« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の15件の記事

年の瀬に思う事

一年があっという間。
部屋も仕事も、大片づけは終わりましたか?
私は・・・・。
まだ・・・・。
大しごとが残っています・・・。--;

今年を振り返ると言うわけではないのですが、年の瀬に思うこと。
最近、自分にイライラしています。

いったい、何をやってるんだろうなぁ、自分。
ちゃんと、やってるか?自分。

「後悔するようなこと、してないか?」

・・・・。
問いかけ、それじゃないんだよね。

「毎日、本気で暮らしてるか?」

この問いかけは、イタイ。

私は、本当に成長してるんだろうか?と時々疑問に思うんです。2006年に書いたブログの内容を読み返し、本当に情けなくなってしまった。

後悔したくない。

3年経っても、私の嫌いな私のクセは、相変わらず共存していて、自分に甘えてる。

言うは易し、行うは難し。
習慣を修正するのは難しいから、
新しい習慣をプラスすればいい。
 ふむふむ、なるほど!
でも、どんなに自己啓発の本や講義を聴いたとしても、
結果、何も変化なしなら、意味がない。

「自分ノヘンカニ、キヅイテナイダケジャナイノ?」

そうかな?よく分からないよ。自分。

「まあまあ、力まず。
まずはお茶でも一杯、飲んでみれば?」

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

閉店情報①

【閉店のお知らせ】 2009年12月1日現在

 ● P37 『茶一』 ・・・ 家庭の事情で、閉店しました。
  現在は、携帯サイト『あの日の茶一』 連載中 
    リンクはこちからから

 ● P90 『緑茶+話 国立店』 ・・・ 閉店しました。
  横浜店は営業しています。

 ● P26 『GINZA茶楽』 ・・・ 閉店しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走恒例、ハム作り

クリスマスも過ぎて、あとは年末の大掃除!の気分ですが、皆さま、いかがお過ごしですか?わが家は、喧嘩も収まったので、クリスマスはお気に入りのお店での~んびり食事を楽しみました。^^

ところで、クリスマスの頃に農家の仲間と毎年行うのが、ロースハム作りです。
お肉屋さんで、豚肉をカットしてもらい、塩に漬けて水分を抜き、ハーブ・スパイスなどの燻製液に漬け込み、最終日はさらしを巻いて、山桜の木を使って燻製にします。

12170

毎年、ロースを100本以上巻きます。凧紐が指に食い込み、帰ってくると指にマメが出来て破れていたりします。

私はずっと1本しか購入してなかったので、皆の分を巻く作業を手伝う日ですが、一日とても楽しいのです。

12172

今年も火を囲んで、一日飲んだり食べたり。だいたい、1年に一度しか会わない顔ぶれでもあるので、どこの誰だかも分からなかったりするのですが、それでも手料理とお酒で、和気あいあいです。

12171

火って、いいよねぇ。
今年は、へっぴり腰で薪割りをしながら、火をくべました。
火って、不思議と見飽きないんですよねぇ。

茶道の稽古で、炭手前をするようになってから、薪の置き方がとても気になります。笑

12174

燻製後、大なべで茹でて、さらしが乾くまで干して完成です。

写真では、香りを届けられませんが、納屋の中は焚火の煙と、燻製の香りでいっぱいです。一日中に座っているため、ハム以上に自分の身体に燻し香が付き、2日間くらいは香りが取れません。

それでも、これに参加しないと、年末は来ないという気になります。
今年も無事、終わりました。わが家は、基本的にスーパーでハムを購入することがないため、自宅でハムを食べるのは、基本的にこの時期だけなんですよね♪^^

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お茶は飲むけど・・・その後。

うふふ。
まいどお騒がせしております、わが家の喧嘩。^^;
無事、収まったようでございます。

ほ~っ。^ー^*
昨日は、お茶がおいしかったです~。

ココだけの話、わが家の場合
先方の機嫌が戻ってくると、
お茶を淹れてくれるようになるんです。

前日と同じ、佐世保市の鈴山翆豊園のお茶でしたが、
全く風味が違いました~。^m^;)

12221

前日は、全くお茶を活かせていませんでしたが。(←私が淹れた‐。-;)
昨日は香りがよくて、少し野性味のある感じで、私好みに淹れていただきました。(←私は飲むだけ^v^;)

うふふ
淹れてもらったお茶は、
本当においしい。(←私が下手なだけとか?~v~;)

友人でもあるおざわ製茶さんが、
『お茶を味わう感覚は、舌で味わう味覚とは別に、心で味わう“心味覚”とでもいうようなものがあるのかもね!』とメールをくれたのですが、本当にそう思います。^^

その後も、夕食に魚を焼いた時は、必ずほうろくでほうじ茶を作るというのが、わが家の自然発生的ルールなのですが、昨晩は焼き魚&ご飯。
私が食器洗いをしている間に、自然とほうじ茶を作ってくれました。

ありがたや~ぁ、ありがたや。*^0^*

そして本日、午前の一杯も、同じく佐世保市の金山製茶の「おくゆたか」品種と、豊好園の「つゆひかり」品種をブレンドして、濃厚うま茶を淹れてもらいました。

は~ぁ、おいし~ぃ。

・・・・・・・・・。

1223

と、ここまで書いて思ったのは、お茶はパートナーが淹れた方が、味も安定していておいしいんです。(しかも、淹れてくれる回数が多い。^^;)

昨日は、向笠園の向笠さんがわが家に寄ってくれたのですが、私が落ち着きなくお茶を淹れたら、またもや『ぬるすぎる』状態に・・・。(私の場合、訳あってぬるくなりすぎるんですよね・・。)
「そんなに緊張するなよ~。」と向笠さんに笑われましたが、ありゃりゃ。

その通り!

やっぱり、安定した味を出すには、自分の安定が必要に感じました。
お茶って、ある意味。
『大人の証明』なんだよねぇ・・・。


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

作り手の気持ち入り

11月末に、奈良へ視察に行った時に、
新しい茶さじと出会いました。

お茶の木で作られた、茶さじです。
茶の木はとても固く、細工をするのはとても大変だと聞いたことがあります。

12205

どれもこれも丁寧に作られていて、とても愛らしいんです。
作家さんからの便りが、添えてありました。

「一日に2~3本も作れないんだ・・・。
大きなスプーンが出来ると悲しくなるんだ。
こんなに太い木、切ったらだめだよね・・・。
でも、せっかく太くなったんだもの。
何かの役に立てたらね・・・。
茶すくいにいかがでしょう?」 略

どれも、木の形を生かしているので、
もちろん全て違います。

12204

どれもかわいかったのですが、最初に手に取ったさじがずっと気になり、購入。微妙なカーブで、右利きの人が使いやすく削ってありました。(実は、わが家の一人は左利きなので、フラットが一番使いやすいのですが・・・。^^;)

一緒に、たぶん同じ作家さんなのかな?
桜の木を使ったお皿も購入しました。

12212

こちらの便りには、
「桜の木を薄く切り過ぎたら、木が反ってしまいました。
でも、なんだかちょうどよく反ったので、お皿を作りました。
同じものを作ってほしいと言われても、ごめんなさい。作れません。」 
のようなコメントが添えてありました。
(私の記憶によると・・・)

確かに並んでいた皿は、木の形や太さが違うため、まちまち。

でも、ついつい一枚、買ってしまいました。^^
やっぱり、作り手のメッセージは大切。
けっこう響いてきますよね。

大事に使いたいと思います。特に茶さじは、使うほどに艶が出てくるので楽しみです♪

12206

ちなみに購入したのは、県立月ヶ瀬神野山自然公園の木工館です。中の食事処で、茶粥セットをいただきました。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブ
ログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お茶は飲むけど・・・。

この数日、びっくりするくらいの寒さですね。

静岡は雪は降っていませんが、
驚くほどの爆風です。

ところで、クリスマス前の気分が盛り上がる時期。
皆さま、お元気ですか?

私は・・・・。
日々、うれしい事もいろいろあるけれど、
ただいま、パートナーと喧嘩中。

はぁ、こりゃ。こまった。
喧嘩をすると、無言・・・・・・・・~が、続くんです。
これが、けっこう私には堪えます。--;

喧嘩のパターンは、性格別で違うんでしょうか?
喧嘩のパターン別、性格判断とかがあったら、
やってみたいなぁ~。

12172

わが家は、喧嘩してても
お茶は一緒に飲んでます。

ただし、そのお茶の時間も、
ほぼ無言・・・・・・。 きゃ~!><

どんなに良いお茶淹れてもね。
さほどおいしく感じません。

もうひとつ言えば、
うまく淹れられないような、気がします。
温度のブレが、一番大きくなるかな・・・。

きっと、なんとなく会話しながら、
湯呑に入れた湯が下がるのを待っていたのに、
ずっと、無言・・・・・・・・~・・・で、待っているので、
どうもタイミングが計れないようです。^^;

喧嘩して気づいた、
湯ざましの間の取り方。

明日のお茶は、おいしく感じられますように・・・。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

移転後の『茜や』へ

10月に移転した、神楽坂の『茜や』へ伺いました。
移転したと言っても、以前のお店から10分も離れていない、神楽坂内での移動です。

以前は、古いアパートの2階にカフェスペースと奥に事務所スペースがありましたが、新しい茜やは、一軒家の一階部分。

玄関をがらがらっと開けると、店主であるあかねさん手作りの竹格子が飛び込んできます。

12151

 「あぁ、広くなりましたね。」
あかねさん 「広くなったように見えるでしょう?でも、見た目ほどの差はないのよ。」

玄関を入った一番奥は、あかねさんの本業、デザインをする仕事場です。

 「仕事場が、以前よりもオープンなんですねぇ。」
あかねさん 「色々と考えてね。私の本業はデザインでしょう、だからここは私の仕事場でもあるの。『茜や』はね、私の作品でもあり、ギャラリーでもあるんだなぁと思ったら、こういう形になったんですよ。」

12152

なるほどなぁ・・・。
だからか、まるであかねさんの事務所におじゃまさせてもらったような、そんなちょっとしたドキドキを感じてしまいました。

席は部屋の中央に一つ、縁側に一つ、奥に一つ。あとは控えているテーブルを出せば、座敷は自由に席が作れます。

必要な時に出したり、片づけたりできる席・・・。これが、和室のよいところなのかも!

12153

席を決めたら、さっそくお茶を注文。
新しい茜やのメニューは、2種類です。

●干菓子と静岡茶セット 600円
●生菓子と静岡茶セット 800円

私がいただいたのは、柿とゆずの道明寺で、あかねさんの手作りです。
 くふふ おいしい。やさしい♪

ご縁がなければ、普段入ることがない「デザイン事務所」という仕事場でも、こうやってお茶を出していただけるから、安心して坐らせてもらってる。
なんだか、うれしい気分です。

あかねさんは、出張カフェもやっています。
ちょうどこの時は、てぬぐい作家さんの作品展の話になりました。
出張カフェは終わりましたが、会場の様子はこちらから。

あかねさん 「時々ね、カフェをギャラリーとして貸してほしいという方もいらっしゃるんです。」
 「あぁ、きっと使いたくなる空間ですよね。」
あかねさん 「そう言ってもらえると嬉しいけれど、『茜や』は私の作品でもあるから、やっぱり自分の携わった仕事や、関係の中でつながっていたいと思うんですよね。」

 うふふ あかねさんらしいな。

12154

ちょうどこの時は、あかねさんが書籍カバー・本文デザインを担当された、早川司寿乃氏の書籍『いつも通りの日々』の原画展が開かれていました。特設ページはこちらから。
(12/19で原画展は終了:年内の営業も終了)

書籍の話は、また今度。
今日の主役は、神楽坂の『茜や』さんですから。

新しい『茜や』は、カフェとしてますます穏やかな空気が流れ、他人様の仕事部屋におじゃましてちょっぴりドキドキするような、不思議さも感じる心地よい空間になりました。

日本茶カフェ『茜や』の詳細は、こちらから。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うおがし銘茶「お茶プレッソ」

今朝の産経新聞によると、築地のうおがし銘茶さんが、新しく『お茶プレッソ』というメニューを登場させたそうです。エスプレッソのお茶版です。

お店のブログにも紹介されていました。

苦みなどは、どう感じるのかしら?
一度飲んでみたいなぁ。しかも、100円なんだ・・・。う~ん。

他にも写真を探したら、ありました。
リンクを貼っておきますね。

Hanap's fotolife さんの フォトギャラリー。

うおがし銘茶カテゴリー

20091128cha

お茶プレッソの写真は、ブログからお借りしました。

写真はこちらに

単純に、この方のフォトブログは、けっこう好き♪

うおがし銘茶さんにお勤めの方かしら?

お茶をいただきに、銀座に行きたくなりました。^^

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む "うおがし銘茶「お茶プレッソ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶業の活性化。まずは足元から、では?

先日、ある地域のお茶関係者の会合に参加しました。
会合の目的は、茶業の活性化。
その地域のお茶屋さんたちが元気が出るような新しい事業の模索など、マーケティングの勉強会でした。

その集まりがどうということではないのですが、そういう茶業関係者の会合で感じる不快感があります。

出されるお茶が、『ペットボトル』だったりするんです。

だってね・・・。会合の目的は、リーフ茶の需要を伸ばすための作戦を考えること。それなのに、自分たちはその場でドリンクを利用するんですよね??

12111

そのドリンクは、その地域の組合やJAが作るものだったりすることが多いです。
「自分たちが作っているドリンクだからいいだろう。」というご意見かもしれませんが、個人的には、すごく疑問を感じます。

自分たちがリーフ茶を利用しないのに、生活者には利用してもらいたいと思うのは、ちょっぴりおかしな話ではないかしら?

行政や議会でも、使われるのはドリンクが多いです。
どうしてそうなっちゃったんだろう?(男女平等が原因かな、サミシイ。)と思うのですが、自分のことは棚に上げて消費拡大を訴えても、何も生活者には響かないのではないかなぁ?

12112

私は基本的にマイボトルを持ち歩くので、頂いたペットボトルがわが家にたまります。
これだけ、マイトボルの意識が高まっている状況の中、茶業関係者の意識は低いように感じます。

茶業関係者のご主人で、マイボトルを持ち歩く方って、どれくらいいるのかしら?
これからは、お茶屋さんの会合では給茶セットを用意して、セルフでマイボトルに入れたらどうかしら?

●リーフ茶に付随する手間を、どんな状況でも惜しまない。または、それに代わる代案を考える。
●マイボトルを利用する感覚を、身につける。
そこから、リーフ茶の価値が何か見えてくるんじゃないかしら?

マイボトルを持っている茶業関係者のご主人って、あまり見かけたことがないけれど、実際のところどうなんでしょうね~?

持って出掛けますか?


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

奈良で人気の珍しいうどん

先月末に、全国茶サミット奈良大会に参加するため、奈良市に行ってきました。

到着してまずはお昼ごはん。
現地でも人気のうどん屋さん「麺闘庵」に行きました。

12131

どうも、店名の由来は、日本3大うどん(秋田の稲庭うどん、群馬の水沢うどん、長崎の船頭(ふなさき)うどん、だそうです。)を食べ比べることができるというところなのかしら?

でも、この日のメニューは、1種類のみ。(というか、ここ1ヶ月ほどずっと・・。)

このところテレビ等での取材が重なり、長い時は2~3時間待ちもあるそうなほど、人気のメニューなのだそうです。
この日、私たちは昼12時前に並んだおかげか、2人しか並んでおらず、本当にツイてました。^^(でも、待っている間にぞくぞくと長蛇の列が!ビックリ)

それが、こちら♪

12132

見た目どおりに、「巾着うどん」

おもしろい~!おだしがきいていて、関西風の味でおいしいです。
中からは、予想以上にたっぷりの麺が出てきました。

12133

揚げが油っぽいのかと思ったら、意外にさっぱり。
お店の方に伺うと、麺を特製の揚げに入れたら、一度お汁の中で油抜きをします。
それを、もう一度新しいお汁の中に入れて、出してくれるのだそうです。

けっこう手間がかかって、めんどうくさいのだそうです。^^;

いや~、それにしても、なんで最初にこれを作ろうと思ったんでしょう?
その発想力が、すごいです♪
飽きない味で、ボリュームもあって、満足な一杯でした。^^

12135

ちなみに、こちらのお店。
店内には、お客さんのコメント付きの写真がたっくさん飾ってあります。
もう、貼るところがないくらいに!
それがとてもいい感じです。
コメントの中には、「初デートで来て、結婚します」みたいなものもあり、有名人との写真やサインを飾っている店よりも、ずっとアットホームで親しみを感じました。

ごちそうさまでした~。^人^

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「東京の日本茶カフェ」その後

2008年9月に出版しました、『東京の日本茶カフェ』。
多くの方に手にとっていただき、本当にうれしく思っています。ありがとうございます。

私は、カフェ情報本としての正確な情報を盛り込みながらも、せっかくならば、『日本茶を感じる本、学べる本』としての役割も持たせてあげたいという思いで、本を書きました。

カフェ本としての役割は、カフェの正確な情報とともに、お店の雰囲気や店主の考えをお伝えすることだと思うのですが、発売から一年以上が経ち、日本 茶カフェも現在進行形で変化し続けています。

全ての店主と交流しているわけではありませんが、今後もカフェ巡りをしながら、『東京の日本茶カフェ』のその後の情報を掲載していきます。

東京の日本茶カフェ
4808585146

書籍とともに、こちらの情報も参考にしていただければと思います。

随時更新していきますね。

最新の日本茶カフェ情報は、こちらから



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月餅に負けた!

先週、横浜&東京に行ってきました。
雨が降ったりして、ちょっぴり寒かったのですが、
移転先の日本茶カフェ「茜や」に行ったり、
同じく神楽坂のおばん茶カフェ「ろびん」に行ったり、
横浜の日本茶カフェ「茶倉」に行ったり・・・。

アレ?シゴトジャナイノ?

打ち合わせや取材を兼ねて、もろもろです。
カフェ記事も、後日書きますね。

それはさておき、先日のお土産品。
横浜中華街の手作り月餅~♪

12091_2

横浜中華街で、中国茶マニアの友人とランチをしてから、おすすめの月餅のお店に連れて行ってもらいました。

12092

くるみ餡の月餅です。手作りっぽい形がかわいい♪

「ここのお店は、皮がさくっとしておいしいんだよ。」と友人の話。

本当に、さっくさくで香りがよくて、ちょっぴり月餅のイメージが変わりました。

パートナーは、「月餅は、カロリーがかなり高いから、ちゃんと意識して食べた方がいいよ。」との声。「は~い!」と気前よく返事をして、ぱくり♪

「おいしぃ~♪」

と、喜んだのですが、実は・・・。

緑茶は完全に、負けました。ーー:)

もう、お茶の味はさっぱり訳が分からなくなります。しかも、お菓子をよ~く見ると、なんと~!!

牛脂がしっかりと形が残って入っています。

「これが、高カロリーの理由だわ~・・・。^^:)」

12093

でもね、本当においしい月餅で、くせになりそうです。

緑茶も月餅の味の強さに負けたけれど、私自身もおいしすぎて、よろけました。

紅茶やコーヒーでも、いいなぁ・・。

お店の名前は「聚楽(じゅらく)」さんです。紹介してくれて、ありがとう。友人のABさん♪

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京新聞より「茶さじ不要 香り多様」

東京新聞の記事より

お茶を飲む時の、手間を省きたい気持ちはよく分かります。

茶さじ不要 香りも多様

2009年12月5日 東京新聞

写真

 紅茶の新しい入れ方を提案する「ビストロティー」(写真、16本入り、1260円)が、プラザ銀座店((電)03・3575・2525)で話題。

 お湯を注いだカップの中にスティックごと入れてスプーン代わりにかき回すだけ。ティーバッグのような液だれがない。茶葉を量る手間やスプーンも不 要だ。秘密は特殊アルミ加工されたホイルパッケージ。スリランカ産の茶葉、アールグレイ、レモングラス、ペパーミント、バニラピーチの4種類各4本が入っ ている。本格フレーバーティーが簡単に楽しめ、世界19カ国で愛飲されるドイツの商品だ。

 

でもなぁ~。
なんとなく、やだけどねぇ。

以前、朝日新聞に掲載された記事によると、スティックに小さな穴がたくさんあいていて、そこから味が浸出してくる仕掛けだとか。

まあ、ここまでリーフ茶にこだわっているというのは、嬉しいことなのかしら?
ドイツだから、ペットボトルの商品はあまり人気がなさそうだし、意識の違いかな?

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

チキンラーメン茶漬け

先日、ちょっぴりお腹が空いたので、
頂きものの「ちびチキンラーメン」で、お茶漬けを作りました。

1253

まるで創作(ゲテモノ?)料理のようですが、以前an・anに掲載されていた簡単料理の一つです。確か鮭フレークを使ったメニューだったはず。

今回、私が用意したのは、
●カップ用チキンラーメン
●釜炒り番茶
●茶漬けの具(自家製、カブとシラスのきんぴら)

1251

①茶碗にラーメンと、その上にお好みのお茶漬けの具を載せます。
②熱湯をお茶に注ぎ、しばらく待ってから、ラーメンに注ぎます。
③あとは、お好みの麺の柔らかさで頂きます。

これが、とってもおいしい~♪♪♪

実は、わが家は2人とも、チキンラーメン初体験。
こんな簡単に食べれるとはねぇ~。^^

1252

で、チキンラーメンの味は、しょうゆ&鳥がらベース。
私が載せた具は自分で作った、カブとシラスを生姜とごま油、醤油で炒めたふりかけのようなものだったのですが、この2つを足すと、それはまるで、「鳥の唐揚げ」の味そのもの♪笑

麺を食べ終わった後、スープにさらにお茶を注ぎ、結局全部飲みきってしまいました。(気分はまるで、そば湯)
お腹が減っていたからかもしれませんが、とてもあっさりしておいしいんですよ。

1254

釜炒り番茶を使用したので、香りが香ばしくて、カラッとした味が油っぽさを飛ばしてくれたように感じます。

比べてないのでわかりませんが、お茶入りの方が美味しいと思うなぁ。
ただ、お湯はできる限り熱くした方が、ラーメンが冷めずにいいと思います。

一度、だまされたと思って、お試しくださいな。

1煎目のお茶は、ラーメン後に飲むために湯呑へ注ぎ、2煎目のお茶をラーメンに注げば、お茶としても楽しめますね。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

栃沢の登り窯

水見色の手伝いの日は、夕方からさらに藁科川をさかのぼり、栃沢へ・・・。
4月開催のお茶会『栃沢茶宴』の農家さんたちの飲み会に、突然おじゃましちゃいました。

実は~!!ちょうどこの栃沢での宴会の写真、ワタシのミスで、データを消してしまいました。T0T) データ命なのに~!!!バカッ。><)

この日のお料理は、すごかったんですよ~♪
みんなに、自慢したい料理ばっかりだったのだ~。

なんとヤマメ尽くし。

農家さんが育てていたヤマメをさばいて、お刺身で頂きました。^^
初めてヤマメの刺身なんて食べちゃいました。おいし~♪
さらに、ヤマメの姿焼。^v^*) 文句なし!
3枚に下ろした骨は、から揚げ粉を付けて、カラッとオリーブオイルで揚げた、ヤマメせんべい。
尾びれは、塩焼きして、ひれ酒に・・・。ぐびっと♪いい香り。

他にも、えび芋の焼き芋は、もっちりしていてとろけそう♪
などなど、は~・・・。
記念の写真が・・・・。バカ。

山の農家さんって、男性が普通に料理するんですよね。
魚さばいたり、から揚げ作ったり。^^;
ワタシなんて、隣りでうろうろしているばかりで、何の役にも立ちませんでした。

121

宴会の後は、4月の茶会用の菓子皿も入っている、登り窯のグループに合流しました。
登り窯の火は3日間燃やし続けるそうで、この日は2日目。一番勢いがある時だそうです。

 

122
メンバーは高校の美術や家庭科の先生やその仲間たち。遠くは茨城や大阪からも集まり、泊まりこんでやるのだそうです。

1000度を超える火は、赤というよりも白い世界。
あまりの光と熱の強さに驚きました。

 

123

ずっと気になっていた、たぬき村の家で食事。囲炉裏やかまどなど、生きた道具がいっぱい。すごいです。

124

まるで昭和初期のような世界でした。(生まれてないから知りませんが^^;)125

 

夜中2時まで窯の前で過ごし、その後、山水園さん宅でしっかり眠りにつきました。

126

そろそろ、窯を開ける頃かな?
さ~て、私の皿はどうなっているかしら?
再会が楽しみです。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »