« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の12件の記事

お茶とお茶スイーツ「雅正庵」焼津店へ

爽やかな初夏が短く、梅雨に入り。
6月だというのに、この暑さ。

先日、お茶を飲んで涼しくなろうと、静岡県で店舗展開をしている雅正庵の新店舗、焼津店に行きました。

1

静岡市内にある店舗では、ランチもやっていますが、焼津店はカフェだけ。

2

広い店内の横に、すっきりとしたナチュラル系のカフェスペースがあります。

雅正庵のカフェスタイルは、お茶はタダです。
注文の前に持ってきてくれます。
ここが、静岡県民の心を捉える秘策です。笑
安心して、デザートをオーダー出来るというわけです。

本当は温かいお茶が飲みたかったのですが、タダでお茶が出てくる以上、メニューからお茶を選ぶ気にはなれません。

3

色々と迷ったのですが、すごく暑かったので、スペシャルなかき氷を注文してみました。

かき氷には、たっぷりの甘ほろ苦い抹茶シロップ。
さらに、その上にはたっぷりの練乳。
ずっしり甘い餡子に、オリジナル抹茶ソフトクリームが乗って、お店の看板でもある抹茶の鞠福(大福)まで乗っています。

しかも、ソフトは大きいので重さで倒れそうです。^v^

すごいねぇ♪
のど乾いているし、かき氷くらい食べれるよね♪

4

と、安直に考えていたのですが、冷静に考えてみるとこれは、純粋な「かき氷」ではありません。

大福と、餡子とソフトクリームを、たっぷりの練乳につけながら、お茶と一緒に食べる機会ってあるかしら?

最初は大喜びで食べ始めましたが、
さすがに途中から、甘過ぎて喉が渇いて仕方がない。--;

でも、冷茶は冷たくて、これ以上飲めない。><
(これは、冷茶慣れしていない私のせい。^^;)

申し訳ないと思いつつ、大福なども残しながら途中でギブアップしてしまいました。
あぁ、ごめんなさい。欲張るんじゃなかったです。

でも、甘い物大好きな方には、必ずご満足いただける一品だと思います。

ちなみにお店のメニューには、もっとシンプルなデザートもたくさんありますよ。

ところで、この雅正庵がいいのはね。

5

席が予約できるのです。
この日も、デイケアの皆さんがバスでご来店。
人数が多ければ、間仕切りもあるので個室のような雰囲気です。

間仕切りがあるのは、予約した側にとっても、
他のお客様にとっても、周囲に気を使わなくていいから嬉しいですね。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (6)

7月3日「1dayカフェ@とりこ」開催

「今回のテーマはね、“わ”がいいね♪」

今日は午後から、静岡で打合せ。
女性6人が集まって、1dayカフェを開きます。

Photo

イベントのテーマをどうするか?
ということで、食つながり女子チームの方向をさらに絞って、

“わ食”となりました。

”わ”と言えば、和。 ジャパニーズです。^v^
あと、“輪”。 今回のメンバーのつながりに感謝して。^v^

個人的には、“わ~!!”も入れたい。 
驚きとわくわくの“わ”♪ ^0^

う~ん、楽しみです♪わくわくしてきます。

Day

*クリックすると大きくなります。

7月3日(日)10時~18時 
場所 静岡市葵区駿府町1-46 地図は、こちら。
   レンタルギャラリー&暗室とりこ

お茶うけ屋は、日本茶セラピーをいたします。(なんだろね?そりゃ。^h^)
なぜか“お茶”がしたくなる、単一農園茶や雑貨茶(^h^)の販売。
あと、カフェで数種類の“ミックスティー”を召し上がっていただこうかなと。

あぁ、ちょっぴり。忙しそうです。
試飲のお茶もありますしね。
きっと、てんやわんやになるかも。^^;
セラピーまでいけないかもなぁ・・。--;(あ、急に弱腰!)

<食つながり女子チームの出店食材>

●今回の企画をして下さったのは、鷹匠・ganmoバーガーのティッシュママこと、安部さん。
がんもが、ばんずになってるバーガー。う~ん、この発想がとっても素敵!!そして、おいしいんだよねぇ~♪

お茶うけ屋でも販売をしているしょうが糖の製作者、yamakoh商店の益田さんが作る、ホントにおいしい保存食。 

●子供に食べてもらいたい有機野菜を販売する、しずおかビオマルシェンの太田さん。採れたて有機野菜を持ってきてくれます。

●マクロビオティックスイーツのsoyaの、内田さんと繁田さん。豆好きお2人が作るスイーツも楽しみです。

ぜひ、足を運んでみてください。
きっとお気に入りが見つかると思いますよ~。^0^
お待ちしています♪

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

『終わりのない物語』の意味は?

「おい、かなざわ。
 これ、貸してやるよ。読んでみな。」

渡されたファイルは、国語の教科書に載るような短い物語集でした。

いつもリュックで、シャーっと自転車通勤。^^
中学時代の国語の先生に、亀山という変な先生がいました。^^;

先生らしい、温和なニコニコ顔ではなく、
周囲の声などどこ吹く風というような不思議な雰囲気で、
いつも能天気なへらへら笑顔でした。笑

変な先生だったけど、担任でもないのに
なぜか気持ちが良くて好きでした。

でね、その先生が貸してくれたファイルは
先生自身がセレクトした短編の物語集だったようで、
後日、何気なく読んで、返しに行ったのですが・・・。

一番印象に残った物語について
どう感じたかを話している中で、

「この話の最後は、切ってあるんだよ。最後の一文は、なんだと思う?」

と、いつものへらへら顔で言うんですよねぇ・・・。

私、ものすごくびっくりしたのを覚えています。
このセレクト物語集は、どれも『結末』が切り取られていたんですよ~。笑

物語は、きちんと終わっている状態で、
何も違和感がなかったのに、
実は全てに、『終わり』がなかった。

最後の最後は、各自が想像するようになっていたってわけ。

私が好きだった物語の最後の一文は、私の想像を超えていて、「ええ~!!」っという驚きと感動がありました。

Photo

(友人が送ってくれた写真。この季節のお気に入りです♪^m^すごくかわいい。)

物語の結末は、自分たちで想像する。
自分たちの未来は、自分たちで創造していく。

過去からの流れってあるし、大切だけれどさ。
今、混沌とした時代かもしれないけれどさ。

実は、結末は、な~んにも決まってない。^v^
自分たちで創り出すってことだよねぇ。

「どんなストーリーを創り出すか?」っという発想は、
もしかしたら、全てを受け入れるという日本的な「無常観」からすると、一見ずれているかもしれないけれど。(私にはよく分かりませんが・・)

腰を据えて農業やってる中山間地の農家の人たちは、
例えば、自然への防御(凍霜害)などに対して、
「自分たちでやれることを全てやってからじゃないと、納得できない。」と言います。(それでも、やられてしまう分は受け入れるということ)

何もやらずに、「どうせ変わらないから。仕方がないから。こういうものだから。」という見ないふり・気付かないふりは、無常観というよりも、ただのあきらめ?^^;

自分に言っているようなところもあるけれど!笑
(だから私は、山で農業やっている人たちを尊敬しているのかも。)

「終わりのない物語」を思い出すと、
結末は、自由に創造できるんだ!って、本当に思うんですよねぇ。

だったらさぁ。

お茶でも飲みながら、わいわいやりながら、
より気持ちが良い未来を創造した方が、
毎日が、楽しいよねぇ♪

あなたは、どう思いますか?^v^

 

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

料理を楽しませてくれる野菜たち

先日、直売所で購入した野菜たち。

初めて見ました。
カラ―いんげん。
・・・っていう名前かどうかは、わかりませんが。

11

黄色いのは、ただ枯れて来たのかもと心配になり、
お店の方に聞いてしまいました。

料理方法は通常と変わらず、茹でるだけ。^^
でもそれだけで、料理することが楽しめる。

味は・・・・ねぇ~。
さして、品種の違いは感じませんでした。

111

緑色のいんげんと、奥二つ(黄色と紫色)のいんげんは作っている方が違うのですが、品種の違いよりも作る人の違いの方が大きい気がしました。

でも、彩りが違うだけで、料理が楽しい。^^

直売所だと、料理や野菜の質問がしやすくていいですよね。
って、料理っていうほどでもないですね。
ただ、塩茹でするだけですから~。笑

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

どこに、誤解が生まれているのか?荒茶の規制値

静岡県の荒茶の検査結果が出ました。

なんとなく、「出た」という表現を聞くと、
急に、「心配!!><」と身構えてしまいますね。
不思議なものです。

でも、ここは冷静に。
もう一度、確認をさせてください。

まずは、500ベクレルという規制値について、意見が分かれるところですが、各国の規制値一覧表をリンクしますね。(CODEX基準は現在厳しくなり、500に引き上げられています。他は未確認。)

  ⇒こちらから


≪普通に、お茶を飲んでいる方へ≫

すでに、全ての茶葉に対して、飲料としての規制値(200ベクレル)基準と比較しても、大幅に少ない数値(*1)で、クリアしています。

(*1)参考資料
●こちらで、いろいろな食品や野菜の検査結果が見れます。
お茶液1リットルに含まれる量がどれくらいなのかを、ご確認ください。^^

  ⇒こちらから「全国の食品の放射能調査データ」より 

「お茶の川村園若社長公私混同ブログ」の川村園さんが仮説で計算した数値を参考に、私も別のアプローチで書いてみます。^^

●詳しく数値の計算をしてくださっている川村園さんの記事とリンクをはります。ご確認ください。

  ⇒こちらから「懲りずに計算してみた」より

【川村園さんの計算の考え方:】
1リットルのお茶液に、セシウムがMAX量抽出されたとしたら、どれくらいか?を計算してみた。(想定出来る、最悪の数値を出す)

①標準的な淹れ方の1煎目の湯量をもとに、10gの茶葉で430ccのお茶液を作ると仮定。(1煎目だけを飲みます。)
②本来は、茶がらにも5~6割残るのですが、1煎目で100%セシウムを抽出すると仮定。

今回の規制値(食品としての規制値500)を超えた679ベクレルの荒茶でも、茶液1リットルに抽出される量は、セシウムが100%流出したと想定しても、16ベクレルくらいだそうです。

川村園さんの仮定から逆算すると、

1リットルのお茶液を作るのに使用した茶葉は、23.25g。
これくらいです。

111

ちなみに、1リットルのお茶液を作るのに、
私はこんなに茶葉を使いません。^v^
水出し冷茶を作るのに、『10g~12gで1リットル』とおすすめしています。

23.25gの茶葉(100g茶袋の約1/4)を使用し、
とっても濃い緑茶液を1リットル作り、
さらに、100%セシウムが流出すると考えて
約16ベクレルとなります。(規制値200)

実際は、茶がらにセシウムが半分残るとして、8ベクレル/1L当り。
茶葉を半分使用したとして、4ベクレル/1L当り。
2煎、3煎と同じ茶葉で飲むと、だんだん薄まる。

こうなると、本当に微量だということが分かります。


≪粉末緑茶を、ご利用の方へ

健康のためにと、緑茶を粉末にして丸飲みをされている方や抹茶を飲まれる方もいらっしゃいます。

その場合、一日何グラムくらい消費されますか?

5gの計量スプーンで計ったら、すり切り1杯がちょうど2.5g。
これくらいでした。

112

私自身、粉末緑茶を飲む機会があまりないため、消費量の目安がないのですが・・・。

でも、夏の大好物の一つ。^0^
カップのバニラアイスに、粉末緑茶をた~ぷり入れて練ると、ものすご~く味が濃くて香りが良くて美味しいアイスが出来上がります♪

Photo_2

市販のカップアイスに、私だったら確実に、すり切り2杯は入れますね!!

たくさん入れると、ほろ苦く甘みを感じなくなるので、3杯は入れているようにも思います。笑

そうやって、食品として粉末緑茶を利用した場合を考えて、
カップのバニラアイス1個で、7.5gを食べることになります。
(超濃厚お茶アイス^m^おススメです。)

他にも、抹茶1杯飲む時には、2g(茶杓2杯)というのが一般的だそうです。

そうやって、一年間あなたが消費する量を下記のサイトに入れると、一年間の被ばく量が出てきます。

  ⇒こちらから

*すみません、実はこの数値をどう見て良いのかが、少し不明です。どなたか分かりますか?単純に足せばよいのかしら?
(現在荒茶からは、セシウム134、137が現在検出されています。

≪まとめ≫

今の荒茶に対する規制値の出し方は、私たち消費者が『どのようにお茶を利用した場合か?』という前提条件が、決められておりません。

残念ながら、数値だけが一人歩きしてしまったというのが結果で、『お茶を飲むのか、食べるのか。どこに安全基準を合わせたのかが不明。』

とても残念だと感じています。

ただ、今まで存在していなかった量の放射性物質が検出されているというのは事実。

そして、内部被ばくを含んだ総被ばく量を心配されている方、お住まいの地域の事情や、お子さんがいらっしゃる方など、心配される気持ちもよく分かります。

私自身も、この放射性物質のことは内部被ばく・総被ばく量という点から、必ずしも楽観的な姿勢を取っていません。それは、今まで経験したことのない出来事で、10年後にしか判断できない不安要素を持っているからです。

1091

最終的に、お茶を利用する・しないは、消費者の判断にお任せするしかないのですが、「お茶って大丈夫?」と心配になった方は、まずは、『私はどのようにお茶を利用しているのだろう?』と、考えてみてくださいね。

●今回の荒茶の規制値の矛盾についての記事をリンクします。

  ⇒こちらから

読んでいて、何も間違っていないのですが・・・。

農水省幹部は~「荒茶が対象になり、全国生産量の約4割を占める静岡県が広く規制されたら」と言葉を濁す。

残念なことに、こういう表現をするから、消費者に不信感を持たれてしまうと思う。(農家や茶関係者が悪いわけではないですよ。)

一度生まれた『不信感』は、本当に拭い去るのが大変だと感じます。

三重県の川村園さんが、ブログで【業務連絡】と題して、応援してくださっています。^^静岡県気質って、こんな感じなんですねぇ。笑


≪個人的に≫


『言葉』って、難しいですね。
軽く言ったつもりでも、相手には重く感じたりするし。
その時は感じなくても、後からボディーブローのように響いたり。

文字として残るって、たかがブログでも、本当に難しい。
10人が10人に理解されないかもしれませんが、私は大好きな日本のお茶文化をつなげるためにと思っています。

もう一つ、一年間毎日仕事をしてきてね。やっと農家が一年分の費用や収入が得られるたった一度のメインの機会が、新茶シーズンなのです。

仕事は来年まで、変わらず続きます。費用もかかります。

酪農家の方もつらい結果を出された方がいらっしゃいますが、もちろん消費者の安全のために、出荷は出来ません。

ただ、国民の代表として私たちの食べる物を作って下さる方たち(=農家)の怒りや悲しみを、もう少し理解する気持ちも必要かと思います。

8

原発を利用し続けるということは、こんな理不尽なことが今後も起こる可能性を持ち続けるということ。

なんとなく電気は湧き出るように、豊富にあるようなイメージを持ってきました。それは受益者にとって都合がよかっただけ。『未来の人』は知らないけれど、『今の人』はそれが都合がよかっただけ。

これからの時代は、国やなんとなくの空気に流されるのではなくて、自分たちで考えて、継続するためのより良い選択する必要があるんじゃないかな?

その時は、「私たちの回りにいる子供たちは、未来にも笑顔があふれて、健康に暮らしているか?」というのが、判断軸になるんじゃないでしょうか。

まぁ、これは原発の問題だけではなく、いろいろな部分で選択の判断基準になってほしいと思います。

長々と書いてしまいました。^^;最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたのお茶生活も、おだやかに続きますように。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (6)

洋菓子店で新茶イベント!

6月11日、12日は今年で5回目、洋菓子店『レ・トゥーヌソル』での新茶イベントでした。

Cake

11日は大雨になるかと思ったら、午前中には雨も止み、お店はいつものように繁盛していました。12日も新聞効果か?お店はとても賑わっていました。

1

藤枝生まれの「藤枝かおり」品種を使ったお茶スイーツのイベントということで、静岡新聞さんにも取材されました。

Iwa

いつも楽しいマルヒデ岩崎さん。色々とお疲れながら参加下さいました。感謝!

11

お茶のいれ方練習会は好評で、
12日はお昼ごはんを食べ終わったのが4時でした。

22

真剣な表情は、楽しい。

33

3歳の子供も、お茶です。

44

友達と淹れ比べ。飲み比べ。

66

男の子も、お茶です。

今年は、昨年よりも多くの方に楽しんでいただけました。
それにしてもレ・トゥーヌソルさんは、親子連れのお客様で一日中にぎわうお店でした。

農家と問屋が集まる『お茶の街・藤枝市』を紹介するコーナーでは、マルミヤ製茶さん、真茶園さん、藤栄製茶さん、葉っぴぃ向島園さんを紹介。
それぞれのお店の特徴が出ているお茶を、召し上がっていただきました。
ご協力、ありがとうございました。^v^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

豊かな暮らしってさ、なに?

今日は初・お茶うけcha屋でした。
数時間のOPENで、
お客様はお子様連れで数名でしたが、
なんだか、みんなで白熱教室のようでした。笑

「こんな個人の家みたいなところに入っても大丈夫かしら?と心配した。」
お客様から頂いた、最初のお声でした。笑

写真も撮り忘れてしまったけれど、
今度は、週末に開きます。^v^

ある方が、
「お茶なんて、飲まなくても生きていけるもの。」
とおっしゃいました。

なっとくです。

101

でも、だからこそ、
これからは、日々お茶を飲めることが、
贅沢になると思う。

ある小さな条件を満たした場合において・・・。

あなたは、
  その条件を満たしているかしら?

私は・・・。うふふ

お茶って、いいよねぇ。
やっぱり、好きだなぁ。

この愉しみを知らないなんて、
あぁ、もったいない。笑

~~~~☆~~~~~~~☆~~~~~~~~

11日、12日の今週末は、
藤枝のケーキ屋さん「レ・トゥーヌソル」で、
新茶イベント「一杯のお茶が私の元気!」です。
お茶入りスイーツや、お茶詰め放題、
お茶のいれ方練習会などなど。

ケーキを買いながら、お茶しに寄って下さいね♪
詳細は、こちらから。

なんだか、明日の午前中は大雨のようですが、
玄関に、お気に入りの長くつを出しました。^v^

ではでは
今日もお茶を一杯。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

荒茶の規制値の決め方には?

しばらく留守にしていました。
その移動している間に、荒茶の規制値の決め方について色々と動きがありました。

91

(↑わが家で初めて採れた、何かの実。
甘くて美味しかったけど、なんの実だろうか・・・。)

ちょっぴり私グチル。
なんで、生葉の規制値が500ベクレルなのに、
飲用の検査結果は、飲料の規制値にはほど遠く、
少ない(数ベクレル~数十ベクレル)というのに。

生茶葉を乾燥させれば、水分が抜ける。生葉と荒茶で同じ1キロを計ったら、荒茶の数値が高くなるのは当たり前。

それなのに どうして、荒茶の規制値が、生茶葉と同じ500ベクレルになっちゃうんだろう・・・。--; 

「飲用」や「食用」など、利用方法を考慮した規制値を、行政の枠を超えて考えてほしいというのが願いだったのだけれど、なんで一律なのかな~。

こんなに交渉に時間をかけて、多くの人に迷惑かけてきたのに、とても残念です。

Raku_2

(↑お茶うけ屋焙烙を作って頂いている信楽の窯元さんで見つけた、
癒し系らくだ。くぅ~、気持ちよさそうだ。いい顔してる!)

悔しい思い、つらい思いをする人がたくさんいる。

なんていうか・・・。割り切れない規制値の決め方。

原発を選択するということは、こうなるかもしれないということか・・。

~~~☆~~~☆~~~~~~☆~~~~~~~~

明日は、【初】お茶うけcha屋を開きます。

この放射能の問題、あなたはどうお考えですか?

色々とお茶飲みながら、お話しませんか?

~~~~☆~~~☆~~~~~~☆~~~~☆~~

参加費(@500)の一部は、震災復興のために募金します。

場所などの詳細は、こちら。
お茶うけ屋の農園メンバーのお茶も、
少しですが集まりました。

信楽帰りで、お茶会に使えそうな和菓子を持ち帰りました。
お土産に、ハーブを練り込んで作ったお茶もありますよ。
どちらもあるだけですけれど。

まぁ、なんていうか。
いろいろあるけど、
お茶をしませんか?

92

ところで、この実はなんていう木なのか、
ご存知な方はいませんか?


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (6)

あぁ、そうなんだ。

今日は、常滑へ。
動いてみて、相手の行動が分かる。
動いてみて、相手の気持ちが分かる。
頭で「こうすれば」と考えていたイメージと、
目の前の方の希望が違う。

ちょっとした”想定外”だけれど、
なるほど~と、勉強させていただいて。
次は、目の前の方の希望を持ってくるとお約束をした。

夜、ある方と電話で話した。
色々な考え方があることを、勉強させていただいた。

私はいつも、模索ばかり。
ず~っと「どうしたらいいんだろう?」ばかりだったから、
今の混沌とした状況にも、終末期という感覚がない。
ここから始めるには、それでもやるには・・・。と、
つい、”すぐに”そう考えてしまう。

それは、少しデリカシーがないのかもしれないですね。
だから、人を不快にさせちゃうかな。
軽いコトバに聞こえちゃうよね。すみません。

私の中には、「やれる方法」が見えないから
ずっと「模索」して、迷走してるんだけど、
たぶん。私の強さ(しつこさ)は、
「やめる」という選択肢が、最初からないことだと、
電話で話を伺っていて思いました。

今日、偶然常滑で再会した陶芸家さんは、
「今日は思わぬことがあって、興奮してテンションが高いんだ!」
と、目をくりくりさせて、わくわくした表情。御年74歳。
こちらも、負けてられない。笑

私の祖母は、骨折で入院、風邪をこじらせてから、
心臓機能の低下など、あらゆる身体的機能が低下していて、
「もう身体が老化しているから、もしかすると・・・。」
と、先生には言われいていたけれど、
みなが驚くほどの奇跡の復活!
寝たきりにもならず、動き出した。笑 御年90歳。

言語障害があるので、25年以上言葉はないけれど、
いつもにこにこして、目がくりくり動く。^^
母曰く、食欲旺盛で、気が若いのだと。

明日は、久しぶりに祖母のお見舞いに行く。
とても会うのが楽しみです。
私にも、この祖母の血が流れている。ありがたい。

死ぬまで「やめる」という選択肢がないまま
生きていきたい。
私にとっては、その方が楽しいから。

もっとおバカになりたいなぁ。頭でっかちな私よ。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

甘いお茶で、疲れを取りましょう。

今日も、おいしいお茶。
召しあがってますか?

わが家の今日のお茶は・・・・。
日本平の深蒸し茶と、ほうじ茶+そば茶ブレンドの2回だけ。
ちょっぴり忙しくて、夜までフル稼働でした。
まぁ、正確に言うと、まだ終わっていないため
エンドレスで続くのでありますが・・。

ほうじ茶+そば茶は、
お砂糖を入れて、ちょっぴり甘く。

お茶うけ屋で販売の準備をしている
しょうが糖をぽいっと口に入れて、
お茶を、ずずずぅ~っと。

ふぁ~~~。^0^ 
本当に、疲れが取れます~♪

話は変わって、
この季節の大好きな花は、あざみ。^v^

Azami

なんていうか、地味な花なのに、ものすごく強い。
トゲトゲの葉は、硬くて花を摘むのが怖いけれど、
ふわふわの綿毛になっても、かわいい花。

朝、ゴミだしをして戻ってくる途中に、
いつも何かしらの野花を摘みます。

畑で枝豆は育てていますが、
お花はいつも、どこかでもらってばかり。^m^
人の畑で、野菜を取ると怒られますが、
不思議と花は、怒られません。
どちらかというと、「いくらでもどうぞ。^0^」
と、みなさん笑顔でおすそわけして下さいます。

もうすぐ、アジサイがきれいな季節ですね。

さてと、明日の準備をもう少ししましょう。
ではでは

あなたも、お茶を一杯。^U^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

【お茶うけcha屋】をはじめます。

しとしと梅雨、ですねぇ。
お元気ですか?

震災からもうすぐ3カ月。
なんの気なしに、久しぶりの人と会うと、
震災話が、ちらりと会話に出てきます。

『立ち話もなんだから、
   お茶飲み話ができる空間を。』
と、ぶらりとお茶しながら過ごせる場所を作りました。

単一農園茶から問屋のお茶まで。
生茶から、仕上げ茶まで。
商品から、非売品まで。
もちろん、炒りたてほうじ茶も♪
色々なお茶を、自由にいれて、わいわい楽しみましょう。

ちょっぴりすぐ、目の前の話ですが・・。^^;

  【お茶うけcha屋】

開放日: 2011年6月10日(金) 13時~17時(フリー)
場所:島田市幸町15-5 MAPはこちら
 ◆マップ上では、「岡戸会計事務所」と表記されている場所の1階です。(島田駅から歩いて6分)
チャージ: 500円(茶葉&お湯代)

●お茶うけの差しいれ大歓迎(^0^)/●
   ~手作り大歓迎です~ 
台所も、温める道具“チン”もあります♪

この日は、単一農園茶だけではなく、
私が一口食べて、即、販売を決めた
【手作り*しょうが糖】も、初お披露目です♪

これは、くせになる!笑

お問合せ・道に迷った際には、こちらへメールを。
info@ochaukeya.com

お一人様でも、お友達とも。
気軽にお茶しにいらしてくださいね。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

ふじのくに 山のお茶まつり

静岡市で、静岡県内の個性的な山のお茶を試飲・販売する、『ふじのくに 山のお茶まつり』が開かれています。

期間:2011年 6月1日(水)~7日(火)
場所:呉服町ミライエ (静岡伊勢丹前)
【入場無料】

米分スイーツの販売など、
お茶好きな方はぜひいらしてみてください♪
お茶のバリエーションが広がりますよ。^v^

『山のお茶100選』のサイトはこちらから。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

 

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »