« 日本茶専門店・カフェブログをリンク | トップページ | ボンの忘れ物 »

静岡県農業経営士、茶部会の研修会

昨日は、朝から一日、静岡県農業経営士協会茶部会の夏の研修会に伺いました。
東部・中部・西部から、7件の生産者の方が自社の経営内容を25分ずつ使って発表し、その後、株式会社荒畑園社長の講演を聴きました。

発表者
 富士宮市 後藤富雄さん
 静岡市(水見色) 勝山壽夫さん
 島田市 大塚聡さん (お茶の佐寿喜園) 
 牧之原市 畑勝也さん (ヤマセン製茶)
 掛川市 守屋孝男さん
 掛川市 松下芳春さん (すっぴん農園)
 浜松市 伊澤勝俊さん

2

水見色の勝山さんは、地域と共に育つ山の農業経営を・・・と話す。

「農業」と一言で言っても、こんなに色々な経営の形があるんだと、とても勉強になりました。どの方も、すごいな~という感じでしたが、お話を伺っていて色んなことを考えました。自分の経営についても考えるし、これからの日本茶についても考えるし・・・。

肥料や資材や、荒茶価格など厳しい時代だと言う言葉は本当によく聞きますが、これからの経営方向についてを伺っていると、小さいけれど新しい日本茶の流れが見えてくるような気が・・。とてもわくわくとし、楽しくて、ますますこれからの日本茶がおもしろく感じてしまいました。

1

GTPというバンドボーカルの父親、畑さんは、売ることの大切さについて話す。

私はおもしろい時代に、日本茶に興味を持ったんだなと、改めて感じます。
こんな時代に、お茶を選んで本当によかった!!

とはいえ、皆さんの経営についてお話伺っていると、「自分はいったい、どうしたいの?」と、それを決めなくてはいけないなと、帰ってきてからパートナーと話をしました。どんな話も、自分を振り返る機会となり、学ぶことが多く勉強になります。

3

『斜め千家自分勝手流』の松下さんは、結局自分はどうしたいの?の繰り返しながら、茶葉の文化や楽しさを形に・・と話す。

一代で会社を作った荒畑園さんの自分の歩まれてきた道とこれからについての講演も、興味深い。伺っていて、『目的』のある行動とない行動では、ここまでフットワークと結果が変わるのかと驚くほどです。

「何のためにそれをするのか?」

私もこの辺りをよ~く把握してないと、動き出したくてうずうずし、明後日の方向へ突き進むタイプだから、気をつけなきゃな~。 ^^; 
動いているだけで、嬉しくなってしまうタイプ。笑えるけど、何かに集中してないと落ち着かないんですよね。実は・・・。

だから、お茶ってありがたい。
そんな浮き足立つ感じを、
一呼吸置いて落ち着かせてくれます。

|

« 日本茶専門店・カフェブログをリンク | トップページ | ボンの忘れ物 »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
私も後ろの方で、お話を聞いていました。
 みなさん、とても素晴らしい経営をなされていて、勉強になった一日でした。

投稿: まるひ | 2008.08.17 06:03

◆まるひ様
私も勉強になりました。
まるひ様のブログを見て、びっくり!
私の後ろ姿が偶然にも、
しっかりと写っておりました~。
あの辺りにいらっしゃったのですね。^^
またお会いできるのを楽しみにしています♪

投稿: ゆう | 2008.08.17 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/42151247

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県農業経営士、茶部会の研修会:

« 日本茶専門店・カフェブログをリンク | トップページ | ボンの忘れ物 »