« 掛川のサロンど・て「せっせ」 | トップページ | 料理通信:新年を迎える日本茶 »

「あんたは、甘ったれだね。」

たぶん、誰にでも「師」と呼ぶ人はいるでしょうね。
ありがたいことに、私にもいます。
私が「先生」と呼んでいる中で、一番年配者の文学者でもある茶問屋の会長がいるのですが、11月に書いた原稿をこっそり送りました。そうしたら、先日お電話をいただき、1時間以上話し込んでしまいました。

その時に言われたのが、タイトルの言葉。いえ、そんな一つだけじゃない。たくさんの厳しい言葉を頂きました。
それでも先生は、「電話だからね、私はあんたに好かれたいという感情が湧いてきて、言葉が優しくなってしまっているかもよ。これが文章だったら、そういう感情も湧かないからね。」と、言い足りないという感じかな?^^;

基本的に、他人に厳しく言う理由なんかない。でも、そういう声をきちんと届けようとして下さることに、感謝です。

この記事だけでは、いったい何が問題になっているのか分からないでしょうが・・・。

先生は文学者だから、特に文章には厳しい。私の書いた文章を読んだだけで、私の内側の精神的な部分まで読み取るのだから、本当にすごいです。しかも、痛いところを突いて・・。><

先生は、茶経を何十年もかけて研究されてきた方です。
だから、陸羽の言葉にならない「間合い」までも読み取りたいと、何度も何度も繰り返し読み込んできたと。

「目先だけを見て、取り繕っちゃいかん。一見きれいに書いていても、何も言葉が残らない。へたな文章でも人を動かすのは、自分の中に「熱」があるかどうか?だからね。車窓からの眺めているような気配があるけど、本当はもっとどろどろとした修羅場がたくさんあるものなんだ。」と・・・。

う~ん。これは一見、文章の書き方のように読めるかもしれませんが、けっして文章についてだけ話している訳ではないのです。

大本は、「あんたが、こっち(茶業)に一歩入って来ようとしているから。」という前振りがあるのです。

私は、既存茶業への新規参入の壁はかなり厚く、そう簡単に土台がない人には出来ないだろうなと考えています。だから、新規でお茶に関わりたいならば、茶商などの茶業者とお付き合いした方が良いだろうと本気で思う。

だから、私自身が茶業に入っていこう(茶業者の一人になる)という意識はなく・・・。誤解を恐れずに書けば、「茶業界の復興を目指すのではなく、茶の復興を願うお茶好き」なのだと自負しています。

実は、そういうお茶好きは日本中にたくさんいて、そういう人たちの活動は、結果として茶業に何かしら役に立つかもしれないなとは思う。

私の先生がおもしろいのは、私に茶業界に入って来るなというところです。
私が最初に茶道を習いたいと感じた年配の先生にも、流派に入って習わない方がいいと言われました。

私がおもしろいと感じる「師」は、みなやっぱり少し変わった人なのかもしれないなぁ。

「私は茶業者になりたいわけではなく、カフェの店主側になりたいです。」と先生に言うと、「そりゃ、おもしろいね!あんたはきっとうまく行かないだろうけど、やってみたらいいよ。」と、さらりと痛いことを・・・♪^m^;

先生の話は文学の話など難しくて、実は半分も理解できていないのですが、電話でバトル出来ることも嬉しいなと思います。
不出来な弟子で、かなり情けない状態ではありますが・・・・。

先生の健康を心から願って。九拝


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェへ

|

« 掛川のサロンど・て「せっせ」 | トップページ | 料理通信:新年を迎える日本茶 »

つれづれ 」カテゴリの記事

コメント

「茶業界の復興を目指すのではなく、茶の復興を願うお茶好き」・・・私は、ゆうさんの足元どころか”つま先”にも及ばず、【日本茶ルネッサンス】を願っているだけのお茶好きですが、共感する言葉です。

投稿: tomo | 2010.12.21 07:51

◆tomoさん
いえいえ、みな、思いは同じ大きさですよね♪
「茶の復興」っていうよりも、
『日本茶ルネッサンス』って言った方が、かっこいいぞ~!!^0^
ブログ、おもしろいですね♪カフェイン入りアルコールって、意識した事なかったけれど、酔いを感じないんですねぇ。知らなかった。
上等なお茶たくさん飲むと、めっちゃ酔うけどねぇ・・・。笑

投稿: ゆう | 2010.12.21 15:07

紅茶大国のはずの英国でも、茶人気は一時、下落していました。それをなんとか復活させるために、茶業界が、あの手この手で頑張ったそうですが、そのスローガンが【ティー・ルネッサンス】。努力が実り、今また新たなお茶文化が広がっている英国にあやかって・・・というか、早い話が、パクって、私の勝手な日本茶応援スローガン(?)にしてます。

ブログも読んでいただいて恐縮です^^;N様焙烙も登場してます♪

投稿: tomo | 2010.12.21 19:27

◆tomoさん
へぇ~。「今新たなお茶文化」って、どんなんだろう?わくわく。
アフタヌーンティーのスィーツが、超ローカロリーになってるとか、スタイリッシュになっているとか、そういう記事は読んだことがあるのですが、消費量が伸びたんでしょうか~?ブログ読んだら分かるかしら?
お茶って、おもしろいねぇ♪
まねっこ大事だもんね!ルネった方がいいと思うわぁ~!!焙烙もいいよねぇ♪

投稿: ゆう | 2010.12.22 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掛川のサロンど・て「せっせ」 | トップページ | 料理通信:新年を迎える日本茶 »