« おかしな、暮らし。 | トップページ | 八十八夜の新発想 »

新茶。だから、なに?

先日、車で走りながら、ふっと思い出したことがありました。

私が別の業界に所属しながら、お茶に興味を持っていた頃、『新茶』に対してろくに喜びを見出してなかったことを・・・。

それが、今は、「新茶の季節が来たぞ~!」と、なんとも表現しがたい高揚感がわいてくるんです。

429

「このギャップは、どこから来るんだろう?」と考えたら、すんなりと納得できました。

私が『新茶の季節』を喜ぶのは、私が茶産地に住んでいるから。

つまり、誤解を生じさせるような言い方かもしれませんが、「新茶だからおいしいお茶が飲める♪」と喜んでいるわけではなく、毎日茶畑の変化を現実的に見れ、茶業関係者・地域住民全員の、なんとなく新茶(=新年)に向けての意気込みと言うか・・・。

まるで、お祭りを待ちわびる大人たちの、静かなる喜びのエネルギーのようなものを感じているんだと思う。

412

その大人たちの静かなるエネルギーは、新芽が成長していく茶畑の景色が源になっているようにも感じます。

と言うことは・・・・・。

新茶は、産地のお祭りでしかないのではないか?

なんとなく、茶業関係者は「新茶シーズンだから、新茶商戦を行うのは当たり前だ」と考えがちですが、先に商戦ありきは、おかしいんじゃないかな?と思った。

茶畑を見たこともない、植物の生長をイメージできない多くの普通の方々に、自分たちが新茶を作れる喜びを少しでも感じていただくには、どうすればいいんだろう?

415

日本の全国各地で行われている『お祭り(新茶作り)』の意味や、関わる人たちが新芽の生長を待ちわびている想いを、どうすれば、普通の方々と、少しでも共有することが出来るのか?それには、どんな伝え方が必要なのか?

車を走らせながら、「あぁ、今の私(盛り上がる自分)は、世間からみたら『おかしな人』なんだ。」と、一人冷静になりました。

それでも、やっぱり新茶の季節は喜んじゃいます♪
そして、そんな自分が、けっこうすきです♪

今年は、ものすごく勉強したがり屋の私です。

******************

【追記】 とても嬉しい質問をいただいたので、本気でお返事書いちゃいました。よかったら、コメント欄までお読みください。

Q 実は、私は一度も 茶畑を見た事がなく、実際の盛り上がりが ぴんと来ていないのですが、お店に売っている、新茶を飲んで、「これだ~!」と思いたい。
普段のお茶とどのように、比べ、楽しんだらいいのでしょうか?

******************

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« おかしな、暮らし。 | トップページ | 八十八夜の新発想 »

お茶日記」カテゴリの記事

これからの茶業」カテゴリの記事

コメント

よろこびのエネルギーは必ず伝わります。
いろんなモノを通して。

投稿: もりりん | 2009.04.30 21:09

こちらも今日からお茶刈り、スタートです。
一発目が「やまかい」でした(*^_^*)
ご存知の通り、独特な酸味?のある品種ですが、蒸した直後の生葉の香りは100倍強烈です!!
超マヨネーズというか、卵を調理してる時の匂いと言うか、、(~_~;)
その後の「やぶきた」君がとても良い子なので、余計、「やまかい」の自己主張にクラクラしました~~
品種、品種、と言いながら、1番茶時期は敬遠される不思議さ?も感じつつ、でも毎年きちんと新芽を出し、しっかり特徴を出してくれる茶の木たちに感謝しつつ、3週間(我が家は工場が小さいので時間がかかるのです)がんばりますね。
ゆうさん、山のお茶の良いところ、沢山紹介して下さい。よろしくお願いいたします

投稿: 清沢のS | 2009.05.01 15:19

茶産地に住む者にとっては、茶業関係者でなくても新茶の季節は、ワクワクします。茶畑のもえぎ色、荒茶工場や仕上げ茶工場からの香り、これと遠くに観える富士山は、静岡ならではです。桜が散ったら、お茶の季節。身に染み付いています。

投稿: 幸茶 | 2009.05.01 20:18

こんばんは(*^^*)
ゴールデンウィーク中
お茶を摘む体験をする予定でしたが
今年は、予定があわず、参加できないようです。
残念ですが、次回は参加したいと考えています♪
それまで、ゆうさんのブログで勉強です♪

投稿: chipa | 2009.05.01 22:44

◆もりりん様
そうですね。想いは伝わりますよね。
CDも楽しみです♪

◆清沢のS様
ごぶさたしてます。最初が「やまかい」品種ですか~!きっと美味しい香りなんでしょうね~♪やまかい好きとしては、気になります。
お腹が減ってきましたよ。笑
3週間も続くんですね!体力勝負、怪我ないように無事に作り終えてください。
どうも、本山方面と天竜方面が弱いので、もっと動く癖を付けたいです。今年もよろしくお願いします。

◆幸茶さま
静岡の方でしたか。そうですね、茶畑を見ていると、やっぱり誰でも「その気」になりますよね♪確かに、荒茶工場も仕上げ工場も、めちゃめちゃ良い香りがして、私も大好きです♪


◆chipa様
おお~!茶摘み体験にご興味を持って頂き、ありがとうございます。
はい♪いつ何が起きてもいいように、楽しくお茶の勉強しちゃいましょう~!(いったい、何が起きた時なんだろう?笑)

投稿: ゆう | 2009.05.02 01:43

budbudbud
 お久しぶりです。毎日 晴天が続いていますね。 新茶。。。ですね。
 実は、私は一度も 茶畑を見た事がなく、実際の盛り上がりが ぴんと来ていないのですが、お店に売っている、新茶を飲んで、「これだ~!」と思いたい。。。
 普段のお茶とどのように、比べ、楽しんだらいいのでしょうか。。。
 おいしさと 違いって 自分が感じるしかないとは思うのですが、正直、自分は実感できるまでに かなりの時間がかかるタイプのような気がします。。鈍感というのかもしれませんが。。。
 感じ方のコツって ありますか??

 変な質問ですみません(;´▽`A``

投稿: momo*** | 2009.05.02 10:48

お久しぶりです。
岐阜の茶産地は、西濃地区が現在摘採のピークですが、芽伸びが、ゆっくりとしていて味が乗らない感じです。山間地の白川地区は数日前に2度まで気温が下がり、遅霜で被害が出ているようで7~8割駄目らしいです。

投稿: わかだんな | 2009.05.02 14:50

◆momo***さま
こんにちは。
変なお返事になりそうですが、私から見るともう既にmomo***様は、新茶の季節を感じてくださっていると、嬉しくなりました。ありがとうございます。もしお茶に感情があったならば、きっとありがとうって言ってると思いますよ♪

コメント欄にスマートに書けるほどの技量がないのですが、個人的な感覚について書きますね。

私は『新茶=おいしさ』ではないと思います。
「新茶」という表現は、春から6月まで使える商品の表現方法の一つです。本当は、「一番茶作りの季節」なんです。
この一番茶は、緑茶にすると味も香りもその他のシーズン(二番・三番・四番)のお茶と比較して、抜群に濃くて深みがあり、おいしい。
 これが、「新茶=おいしい」のイメージにつながってるように思いますが、実はこの一番茶は、全国緑茶茶製造量の約50%を占めていて、金額ベースにすると約70~80%を一番茶で生み出すんです。(数字は雰囲気を感じて頂くためのもので、正確ではありません。)
つまり、通年1000円/100gのお茶を購入しているとしたら、たぶんずっと「一番茶=新茶」を召し上がっていることになるんですね。

えっと、話を最初の質問に戻すとですね。
---普段のお茶とどのように、比べ、楽しんだらいいのでしょうか?---
と言う場合、私からすれば、違いが分からないと素直に感じて下さっているmomo***様の感覚は、まちがってないし、全く鈍くないと思うんです。^^ 

ここで終わるとそれはそれで、消化不良でしょうから、新茶の感度を上げていく方法としていくつか紹介しますと・・・。

新茶は、茶業者の新年の挨拶なんですね。
その新年の挨拶が出来る喜びを、強弱で表現すると、確率としては、生産の現場に近い方が強い人が多いと思う。(もちろんお店でも生産現場を見たりして感じている所はありますよ。)だから、そういう方たちとの交流---農園が出す便りに、作り手の考え方が出てくるので、商品案内しか届かない所は止めて、農業・職人思想みたいなものが見えるところと出会えると良いですね---を通して、「ああ、昨年も一年お茶を楽しませてもらったな。」と自分の中で感じられればいいのではないかしら?

茶葉の質としては、新茶は茶畑の新芽を想い、火入れ(焙煎)が弱いのが特徴ですから、青々としたフレッシュ感を感じられれば良いかなと思います。(味に深みがあるとは一概に言えません。ワイン同様ねかすことで変化するものもあるからです。)

焙煎の強弱は、飲み手の好みもありますし、お店によって考え方が違うので、一概においしいと感じない自分を責める必要はありません。

それ以上に、新茶を感じたい時に、意識して頂きたいのは、お店の姿勢かな~。お店の方々が、新茶を喜んでいるかどうか?
いつもの店内と、新茶期の雰囲気の違いがスタッフさんから感じ取れれば、もう新茶のウキウキを、自分たちも楽しんだことになっていると思います。

長くなりましたが、そんな感じです。
商品の差ではなく、扱う方たちの気持ちの伝言ゲームを楽しんで欲しいのですが、なかなかそんなお店と出会えるか?となると、少し難しいのかな~とも思ったりしています。

こんなんで、良いかしら~?

投稿: ゆう | 2009.05.02 15:06

◆わかだんな様
なんだか、毎日朝晩、めちゃくちゃ寒いですもんね。新芽もびっくりで、ダメージが大きいんだ・・・。いろんな意味で、皆がつらいな~。
静岡も芽伸びが悪いようですよ。収量が少ない。私には比較するものがないので味については分かりませんが、それでもちゃんと新芽は出てくるんですね~・・・。何はともあれ、新茶商戦がんばってくださいね!

投稿: ゆう | 2009.05.02 21:50

ゆう様bud
 とても わかりやすく、納得できるお返事、ありがとうございました!
 じっくりと読んで また、新茶を飲んで 感想を書きたいと思います・・・
 だいぶ前、ワインwineを少し勉強していたことがあって、‘熟成させる’という点で お茶もそうなんだ~と 改めて気づきました。
 ワインは 出来上がったものを ビンに詰めて
それを飲むわけですが、やはり 保存の状態とか、空けるときの状態とかで 味が変わってくるとは思いますが、お茶は、淹れるときに もっと
いろいろと変化して 色んな味になりますね。
難しいですが おいしい!と思える事が一番ですよね。。。どちらも。
 逆に考えると おもしろい!って事ですよね。
‘熟成させる’というところを また、少しずつ教えていただけたら うれしいですhappy01
 

投稿: momo*** | 2009.05.05 20:12

◆momo***様
納得していただけるなら、よかったです。
そうそう、ワインと似ています。
大きな違いは、栓を開けたら同じ味を楽しめるもの(本当は保存とかで違うのでしょうが)と、淹れると言う行為で味が変わるというところかな?
momo***様が言われるように、難しいをおもしろい!と変換できるならば、もうめっちゃお茶好きだって思いますよv(^0^)v
熟成も、またいつか書きますね~。

投稿: ゆう | 2009.05.06 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/44846440

この記事へのトラックバック一覧です: 新茶。だから、なに?:

« おかしな、暮らし。 | トップページ | 八十八夜の新発想 »