« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の18件の記事

ハーブティーの楽しさは。

先日、ハーブを購入しに、静岡市鷹匠の「木の花」さんへ伺いました。

032

40種類ほどのメディカルハーブ(メディカルハーブとは、疾病の予防・治療などの目的に用いられるハーブのことです。)を販売していて、店頭で嬉しいことに10gから購入できます。

028

こちらでは、メニュー表とハーブを見ながら簡単に利用方法や効能について話を伺えるので、とにかくハーブを購入することも楽しい!!

私はハーブは触り程度しか学んでいないため、いつも香りや色や味のイメージやを優先して、楽しくハーブをお茶とブレンドしている程度です。

031

でも、なんだか、なんちゃってハーブ師(こんな師はないでしょうが^^;)になったような気分に♪となり、ついつい買いすぎてしまうんですよね~。

奥さまは、カラーコーディネートや香水調合や、アロマセラピー・メディカルハーブなど等、本当に知識に幅が広く、話がつきません。

今は、カクテルを調べることにはまっているのだとか。

カクテルを知るほどに、香水の調合の仕方と通じるものを感じるそうで、目をきらきらさせて、楽しそうに話して下さいます。

やっぱりご本人が、ハーブを心から好きで生活に取り入れているのが、話をしていて伝わってくるんですね。

同じ「植物の良さを伝える」仕事をしている身として、とても勉強になります。


<ハーブの楽しみ方>

ハーブのブレンドを購入するのも一つ手軽な方法ですが、私は少しずつ別買いし、気分でブレンドをする方がおすすめです。

Habu

 ほうじ茶とローズとジンジャーのブレンド

なぜなら、「ブレンドをすること」も楽しめて、そのあと「作ったお茶を味わう」ことも楽しめる。2度も楽しみが生まれるんですから♪


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京の日本茶カフェ』

東京の日本茶カフェ 東京の日本茶カフェ
かなざわ ゆう




Amazonで詳しく見る

●カフェ巡りをする時の参考本として。
●さらに日本茶に興味を持った方の初級テキストとしても。
●手軽にカバンにしまえて持ち運べるサイズ。

| | トラックバック (3)

神楽坂日本茶カフェ『茜や』さんが出張CAFEを!?

出版のお祝いをたくさんの方から頂き、本当にありがとうございました。
27日の発売日には、大学の友人からサプライズプレゼントが届いたり、電話を頂いたり、ブログやメールにもお祝いの言葉を頂いたり・・。ありがたいことばかりです。

さて、そんな中、『東京の日本茶カフェ』の取材で知り合った、神楽坂の茜や(本書P76)さんからハガキをいただきました。 

0828

4月に発売された『うつわの手帖』(ラトルズ発行)著者の日野明子さんが、本の出版を記念して期間限定のうつわ屋さんを、神楽坂フラスコで開店するそうです。

そこで、神楽坂の日本茶カフェ「茜や」さんが出張カフェをオープンします♪

とても楽しそう♪
本も気になるし、お茶も気になるし、器も気になるし♪

偶然私も、東京へ行く予定をしているところでしたので、急遽スケジュールに組み込みました。

お時間ある方は、ぜひ神楽坂を散策しながら、お茶と器と本との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

期間: 2008年9月5日 金 ~ 9月15日 月
会場: 神楽坂フラスコ (神楽坂駅から徒歩3分)
OPEN: 12:00
CAFE Close: 18:00 (ギャラリー20:00まで)

店主・日野明子の期間限定ブログ
 『うつわの連絡帖』・・・イベントまでの準備過程が垣間見れて、なんだか伺うが楽しみになりますね!うつわの手帖は、本タイトルにも「茶」がついているので、個人的にも楽しみです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本を出版『東京の日本茶カフェ』

やっと、ブログで皆さんにも報告が出来ることを、本当に嬉しく思っています。

今回、日本茶カフェに関する本を出版しました。

正式は発売日は、8月27日ですが、東京の大型店セブンアンドワイでは販売が始まっているようです。(アマゾンでは27日から発売のようです。)

6月~7月にかけて、本の取材で、
30件以上の東京の日本茶カフェを回りました。
それぞれのお店から発信されている
メッセージや個性はいろいろで、

「東京では、一年中気取らずに楽しめる茶会が開かれているんだな」と、嬉しくなりました。

私流、日本茶の伝え方。
 第一作目です。

Hon

タイトル 『東京の日本茶カフェ』
著者   かなざわ ゆう
出版社  東京地図出版
価格   1470円(税込み)

どうぞお手にとって、ページをめくってやって下さいませ。

中身もチラリと・・♪

Honin

手軽にカバンにしまえて持ち運べるサイズです。

カフェ巡りをする時の参考本として。
さらに日本茶に興味を持った方のテキストとしても。

● お店の印象や特徴について。
● 店内でいただけるお茶・淹れ方について。
● 店内でいただけるお茶請けやスィーツ、食事について。
● 茶葉・茶器の販売状況・購入方法について。
● お茶を「見る力」を養うためのコツについて。

ずっと「これからの日本茶は、カフェが大切な役割を持つ」と書いてきたので、自分が日本茶の良さを、日本茶カフェの本から伝えられることを、とても嬉しく思っています。

カフェの取材をしながら、色々なことを考えました。記事にしてないことも、たくさんありますが、よかったら下記もご覧下さい。

フリーペーパーで、発見!
日本茶カフェの効果
淹れてもらったお茶を飲むということ。

本作りをして感じたことは・・。

続きを読む "本を出版『東京の日本茶カフェ』"

| | コメント (41) | トラックバック (1)

粉ミルク DE フレンチトースト♪

先日、姉が残していった甥っ子の粉ミルク

早速、わが家の朝食に登場しました。
メニューは、バナナを使ったフレンチトースト♪

08241_2

*写真、ピンボケしてました。m(、、)m

といっても、卵を割ったらミルクがないことに気付き、急きょ代用したというのが正直なところでしたが、これが大成功でした。v(^0^)v

ちなみに、私の作るフレンチトーストは、砂糖をほんの少しだけ。実はバターも使わないヘルシーフレンチです。^^;)

<作り方>

① 余ったフランスパンを適当な厚みで切ります。

② 保存容器に、卵1つ・塩半つまみ・粉ミルク大スプーン5杯くらい・水150ccくらいを入れて、混ぜます。砂糖は入れません。

08242

*私は全て目分量で作るので、数字はある意味いい加減です。いつも液体のとろみを見ながら作ってしまうので・・・。申し訳ありません。でも、大体でも大丈夫。水の分量の増減は、焼き上がりの固さと関係するだけで、味は特に影響ありません。


08243

③ 卵液の中にパンを浸し、半日ほど冷蔵庫で寝かせ、パンの中まで液を染み込ませます。わが家は夜仕込み、朝食べます。

082404

 

  ~ 下準備完了 半日くらい冷蔵庫へ ~

④ テフロンのフライパンを温め、油は引かず、バナナをソテーして甘みととろみを出し、お皿に取り出しておきます。

⑤ 軽く洗ったフライパンをもう一度温め、③のパンを中火で焼いていきます。

⑥ こげ色が付いてきたら、ひっくり返して同じように中まで火を通します。

⑦ こげ色の付いた表面に、砂糖を振りかけてプライパンにあてると、砂糖がキャラメル化してパリパリします。これを両面することで、中はふわふわ、外はパリパリのフレンチトーストが出来上がります。

⑧ お皿にフレンチトーストを並べ、上にバナナソテーを載せて完成です。

08241

*砂糖はこの表面にしか振りかけないので、朝食にもなります。わが家の砂糖はオリゴ糖の含まれているてんさい糖を使用。甘さが優しくて、好きです。

粉ミルクを使ったことで、香りに変化があるかな~と思ったのですが、多少あるでしょうが、キャラメル化した砂糖の香ばしさで、何も感じませんでした♪牛乳よりも甘みがあるので、さらに砂糖を入れる必要はないのかもしれませんね。

粉ミルクとは、その名の通り、インスタント牛乳のようなものでした♪

これで、いつでもフレンチトーストが作れることを発見!!

次は、何に使おうかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホウロク、嫁がせる。

わが家の愛用ホウロクを、最近嫁がせました。

元のホウロクは、袋布向春園さんの焙烙。
そこに、色とりどりの皮紐を巻いて、

Sacocolo original HOUROKU 

として、ちょっぴりじわ~っと、販売しています。笑

080417_10091

*緑色は売り切れました。

メールで色見本をお送りし、好きな色を選んでもらってから、私が巻いています。

何かを選ぶことで愛着も湧きますしね♪

0808221

今回の5つは、3人のステキな女性のところへ嫁がせました。
・・・。女性だから、お婿に出したってことかしら??

一つは、お馴染み、「日々是ほうじ茶」の茶の子さん。
一つは、友人。ホウロク袋を作ってくれています。

あとの3つは、農業体験農園『ちゃの生(き)』の運営をしている、「スロウなまいにち」のゆみっぺさんのところへ・・・。集まってくる子供たちが使えるようにしたいとのことでした。
(ブルーベリー農園なのに、農園名が「ちゃのき」だなんて、由来を聞きたくなりませんか?笑)

いつも皮紐を巻く時は、相手のことをイメージしながら巻くのですが、全部を巻き終えた後、ふと。

「この壁かけ用の輪は、子供がひっかけたら危ないんじゃないかな?」

0808222

結局、ゆみっぺさんに変更しても良いか確認をしてから、もう一度紐を解き、輪っかをなくして、巻ききってしまいました。

あ~、すっきり♪

スロウなまいにちのブログを見たら、ホウロク到着の様子が記事になっていました。
無事、破損もなくお婿に行かせられ、安心♪安心♪

あとは、大切に育ててやって下さいね~。

それにしても皆さん好きな皮ひもを選んだのですが、意外と落ち着いた色を選ばれました。

長く使って、良い風合いを創り出して下さいね。^^







 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淹れてもらったお茶を飲むということ

皆さんは、NHKの大河ドラマ『篤姫』を、見ていますか?
私は、ドラマをずっと見続けるということをしないため、ほとんど見ていないというのが正直なところなのですが、先日偶然見た32回『桜田門外の変』は、本当におもしろかったです。

特に、天璋院(篤姫)が忌み嫌っていた大老井伊直弼と面会し、井伊直弼の点てたお茶を、天璋院が「悔しいけれどうまい。」と褒めるシーン。

点ててもらった一杯のお茶を口にすることが、あれだけ嫌っていた相手に、心を開くきっかけになるというのだから・・・。これぞ、お茶の力だな~。嬉しく思いました。

私も感動して見たのですが、今検索をしたら、お茶を点てて飲むシーンは、最高視聴率28.5%をマークしたとのこと。この反応を聞いても、嬉しくなりました。お茶ってやっぱり捨てたもんじゃない!まあ、演技も素晴らしかったのですが・・。^^

そして、「時々、私にお茶を点てて飲ませてください。」という天璋院の言葉は、そのまま「もっとあなたと語り合いたい。理解したい。」というメッセージになっていました。

人が丁寧に淹れてくれたお茶には、何か特別な力があるんじゃないかな~・・・・。

東京の日本茶カフェ巡りをしていた時に感じたことも同じかも・・・。

『お茶を淹れる、淹れてもらったお茶をいただく。』
というのは、『相手と握手をする』ような感覚だなと思いました。

なかなか、人と握手をする機会ってないと思うのですが、相手に直接触れることで、不思議なエネルギーが伝わります。
丁寧に淹れてもらったお茶を頂くことも、それと同じくらいの力があるのだと思います。

だからこそ、出会いになるはずの一杯のお茶が、ペットボトルではもったいないと思いませんか?

自分も人と握手をするつもりで、お茶を淹れたり、頂いたりしたいなと思います。ちょっぴり、感動したドラマからでした~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

牧之原市のお茶PRゲーム!?

静岡新聞の特集コーナーに、牧之原茶の歴史をPRするためのゲームが開発されて、アクセス数が殺到しているという8/19記事が出ていました。

ありゃ~、全く情報知らずでした~!

●早速、リンク先の牧之原市のホームページへ。

●そこから、『牧之原お茶物語』のページへ。・・・牧之原の開拓の話が出てきます。ちょうど今大河ドラマでやっている「篤姫」の後、明治維新後の話です。

●牧之原お茶物語ゲームは、こちらから♪

0819


最後まで進むと、25日まではプレゼントの応募が出来るそうです。
私も、しっかり最後までやっちゃいました。
プレゼントの応募は、しませんけれどね~。^^;)倍率高くしちゃ、申し訳ないですから。

よかったら、いかがですか??

こういうPRの方法も、あるんですね~。

そうそう!わが家のグリムスが、とうとう成木になりました~。v^0^v パチパチ!
TTDKさんのブログのグリムスが成木になった時には、確か、ろうそくが立っていたのですが、私は見るタイミングが悪かったのかな~?ろうそく立ったところを、見ていません。残念。
10日後には、また幼木が・・・。

次はどんな名前にしよっかな~?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡の日本茶カフェ:茶空間へ

静岡と言えば、日本茶カフェ『茶空間』が、お茶好きの間では有名です。

2

茶処静岡と言いながらも、あまり日本茶を飲めるお店は多くありませんが、こちらに伺えば必ずお気に入りのお茶が見つかるだろうと思うほど、色々なタイプのお茶が並んでいます。

1

2008年春に移転をしてから、初めてお店に伺いました。
場所は、静岡茶市場の近く・・・。と言っても、私も伝えにくいので、場所は地図にて。駐車場もあります。

0

中に入ると、カウンター4席ととテーブルが6席のアットホームな雰囲気です。

8

今回一緒に伺ったメンバーが、地元の茶農業経営士の皆さんと荒畑園の社長だったので、ちょっぴり写真に違和感がありますが。^^;

3


暑い最中に伺ったので、甘香ばしい香りで、す~っとさっぱりしようと、静岡県西部地区の天竜茶を頂きました。そこに、きなこのジェラードをセット。天竜茶はちょっぴり野性的で香りが高く、私好みです。
暑い時には、熱いお茶の方がやっぱりさっぱりしますよね~。アイスも美味しさが増しますし。^m^

5

他にも、抹茶金時氷

4

アイスグリーンティーやミルク入りなど。
グリーンティーには甘みが足してありました。グリーンティーには、さらにアイスクリームのトッピングも出来るそうです♪

6

店内では、茶葉を買うこともでき、茶器類を選ぶこともできます。小さなお店なので、茶葉が選べない時には、気軽に声をかければ、親切に教えてくれます。

7_2

「お茶のはじまりは、まずは”好きなお茶”を見つけること~省略~」とメニュー表に書いてありました。ほんと、同感です♪自分で淹れなくても、茶空間で自分の好きなお茶を発見してみませんか?

お店が多少静岡駅から遠いところへ移転したため、逆にお茶好きな方々が全国から集まるようになったのだとか。

便利なところに居て欲しいという気持ちもありますが、わざわざ行ってでも、自分の好きなお茶を発見したくなるお店でもありますね。
それぞれのお茶の個性を引き出してくれるので、何度伺っても、一口お茶を口に含むと「わぁ~♪」と嬉しいサプライズを頂けるんですよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ボンの忘れ物

残暑お見舞い申し上げます。

皆さん、お盆休みは満喫されていますか?
わが家は、岐阜の実家から両親、東京から姉夫婦&子供が、静岡に全員集合しました。バーべキューをしたり、外食をしたり、市場で色んな食材を仕入れたり、海に行ったり。温泉に行ったり。
そして1歳の甥っ子はプールに入ったり~。大嵐のような3日間でした。

でも、とても賑やかで楽しかったです♪
岐阜の両親が言うには、静岡はかなり涼しいのだとか。確かにパートナーが途中、ウィンドサーフィンをしに行ったくらいだったので、風も心地よく吹いていました。

0808151_3

大嵐が去った後、ポツンと忘れ物を発見。
甥っ子のミルク。

う~ん、こんなもん。どうするんだ~!!

と思ったのですが、念のため食べてみましたら、
思ったよりも、甘くて美味しいんですね♪
昔懐かしい、森永乳業の『クリープ』みたいな味がしました。

0808152

コレ、けっこう使えるかも!?

スリランカに紅茶を見に行った時に、現地で使っていたのが確かこういうミルクだったはず。パッケージに哺乳瓶が載っていたものもありましたから・・・。

粉ミルク缶には、開封後の賞味期限は1ヶ月程度と書いてありましたが、それはちょっと無理~!!汗*汗*汗

飲めそうな時まで、使ってみようと思います。
これって、成人がたくさん使うと、太るのかもしれないな~。どうだろう??

 

0808154

そうそう、ちなみに私は、「おしどりミルクケーキ」が大好き♪特にアーモンド入りミルクチップはサクサクして、おいしい♪粉ミルクは、この味にも似ているな~と思いました。(と思ったら製造は同じく森永さんでした。)

そのうち、この粉ミルクを使ったお茶が登場するかもしれません~。お楽しみに♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

静岡県農業経営士、茶部会の研修会

昨日は、朝から一日、静岡県農業経営士協会茶部会の夏の研修会に伺いました。
東部・中部・西部から、7件の生産者の方が自社の経営内容を25分ずつ使って発表し、その後、株式会社荒畑園社長の講演を聴きました。

発表者
 富士宮市 後藤富雄さん
 静岡市(水見色) 勝山壽夫さん
 島田市 大塚聡さん (お茶の佐寿喜園) 
 牧之原市 畑勝也さん (ヤマセン製茶)
 掛川市 守屋孝男さん
 掛川市 松下芳春さん (すっぴん農園)
 浜松市 伊澤勝俊さん

2

水見色の勝山さんは、地域と共に育つ山の農業経営を・・・と話す。

「農業」と一言で言っても、こんなに色々な経営の形があるんだと、とても勉強になりました。どの方も、すごいな~という感じでしたが、お話を伺っていて色んなことを考えました。自分の経営についても考えるし、これからの日本茶についても考えるし・・・。

肥料や資材や、荒茶価格など厳しい時代だと言う言葉は本当によく聞きますが、これからの経営方向についてを伺っていると、小さいけれど新しい日本茶の流れが見えてくるような気が・・。とてもわくわくとし、楽しくて、ますますこれからの日本茶がおもしろく感じてしまいました。

1

GTPというバンドボーカルの父親、畑さんは、売ることの大切さについて話す。

私はおもしろい時代に、日本茶に興味を持ったんだなと、改めて感じます。
こんな時代に、お茶を選んで本当によかった!!

とはいえ、皆さんの経営についてお話伺っていると、「自分はいったい、どうしたいの?」と、それを決めなくてはいけないなと、帰ってきてからパートナーと話をしました。どんな話も、自分を振り返る機会となり、学ぶことが多く勉強になります。

3

『斜め千家自分勝手流』の松下さんは、結局自分はどうしたいの?の繰り返しながら、茶葉の文化や楽しさを形に・・と話す。

一代で会社を作った荒畑園さんの自分の歩まれてきた道とこれからについての講演も、興味深い。伺っていて、『目的』のある行動とない行動では、ここまでフットワークと結果が変わるのかと驚くほどです。

「何のためにそれをするのか?」

私もこの辺りをよ~く把握してないと、動き出したくてうずうずし、明後日の方向へ突き進むタイプだから、気をつけなきゃな~。 ^^; 
動いているだけで、嬉しくなってしまうタイプ。笑えるけど、何かに集中してないと落ち着かないんですよね。実は・・・。

だから、お茶ってありがたい。
そんな浮き足立つ感じを、
一呼吸置いて落ち着かせてくれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本茶専門店・カフェブログをリンク

日本茶販売店や、日本茶カフェのブログを集めました。自分と相性が合いそうな、茶葉を買いたくなる店を、探してみませんか?

いつも見ていたブログから、初めてのところまでありますが、販売店やカフェもある意味、日本茶の作り手さん。

●生産者は、栽培から半製品(原料)までを担当し。

●問屋は、半製品から、商品化までを担当し。

●販売店は、茶葉という乾物を、暮らしに役立つ素材に変える担当をし。

●カフェも同じく、暮らしに役立つ空間だったり、利用方法を体験させてくれるところを担当し。

作り手から飲み手に届くまでの大きな流れがあって、それぞれ中心になる担当部署がある感じです。

今は、担当が一つじゃなくて、互いに交差しあって、問屋も小売をするし、生産者も小売をするし、カフェが販売もするし、販売店が問屋もするし。(近く生産者さんブログにも販売情報を載せますね♪)

0808101_2

茶葉を買う側としては、自分たちの暮らしにどう役立つのか?を知りたいなあと思います。そういう情報を、たくさん出しているところの方が、茶葉を買った後もお付き合いが出来そうで、嬉しい。

そう思いながらリンクを作ったら、けっこう発信している人たちがいるもんだなと思いました。まだまだたくさんありますが、少しずつ整理していきたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

和スィーツ:冷やし抹茶ぜんざい

セミの声が青い空に響いています。
庭のトマトが、とっても甘くて今年は大豊作♪
今年は、そんな夏です。^^

先日作った、暑くてもおいしく頂けた、和スィーツを紹介します♪

08041

抹茶と冷やしぜんざいのセット。

・・・。では、ありません~。

ぜんざいに氷を入れて冷やし、上から点てた抹茶を注いだ、
「冷やし抹茶ぜんざい」です。
毎度ですが、とても簡単です。^^
ぜんざいは、前回と同じものです。

08042

抹茶を濃いめに点てたので、ほろ苦さも出て幸せ♪♪♪
抹茶って、本当に気軽な素材ですね。

ちなみに、出来損ないのような茶せんが写っていますが、
これは島根県松江市のぼてぼて茶を作るための茶せんです。
ぼてぼて茶ついての情報を2つ、リンクをはりました。

 ●【神々のふるさと 山陰】観光ポータルサイト・・・ぼてぼて茶 
 ●読売新聞 食のツボ ぼてぼて茶 2005年5月25日掲載

(山陰ポータルサイトから松江市観光ページに行くと、ぼてぼて茶の生まれた背景まで見えてきますよ。 ぼてぼて茶は、松江城内の茶店で頂くことが出来ます。)

中文(簡)韓国語

今現在、 わが家の茶せんは、コレ1本です。^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

絶対に損しない、お茶好きの必読書!

復刻版が出ていたとは、知りませんでした。

『年表茶の世界史 新装版』 松崎 芳郎氏(編さん)

この本は、日本茶インストラクターの方には必読書だと思います。手元に一冊あると、とても便利な本の一つ。新しい発見や、疑問が湧いてくる一冊です。


年表茶の世界史 新装版
松崎 芳郎
489694903X


中身は全て、時系列にまとめられた年表のスタイルで、日本だけでなく、中国や西洋の歴史も入っています。これほど、幅も深みもある内容をまとめてくれた本は見たことがない。編纂された方の根気のよさに驚かされ、出版して下さった方にも感謝しています。

正直、私はこの本を最初から最後まで、「読んだ」ことはありませんが、何か歴史で迷った時、時間の正誤を確かめたり、関係や流れを確認したりするのに、辞書のように利用しています。

紅茶や中国茶好きの方だけではなく、日本茶インストラクターやアドバイザー、何かしらお茶を伝えようとする方には、持っておいて損のない一冊だと思います。

少し、値段は高いのですが、なくなってしまう前にどうぞ~。今まで紹介したくても出来ない一冊でした。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ノンアルコールビールの効果

今日はお茶の話じゃないのですが、
ノンアルコールビールの効果に驚いた話を・・・。

昨日は、6月にレ・トゥーヌソルで行ったケーキ屋さんでの新茶イベント『グリーンデイズ』の反省会。 世界緑茶計画のアノ方と3人で、藤枝『遊洒 岡むら』で飲みました。

落雷のせいで、電車が止まり、スロースタイルの杉山さんとお友達の川嶋治子さんが来れなかったのがとても残念でした。

私は車だったので、ノンアルコールビールをずっと頂くことに・・・。

冷えたジョッキで、アワアワがいっぱい。見た目は生ビールと変わりません。これがすご~く良い効果でした♪

以前、勉強会をした後にお酒を飲むと、勉強した内容が薄れてしまうという話を聞いたことがあったのですが(だからと言って、飲み会を無くすのはもったいないですよね~。^^;)、今日は、昨晩のメンバーとの会話から、新しい発見をしちゃいました♪

すぐに手帳を広げ、文字として書き残しておきました。

気分は飲んでいる人と、全く差がないのですが、思考回路はめちゃめちゃ元気なので、頭がくるくるくるくる~♪

ノンアルコールビールも、ジョッキで飲めばビール気分を味わえ、さらに話題への感度は高いままで良いものだな~と、実感してしまいました。

実は岡むらでは、以前はノンアルは「瓶とグラス」で出していたのだそうですが、ビールと同じように「ジョッキ」提供に変えたのだそうです。

「こっちの方がビール飲んでる気分でしょう?」との話。
はい、まさに♪ 嬉しい配慮でした。こういう心遣いが、繁盛店の証なんでしょうか~。

みなさま、飲みすぎにはご注意下さい。*^0^*

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フレッシュ茶葉のハーブティーの味は?

先日、バジルの葉っぱをたくさん頂きました。

ハーブティーのように飲んでも美味しいというので、ランチにドライカレーを作り、バジルティーをいれました。

08043

ドライカレーに負けない香りで、爽やかで、美味しい!!
色はほ~んのり、緑が出るか出ないかっという感じです。

08044

お茶好きとしては、

『ハーブティーのように、生の茶葉を飲めないだろうか?』

という疑問がわいてきませんか?
私は、当たり前のようにわいてきました。^^

0703282

実際にやってみると、とても楽しい香りです♪

茶畑の香りというか、茶工場の新鮮な葉っぱの香りが楽しめます。

これが、本当の『旬の香り』。
新茶の香りではなく、新芽の香りです。

一年中楽しめないから、ありがたい。

そんな香りだと思いますね。
昔は、新茶の香りも、本当の意味で、「旬」だったのかもしれませんね~。

今は、冷凍で一年中、保存できるため、大きな差が感じられないですから・・・。そう考えると、技術が進むほどに、季節感ってなくなってくるんでしょうか。クーラーとかも同じですね。

便利って、ある意味、もったいないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手軽で鮮やか、お茶料理

コレ、なんだと思いますか?
ビンに入った、黒いような緑色のような液体。墨汁ではありません~。

08031

実はわが家の緑茶ソースです。^^

抹茶とオリーブオイルと、塩・胡椒が入っています。
抹茶は、去年、宇治のお茶師の谷口郁男さんから頂いた「展茗(てんみょう)」という品種です。

「去年の抹茶だなんて~!!」って怒られそうですが、わが家のお茶専用冷凍庫にきちんと脱気してしまってあったもの。(わが家には窒素充填の機械まで設置してあります。本当にバカなやつです。^m^)
まあ、少々風味が落ちても料理に使うのだから良いだろうと思い、ふるって利用しています。

これを使って、お茶料理を作ってみました。

08032

メニューは、
 シイラのムニエル グリーンティーソース。

そのまんまですが・・。^^;

使い方は、焼いた上にかけただけです。^^
冷たいオイルだから、べたべたするかな~?と少し心配したのですが、あつあつのソテーなので問題もなく、抹茶の風味がたっぷりしました。

半分食べてから、バルサミコ酢を煮詰めたソースを足したのですが、グリーンの油と黒い酢は混ざり合わないため、まず見た目がとても美しい!お見事でした♪(いつも自我自賛で、すみません)

08033

ついでに、別の日には、野菜やシーフードを焼いたものに付けて食べました。
こちらも、海老の臭みが消えて美味しいです。

料理に抹茶の風味を付ける必要があるのか?と聞かれると、考えるところもありますが、たまにはお店に食べに行ったような料理に仕上げるのも楽しいと思いますよ♪

煎茶だったら、もっとすっきりした風味になりますが、鮮やかさは抹茶ほどは期待できないことでしょう。目的別に利用してみてはいかがですか?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

個人の日本茶ブログ リンク集

日本茶の生産者さんのブログリンクに引き続き、第2弾。

 個人の日本茶ブログ を集めました。

まだまだあると思いますが、まずは準備が出来たところから、
どんどんご紹介しますね~♪
私も初めて発見したブログもあり、日本茶仲間がたくさんいて、嬉しくなりました。
もっともっと、出会いたいな~。
インストラクターがあれだけたくさんいるのだから、ブログももっとあるのでしょうね。ミクシィじゃなくても・・・。

今、専門店・カフェブログも作成中です。
いろいろあっておもしろいですよ。

生産者さんのブログも、リンク数を増やしました。
そのうち、地域別に整理しますね。^^

まだ、カフェリンクも途中で止まっているし・・・。
こちらも、随時進めます♪お楽しみに~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »