« お伊勢参りで念願叶う!? | トップページ | 突然ですが、清水のお茶。いかがでしょう? »

日本茶の楽しさをひとつ。ディスカバージャパンへ。

先月末に出版された雑誌、ディスカバージャパン
編集者の方のお話を伺うと、とても好評なのだそうです。そういえば、藤枝の宮脇書店さんにも入荷したら、即日完売だったとか?(どうぞもっと販売してください。笑)

1272

私も、「お気に入りのお茶は何ですか?」のコーナーに参加しています。

出版社からの条件は、「誰もが買えるお茶である」ということ。

正直、こういう仕事をしていると、わが家には色々なお茶が集まり(もちろん、それ以上に購入もしていますが。)それぞれの良さを感じます。

さらにそれぞれのお茶には、作り手の想いが込められていて、一つ二つを個人的な嗜好で公に薦めるなんてことはできなくなります。

出版社から連絡を頂いた時も、『お茶の紹介』自体を悩みましたが、パートナーと話し合いをして、「お茶に興味を持って下さる方に、少しでもお茶の楽しさが提案できる機会を得られたのならば生かすべき。」と参加を決めました。

では、何を提案するか?

⇒ 紹介したいお茶は数ありますが、考えた結果、蒸し製緑茶を出すことに。

⇒ 作り手(お茶師)の名前がはっきりと分かる、生産者のお茶を紹介することに。

⇒ さらに、何を提案するか?

⇒ 個人的には、飲み手の緑茶の楽しみ方に『幅』を出せるような提案をしたかった。

① 農園指定でお茶を買い、毎年定点(農園)観測をしながら、「今年のお茶の味」を楽しむというワインのような楽しみ方。(今回の雑誌では代表として、つちや農園。)

② 出来たての風味と、熟して艶が出てきた風味の違い。お茶を熟成させる、その育てる時間までも楽しむという、これまたワインのような楽しみ方。(今回は、山水園。)

夏の終わりに出版した、『東京の日本茶カフェ』とはまた違う、マニアックなお茶の楽しみ方を提案をさせて頂きました。

お茶の楽しさって、本当に幅も奥行きもある。

だからこそ、色々な角度(入り口)から提案をしたいですね。あとは生活者の方が、自分に合う『お茶のドア』を発見してくださると嬉しいな~。「本」というメディアは、とても好きです。

私はそんなお茶の楽しさを伝えるお手伝いを、たっくさんしたい!!(私自身も、まだまだ知らないお茶が多く、これからもずっと探していくのでしょう。)

あ、ところで先日。

知人の農家さんから、「銀座の本屋さんに行ったら、『東京の日本茶カフェ』が平積みでたくさん置いてあってびっくりしたよ。」と嬉しい連絡が。

1月には、ヴィレッジヴァンガード下北沢店で、平積み&手書きポップ付きで本を販売して下さっているという連絡も♪♪

1

ポップには「カフェモカもフレーバーティーもいいけどやっぱりお茶が一番落ち着くね。カフェ本は当たりはずれが結構あるけど、この本は本当によくできています。オススメ。」と書いてあります。お名前も存じませんが、オススメしてくださった方、本当にありがとうです。

「遊べる本屋」がテーマのあのお店でおすすめ本になっている事自体に、編集の中村さんと共に喜び合いました♪ *^0^*) ありがとうございます。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« お伊勢参りで念願叶う!? | トップページ | 突然ですが、清水のお茶。いかがでしょう? »

お茶の選び方」カテゴリの記事

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

海を渡って、AUSにも届きました!今、じっくり読んでいます。「海外で人気の理由、なぜだかわかりますか?」のフレーズに惹かれ読みましたが、それほど海外記事はないですね(残念)。そんなに簡単に答えは見つからないですね。これを頼りに探ってみます。表紙の題字にいいですね。ゆうさんの記事も読みました。ワインのようなとらえ方。いいですね。

投稿: てくてく | 2009.02.17 09:53

沢山の方に読まれると良いですね^^
産地と飲む方が繫がれば、その産地を応援してもらってますます良いお茶が出来そうな気がしますね。

お茶の購入者に当たりがでたら茶摘体験プレゼントなんて楽しそうですがw

投稿: | 2009.02.17 17:19

購入してみました。

緑茶の魅力をしっかり伝えたいという感じの編集者の意気込みが感じられるすばらしい雑誌です。これを見た人はあれもこれもと積極的に飲みたくなりそうですね。ありがたいです。日本茶ブーム,そろそろ来てほしいですね。

知覧茶の紹介もされていてこれもうれしいです。ただし写真違いのような気がします(写真は釜炒り茶っぽいですね)。

投稿: 折 | 2009.02.18 00:41

はじめまして。
お茶好きの私が偶然手にした、ディスカバージャパン、表紙の「茶」の文字、インパクトがあり、買ってしまいました。
多くの方が緑茶に愛情と熱意を注がれているのがわかりました。
そして、興味は広がり、「東京の日本茶カフェ」も買わせていただき、そのURLを辿ってこのブログにつきました。
お茶への想いがいっぱいの素敵なブログですね。
これから、ちょくちょくおじゃまさせていただきますので、よろしくお願いします。
これから、日本茶カフェ巡りも楽しくなりそうです。

投稿: らいふ♪ | 2009.02.18 12:52

先週都内で展示会出てました。ディスカバの方がお茶のこの号の売上はダントツだといってましたよ。うれしいですね。業界関係者の購入が多かったそうです。それって良いことだと思います。お気に入りの茶にあげた茶。生産家さんの二点。私でも全く同じ選択です。自分で自分の茶を選べる商品を推薦できる商品を生み出したいですね。まだまだですね。
悔しいです(ザブングル風に)

投稿: 6top | 2009.02.19 12:53

◆てくてく様
うは~!そちらまで飛びましたか!
なんていうか、近いような遠いような、不思議な感覚です。
確かに海外情報は少なかったですね。私は巻頭の水野学さんのお話にとても共感しました。不感症はいかんでしょう。なんちゃって。^^;

◆鳥さま
産地と飲む方がつながるって、
きっと良いことがありそうですよね♪
良いな~、その当たり!
私が鹿児島茶の当たりを引いて、まずは鳥さんに会いに行かないとですね~。^0^)/

◆折さま
そうそう。気持ちが伝わってきた雑誌でした。そして、茶葉写真。なんで?って感じも納得。笑 
でも、あんなに大きく拡大して見たことなくて、熱は伝わってきますね~。

◆らいふ♪さま
初めまして。東京の日本茶カフェもご購入頂いたとは。ありがとうございます。
ディスカバーの表紙、インパクトありますよね。^^
お茶好きとは嬉しいです。また気軽に書き込んでくださいね♪

◆6top様
ブログ拝見しました。御疲れ様です。そっか~!雑誌、お茶特集が売上1番だったんですね♪嬉しいですね~。*^0^*)
私もコレ同感。⇒悔しいです!(ザブングル風に)
自分って、まだまだだな~って思いました。お互い切磋琢磨して進みましょお~。(^0^)q

投稿: ゆう | 2009.02.19 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/44079178

この記事へのトラックバック一覧です: 日本茶の楽しさをひとつ。ディスカバージャパンへ。:

« お伊勢参りで念願叶う!? | トップページ | 突然ですが、清水のお茶。いかがでしょう? »