« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の13件の記事

九州のお茶産地の代表と。

先週、佐世保市役所産業課の岩本建二郎さんから、突然メールが入りました。

「九州の100ha以上の茶産地を持つ市町の行政担当者が、静岡に研修に行くから会いませんか?」

1

佐世保の岩本さんとの出会いは、一年前、奈良県で行われた全国茶サミットの交流会場。偶然同じテーブルに座ったのがきっかけです。

時々メールを交換したり、世知原茶や釜炒り茶を送って頂いたりしながら、お茶の普及について意見交換をしていました。
岩本さんは、世知原茶のPRに熱を持って取り組んでいるおもしろい方です。今回お会いして、他の市町の担当者からも、「企画力は佐世保」と言われていました。^^

なにせ、地域の農家が「これ以上宣伝しても、売るお茶がないからもういいよ~。」という程だとか。笑 すごいです。

静岡以外の産地から、静岡県を見る良い機会にもなりそうで、喜んでご一緒させていただきました。

9285

初日の夜の交流会で盛り上がり、翌日も一日研修に同行させていただきました。

9281

お茶の郷で島田市との交流会。

9283_2

まるよん製茶株式会社での、荒茶工場見学。

そして寺田製作所で、静岡経済連部長の勢いのある^^;話と機械見学。
もちろん、一日分の意見交流会として、夜も一緒に。

普段は見れない静岡のショッキングな部分も見せてもらえたり、逆に九州との違いを発見したり・・・。

9282_2

左から、長崎県東彼杵町の岡田さん、鹿児島市の濱畑さん、霧島市の淵ノ上さん、南九州市の大坪さん、佐世保市の岩本さん、志布志市の出水さん、嬉野市の松本さん。
年に2回集まって、お茶の情報交換や研修会を行っているそうです。(静岡県でもそういう活動しているのかしら?)
一番右は、コーディネーターの寺田製作所の榛葉さん。突然おじゃましましたが、色々とありがとうございました。

「九州の茶産地」と一くくりにしてしまうと、とても漠然として大型化ばかりが頭に浮かんでしまうのですが、私が最初に茶産地巡りで農家に感動したのは、実は九州。

五ヶ瀬町の話、ふかみ会さんの話、距離を超えて飛び出してきて、地元で個人で頑張っている農家さんたちとの出会いを思い出してしまいました。

なんていうかね・・・。

●産地を、「産地」と一つにくくることで、見えなくなってしまうことって色々あると感じました。
もう一つ、
●大きな業界の流れは小さな個人には変えられないから、そこを憂いても仕方がない。小さな自分に出来ることから、手を付ければいいよね♪と、気が楽にもなりました。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4)

ちょっとまじめに、自分のこと。

ほぼ日イトイ新聞に、『「受け身」な楽しみ方について』というお題目のコラムと、それに対する読者の感想が出ている記事があります。

記事としては、こんな感じ。全文はこちらから。

いろいろ、思いつくままに
 「お客」と呼ばれるものについて考えてみると、
 「ただ楽しむ」ことを磨いている
 「オーディエンス(観衆)」の役割をする人たちの数が、 
 じわじわと減っていると思うんですよね。

読みながら、自分を振り返る。
そして久しぶりに機会があって、日本茶インストラクターの存在についても考える。

お茶に興味を持った25歳。東京のお茶屋巡りに限界を感じて洋菓子店を退職し、青春18切符を使い九州まで一人旅。目指すは茶農家と、焼き物の産地巡り。そして、静岡県にお茶移住。
問屋就職に農家研修、世界のお茶など興味は尽きず、今もマニアの私。

・・・・・。

どっこにも、「受け身に楽しむ」なんて要素は、ない。ーー;

欲しいものは、手にいれる。
知りたいことは、学ぶ。
会いたい人には、会いに行く。

どちらかというと、そういうタイプなのです。私。^^;

おいしかったり、おもしろかったりすると、もう少し知りたくなるんです。しかもすぐに。少し、余韻を楽しんでからでもいいのだろうにとも思うのですが、そこまでひっくるめて楽しんでる自分。

四苦八苦しながら「自分ならどうよ?」とか思いながら、やることも楽しい。^v^
自分が鳥になって空から地上の私を見たら、そういうジタバタしている自分が見える。

でもね・・・。

ものすごく近づいて見ると、お茶をいれた時の立ちのぼる茶の香りや、口に含んだ瞬間や。す~っと流れる風や空や、目の前に広がる茶畑の景色や、ちょっとした会話やら・・。

そういう超現実な「一瞬」に、たぶん人よりたくさん感動していると思います。

そういう超現実な受け身な一瞬がたくさんあるから、「日本茶の楽しさを一人でも多くの方に伝えたい」という、ものすごく能動的な楽しみ方をしているのだと思います。

何かを伝えるって、刹那的な受け身な楽しみや喜びを満喫していないと、地道な活動でなかなか継続できない気がするなぁ~。

日本茶インストラクター協会が設立されて10年。そういうリアルな現場を体験している人がたくさんになるといいなぁと、久しぶりにまじめに考えてしまいました。

まあ、人の事はとやかく言っても仕方がない。
ジタバタしながらも、ちっちゃく楽しむ感覚は持っていたいなぁと思います。^^

今日も一日、ありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

<新刊>いちばんおいしい日本茶のいれかた

東京の神楽坂の日本茶カフェ「茜や」の店主柳本あかねさんが、日本茶の本を出版されました。

デザイナーでもあり、建築家でもあり、日本茶カフェの店主でもあり。そして、お茶うけ屋のロゴや茶袋のデザインをしてくださっている方でもあります。

924

「この本を手に取った、そんなに普段お茶を飲まない方たちがちょっといれてみようかなって思ってもらえたら嬉しいなあ~なんて思っています。」という、あかねさんからのメール。

本当に、そういう気持ちがあふれんばかりの、あったか~い一冊です。私、こういう本が、大好きです。

この本は、日本茶カフェ「茜や」のお茶の世界そのもの。

12154

お茶のいれ方や、道具、お菓子、花やインテリアなど、茜やそのものを丸ごと含んだ日本茶のおいしさがたっぷり含まれていて、そのお味は茜やのお茶の味同様、とろりんとした甘みとともに、どこかキリっとした苦みがきいているようです。

「ほんのひと手間で、いつものお茶が極上になる。」

これが、書籍カバーのメッセージ。

本当に・・・・。極上にするのもしないのも、自分しだい。

どうぞ、まだカフェに行かれたことがない方も、ご家庭で茜や流のお茶の世界を満喫してくださいね。

いちばんおいしい日本茶のいれかた
いちばんおいしい日本茶のいれかた 柳本 あかね





Amazonで詳しく見る
 

ちなみにね・・・。^v^* 実は、お茶うけ屋の素焼きほうろく&革カバーも、茜やワールドに登場しています。

うちの子が、茜やさんに見染められたことも、本当にうれしいなぁ♪


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2)

まんまる月が、お皿の上に♪え?

今日は中秋の名月。旧暦の8月15日です。
今日は朝から、お茶うけ屋の仕事で茶農家へ・・。

9223

午後からは別グループと一緒に、縁側カフェで有名な大間へ。
日中の静岡市は36度以上の猛暑だったそうですが、大間は静岡駅から1時間ちょっとで行ける避暑地ですね。気持ちよかった!

今日は縁側カフェの日ではなかったのですが、偶然お声をかけてくださったお母さんちにおじゃまして、色々とお話伺ってしまいました。

9224

おいしい漬物と、大間茶。ふぅ~、一服。
ごちそうさまでした。

あっという間に時間が経ち、大間からの帰り道には、まん丸お月さま!!

9222

あぉ~っと、まちがえた。
これは緑茶入りパンケーキでした。^^ついでに言えば、緑茶バター添え。お茶はティーパンチです。
昔のお茶講座の写真です。なつかしぃ。

9221

こちらが、今日のお月さん。
山の間から出てくる月を見れるなんて、ラッキーだなぁ。

いつも、大きな丸いお月さんを見ると「おいしそうだなぁ。」と思ってしまう自分がいます。^^;

今日は一日、移動しながら何をかじっていただけだったので、夕方の月は本当においしそうでした。笑

よかったら、夜空を見上げてみてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2)

緑茶ごはんに栗を入れたら、どうなる?

やっと、秋っぽいですね。
朝晩は寒いくらいです。
いかがお過ごしですか?
だんだんと、緑茶がおいしくなる季節ですね。^^

あなたはもう、新栗を食べましたか?
わが家では、すでに何度も夕食に栗ご飯が登場しています。
もちろん、ちゃんと栗の皮も自分でむきますよ。

Kuri

でもねぇ、なんとなく。今年はぱっとしない感じ。

地域によると思うんですが、どうなんだろう?
栗の香りが弱いような、栗が軽い気がするんですよねぇ・・・。

まあ、異常気象続きですから、今年はこういう栗のお味だなと思いながら、何度も栗ご飯を食べています♪^^ 

やっぱり、炊きこみご飯系は秋からが本番でしょう!

9161

でね、先日から試作中のお茶のペーストを使って、緑茶ご飯を炊いています。
粒粒が入っていて、きれいな緑色に炊きあがります♪

味はですね・・。う~ん。少し香りや味が弱いかな~。

9162

でも、色はとても美しい。
これって、栗ご飯にこのお茶のペーストを入れたら、どんな栗ご飯になるのかしら?

A  栗もお茶色に染まって、全体が緑色になってしまうのか?
B  それとも、栗の黄色とお茶の緑のコントラストが美しく出るのか?

あなたは、どちらだと思いますか?
一度、試してみようと思います。

とにかく、秋は炊きこみご飯の季節です♪野菜くずと、塩と昆布を入れて炊くだけでも、けっこう様になりますよ。

ここだけの話^h^、炊き込みご飯だとね。料理を一品減らせるのが、嬉しいですよね♪

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4)

最先端ブドウ品種にびっくり!

先日、パートナーの友人が、東京から遊びに来てくれました。
お土産に、クイーンズ伊勢丹の一押しフルーツを持ってきてくれました。

それが、葡萄界の大型新人、シャイン・マスカット。彼曰く、ぶどうの最先端希少品種なのだそうです。

Syain4

ごめんなさい、あまりに美味しすぎて、
写真を撮る前に、ぜ~んぶ食べてしまいました。><
ということで、他のサイトから写真だけお借りしました。

それにしても、あまりに美味しくて、びっくりしちゃいました。

なんていうかね、フルーツなのですが、
もう、もう、なんていうかね。

その存在自体が、スイーツなんです。

つまり・・・。

ブドウの房にくっついているのは、まるで、『極上のぶどうスイーツ!!』って感じ。

あれ? 

あまりインパクトないですか?^^; 

でも、味はめちゃくちゃ。インパクトある!!
しかも、食感がものすごく、いい。

種もなく、皮ごと食べれて、ザクッ、シャリという感じ。
食べ始めたら、手が止まりません。

あぁ、思い出すだけで、感動する~!!

でね、ネットでシャイン・マスカットについて詳しく調べてみたら、一房というか1キロ5000円~10000円もする超高級ぶどうでした。くらくら。

スーパーでぶどう1パック500円でも、購入を考えてしまう私ですが、あまりの高値に驚いてしまいました。

どおりで彼が、自信ありげに持ってきてくれだだけあります。完敗です。

国の試験場で作られた新品種なので、数年したらもう少し価格も落ち着いてくるでしょうね。果肉も固いので、販売店も取り扱いやすいように思います。

食べ終わった後に、皮も種も残らないので、片づけも便利。
やっぱりこれは、果物じゃなくて、スイーツです。

本当に、美味しかった。ごちそうさまでした。
また、食べたい!笑

本日は、完全なひとりごとのような記事でした。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6)

和紅茶特集の雑誌

最近話題に上がって来る、和紅茶が特集されています。

今朝は、わが家も和紅茶、3種類を飲み比べました。

どれも、味や風味が違うんですよ。

和紅茶は素朴な味わいですが、高級路線ではなく、日常茶の一つとしていかがでしょう?

dancyu (ダンチュウ) 2010年 10月号 [雑誌] dancyu (ダンチュウ) 2010年 10月号 [雑誌]





Amazonで詳しく見る
 

まずは、雑誌でチェックしてくださいね!

それにしても、やっと秋空に♪^v^

天高く 抜ける青さに 心晴れ

ではでは。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

料理通信:深蒸しVS浅蒸し

料理通信のブログに、2つ目の記事をアップしました。

期間中は、出来るだけ分かりやすく、
日本茶の記事を書かせていただきます。

①日本茶は、特殊製法!
 言葉の定義「日本茶」とは?

 日本茶の特殊性について、製造方法の切り口から紹介しました。
 

②深蒸しVS浅蒸し
 言葉の定義「緑茶」とは?

 深蒸し茶と浅蒸し茶の違いについて紹介しました。

よろしければ、ご覧ください。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (3)

夏季限定商品、水の和菓子

出来事が多すぎて、どんどん記事が流れていきます。
そう、まるで流しそうめんのように・・・。

555

なんちゃって。^^:

少し前のことですが、8月に頂いた岐阜県のお菓子。
とても楽しくて、きれいでおいしかったです。

111

「静流のしずく」by 中庄  岐阜県郡上
なんだか、昔なつかしい感じ♪見ただけで、楽しくなりました。

【食べ方】
付属のつまようじで、パチンと水ふうせんを割ります。ちょっぴり中の蜜が飛ぶので、楊枝を挿す場所に注意が必要です。

222

すご~く、つるんとしてかわいい♪^v^
郡上は水の町らしく、水そのもののお菓子だそうです。なるほど。

そこに、付属の黒蜜をかけて頂きます。

333

この時は、お茶を使った緑茶蜜をかけていただきました。
う~ん。おいしいし、美しい。

この気泡がまた、涼しさを演出していました。

444

そして、その後は、抹茶を・・・。^v^

ふう♪ ごちそうさまでした。

先日、抹茶とお菓子が一緒に写った写真を探していたのですが、ファイルのどこを見てもない。よく頂いてるはずなのに、なぜだろう?とその時は疑問だったのですが、今ふと分かりました。

そうか~、基本的に抹茶の時は、和菓子食べてからしかお茶が出てこないから、セッティングして撮影しているものが、ないんですね!

まあ、それだけ。抹茶を頂く機会というのは、茶道と関係している時が多いということでもありますね。^^; 

もっと、日常でも問題ないはずなのですが・・。


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

紅茶レジェンド<おすすめ本>

久しぶりに、おすすめ本です。

先日、書店で見つけたのですが、こういう土の香りがするのってめずらしい・・・。

これは、紅茶を栽培して、販売して広げてきた人たちの歴史が、たくさん盛り込まれた本です。

今までの紅茶のイメージは優雅さや、西洋の華やかさが優先されてきたように思うのですが、この本には、もっといろいろな人間が関わって、ここまで紅茶が世界中で愛されてきたという、人の歴史がたくさん盛り込まれています。

そうそう、紅茶の歴史というと、なんとなくアフタヌーンティーやティーカップなどの、貴族の歴史を追いたくなりませんか?

でも、これは本当にこの業界に関わってきた人たちを紹介しているという感じです。

なかなか、今までにないタイプの書籍なのですが、ある意味今までの作られた紅茶のイメージとは違う、新鮮な紅茶の本です。

私は、こういう本が好きなんですよね。

紅茶という分類をしなくても、十分驚きの多い本だと思いますよ。^^

お茶に興味を持った方には、おすすめです。

紅茶レジェンド―磯淵猛が歩いた「イギリスが見つけた紅茶の国」 紅茶レジェンド―磯淵猛が歩いた「イギリスが見つけた紅茶の国」
磯淵 猛




Amazonで詳しく見る
 

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

世界お茶まつりに参加して、ガンダムを見るコース

『世界お茶まつり』というのを、ご存知ですか?

静岡県が主催する、世界のお茶を楽しめるイベントで、3年に一度、世界のお茶の学術会議と一緒に催されるお茶の祭典です。

公式サイトはこちらから。

22

先日、世界お茶まつりの参加者説明会に行きました。

21

私は、世界のお茶文化や自由なお茶の提案をする、「世界大茶会」という企画に参加。

参加者を取材して下さる、スタッフのブログはこちら。

23

会場場所は、3階のエントランスフロア。雰囲気があってとてもいいところを頂きました。

大阪のクリエイティブ・ティーセラピスト井上典子さんと一緒に、世界の民族衣装を着て楽しむ、仮装パーティーを企画中です。

私たちスタッフ側も全員仮装をしますが、もちろん!
お客様にも仮装して、茶会にご参加頂きます♪ ^m^

典子さんと、「せっかくお祭りなんだから、楽しくやりたいねぇ~♪」と、仕込みを考えているところです。 

<ところで、今日は告知の記事です。>

■自分も、仮装茶会の仲間(スタッフ側)として、仮装して一緒に遊びたい♪という方は、どうぞ、ご連絡くださいね。^^

<世界大茶会参加日>

●10月29日(金)午前・午後
●10月30日(土)午後
●10月31日(日)午前・午後

*28日夜と、31日終了後の片づけも手伝ってくださる方がいらっしゃると嬉しいです。
*謝礼などはご用意できません。一緒に遊びたい方募集中です。^^

取材などもありますから、決まったら報告させていただきますね。

ちなみに・・・。

会場となるグランシップの東静岡駅の反対側には、等身大ガンダムも展示中!

24

私も帰りに、春野町の有機栽培の共同工場、マルセン砂川共同製茶の鈴木猛さんと一緒に行きました。(まだ、照れ入りの写真ですね。)

この、世界お茶まつりの見学⇒ガンダム拝見コースは、なかなかおもしろいと思いますよ~!

25

お気に入りの写真、ガンダムの太もも♪

26

たそがれている、ガンダム。
ちなみに私は、アムロよりも、赤い彗星のシャーが大好きでした。^v^*

それにしても、お客さんの数がお台場の展示と違い、空いていていいわぁ~。笑

ではでは、『世界お茶まつり』も、楽しみにしていてくださいね♪

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

雑誌「料理通信」のゲストアンバサダー

昨年、取材をして頂きました料理雑誌『料理通信』の公式Webサイトの中で、今年度、ゲストアンバサダーとして、日本茶に関する記事を書かせて頂くことになりました。

過去の取材記事は、こちらから。

来年6月まで、一月に一回の更新をしていこうと考えています。
第一回目の記事は、こちらから。

あと10回はチャンスがあるので、色々なお茶の楽しみを紹介したいと思っています。

他にも、食情報が満載なので、ぜひぜひ定期的にチェックしてみてくださいね♪

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

新*日本茶カフェ「回季」へ

先日の東京行きで、オープンしたばかりの日本茶カフェ「回季」に伺いました。
そう、7月末のレセプション茶会にも伺った、馬喰横山駅前の日本茶カフェです。

オーナーさんとは、オープン前からの知り合いです。
取材も兼ねて、日本茶カフェをしようとした経緯などを伺いました。
 こちらもどうぞ。 
なんだか、共感してしまいした。^v^

31

10時半の開店後、すぐに入店。レセプションの時と同様、一番奥の窓きわに座りました。この席、スタッフさんの動きも見えて楽しいし、落ち着くのでけっこう好きです。

レセプションの時と同じ、高知県のお茶を頂きました。火香が強めで、少し野性味のある男っぽいお茶。

32_2

写真は店長さん。和菓子の職人さんでもあります。

一煎目は、お店の方が淹れて下さり、二煎目は、新しいお茶碗と一緒にお湯を持ってきてくれます。

33

お菓子は、店内で毎日あずきを炊き、丁寧に作られたものばかり。餡子が甘くなくて、食べやすいですねぇ。(暑すぎると、甘い物食べたくなくなるのですが、そんな心配は無用でした♪)

オーナーに伺ったら、白あんを使ったお汁粉がと人気なのだとか!では、もう少し涼しくなったら、そちらを頂きますね♪

ちょうどお昼時間になったので、そのままランチを頂きました。

34

この日のメニューは、かじきまぐろのジンジャーソテー。
おいしい~♪生姜がたっぷりで、コレ、家でもやってみよう♪

家庭料理を上品にした感じかな。毎日食べても飽きない味の濃さなので、地元でも好評なのだそうです。
だからか・・・。
お昼になった途端に、お店はお客さんでいっぱいになってしまいました。納得です。^^

個人的には、お昼の賑やかな雰囲気も楽しいですが、やっぱり静かに過ごせる朝の時間が好き。

回季では、今後色々なワークショップも開くそうです。
●お店の字を書いて下さった書家さんのワークショップ

●お店のお茶をプロデュースしている、静岡の向島園園主が接茶する特別日
 ⇒ 9月6日 14時~17時

せっかくなので、覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »