« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の13件の記事

茶縁でつながる畑

ええと、どこまで書いたかしら?
今年の2月。
家の向かいに、20年くらい放置された畑を貸してもらいました。

2601

「え?これって、畑?」と自分も目を疑いましたが。^^;

でも!いえいえ、この畑はただの荒地ではありません。

まあ、畑を診断してくれた農家の人には、「こりゃひどい!><」と言われてはいましたが・・・。^^;
でも、実はとってもハッピーを呼びこむ畑なのです!

すごい偶然の、おばあさん(地主さん)との出会い♪
先方も、草刈りに追われて大変だったようで、喜んで貸してくれました。

2602

その後、農家さんの伝手で昔の同僚にお願いして、ユンボで天地をかえしてもらいました。
かなり粘土質で、一筋縄ではいかないようです。^^;

半分までやって、諸事情あって少しストップしちゃいましたが、とりあえずやれるところから始めます。

2603

とはいえ、まだこれじゃあ、畑作業はまだ無理のようで。
パートナーの友人の農家さんに、もう一度土を均してもらいました。

ありがたいです。

そして、大好きな枝豆や、枝豆や、枝豆や・・・。^^;
あ、ほかにも、カラスが食べないスイカやかぼちゃの苗。
(なにせ、奥にカラスの巣を発見!わが家よりも近い~><)
里芋に、アスパラに、おばあさんからもらったネギに。
勝手に生えてきた、フキ♪
セロリやトマトの苗も。
庭のレモングラスとローズマリーもこっちへ引っ越そうかな。

そして、先日。

261

枝豆君の芽が、でった~!!!
がれきのような土ですが、大丈夫。
なんとか出てくれました。(カラスよ、食べないでね~。^人^)

この畑がハッピーを引きだす理由はね。
①まずは畑と一緒に、近所に新しい85歳のお友達(地主のおばあさん♪)が出来たこと。

作物のことはさっぱり分からないので、師匠にいろはから教えてもらっています。
すぐ近所なので、ちょこちょこお野菜持って遊びに来てくれます。^v^

②昨年知り合った友人夫婦が、遠くから偶然の中の偶然で、わが家のすぐお隣りに引っ越してきたこと。

日本の伝統に関わる新しい仕事を創りたいと意欲的だった男性3人組のお一人です。こんなことって、起きるんだなぁ・・・。縁って、本当にすごい。驚いた。

しかも、彼が住んでいた元の住所は、「茶畑」っていうんですよ!大笑

263

そしてつまり、彼らにとってもアパートの前の畑。^v^奥の方に耕しているのが見えるかな?笑 

もともと彼らも畑をやりたかったようで、大喜び♪夏になったらみんなで収穫祭をしようと話をしています。

ふっふっふ。何が嬉しいかって、彼らは20代。^m^

この畑をきっかけに、80代と20代の友人が、同時に近所に出来ちゃった!

わが家に、新しい暖かい風が吹きました。
本当に、引っ越してきてくれてありがとう。

しかし、畑にはまだまだ課題もあります。

近くて便利なこの畑。^^
水の確保が出来ないことが、問題でした。

それが・・・!

③水が出たんです♪ラッキーなことに。

262_2

畑の壁の中から、雨水がどんどんと出てきます。
友人曰く、穴から沢ガニも出て来たとか。^^;

場所も、ちょうどいいところ。すごい偶然です。
ここを掘って、ポリバケツでも埋め込めば夏の水対策も出来そうです。

土は硬くて、ちょっぴり課題だけれど、この畑を借りることで偶然が重なり、新しい友達が増えてきて、私自身も心開けるようになりました。^v^

これだけ続くと、偶然じゃなくて必然だよね。

あとは、雑草に負けず、
ちゃんと収穫できるかどうか・・・。^ー^;

バジルやシソやミントやフキを雑草のように生やしたいけど、その道は遠い~。笑

ではでは 

今日も、一杯お茶をどうぞ。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

GW新茶会情報in静岡

GWのご予定はお決まりですか?

この季節は、新茶のイベントが盛りだくさんです。
ご予定合わせて遊びにいかれてはいかがでしょう?

●4月29日(金) 静岡市清水区両河内
毎年恒例、初取引で最高値をつける両河内の新茶が楽しめます。
詳細は、こちらから。

●4月29日、30日 清水区茂畑 
しばきり園の新茶会
詳細は、こちらから。

●5月3日~5月8日 静岡市葵区栃沢
山水園の新茶会
詳細は、こちらから。

4/29の両河内の茶会、4/30のしばきり園の茶会には、私もお茶淹れ担当としてお手伝いさせていただきます。ぜひいらしてくださいね。

【追記】

●4/30 朝7:15集合 森内茶農園の品評会出品茶摘み
詳細は、こちらから。  連絡を取ってみてください。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

とんびを上から眺める茶畑だって!

先日、ずっと気になっていた茶畑に寄らせていただいた。
それが、静岡市の森内茶農園さん。

1

いつもブログの写真を見ていて、どんな地形になっているんだろうか?と不思議だったのです。

2

伺って、納得。
お話聞いて、納得。

3

盆地のような感じで、すり鉢状になった茶畑たち。

「辺り一面が萌黄色の中、
とんびが下を飛んでいるのを、上から眺めるのよ~♪」と言われていました。
く~、気持ちよさそう~♪

ちなみに、この日はカラスが下を飛んでおりました。^v^

4

茶摘み娘さんの3時の休憩。にぎやか!にぎやか。

5

いただいたお茶が、アツアツなのに緑色もきれいで、味も蒸れてなくておいしいのに驚きました。
水筒にお湯を入れてきて、現場で緑茶のティーバックを入れて作るのだそうです。
なるほど!

55

まだ小さな小さな新芽ですが、どんどん生長していくので、自然仕立ての畑は前倒しで摘むそうです。特に今年は、いっきに芽が揃いそうですしね。

それにしても、ものすごく美しい大きな葉っぱ、芽重型です。すごいな・・。

夕方、茶工場にも少し居させていただいて、掃除を少し手伝って。^^
森のかあさんブログに登場する私。笑 茶摘み屋掃除屋
新茶の香りを身体で感じて帰って来ました。

6

新芽そのままのお茶です。これは摘み取り初日の新茶だそうです。

7

初々しい香りと味です。
極走りの新茶は、私の中では山菜と同じような存在です。
パートナーが、「茶工場の香りがする~!」と言っておりました。

茶摘みをしながらだと話がしやすく、有意義な一日となりました。
場所覚えたので、またぶらりと寄るかもしれません。
ありがとうございました。

お祭り前の静けさも、そろそろおしまいで、
新茶祭りが始まりそうな気配です。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (5)

内山節先生から『祈る日』の呼びかけ

新茶だというけれど、新芽の生長が遅いからか?なんとなくいつもの新茶のわくわくとは違う空気があります。

震災直後は、しっかりしなきゃ!と思っていたけれど、だんだんだんだん。ボディーブローのようにずし~んとした気持ちが出てきます。

先日、向笠園さんの内山節先生の集まりに参加した時に伺った話です。

今年の集まりは、震災、原発について考える2日間でした。

人が受けるショックには3つの種類があるそうです。

①頭次元で受けるショック
②身体次元で受けるショック
③生命次元で受けるショック

頭レベルだと、論理的思考で納得できるようになるが、
身体レベルだと、頭では理解しても、身体が拒否反応を示す。
生命レベルだと、直感や感覚的な部分で説明出来ないような動きをする。

今は、生命次元でのショックを受けていて、いくら皆を盛り上げようと、消費拡大を叫ぼうと、なんとなく、核となる芯の部分が沈んでいるので、無理なのだそうです。

戦後復興は、日本国が成長期にあり、みんなでがんばろ~!っとはりきれた若さがあったけれど、今は、国そのものが高齢期に入り、余生を過ごそうという意識があるため、そう簡単に、経済などが盛り上がれる状況にないのだそうです。

この空気が、数年前から顕著に表れてきていたところに、今回の震災。
戦後の空気とは大きくことなる、未知なる状況なのだそうです。

でも、なんとなく。納得。

正直、先生の話は重く厳しい話ばかりで、光りが見えないねぇ~っと思ったのですが、それが今の現実。

でも、今の若い人を中心に、
「今の日本ってどうなの?これ以外の道はないの?」という問いかけが始まっていて、そのうねりは、これから無視できない空気になって行くだろうとも。これは嬉しい変化です。

