« 「抹茶ティラミス」と「コーヒーティラミス」の違い | トップページ | 静岡県で、『東京の日本茶カフェ』を手に取れるお店 »

『茶葉からのメッセージを読む』には。

一昨日は、久しぶりに紅茶の講座をしました。
場所は、静岡市のあざれあ。
「なごみカフェ」というテーマで、日本茶と中国茶と紅茶のミニ講座をいっきにやるという、とても贅沢な内容でした。

話す時間は20分だったので、さして大変ではなかったのですが、その時に撮影した、紅茶葉の写真を使って、『茶葉からのメッセージ』をご紹介しますね♪

本書のP39『カフェ巡りをしながら日本茶に近づくコツ:全編』でも書いたように、茶殻を見るとお茶の方向性がなんとなく見えてきます。

9222

写真はスリランカの2つの産地の紅茶茶殻と、茶液の色。

■左が、標高400mくらいのジャングルのようなところで作られる紅茶:ルフヌ産地

スリランカは赤道下に近い国なので、基本的には一年中暑い国です。
標高が低いと(葉全体が製造過程で)褐色化し、甘い果物の熟したような香りと木質香のような骨太なコク味や香りがしてきます。

人間でイメージすれば、日焼けした小麦色の肌のマッチョ男性が、ギラギラとした太陽の下で眩しい感じ♪

▼右が、標高1800mくらいの寒暖の差がある山で作られる紅茶:ヌワラエリア産地

標高が高いと、昼夜の気温差が大きく、厳しい環境の中で繊細な味わいや鮮度のある香りが出てきます。紫外線は強いのですが、日差しや気温は強くないので下よりも、(製造中に)褐色化せず、緑茶のような青々とした香りが残ります。

人間でイメージすれば、山の避暑地で涼しげに過ごしている、読書好きな少年のような感じ♪

まあ、これは完全な私の妄想の世界かしら?笑

9221

茶がらをよく見ると、茶がらの色と液体の色が、比例しているのが分かりますか?最初は分からなくても、この色の差は、湯を注ぐ前の茶葉でも分かるようになります。

茶葉の色が濃いと、甘い香りとコクがあり、紅茶らしい濃い色を持っている。
■ミルクを入れても負けない紅茶色を楽しめるので、ミルクティー向き。
■頑丈そうな茶葉だから、煮出しても負けないかも?・・チャイにする?

茶葉の色の薄い方が、香りが緑茶のように繊細で青々としたお茶になる。
▼飲み方としては、ストレートに繊細な茶の香りを楽しんでみようかな。
▼紅茶の中では、緑茶っぽいタイプだから、少し温度を下げたら風味がまた違うかしら?

と、こんな風に連想ゲームをしてくんです。(これが私の妄想病かしら?笑)

正解のない連想ゲームなので、最後は「自分が好きかどうか」の判断にお任せですが、カフェ巡りをしていろいろな茶がらを見ていくと、何か少しは見えてくるかもしれませんよ♪

一つ言えば、日本茶の方が、そのメッセージを読み取るのが難しいかもしれませんが・・・。まあ、それだけ興味は尽きないということで、お茶をにごして置きましょうか。^^


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 「抹茶ティラミス」と「コーヒーティラミス」の違い | トップページ | 静岡県で、『東京の日本茶カフェ』を手に取れるお店 »

お茶の選び方」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
以前より拝見しています。
茶がらを見て連想するのは、楽しいですね。私もいろんな事を連想&妄想しています。wink
ところで、
>標高400mくらいのジャングルのようなところで作られる紅茶:ルフヌ産地

私も一度しかルフナの茶園へ行った事がないのですが、ジャングルのようなところではありませんでした。
そこは茶園とゴムとパーム椰子を栽培している経営者のところで、ジャングルのようなところにはありませんでした。ジャングルの様な所の茶園があれば、行って見たいです。よかったら教えてください。来年スリランカへ行って見たいなぁ・・・と考えているので、コメントさせていただきました。

投稿: アメリ | 2008.09.29 09:29

◆アメリ様
はじめまして。書込みありがとうございます。
ごめんなさい。「ジャングルのような」は、私もアメリ様と同じく、「ゴム園と椰子の生い茂ったような蒸し暑いところ」のことです。表現が言いすぎでしたね。アメリ様は、紅茶がお好きなんですか?私もスリランカ、行きたいな~♪ではまた、気軽に書き込んで下さいね。

投稿: ゆう | 2008.09.29 10:06

お返事ありがとうこざいます。

スリランカ行きを真剣に検討している最中なので、反応してしまいました。ツアーもあるけど、出来ればフリーで行きたいのですよ。よかったらご一緒しませんか?
お茶産地を巡るのが趣味なんですよ。

紅茶はここ数年飲んでいますが、本当に好きなのは台湾茶です。一番飲まないのは緑茶。特に好みでないのが、先日記事にされていた深蒸し緑茶。関西の人間はどうもねぇ・・・

投稿: アメリ | 2008.09.29 16:54

◆アメリ様
産地巡りがご趣味とはステキです!スリランカ、伺いたいところですが、またの機会に致しましょう。楽しんできて下さいね。
ところでアメリ様は関西の方なのですね。西と東の好みの違いは、本当におもしろいですね。

投稿: ゆう | 2008.10.01 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/42551451

この記事へのトラックバック一覧です: 『茶葉からのメッセージを読む』には。:

« 「抹茶ティラミス」と「コーヒーティラミス」の違い | トップページ | 静岡県で、『東京の日本茶カフェ』を手に取れるお店 »