« 自分の記録として:大切なところ | トップページ | オリジナルブレンドを楽しむ »

茶の木を発見!

岐阜の実家に帰って、自宅近くを散歩したら、お茶の木を発見。
「ああ、お茶の木って、昔はもっと身近に暮らしとつながっていたのかな?」と、改めて感じた出来事でした。

あったのは、自宅前のお家と、2件ほど先の向かいの家の垣根。

12141

他の木の間に、茶の木もポツリポツリと、家を守る壁の一部となっていました。

12142

こんな近くにあったんだね~。

2件向こうの家には、裏側に小さな畑がありました。
その畑の際にも、茶の木の畦が・・・。
これも、畦畔(けいはん)茶なのかしらね?

12143

畦畔(けいはん)茶とは、畑境に植えた茶の木のことで、敷地の境を明確にしたり、根っこを張らせて畑の崩れを防止したりするために植えた。春には新茶も作れて一石二鳥の状態でした。

遠く九州まで、この畦畔(けいはん)茶を見たくて車で行ったことがあったけれど、なんてことかな。こんな近くで見れたなんて~。

もちろん、今は作っていません。
母が言うには、昔はどこの垣根も茶の木だったわね~と。
さらに、小さい頃には茶の芽を摘んでいるのを見たことがあるらしく、どんなお茶になっていたのかは分かりませんが、家庭でお茶を作っていたのでしょうね。

ちなみに、祖母の実家には庭に小さな茶畑があり、今でも春にはお茶を摘んで『わが家のお茶』を作るのだそうです。(茶工場に持ち込んでお願いするのだそうです。)

けっこう、自分たちの周辺に、お茶の木って存在しているかもしれませんよ。ちなみに今は、茶の木の探し時です。お茶の花が咲いていて、分かりやすいですから。

Photo

お茶の花は、こんな感じです。
ぜひ、きょろきょろと探しながら歩いてみてください。西日本ならば、ますます見つかりやすいかと思います。


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 自分の記録として:大切なところ | トップページ | オリジナルブレンドを楽しむ »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

私の住む地域は、農家も多くあり、畦畔茶も多く残っています。 
私の二つ上の世代では、その新芽を摘み、自分達で手揉みで自家用茶を作っていたようです。(ほいろもあったみたいですよ。)  
一つ上の世代になると、農家の方々が手摘みした畦畔茶の生葉を、お茶工場が買取という形になって行きました。 
わが家も親が若かりし頃、新茶の時期には、新芽をかごに摘んだ農家の方々で、夕方になると行列ができていたそうです。 
 
そして、だんだんとそのような農家が減り、高齢化も手伝って、今はそのような光景は全く見られなくなってしまいました。 
 
時代は変わるといいますが、世代ごとにどんどん
変化していきますね。 
私達の世代では、お茶はどのように存在しているのでしょう。 
そして次の世代には・・・・。 
後になって分かることでしょうかね? 
そうなると、今できることに一生懸命取り組まなきゃと思います(^^) 
 
お茶の花。 
素朴ながらかわいらしくて、味わいがありますよね!! 
 

投稿: たかちゃん | 2008.12.14 20:20

こんにちわ

 畦畔茶とは初めて聞きました。
 私達の地方にも境界としてあります。垣根のようにはなっていませんが・・・・
 石垣茶と言っています。
 私はそのお茶を摘んで釜炒り茶を作っています。半発酵茶のおわせ金香茶も皆さん好評です。
 作っている時も良い香りに包まれて幸せな気分です。手摘み、手もみですから、大変ですけど、
 この香りに癒されます。

 お茶の花を見て茶畑に行ってみようと思いました。ありがとう。

投稿: 女将の部屋 | 2008.12.15 10:22

◆たかちゃん様
そうなんですね。やっぱり本当に世代ごとに環境ってどんどん変化していくんですね・・。
これから、どうなるんでしょうね?
飲料の便利さは無くならないでしょう。急須茶には、もう一つ別の意味が必要になるんじゃないかな?と思っているのですが・・・。
これも、ずっと後になってから、見えてくるんでしょうか。私もとにかく目の前のことを、ガンバリマス。お互い頑張りましょう~P(^0^)q

◆女将の部屋様
そちらでは、石垣茶と言うのですか。静岡には石垣苺というのがあり、石垣の間に苺畑を作るのですが、石垣のところに生えているから?それとも、石垣の代わりということかしら?
おもしろいですね♪
釜炒り茶、半発酵茶、きっと良い香りでしょうね~。香りって、とても精神的に影響がありますよね。力抜けますもんね。^^

投稿: ゆう | 2008.12.15 22:01

おお、お茶の神様のなせる技ですね。(笑)
東日本にもいまでもございますよ。実家の近くにもございましたし、中世史の研究者さんが、埼玉県でもみつけられております。東北にもございますし、あちらこちらで報告されてますよ。
畦畔栽培とは、「アゼ」(田(畠)と田(畠)の間の境界地)・「クロ」(「アゼ」に同じ。もとは耕作していない土地の意味)・「ママ」(傾斜地)といわれる場所で栽培されたものをいいます。

投稿: もちや | 2008.12.16 14:57

◆もちや様
灯台下暗し、ですね。実家の前にあるなんて!笑(幸せの青い鳥状態)
ご実家の方でもあるんですか。そんな北の方でもあるんですね!

なぜ、昔の人は皆、お茶の木を植えたんでしょうね~??
いつ頃、茶を植えたんでしょうね~?当時の人は、何を思ってたんだろうか??妄想がいっぱいです。苦笑

ところで、「クロ」って静岡の方言かと思ってました!初めて知りました。文中の説明にもちや様の説明を入れさせてもらいますね。

投稿: ゆう | 2008.12.18 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/43412726

この記事へのトラックバック一覧です: 茶の木を発見!:

« 自分の記録として:大切なところ | トップページ | オリジナルブレンドを楽しむ »