(↑これについては、またいつか自分なりに書きたいです。)

これは、今までの価値感からのシフトとして良い兆候ですが、ただ、今の日本を作って来た人(年配者)たちとの間で、軋轢が生まれるとも言われました。

その人たちが自分を振り返り、変えていけるのか?というのが課題とも言われていました。

内山先生の寄稿文をリンク

これから厳しい時代になる。

それをしっかりと把握した上で、でもやっぱり!
今は楽天的に、色々な行動をしようと思いました。


●最後に、内山先生からの呼びかけです。

復興したいと思っても、元気を出したいと思っても、
日本中が、生命レベルでダメージを受けている。

一度、きちんと亡くなられた方々の冥福を祈り、送ってあげましょうとのことです。
それから、もう一度動き出そうと。

宗教も形もなく、自分なりに祈る。

皆さんにも呼び掛け文を送りますね。

「utiyamayobikake.pdf」をダウンロード

内山節公式サイトから

4月24日(日)12時正午、東北の方向を向いてお祈りをしましょう。
4/24に設定されている理由は、四十九日の法要が来る前の週末にということです。

どうぞ、家族でも友人でもいいので、一緒に東北の方向を向いて、震災で亡くなられた方々の冥福をお祈りしてください。

そして、もう一度始めましょう。
どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

【募金御礼】シビックフォースの活動報告と今後について

しほこさんから、募金のご協力をいただきました。ありがとうございます。

募金先のシビックフォースの活動報告と今後の計画について、レポートが出ていますので、リンクさせていただきます。

 レポートはこちらから。

ありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

茶わんに花を咲かせましょう。

暖かくなりました。

先日、友人と桜を見に出かけたら、
残念。
もう、散り始めていました。

公園の道には、桜の花びらがひらり、はらり、ふわり。
まるで粉雪のように、降り積もっていました。

Sakura

「少し来るのが遅かったね。」
と言いながら、お散歩。

でも、花びらで淡い桃色の道は
けっこう素敵な散歩道でした。
あぁ、こういう時は、桜色なのかな?^v^

桜の季節は終わっても、
いつも、こころに花を咲かせましょう。

こういう厳しい時だからこそ、
小さく咲かせて、ほっこりしましょう。

480

いつもと変わりがない一日が過ごせたことに感謝して、
茶碗の中に、そっと白い花を咲かせませんか?

その花を見て
自分にも、「お疲れさま」
誰かにも、「お疲れさま」

花咲くお茶の実「はな玄米」はいかがですか?
  こちらから。

あなたのお茶碗に、小さい花を咲かせます。

4801

そうしたら、きっと。
こころにも、花が咲くはず。

こういう時だからこそ、
自分で花を、見つけたい。

花咲くお茶の実「はな玄米」はいかがですか?
 あなたの茶わんにも、ひと花どうぞ。^^
  こちらから。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

人の歴史と自然の歴史を重ねてみる

急に暖かくなりましたね。
今日も、お茶飲んでますか?^v^

先月末に、中世の喫茶文化史を研究されている、橋本素子先生の一日集中講義を受けた際に、宇治茶の歴史についても再度確認する機会がありました。

宇治茶の歴史を知るということは、今一般的に言われているお茶の歴史を知ることと重なり、蒸し製煎茶の誕生、玉露の誕生など色々と登場してきます。

それらが、なぜ登場してきたのか、その背景を紐解くような講義でした。

11

その中で先生が言われたことに、「宇治茶が続いているのは、当時の危機的状況の中から新たな製法や、ルールが作られたから。」という話がありました。

橋本先生の講義はおもしろく、宇治茶の歴史にも人の息づかいが感じられて、歴史が生きています。^v^
茶の湯のはじまりについて伺った時には、終わった後に拍子抜け。
「あ~ら、そうなの。そんなものなの。」と言ってしまいました。笑

あ、話がずれました。^^;

33

ずれたついでに、講座の様子を。お茶まつりにもアフロで手伝ってくれたAさんが、私の名前の由来になった「河内木綿」の法被を持ってきてくれ、女性陣は記念撮影会。^^ なかなか、かわいいから欲しいなと思ったら、値札見てびっくり!@v@

