« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の9件の記事

久しぶりの再会にて。

大学を卒業して15年以上が経ちました。

1

その間に、大学は拡張され、ほぼ全てが新しく建て代わり、自分たちが過ごした面影はさっぱりなくなっておりました。

3

先日、卒業以来初めて、母校に行きました。

学年を超えたゼミ同窓会に参加したのですが、実は私。^^;そのゼミに所属していなかったんですよね。^m^ 授業を受けた事がある程度。

2_2

それでも、せっかくの機会だからと友人と申し込み、
そして、本当に私が会いたかった、ゼミの先生にアポを取りました。

私が悩んだり、へこたれそうになった時に弱音を吐いたり、逆に嬉しい報告をしたりと、卒業以来ずっと手紙やメールで連絡をしていた稲木先生です。

5

本当にお会いできてよかったです。
数年前に先生も大病をされて、色々と体も不都合が出て来たとのことでしたが、私たちがお会いした先生は、当時と全然変わりませんでした。

皆が、「昔から先生はダンディーで人気があった。」と言っていましたよ。^v^

6

この写真のメンバーも、卒業以来初めて再会した人もいるほど、久しぶりの顔ぶれです。

研究室の机の上には、ダンディーな先生とはイメージが違う、本当にかわいらしい動物の保温ポットや、通常の緑茶はもちろん、ハーブ入りの緑茶など色々なお茶缶が並んでいて、すごく嬉しくなりました♪なごむ、なごむ。

稲木先生は、お茶好きなのです。^m^

友人が忙しい中、ケーキを焼いてきてくれて、そうなるともう。
お茶を飲みましょうねという雰囲気に。
本当に、美味しいお茶の時間でした。ありがとうございます。

実直でまじめな先生だからこそ、損な役回りをしても、教育現場に熱い思いを持っているのが、お話伺っていて伝わって来ました。
先生は、私が熱心な学生だったといつも言って下さるのですが、私は在学中勉強していた記憶がほとんどありません。

でも、少しだけ納得してしまった。
私はやっぱり、この先生に学んでいた。
だって、同じ血を感じる。笑
というか、こういう人が好きなんだ、私。
なんだか、すっきりしました。^v^

そうそう、そして
少しだけ父にも似ています。
頑固さかしら?笑

5184

父さんも元気してますか?
ずっと無料かと思っていたけど、
そろそろ、母の人力車も『有料化』が決まりそうですよ。^ー^)v

5182

お互いに、一時へこたれてもいいからさ。
逃げずにがんばろうよ。
私も、がんばります。

さぁさぁ、今日はお茶の前に。
まずは一歩、歩こうか。

^v^ ね♪


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ


| | コメント (4)

「九州ちくご元気計画」のご案内です。

9月30日~10月2日まで新宿で開催される、
筑後ローカル発信のイベントのお知らせです

福岡県筑後地方の伝統工芸や食の世界を楽しめるイベントが、新宿の森ラ・ケヤキで繰り広げられます。
作り手自らが光を放つプロジェクトとして、ローカルのおもしろさを、食べて、見て、聴いて、触れて、身体全体で体験させてくれるそうです。

9月30日 うきは、若手農家の台所
10月1日 有明海、海の男の台所
10月2日 八女、元気かあさんの台所

というタイトルで、食事も楽しめるようです。
会場は、入場無料。各企画は一部有料となっているようです。

日本茶カフェ茜やの店主、あかねさんも、
福岡に住んでいたご縁で、
9月30日にお茶のいれ方のワークショップをします。

ぜひぜひ、遊びに行ってみてくださいね!
詳しい情報はこちらから。

入場 無料/Food:¥2000(1drink付き)/ワークショップ¥1000
時間 12時~21時(10/2は17時終了)
会場 ラ・ケヤキ(新宿区内藤町1-6)
主催 九州筑後元気計画/ラ・ケヤキ

それにしても・・・。
個人的には、この会場そのものがとっても気になります。^^
これが新宿の風景なのかしら・・・。
信じられないくらい、心地よさそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

ワインだけど、主原料は緑茶!?

ある時、ノンアルコールワインを購入しました。
確か、500円くらいだったかな・・・?

1

見た目はワインボトルなのですが
裏面を見ると、主原料の最初が、なんと『緑茶』となっています。

2

他にも、緑茶抽出物が、ブドウ果皮抽出物よりも多いですし。^^;
緑茶抽出物は、渋みをプラスするためだと思います。

へぇぇ~!興味シンシン。
ということで、購入してみました。

3

色は、ワイン。味も、ブドウジュースではありませんでした。
さっぱりとした『ワイン味』です。(説明がおかしいかしら?)

美味しいかどうかは分かりませんが、
あぁ、緑茶じゃないよね。っと納得です。

見た目の色のイメージで、こうも味覚が変わるんだねぇと、自分のことを笑ってしまいました。

これも緑茶の活用方法の一つでしょうね。^^

5

ちなみに、緑茶ワインの半分は近所の友達の手作りピザと交換しました。わらしべ長者のような気分でした♪ごちそうさまです。^v^

もう一つ、ワインと言えば・・・。
今ちょうど咲いている葛の花は、ワインの香りがするそうです。

4

そうですか・・・。うむうむ・・・。
色がワイン色なので、なんとなくそんな気分になってきました。笑

それにしても、葛の花がこれほど強い香りがすることを初めて知りました。
どちらも、目をつむって試してみたい気がします。

秋ですね、だんだん。赤ワインが美味しい季節です。

あ!もちろん、温かいお茶もです。
今日もお茶を一杯。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

身体が冷えていませんか?冷たいお茶はいやん。><

連休は楽しんでいらっしゃいますか?

私も色々と。^^ 
急きょ、1泊2日でパートナーと旅に出ました。っというほどの距離ではなかったのですが、気分転換に♪

でも、旅先で身体を冷やしてしまったようです。
いつもいつも冷たく冷えたお茶ばかり飲んでいたからか、雨もすごかったですし。

帰って来てからは、また普段と同じように常温のルイボスティーと温かいお茶生活に戻りました。

今晩のお茶は、薄くて熱々の低カフェインのお茶にしたくて。
万能ねぎじゃないですよ。^^
あ、ニラでもないですから。^^;

181

手煎りのライトな味の茎ほうじ茶を2つまみ+消化サポートの生レモングラス1枚分+リラックスの生のように新鮮なドライミントを1葉。

土瓶に熱湯をたっぷり入れたら、カップには、砂糖少々。
私は砂糖を使いませんので、ラフィノースを入れます。

182

ほんのり甘い、「ほんのりハーブのほうじ茶」です。
う~ん、この場合。やっぱり少し甘い方が美味しいんですよねぇ。

朝晩涼しいですから、身体を冷やさずにお過ごしくださいね。

ちなみに、突然の旅はとても楽しい時間でした。^v^


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

「同じ品種でも地域の差を味わいたい!」という方へ

そろそろ朝晩涼しくなり、お茶の季節になりました。
そんな中、お茶うけ屋にも新しい農園が加わりました!
神奈川県秦野市の高梨茶園です。

3

静岡茶が、茶の基準となる味だとしたら、
高梨茶園のお茶は「同じやぶきた品種でも、こんな香りがするんだ!」っと、おもしろくなるような、独特な香味を持っています。

あまりワインは詳しくないですが、
フランスワインの中でも南部のワインのような厚みがある感じ。

洗練さはありませんが、
がつんとしたボディがあるタイプで、くせになる味わいです。

「これが、土地の味かな♪」っと、
ワクワクしてくる独特の香味を持つお茶の一つです。

1

そして、このガッツのある濃厚さは、
実は私が園主を見て感じた味そのままです。

ものすごいパワーと熱き思いを伺って、
ますます病みつきになりそうです。

●高梨茶園の詳しい紹介は、こちらから。

Nasi13

◆高価格帯の「高梨茶園のコクあり茶」と、
◆標準価格帯の「高梨茶園のあま香味茶」の2種類をご用意しました。

「コクあり茶」は、高梨茶園を知るためのお茶として。
「あま香味茶」は、自分の好みを確認するためのお茶として。

ご紹介中です。^^

お茶うけ屋のご紹介する日本茶は、作り手の息づかいが感じられる単一農園茶ばかりです。

でも、お茶うけ屋が本当に売っているのは、各地の農園そのものです。お時間あれば、遊びに行ってみてください。その際には、「お茶うけ屋の紹介で!」とお伝えください。きっと、いつもよりも極上のお茶を淹れてくれますよ~!

もちろん、「お茶の違いってなに?」っと疑問を持った方は、よかったらまずは飲み比べてみてくださいね。ほ~んとに、おもしろいよ~♪

≪お知らせ≫

Photo

●ただ今、お茶うけ屋の商品をお買い上げいただきました方へ、もれなく!
お茶うけ屋の畑で育てた、無農薬・生レモングラスをプレゼント中です。(あるだけ)

●世界緑茶コンテスト【2011】におきまして、≪最高金賞≫をいただきました。ありがとうございます!

●現在、清水区豊好園とも、『コラボ茶』を準備中です。わっくわくです♪

何はともあれ。
今日もお茶を一杯。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

「お茶を生業とする」=「生き方提案業」・・記録

今、色々な物を捨てる作業をしています。そうしたら、平成17年3月業界誌向けに書いた投稿記事を発見しました。

捨てる前に、記録として書き写します。
今、自分に一番言い聞かせたい文章です。


「お茶を生業とする」=「生き方提案業」

「日本のお茶を伝える人になりたい!」と日本茶インストラクターの資格を取得して早くも6年が経ちました。何のご縁もない静岡で、これだけ伸び伸びとお茶の勉強をし、生きてこれたのは、生産者を含む多くの茶業関係者の皆さまに受け入れ、支えて頂けたおかげと心から感謝しています。

現在の私は、お茶の水先案内人として、お茶を生活の中で楽しんで頂けるように日本を含む世界のお茶文化講座や、産直農家の販促のお手伝い、グリーンツーリズム等お茶に絡んだコーディネータ的な仕事をさせていただいています。

茶業界の特定会社への就職を頑なに拒み、しかし「お茶を趣味ではなく、なりわいとして生きていきたい」というのはどういうことだろうと考え続ける中から、まだまだ未熟ながらも、自分の仕事の意味が少し見えて来たように思います。

バブル崩壊後、私も含め自分なりの生き方を模索する人たちが増えてきました。様々な価値観が認められるようになり、それに伴って色々な生活スタイルが生まれています。

そんな多種多様に広がった生活スタイルの中で、「より貴方らしく暮らすために、こんな方法でお茶を利用すると生活がもっと楽しくなりますよ!」というご案内をするのが私の役目であり、お茶を生業とする茶業界全体がもっと意識すべき視点ではないかと思います。

専門店で言うならば、お客様の様々な価値観・生き方に合わせた提案をするということです。お茶に興味を持った当初は、「専門店とは品ぞろえが多い店」だと思っていましたが、本当の専門店とは買いに来てくださるお客様の生き方に合わせたお茶の利用方法をきちんと提案している店だと思います。

茶葉を売っているだけでは、何をどこで買ってもただの「お茶」になってしまいます。お店の創り出す価値感に共感したお客様が、お店に通ってくださるのではないでしょうか。専門店のあり方は一つではなく、自分のお客様を改めて知ることで、方向性や店の個性が見えてくるのだと思います。

逆に産直農家は、土を耕して暮らす「農業」という自分たちの生き方を伝えることで、その暮らし方に共感して下さった方が茶葉を購入してくださいます。つまり両者は茶葉の販売をしながら伝えている内容の発想が全く違うという事です。

ペットボトルはお茶ではない、なぜ本当のお茶の美味しさを分かってもらいないのだろうと嘆いている方もいらっしゃいますが、ペットボトルは利用している生活風景を描く事ができます。ご自身のお茶は、生き方の提案をしていますか?

インストラクター制度ができ、「高級茶の普及」という意味では県内でも様々なイベントに参加できるようになりました。非日常をお茶で演出するということは素敵な役目だと考えていますが、それだけではやはり足りません。

それぞれの専門店が共感して下さったお客様の「365日24時間お茶生活」のお世話をすることが、お茶の普及には一番大切なのではないかと考えています。

そして、私自身の生き方・価値感にも何かを感じていただけるように、自分もきちんと成長していかなくてはいけないと、改めて背筋を伸ばす思いです。

それにしても、「お茶」を選んだことで、自分がこれほど成長出来るチャンスに恵まれ、本当に楽しく、幸せ者だなぁとしみじみ感じています。
お茶パワーってすごいですね!   終

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さぁて、私はちゃんと成長しているの?

色々な課題を乗り越えて、「お茶うけ屋」という発信基地を作ったのだから、もっともっと一つずつ、思いを形にしていこう。

とりあえず、今日もお茶を一杯。^v^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

東名牧之原インター下り「お茶カレー」を比較。

先日、東名牧之原インター下りのレストランで、
お茶うけ屋参加の、農家の若手後継者さんたちと食事をしました。

メニューを見て、「お茶だ!」っということで、
グリーンティーカレー(@1000)を注文しました。

81

わぁ!大きなチキン。
しかも、ものすごいボリューム。

午前中は、後継者の皆さんと一緒に、各農園茶のテイスティング&交流会。
お腹が減りました。^^

グリーンティーカレーと言えば、以前取材させていただいた、静岡駅地下のカフェSOUSOUが美味しかった。

4

お茶味がというよりも、グリーンカレーとして美味しかった記憶があります。

さてと~。
いっただきます♪

82

あ、あれ~? 
う~ん、これってカレーかしら?

なんとなく、グリーンティーシチューのような感じです。
とろみが原因かしら?

元々、カレーにお茶を入れてもあまりお茶の味はしないのですね。^^ 
スパイスが入っていますし、過熱しますし。だから、カレーがさっぱりするかもという程度です。

SOUSOUでは、上から抹茶オイルをかけるなどして、さらに補強しているのですが、こちらのお店のカレーは・・・。

う~ん。少し残念かも。^^;

でも、お腹が減っていたら、ボリューム満点なので。
そういう意味では満足するかと思います。

こんな解説で、注文したくなる方がどれくらいいらっしゃるか分かりませんが、何事もチャレンジですから、まずは自分の舌でご確認くださいね!笑

ちなみに、レストラン前のたこ満で販売している、「牧之原シュー」クリームはたまに、これを2つ購入するためだけにSAに入ることもあります。^^ お値段手頃で、おいしいですよ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

花摘みしていただきます。2度楽しめる野菜。

だんだんと、秋の空です。

91

真夏の間、畑に行く回数が減り・・・。--; あわわ

94

畑は雑草に負けそうな状態ですが、それでも毎日この花が咲くのが嬉しくて、花摘みをするために畑に行きます。

92

もみじ刈りより楽しいです。
だってこの花、食べられるんです。^0^

『花おくら』・・・実は食べられないんです。不思議なおくら。

95

食べ方は簡単。
ヘタの部分を手でちぎって、花びらをよく洗います。

96

後は、ドレッシングでもおかか&醤油でも美味しい。
いただくと、おくらのようにねばねばしていて、
花のシャクシャクとした食感が楽しい。

毎日、毎日。食べています。^^


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ



| | コメント (2)

お茶を酌み交わす。沁み渡る感覚が、無言の交流かな。

先日、また新しい友達ができました。^^
この頃は、ひきこもりを止めて色々な人に会いに行っています。

そんな中、宮崎県でてん茶(抹茶の原料)を作っている農家、石川健さんとも知り合いました。石川さんは宮崎県のお茶を少しでも良くしたいと考えている若手農家の一人です。

掛川の日本茶カフェ、きみくらで集合。

122

石川さんは、てん茶を作っている方なだけに、注文は抹茶セットと、私も大好きなきみくらのかき氷。やはり抹茶系が気になるようです。

少し涼しくなり、私はもうかき氷は食べれないかなと思っていたけれど、「はじめまして。」と挨拶をする間柄だというのに、一緒にかき氷をつつかせて頂きました。

やっぱり、美味しい。^^

121_2

ちなみに、私は抹茶餡の最中セット。掛川産の抹茶に、深蒸し茶葉の粉を練り込んであり、さっぱりして美味しかった。

石川さんを紹介してくださったのは、静岡市の日本茶カフェ「茶空間」の店主なのですが、お茶うけ屋の参加農家「しばきり園」で研修したというつながりもあり。

10月から参加が決まっている神奈川県の茶農家「高梨茶園」も、石川さんとつながっていたりして!

う~ん、日本は狭い?それとも、お茶業界が狭いのか?笑

123_2

結局、石川さんとは気付いたら3時間半もしゃべり続けておりました。

石川さん流の農作業の目安について解説をしていただき、私も興味深々に。
今まで私の周りでは聞いた事がなかった農法ですが、個人的にはとても魅力的なものでした。

後日資料を送っていただき、これは少し深く勉強してみよう!という気持ちです。なんていうか、「もっと知りたい!」という感情は、ワクワクしてきて嬉しいですね。

実はね・・・。

124

きみくらさんにお願いして、こっそり石川さん持参の茶器と茶葉で、お茶を淹れて飲ませて頂きました。(本来は、喫茶店にコーヒー豆&道具を持参して飲むような失礼はありませんが^^;)

8年前のしばきり園の煎茶です。
水出しで頂きましたが、本当においしかった。

石川さんはてん茶を作っている方ですが、こうやってマイ茶器を持ち歩き、色々なところでお茶を淹れているそうです。

どうも私は、初めて会う方に警戒するところがあるのですが、こうやってお茶を酌み交わすと心打ち解けた感覚を得られます。

言葉にならない交流が、お茶を淹れ合うことで得られるなんて、やっぱりお茶っていいよねぇ・・・。としみじみ感じた、この日のお茶でした。

今日もお茶を一杯。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (4)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »