« 『ほんのりそばの緑茶』作りました。 | トップページ | 彼岸花が咲く頃に、作るお茶とは。 »

未来の自分に手紙を書く。

あるとき、アクセス数が急に増えました。
あれ?なんだろう?と思ったら、

All About(オールアバウト)の中国茶ガイドをされている平田公一さんが、『東京の日本茶カフェ』を紹介して下さいました。

All About記事は、こちらから
平田公一さんの個人ブログ『Tea Recipe 2』は、こちらから

ということで、突然の大波の理由は、ここにありました。ありがたいです。
平田公一さんとは、きっといつかお会いできるだろうと思いながら、まずはブログにてお礼申し上げます。

****************************

今日、アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」を聴きながら、『未来の自分に手紙を書く。』ということについて考えました。

●アンジェラ・アキさんのブログは、こちらから

●「手紙~拝啓 十五の君へ~」の曲は、こちらから

私にとってブログは、自分への手紙的な要素も大。
その前に、農家に研修中は、2年間で100通以上、研修日記を書いた。

さらに、お茶に興味を持った当初から書き続けた、お茶手帳がある。
茶業への疑問や不満。理想や、周囲との会話から感じたこと。お茶の感想、自分なりのアイデア。勝手気ままなメモ日記帳です。

日記って書こうと思うと大変だけど、今の自分が考えたことって、今しか記録に取っておけないからな・・・。ブログでも紙でも良いから、残すといいですよね。(個人的には、本当は紙の方が良いと思いますが・・。)
だから、未来の自分に宛てた手紙って、ステキだなと思います。

私にとって一番大切なのは、静岡へ引っ越すきっかけになった手紙。

平成9年(1997年) 6月5日、
波多野 公介氏 に宛てた手紙。
『おいしいお茶がのみたい』 著者 PHP研究所

久しぶりにゴソコソと取り出して、読み直してみました。

081061

恥ずかしいほどに、生意気で強引で、これって若いから許されたか?と思えるほどの内容でしたが、でも笑えるけれど、今と変わってない自分。

日本茶を知るチャンスがないことは、
日本人としてとても悲しいことだと思うこと。
若い人たちに、日本茶を知ってもらいたい。
そういう環境をいつか作るために、
生産から販売までの勉強をしたい。

等など、熱く語っておりました。(理由があって、手元に手紙が戻ってきたのもラッキーでした。^^)
最後の押しは、「こんな私の心をくすぐる本を書いたのに、そのお茶を手にとって見れない自分は残念だ。ぜひ会って下さい。」と、なんとも訳の分からないことを言っておりました。アホですね。><)

Photo_2

 1996年出版 

波多野氏は、もう亡くなられたのですが、一冊の本との出合いで、今こんな風にジタバタしているやつがいることを、見ててくださるかしら?笑
それにしても、あれだけ深蒸し茶を嫌っていた波多野氏の影響を受けた自分が、深蒸し茶の産地にずっと居ることも、何か運命を感じるな~。^^

『未来の自分に手紙を書く。』

今の自分の『感情の記録』をとり続けることは、きっといつか役に立つと思います。

関係ないけど、アンジェラ・アキさんって、ほんとステキですよね~♪

は~、別にかっこつけてないけど・・・。
今の自分は、つっ込みどころ満載です。
10年前の自分の記録を読み直して、今の自分が、甘っちょろいってことを実感しちゃいました~。ひゃ~。当時の自分に、怒られちゃうかしら~!!


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『ほんのりそばの緑茶』作りました。 | トップページ | 彼岸花が咲く頃に、作るお茶とは。 »

つれづれ 」カテゴリの記事

コメント

ゆうさん、こんばんは☆

波多野先生のご本、懐かしいです。あらためてみると娘を出産した年の出版だったんですね~。
この本を読んですぐに三方原へお茶を買いに走りましたconfident

 初心を振り返ってみることも大切ですね!
熱意の伝わってくる文章に先生もお喜びになられたことでしょう。わたしも昔の自分を思い返してみたいと思います。

投稿: よこ | 2008.10.05 20:39

◆よこ様
波多野先生の本を買われたんですね♪
お子さんの出産と同じだったとは!時間の経過を実感しそうです。^^
波多野先生からの手紙を読み返して、やり残していることを発見!ちゃんと実行しなくては・・・♪
三方原のお茶もありましたっけ。まだ行ってないかも。><)ちなみに私はこの中の一件に、就職しましたよ~。笑

投稿: ゆう | 2008.10.06 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/42693450

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の自分に手紙を書く。:

« 『ほんのりそばの緑茶』作りました。 | トップページ | 彼岸花が咲く頃に、作るお茶とは。 »