22_2

お菓子とお茶もすごく盛りだくさんで、企画準備をして下さった、ネクスティの典子さんに感謝!静岡から行った2人は、かなり充実した旅になり、大満足でした。

話を戻しまして、橋本先生は以前から、「これから起こるお茶の新しい動きは、京都ではなく静岡からだと思う。」と言われていました。その理由を聞いたことがないのですが、なるほど。

今、茶業で言えば、宇治茶産業が危機的状況ではなく、静岡茶産業が危機的状況。^^;

がんばって生み出す時なのですね!私もがんばろう~♪P^0^q

そして別の日に・・・。

向笠園で恒例の哲学者の内山節先生を囲んで座学をしました。

4

その時、内山先生が、「歴史の大きな転換期の裏には、自然界の大きな影響を受けていて、変わらざるを得ない状況に追い込まれていることが多く、人間の歴史に自然の歴史を重ねると、見えてくるものがある。」というようなことを、話して下さいました。

今回の震災は、まさにそうなんだと思います。

内山先生ご自身は、もうずっと昔から、今の暮らし方について問うてきましたが、ここ数年は「人の意識に変化が見えて来た。」と言っていました。

毎年ご一緒するある農家の方が、「内山さんがずっと言って来たうねりのような変化は、少しずつ少しずつ起きるのかと思ったけれど、否応なく、ぐぐっと向きを変えられたような感じだ。」と言われていました。

5

納得、納得。橋本先生の宇治茶の講義を思い出しました。^^ 危機的状況で変化が起きるんだものね。

橋本先生に、「これからのお茶は、どうなるんだろう?」というような疑問をつぶやいた時に、「それは、100年か200年経ってみないと分からない。」と言われました。

今しか生きていない私たちは、今一生懸命に模索するだけなのかもしれないけれど、未来の人たちには、私たちが模索した結果の転換期が見えるのですね。

そう思うと、やっぱり。

「今」をがんばろうね。

あ、また力みすぎちゃった。笑

とりあえず、お茶飲もうかな。



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

新茶をいただく

急に暖かくなり、新芽が動き出しました。
昨日撮った茶畑の様子です。

青空に茶畑、大好きな取り合わせです。

Sinme

雨もたっぷり降ったので、にょきにょきと出て、朝と夕方でも変化しているほどです。
とはいえ、摘むにはまだまだなのですが。

1

先週、向笠園の研修で、むりやり「牧之原早生」という品種の新芽を摘んで手揉みをしました。

2

本当に、中国茶のような摘み方。^^; 
当初、3キロ摘みたいと言っていたけれど、結局800gしか摘めませんでした。

手揉みの先生たちも、こんな芽を蒸して揉んだことがないからと、最初とまどっていたほどです。

3

茶碗にお茶が入っているのが、わかりますか?

出来たお茶は、ほとんど色の出ない透明なエキスと、じゅんさいのような茶がら。
さすがにまだ芽が未熟過ぎて、初々しさが優先されたお味でしたが、今年の新茶も無事にいただきました。

ありがとうございます。
毎年、向笠園の手揉み茶が、新茶の口切りになっています。

低温で飲んだ後は、何度も熱湯でお茶を飲み、苦渋みを出してからしらすとポン酢で夜のおつまみになりました。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

【募金御礼】龍谷大学・伊達ゼミ作の宇治茶

いとさんから、募金のご協力をいただきました。ありがとうございます!
未だ、原発の被害が続いていることに・・・。いえ、被害が止まる目途が立たないことに対して、がっかりしています。

先週は、ない頭をフル稼働したせいか、毎日毎日眠くて眠くて。という一週間でした。
沖縄の話もそこそこに、京都へ話は移ります。

11

三月は、中世の喫茶文化史を研究されている橋本素子先生の一日集中講義を受けに大阪へ行くのを軸に、前後色々と寄り道をくっつけて京都、和歌山へと移動しました。

偶然、京都へ行く二日ほど前に、京都の龍谷大学、伊達ゼミさんから、震災の募金協力をいただきました。
龍谷大学の伊達ゼミさんは、地域活性化の研究の一環として、農家とタイアップしてオリジナル宇治茶「雫」を開発したり、どうもブログを拝見すると、苗木を植えて茶畑も始めたそうです。^0^ 詳細は、こちらから!

お礼という訳ではないのですが、これも茶縁。^^

せっかく京都に行くのだから、龍大オリジナル宇治茶「雫」を買いに行こうと、取り扱い店の美好園さんに伺いました。

11_2

たくさんの茶壺!阪神の震災の時に5つも割れた話や、玉露用の茶壺なども教えて頂き、たくさんあり過ぎて困ると言われていました。笑

12

そこに、伊達ゼミさんの「雫」を発見!
試飲をさせていただきました。

13_2

わぁ、びっくり。宇治茶のイメージとは違い、かなり鮮やかな緑色です。味はかなり濃厚。お店の方の淹れ方だと、最初は煎茶よりも抹茶の味の方が強く感じました。

ちなみに、お店にあったこのテーブルは、巨大火鉢の上にお盆を重ねてありました。

14

龍大オリジナル「雫」は、これは抹茶がまぶされている宇治茶です。^^しかも、抹茶の質が良くて濃厚な味。

わが家で改めて淹れて飲んでみました。

15

鮮やかな緑。抹茶の風味と煎茶のほんのり渋みが味わえます。^^季節に合わせて、桜の茶わんにて。

浅蒸し用の急須を使って、見た目は深蒸し茶飲んでるみたい♪でも、味わいは試飲時と違い、意外にあっさりしていておいしかったです。

たぶん、京都の静岡の水の違いもあるでしょう。

お菓子は、末廣さんの餡子です。

抹茶入りの煎茶はおいしいとこ取りのお茶で、飲み手に嬉しいお茶ですね♪

抹茶入りは開封後の劣化が早いので、惜しまずにどんどん飲むのがおすすめです。^0^ 

静岡でも地域活性化でお茶を扱っているところがあるでしょうから、そういう大学どうしの茶縁が出来るのも面白そうですね。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

お茶会情報

昨日は、農業経営士茶業部会の新茶前情報交換会「ファイト!静岡茶」に参加しました。製茶業だけでなく流通業の方の意見もたくさん伺えました。

1

「静岡茶」一言で表現しますが、人によって微妙に「静岡茶」の定義が違うのが分かります。ある流通業の社長も言われていましたが、それこそが、立地や環境によって方向性も変わる、「静岡茶」そのものだと感じました。

まとまりきらないのが静岡茶なのだ~。それはそれで、いい気がします。と、のんびりしていちゃいけないんだけどね。

みなが本気で、自分の茶の道を選ぶってことなんだろうなぁ~。

3

寒くて新芽もまだお休み中のよう。今年の摘み取りは1週間~10日ほど、遅くなりそうです。

<お知らせ>

●竹内園の紀文君が、新茶の前に牧之原カフェを4月10日に開きます。
詳細は、こちらから!

1_2

紀文君と飼い猫のクッキーと一緒に・・。って、後ろ向いてますけれども。^^;

ちなみに、彼の座っている椅子は、一輪車を改造して作った手作りです。頭柔らかい人なんだよねぇ。^c^  一緒にお茶飲んでくれる人、募集中でっす♪おすすめ!

●しばきり園の今年の新茶会は、4月29日30日です。
詳細はまた後日。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

【募金御礼】被災地のお茶屋さんからのメール

kikiさんと福さん、金さんさんから、募金のご協力をいただきました。
ありがとうございます!

「お茶のひとしずくで、一杯のお茶で、心安らぐ日が来ますように。」
同感です。^^

仙台のお茶屋さんとのメールで、厳しい状況とともに、嬉しい話が書いてありました。

仙台には他の被災地から避難されてきた方がたくさんいらっしゃるそうで、みなさんとりあえず逃げて来て、一服お茶を飲みたいと寄ってくださるそうです。

かなりストレスが溜まっているからか、お茶を飲んで一度話をしだすと1時間位話をされるそうです。

「ホッと一息とガス抜きには、お茶一服とちょいと甘いものが一番!改めてお茶の力を感じました。」と彼が言っていました。

実際には厳しい現状が続いていますが、
でもなんとなく、希望の光のように感じました。

一杯のお茶の力、信じます。

【追記】

「仙台の彼が甘くて美味しいものに飢えていると言っていたので、被災者の方にも召し上がってもらうつもりで静岡のお菓子を送る。」と口にしたら、目の前にいた友人たちが一緒に送ってと、すっと義援金を出して下さいました。

ありがとうございました。

まだまだ、地道に募金活動を続けていきます。どうぞ、ご協力お願いいたします。 

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

お気に入り。だけどBADな器選び

沖縄珍道中の旅、2つ目の記事です。^^

私はもともと沖縄の焼き物、壷屋焼が好きなので、
今回の沖縄旅行でも窯元巡りをしたいなと思っていました。

父も下手の横好きで(あ!怒られるか?笑)陶芸をするので、それに便乗して窯元がたくさん集まっている、やちむん通りに行きました。

そこで、と~ってもかわいい窯元さんを発見!!

11

う~ん。私の好きな匂い(気配)がする~♪♪

12

ひょんひょん、跳びはねてお店に入ると、やっぱり~♪♪
かわいいよ~。^0^
壷屋焼の、重さがない感じ。
「じゃぁ、壷屋じゃなくていいじゃないか?」と言われそうですが、まぁまぁ、そう言わずに。笑

まず両親を適当にあしらって(あら、失礼!)、後からゆっくり2人で器をセレクト。

13

購入したのはどんぶり2つと、湯呑み用にとそばちょこ2つです。
く~ん、かわいい♪

14

わが家では、お茶をたっぷり飲みたい時には、そばちょこを使います。
はい、定番の手作りあんことお茶のセットです。

いっただっきま~っす♪

と、まずお茶を一口。

・・・・。

・・・・。

パートナーと2人、顔を見合わせて・・・・。

「・・・・。やっちゃったね。--;」と、私は素直に失敗を認めました。

何がって?

お茶は、おいしく入ってますよ。だって、淹れたのは彼だから。笑

では、なにか?

それは、↓↓↓↓↓ ここ!

15

飲み口の、唇が当たる角度です。
内側の面の角度が、角ばり過ぎてひっかかる。

ぐわ~ん。残念!!
飲み心地が、全然よくないのです。><

まさか、こんなことになろうとは!

せっかくかわいくて、
お茶の時間に、と思ったのに。

結局、その後は本来の役割通り、
蕎麦猪口として使わせていただいています。

まあ、蕎麦猪口が悪いわけではなく、
私がずれてるだけなんですけれども。

皆さまも、見立てで道具を使う場合には、
よ~く実際に使うシーンをイメージしてからお選びくださいね。^v^

さ~て、
今日もお茶を一杯。
 めしあがれ~!


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (2)

【募金御礼】昨年の大凍霜害からちょうど1年。

震災後しばらくしてから始めさせていただいた『茶縁による募金支援』

リコリスさんと、ちぐささんとチャリティーカフェ「Heart share cups Cafe」のお客さんから、募金のご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

ちぐささんは、「一杯のお茶を被災地の方とシェアする」という発想のチャリティーカフェ開き、お客さまからも募金をしていただいたそうです。

メールをやり取りする中で、「寄付はどんな寄付でも尊いけれど お茶を通して相手の方をイメージできれば 想いはより深く温かいものになると思うのです。」というちぐささんの言葉にお人柄が出ていて、毎度、何かしなくちゃ!っと熱くなっている私を落ち着かせてくれました。感謝。

お茶業界では新茶に向けて動き出しました。

昨年の今頃は、静岡を中心に全国的な大凍霜害で、数十年に一度の大被害が出ました。

あの時の茶畑の風景は、自然の優しさよりも自然の怖さを目の当たりにして、本当に声が出なかった。

私に出来たことは、「今年は、茶葉の形が分かるお茶を選んで飲んで欲しい。」とお願いするだけでした。

あれから一年が経ち、今年はもっともっと厳しい大自然の力に、正直打ちのめされそうな気持ちになりましたが、それでも何かやれることはないか?と思いました。

甘ったれかもしれませんが、今私に現場に行く勇気はありません。足手まといになるでしょう。
だけど後方支援ならば出来る。まだまだ今後も、地道に募金活動を続けさせていただこうと思います。

どうぞ、ご協力をお願い申し上げます。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »