や「好き!」があるって、幸せな事だと感じます。
先生のお顔からも、深い優しさが伝わってきます。

本日、ゆうさんから教わった方法で、お茶
いただいてみました。

旨い、旨い!で、ブログにもアップさせていただきました!
(同じ記事でFBも)

投稿: もりりん | 2011.09.30 20:04

◆もりりんさん
奈良の旅、お帰りなさい!
充実した時間だったようですね。
お茶、よかったです。^^
ご紹介までしていただけたようで、
本当に~♪ありがとうございます。
たまにはゆっくり、向き合うお茶も良いですね。

投稿: ゆう | 2011.09.30 23:39

髪、切られたんですね。さっぱりして活動的です。

以前のサリー姿、どこだったかなと一生懸命探して
やっと見つけました。ノリタケのセミナーでしたね。
ヘアスタイルとサリーと雰囲気があまりにも馴染んでいたから、
あ~ぁもったいないとも思いましたが、ブログを拝見していると
やはりショートの方がいいかもと納得です。

投稿: チャグママ | 2011.10.03 21:51

◆チャグママさん
はい、大きな事ではないのですが、どうにも一度すっきりしたいことがありまして。切ってすっきりしました。
髪はまた、寝ていてもはえてくると思いまして。^^
サリー姿をお褒めいただき、ありがとうございます。
自分でも、なかなかいいじゃない♪と思っておりました。(自画自賛です。^^;)
実はあのサリーはタテ糸ヨコ糸の色が違うシルク素材なので、どなたが着られても美しく見える布なのですよ。さらに、ライトの当り方でさらに光沢が出て上品に見えます。ですからあれは、ほぼシルクという素材に助けられているのだと思っております。^v^笑
ちなみにショートは、前髪が落ちてこなくて好きですねぇ。

投稿: ゆう | 2011.10.05 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「九州ちくご元気計画」のご案内です。 | トップページ | きっと会話が生まれるお茶の作り方 »