« 新茶。だから、なに? | トップページ | 玉露、一芽の重さ① »

八十八夜の新発想

本日も、晴天なり。
本日は、八十八夜なり。

「八十八夜のお茶を飲むと長生きする」と言うのが、新茶の売り文句。私もよくよく、使わせていただきました。

正確に言うと、八十八夜に飲むお茶なのか、八十八夜摘みのお茶なのか、はたまたその日に商品として店頭に並んだお茶なのか。『八十八夜のお茶』の詳細は不明ですが、まあ密かに詳細不明のままでもいいかもな・・・と思っているこのごろです。

いろいろと使いたくなる、『八十八夜』という季節の節目。

先日、私の好きなエッセイスト、山本ふみこさんのブログ『山本ふみこさんのうふふ日記』に、八十八夜についてのエッセイが書いてありました。

タイトル「八十八夜」より、一部抜粋 
   全文はこちらから。


夏も近づく八十八夜 〜♪

 というこの歌が、茶摘みと八十八夜とを、ぎゅっと結びつけたともいえそうだけれども、年に一度こんな日を、お茶に思いを寄せ感謝する日にしたい。こころからそう想う。
 どれほど、日日お茶によって和ませてもらい、ことを区切って———うまくいかなさや、失敗や、疲弊(ひへい)感から———もらってきたかを想いたい、と。
 だけど、どうすれば、お茶を労(ねぎら)い、感謝をあらわせるのか。
 ———お茶にお茶を……、いれてあげる?

   

私の中にはなかった、新しい八十八夜のとらえ方に、とても嬉しくなりました。

お茶に思いを寄せる日。

お茶にお茶を、淹れてあげる日。

そんな柔らかい発想が、私の中に初めて芽生えたところです。

お茶は『和みと区切り』という役目を、担っているんですね。
とても大切なお仕事です。
本当に、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 新茶。だから、なに? | トップページ | 玉露、一芽の重さ① »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

今日は。
『お茶に感謝!お茶にお茶を淹れてあげる。』
とてもその気持ち分かります。
私の感謝の気持ちは持ち味を十分出して
おげることと最後の煎目まで味わって
飲みきることかな?と思いました。

投稿: 佐久間ちかこ | 2009.05.02 17:05

今朝、新茶ではないけれど大好きな畑のお茶を淹れて飲みました。この畑の新茶はまだまだ先なので、楽しみに待ちます。そしてゆうさんのブログで「お茶の余韻を」と思ったらエッセイの紹介が。うーん、素敵な八十八夜、お茶を想う日になりました。

投稿: TTDK | 2009.05.02 17:54

みなさんのお茶と八十八夜によせる思いには感激しました。私も今から今年の新茶を淹れていただきます。
さて、話は少しかわりますが、やはり、お茶の唄として最初に思い浮かぶのは、「夏も近づく八十八夜~」で始まる、童謡の「茶摘み」ですか?私個人としては、静岡の方言で唄われている民謡の「ちゃっきり節」の方を挙げますが、静岡の方、どうでしょうか?

投稿: 幸茶 | 2009.05.02 20:51

「お茶に思いを寄せる日」いいですね~~

今日はまたまた品種「さやまかおり」
こくがあってとてもおいしいので、荒茶のまま、身近な方たちにさしあげよう、と、茶箱から少しくすねてあります(旦那さま、ごめんなさい)

この品種は苦渋みがあるのですが、友人宅の井戸水で淹れたら、なんとまろくて甘い~~
水って凄い!!と改めて思いました。

茶農家の八十八夜は慌しいです。

投稿: 清沢のS | 2009.05.02 22:22

島田の親戚から、我が家にも新茶が届きました。
今日はお休みなのもあり
掃除の合間にゆっくりと入れてみましたよ♪

先日は、メールフォームよりお問い合わせありがとうございます。
2通ほど森山からメールを送りました。
ありがとうございます!!

投稿: もりりん | 2009.05.03 20:16

◆佐久間ちかこさま
こんにちは。本当に、お茶の持ち味を引き出すことは、きっとお茶は喜んでくれるでしょうね♪メールもありがとうございます。
お互いに、出来るところからやっていきましょうね。P^0^q

◆TTDK様
実際にそちらまで新茶が届くのは、まだ先かもしれませんね。それまで、ブログ等を見て気配を感じてお待ちくださいね♪いつもありがとうございます。

◆幸茶さま
笑*笑 思うのはタダですし、自由ですからね。^m^)他人に迷惑をかけることでもないので、皆マイペースに進んでいると思いますよ。
ところで、私も「茶摘み」派です。「ちゃっきり節」はイメージがわかないですね~。静岡の方はどうなんでしょうね?

◆清沢のS様
そうですか。さやまかおり、おいしそうですね。私のイメージも、苦渋みが強いイメージなのですが、きっと土地との相性もあるんでしょうね♪♪無事に怪我なく、新茶シーズン乗り切ってくださいね~!

◆もりりん様
お返事遅くなって、ご心配おかけしました。
生活リズムがズレズレで、変な暮らしをしております。
メールをありがとうございました。
CDの到着、楽しみにしています。^^

投稿: ゆう | 2009.05.04 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/44870030

この記事へのトラックバック一覧です: 八十八夜の新発想:

« 新茶。だから、なに? | トップページ | 玉露、一芽の重さ① »