« 行きそびれた!お茶の香ロード | トップページ | 和風クッキーの秘密!? »

玉露、一芽の重さ②

前回の続きです。

2日間、岡部町玉露振興会のメンバーとご一緒させてもらい、自分が『一芽の重さ』を実感した瞬間がありました。

会長のシンヤさんが、蒸し残した新芽を、きちんと持って帰ろうとしていたこと。
ビニール袋一杯分くらいの、玉露の新芽です。

050602

それは、大型茶工場のラインの中では、掃いて捨ててしまうような新芽の量です。それを、きちんと取っておく。

正直、それを見た時には、
私自身が、はっとさせられてしまった・・・。

●乗用の機械でいっきに刈る一芽と、皆で手摘みをして集めた一芽の、重さの違い。
●一度に120キロ作る(茶工場ライン)中の一芽と、35キロ作る中の一芽の、重さの違い。

05061

もちろん、120キロ作る工場の方でも、一芽を大切にする方は多くいるでしょうが、人はともかく私自身は、どこかで『一芽』を軽んじていたんだと思う。

「う、めちゃくちゃ恥ずかしいな。」と、一人思った瞬間でした。

会長が持って帰ろうとした新芽でしたが、帰りがけに私が頂いてしまいました。(翌日、ホットプレート手もみ玉露を作りました。v^0^)

050603

同時に、品評会玉露を作った時に、精揉機に残っていた玉露の芽の部分をごっそり500gもいただいてしまいました。(サイズが細かいので、品評会用には無理にきれいに集めたりして、混ぜないのだそうです。)

玉露の重さを実感した2日間でした。
想いの詰まった、重い玉露。
本当に、ありがたいです。

どうやったら、一人でも多くの方の口に届けられるだろうか・・。

そう考えた時に、一番お茶も想いも生かしてくれると思いついたのが、友人の斉藤俊一さんが主宰する茶和の会さんへ、寄付をすること。

1253

茶和の会さんは、日本茶インストラクター有志が集まって静岡市でお茶セミナーを定期的に開催している活動サークルです。

セミナーと別に、静岡市の紅葉山庭園で年に2回のお茶会(昨年の様子はこちらから)を開きます。毎回150人近くの方が集まる、本当に、お茶好きが気軽に楽しめる茶会で、最高に楽しい!!

こちらで、使っていただこうかなと。

今年の予定が決まりましたら、ご案内をさせていただきますね。
ぜひ、岡部町の本玉露、召し上がりに来て下さい。(でも、口切りは秋以降がいいかな♪)

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 行きそびれた!お茶の香ロード | トップページ | 和風クッキーの秘密!? »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^^*)
これが「玉露」♪
普段、完成品しか、見ることがありませんが
完成までの工程がみれると、新鮮でうれしいですね♪勉強になります♪

投稿: chipa | 2009.05.07 21:24

 お元気になったようで、なりよりです。
 さて、今回の記事は難しかったです。
 すべての一芽が太陽と大地の恵みを受けて育ったものですが、
 品評会出品用に大事に扱われた「一芽」とある程度まとまった量を同時に加工されていく「一芽」とでは、扱う人の思い入れが違ってくるのは、しかたがないことだと思います。

投稿: 幸茶 | 2009.05.07 23:59

大切な一芽ですね!たった一芽ですが、その一芽を心ない人が摘んでいってしまう、と農家さんも嘆いています。
そういえば小さい頃、茶畑を見に行くとつい摘んでしまい、
「この摘んだ部分でお茶がどれくらいできると思う!!バカモノ!!」
と激しく父に怒られたことを思い出しました。
今思えば酷いことをしたと反省・・・。今では私が息子に伝えています。
製造工程の一芽も同じですね。

投稿: かおり | 2009.05.08 08:19

↑かおりさんのすばらしいコメントに、ついつい赤面してしまいました。

投稿: 幸茶 | 2009.05.08 12:28

◆chipa様
なかなか、お茶って見ても分からないから、伝えるのって、難しいですね~。でも、新鮮さをいつも持ってもらえたら、それだけでもうれしいなぁ。

◆幸茶さま
いえいえ、本当にそのとおりですよね。
それが現実。そういうものですよ。私自身も、そう思ってしまうというか・・。
ただ、あの場で袋に入っている新芽をみて、一瞬でも「ゴミかな?」と思ってしまった自分は、本当に情けないなって思ったんですよね。
一芽の重なりがお茶なんでしょうけど、何が問題かって、一芽の価値を私が自分で勝手に、形作っているところかな?
うまく言えないんですが、玉露農家さんも業務用と品評会用で割り切っているので、完全に個人的な感覚のようなものです。^^;

◆かおり様
かおり様のお父様は、素敵な茶商さんですね!そういう方のお茶は、いいな~♪
かおりさんも、がんばってね。
ちなみに、私はいつでも畑で新芽を食べてしまうので、怒られちゃうかしら?^m^;)

投稿: ゆう | 2009.05.08 16:52

追伸 前のコメントはちょっと追加します。私も小学生のころは、新芽を勝手に摘んで遊んでいました。(懺悔)

投稿: 幸茶 | 2009.05.10 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/44931207

この記事へのトラックバック一覧です: 玉露、一芽の重さ②:

« 行きそびれた!お茶の香ロード | トップページ | 和風クッキーの秘密!? »