« 茶道の「炭手前」とウインドサーフィンの「風」 | トップページ | 初体験、白ズッキーニ »

お茶する理由:つきまさ

下北沢の日本茶専門店「つきまさ」へ一年ぶりに伺いました。ちょっと寄ってみようと、ふと思い立ちました。

「店長の岩井さんは、いらっしゃるかしら?」
と思いながらお店に向かって歩いていると、前を歩いているのは岩井さん?偶然、お店の前でお会いしました。

7101_2

つきまさは、30年続く日本茶喫茶を、茶葉専門店の奥に併設しています。最近では喫茶の方が有名になっていますが、スタッフの皆さんは『茶葉専門店である』という意識がきちんとある。だからメニュー構成には一つの考え方があるのだそうです。

伺った時の私は、ちょっぴり自分の内側がざわついていた最中でした。
ゆっくりお茶を淹れることもせず、バタバタと・・・。

7103

つきまさの空気は、なんとも不思議とおだやかなんです。

一人座って、お茶を注文する。

すると岩井さんがすっとやってきて、
「かなざわさんがいらしたら、お見せしようと思っていたんですよ。」と子供講座の写真や資料を見せてくださいました。

7102

私はいつ来るか分からない遠くの客なのですが、まるで来るのが分かっていたかのような穏やかな入り方に、なんとも云えない嬉しさがこみ上げてきました。

これが、つきまさの魅力。全部そのままで受け入れてくれるような空気です。

店長と子供講座談義を少しした後は、一人の時間に戻りました。お茶を淹れて飲みながら、自分のざわついた感じを再確認。ふ~っと、自分の弱さを実感する。

7105_2

そして、ポロリと弱音を吐く。
なかなか、弱音を吐くことが出来ない自分が、一人でお茶をいただくと本当に素直になれるんです。

「結局全て、自分の中にあるんですよね。嫌いな自分も好きな自分も、見ないフリしようとしても無理だから、『そこに居るね』って見付けてあげないと。私もココで、毎日それの繰り返しですよ。」

7104_2

岩井さんの言葉は、30年続く『つきまさ』の言葉。
私がお茶を、自分で淹れて飲む理由もココにある。
お茶って目に見えないけど、すごい力があるんです。

そして、30分後。

お店を後にした私は、清々しい気持ちでいっぱいになる。これがお茶の持つ、清涼感なのかしら?


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 茶道の「炭手前」とウインドサーフィンの「風」 | トップページ | 初体験、白ズッキーニ »

お茶日記」カテゴリの記事

日本茶カフェ巡り」カテゴリの記事

コメント

今日はどうもありがとうございました。ゆっくり話できなくて残念だったけどね。
炭手前と風の話「そうそう」って感じで読ませてもらいました。お茶とは関係ないけど大昔、ゴルフにはまりかけたときにまったく同じこと思った事があります。なんでも共通してることってあるね・・
しかし、いつまで続くんだろうね空港フィーバー(死語か?)

投稿: くろべえ | 2009.07.12 22:43

ゆうさん達のお茶教室へ通ったきっかけ。
ものすごく忙しい時期に、お茶の香りで
ふっと我にかえる事ができて、
おちゃっていいなって思ったからでした。

お茶教室の考え方、ゆうさんお気持ちに同意です。
いろいろ、通っている友人にも尋ねていたのですが、
?マークが浮かぶものもあって。
やはり、先生との出会いだと思います。

浅羽のお教室は、
ゆうさんからのインフォメーション
パートナーさまとの会話から
ステキな先生だと推察いたします。

投稿: もりりん | 2009.07.13 13:43

◆くろべえ様
お疲れ様でした。こちらこそ、忙しい時間におじゃましました。ご盛況何よりです。^^
それにしても、空港、夏休みは忙しそうですね。
ゴルフの風も、同じですね~♪あ、私はゴルフできませんが、学生時代に読んだ「風の大地」というゴルフマンガに書いてありました~。笑

◆もりりん様
もりりん様のように、一つのものにずっと携わっている方は、茶道をする必要もないかもなと思う気持ちと、あえて自分のピアノ、音楽というジャンルを外して感じてみるというのも良いなっという気持ちの両方があります。^^
私たちの拙い講座に長く参加してくださってありがとうございました。感謝です。
また新しいお茶との良い出会いを探しましょう。またご紹介させて頂きますね。そうそう、私が稽古に行っている塾長の講座が浜松でやっています。お茶の稽古とは違う世界ですが、何かおもしろい発見があるかもしれませんよ。サイトをリンクしておきますね。
http://blog.goo.ne.jp/chadojuku/e/8c1e734a7bf6adf1954fc5c7762236ad

投稿: ゆう | 2009.07.13 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/45597738

この記事へのトラックバック一覧です: お茶する理由:つきまさ:

« 茶道の「炭手前」とウインドサーフィンの「風」 | トップページ | 初体験、白ズッキーニ »