« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の15件の記事

お茶といえば、ペットボトルか。

「お茶」の飲料消費額が、茶葉の消費額よりも上回ったと言う記事が、中日新聞茶況に出ました。記事はこちらから

確かに、そうだろうな~・・・。

3月に、早稲田大学で行われたわくわくヒロインネットワークの交流会で、農業に興味のある学生たちと話をした時のこと。

「お茶が好きだ。」と応えてくれる人がほとんど。
でも、さらに深く話していくと、ペットボトルだと言うことが分かります。

農業に興味を持っていても、ペットボトルだもんな~。と思ったのが、正直な感想。

こうなったら、そこ(=飲料)から始めるしかないよねって、今は思っています。

逆に、皆のお茶に対するイメージが均一化していて、説明がしやすくなったという見方も出来るのかも!

だからこそ、今こそ、伝えなきゃ!
絶好のタイミングだと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏のお茶請け

やっといつもの自分に戻れそうな感じです。
実は、本の執筆をしていて、そっちにしばらく集中していました。発売日などが決まったら、詳しく紹介させていただきますね♪ステキな本が出来そうです。

さてさて、出版のことで頭の中が忙しかった時に作った、夏のお茶請けです。

07301

北海道産の小豆を使った冷たいぜんざいに、むっちり、とろんとしたくずを添えました。お茶は小豆なので、深蒸し茶です。
(写真の葛は正直なところ、少し固めで、とろんじゃなくてぶりんって感じでしたが。^^;)

めちゃくちゃ、おいしくて♪
今年の夏の定番になりそうです。

以前書いたのですが、イライラしてくると私はお菓子を作りたくなるという性質があるようで。食べたくなるというよりも、作りたくなる。もちろん、作ったら食べますが・・・。*^m^*

今日のお茶請けは、とっても簡単。

種あかしをしていきますね~♪

続きを読む "夏のお茶請け"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶畑の水浴び

暑いですね~。
昨日は、取材でヤマセン製茶へ伺いました。
今から、茶の木に水を撒きに行くというので、一緒に撮影に行きました。

私が研修に入っていた8年くらい前は、消防士のように池で汲んできた水を放水していたのですが、今はスプリンクラーで撒くところも増えてきています。

3

畑の脇から水が出るというのは、すごいことです。水道の蛇口をひねると水が出るのは、すごいことです。

2

 

ここ2週間ほどろくに雨が降っておらず、
根っこの張りが少ない幼木は、すぐにぐったりしてしまいます。

1_2

畑に行ってみると、苗木には早くも枯れたところが。
新芽がぐったりしています。

完全に、茶の木の熱中症だとか。^^;

4

スプリンクラーで水を撒き始めると、茶畑の表面に霧がはったような景色。
う~ん、涼しげです。
所々に、虹も出ています。

移動しながら、干ばつによる茶の木の変化について話を聞きました。
私の住む牧之原台地周辺では、平成7年に大きな干ばつがあり、かなり畑の水を切らしてしまったのだとか。

おかげで、茶の木の根っこを枯らして傷めてしまい、それ以降、茶の木に体力がなくなってしまったそうです。その当時の茶畑の様子を聞きましたが、新芽がぐったりして、すごかったのだそうです。

P1000826

別の茶畑で、幼木園の土を掘って地面の湿り気具合を確認しました。
藁の敷いてあるところは、まだ湿っていて、これならまだ良いとのこと。「三番茶が終わったら、水撒きだな~」と言っていました。

水撒きは、雨さえ降れば必要のない仕事。
1日に、2反分の水を撒けるそうですが、雨ならば、1日で全ての畑に人件費をかけずに水を撒いてくれます。
それって、やっぱり、天の恵みです。

ちなみに今年はすごく暑いので、三番茶が効率よく乾燥し、光熱費が少なめなのだとか。このご時世、嬉しいことですね。でもその分、お茶を揉んでいる人たちには、厳しい作業場ということになりますね~。^^;)

今年は、一番茶の値が安くて、三番茶が高い。
少しやりきれない気も致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目は、ホンダ

暑いですね♪

やっとわが家に、待ちに待った愛機が到着♪

^m^) 皆さまにもお披露目します~。

わが家の2代目、ホンダ君です。

クイズ:

 これ、なんだ~?

0807271


 

 

続きを読む "二代目は、ホンダ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自分の決めた課題をクリアする

本当に毎日、暑いですね。
皆さん、お元気ですか?
いつも、ブログに遊びに来てくださって、ありがとうございます。

ちょっぴり仕事に集中していて、更新が少なくなってしまいましたが、もうしばらくすれば、またいつものペースに。

0807231

それにしても、最近とても充実しています。
その理由は、お茶の仕事が出来るという喜びもあるのですが、それ以上におもしろいことがあります。

私は27歳くらい?(記憶が薄いですが^^;)以降は、会社勤めをしていないため、自分の自由に時間を使えるのですが、これがまた難しさでもありました。自分を管理出来ないから・・・。

それが、やっと最近は、自分の決めた課題を、自分でクリアすることの楽しさを実感。しかも、譲れない部分に関して手を抜かずにクリアすることが、とても楽しくなりました。

本当に、TVゲームをやっているような気分です。笑
出来るかぎり、取れるポイントはその場面で取っておきながら、前にも進む。あまりゲームをしたことがないので、いまどきのゲームがどうなっているのかは分かりませんが、そういう感覚です。

0807232

以前は、やれていないことばかりが気になっていたのですが、年とともに図々しくもなったか?それはそれで、仕方がないと思えるようにもなりました。

少しずつ自然体。
自然体だと、俄然楽しいから、動き出すのがどうも私みたい。^0^)
動くって、実際に走り回るということではなく、頭も含めて動き出すようで、それがまた楽しい。

それが楽しめるのも、やっぱり大好きなお茶だからだな~と、実感しています。
もう一つは、パートナー含めて、やらせてくれる周りのサポートがあるからこそ。
なんだかよく聞く言葉だから、あまり言いたくはないのですが・・・。^^;

伸び伸びとやらせてくれる人たちが、周囲にたくさんいることが、とても嬉しく思うこの頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食べ納め、とうもろこし

今年の食べ納めになりそうな、とうもろこし。

08070191

知り合いの茶農家さんのものです。色々な品種を作っていて、たくさんお茶を買ってくれた方にプレゼントしています。

とうもろこしは、絶対にスーパーで買わない野菜の一つ。
直売所か、知り合いからしか購入しません。スーパーだと甘さと柔らかさがあてにならないんだもの。

今日は日本茶カフェ、銀座「茶の葉」の方と電話で話をしました。実はこの茶農家のとうもろこし、根っこから引っこ抜いて、茶の葉の店内で育てられています。
とうもろこしの話になり、元気にやっています。とのこと。農家もとうもろこしもどうぞよろしくお願いします。っという気分です。

なんていうか、こういう会話って、めちゃくちゃ好きだな~。距離がないというか・・。

0807192

まあ、私は花より団子なところがあるので、とうもろこしはすぐに茹でて食べるのが一番です。茹でると鮮やかな色♪品種によって味が違います!!でも、茹でる時にどれがどれだか、ややこしや~。ってことで、頂く時には、さっぱり分からなくなりました。

毎年、この美味しいとうもろこしを頂くと、だから、やっぱりお茶も美味しいんだよね~と思います。
そういう風に思っちゃうものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産農家ブログのリンク

う~ん、暑いですね。
今、ちょっぴり自分を追い込んでいるところ。
ブログの更新もライトバージョンになりそうです。

そんな中、わが家で見ているお茶関係のブログリンクをマニアなお茶時間にもはっていこうと準備中。

第一弾、生産農家さんたちのブログ
まだあるのですが、更新が滞っているところだと、リンクしづらいですね~。^^;

少しずつ足していこうと思います。

事務所の名前にもしている、Sacocoloの意味は、製茶の専門用語から来ています。(この紹介はまた別の機会に。)私たち自身も農家で出会ったこともあり、農業とは切っても切れない想いがあります。

東京に居た時には、「農業」を意識したことがなかった。
お茶と農業が繋がらなかった。

知らないでいるって、本当にもったいないなと思います。
でも全員が農業と密に関われることもないだろうしね。

だからこそ、ブログを通して何か感じあえればな~と思います。
そこから、具体的な行動に変化が起きれば・・・。

なんて、難しいこと考えなくても、
農家さんのブログって、けっこうおもしろいんですよね♪

季節感もあるし。新しい発見もあるし。
地域差もあるし。行ってみたくなりますね~♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「本のお茶」カフェスタイル

最近買ったお茶の本で、気に入ったもの。

東京カフェマニアの川口葉子さん著、岡倉天心「茶の本」の現代解釈本です。
写真もステキだし、内容もおもしろい。

まるで音楽を聴いているような気分で、読んでしまいました。


本のお茶―カフェスタイル・岡倉天心「茶の本」 本のお茶―カフェスタイル・岡倉天心「茶の本」
川口葉子 藤田 一咲

角川書店  2007-11
売り上げランキング : 18934
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本のサイズ(大きさと厚み)がなんとも良い感じだと思ったら、カフェオレボウルを持ったのと同じような感覚にしたかったのだとか。

そういうところも、好きだな~と。

お茶に興味がない人にも、これならプレゼントしたい。

この本について話している記事があるので、リンクしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ココナッツミルクとふかみ会緑茶

先日作った、わが家のデザート。
フルーツ入りバジルシードのココナッツミルクです。

080711

バジルシードって、ご存じですか?

昔、ナタデココが流行った後に一瞬話題になった、アジアン食材。
その名の通り、バジルの種。キウイの粒粒みたいなものです。

お水につけておくと種の周辺にゼリー状の膜が出来て、100倍以上の体積になります。その姿は、まるでカエルの卵のよう。^^;

それをてんさい糖を入れたココナッツミルクに漬け込んであります。

ココナッツミルクはわりに濃厚で口に残るため、緑茶は厚みのあるタイプがいいな~と思い、ふかみ会さんの煎茶を頂きました。

でも、そのままではまだ負けてしまいそうなので、焙烙でゆ~っくり、ゆ~っくり焙煎して、香りを香ばしくしてみました。

な~んと♪お茶を淹れたら、ふかみ会さんのお茶がうおがし銘茶さんのお茶のように大変身!もともと厚みのあるお茶なので、香りもボディーも太くなり、ココナッツミルクに負けない緑茶になりました。

いや~、たまには私の焙煎も成功するようです。^^
バランスが取れて、本当に美味しいデザートになりました。ごちそうさまでした♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

柔らか頭作成お茶講座!?

今日は、藤枝市の洋菓子店レ・トゥーヌソルの山田オーナーからの紹介で、藤枝北高等学校の「農業起業基礎」を選択された生徒さんに、お茶の講座+α(なんだ?笑)の授業をさせていただきました。

私は頑固なのに、お茶に関してだけは柔らか頭が出来るようなので、お茶を使って、柔らか頭になるための発想の仕方について、体験学習をしてもらいました。

S080709_1130

お茶講座の内容は、冷茶の作り方と、ミックスティー作り。
もちろん今回も、ティーポットボトルは大活躍♪
ボトルが欲しい!という声も上がりました♪

お茶の講座をしながら、柔軟な発想力の鍛え方を同時に組み込んでいくというのは、今までやったことがない講座スタイルで、とてもおもしろかったです。(ちなみに写真の手前にある黒いボトルは、お醤油です。)

今まで高校生に講座をした事がなかったのですが、人数が7名と少なかったのも、ワークショップのようで入り込めて良いのだと思う。

講座をやりながら、自分も頭の中もクリアになり、思考が柔らかくなってきて、講座は受ける方以上に、やることで身に付くことが多いものですね。

ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

朝から、静岡おでん

6月は取材で東京行きが多かったのですが、
いつも静岡駅の南口に車を置いていました。

駐車場から駅まで3分。
その間にある『おにぎり屋』さんが、
もうずっと気になって、気になって・・・。

とうとう入ることが出来ました♪

0806271


時間は朝6時半。夜じゃないですよ。^^;
お赤飯のおにぎり110円、おいなりさん70円。
静岡おでん 1本50円。
おしんこ30円、お味噌汁80円
金額はうろ覚えですが、嬉しいというかびっくりの良心価格。

朝早く6時過ぎからお店が開いているので、
いつもおにぎりを買い、新幹線の中で食べていたのですが、静岡おでんをどうしても、この席で食べたかった!!笑

0806272

男性一人のお客様が多いので、入りづらいのですが、お店のおじさんも良い方で、安心しました。

ちなみに、お酒は置いておらず、夕方には閉まります。

わが家でおでんを作ると、「わが家おでん」になってしまうので、外でしか「静岡おでん」は食べられない。^^;

街中に、こうやっておでんを食べさせてくれるお店が点在しているのが静岡流のようです。大阪のたこ焼き屋さんみたいなものかな?懐かしい雰囲気で、味があります。^^ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夏でも焙烙!冷ほうじ茶の作り方

最近、ぽつぽつとオリジナル焙烙(ほうろく)が、お客さまのところに旅立つようになりました。

Horoku1

Sacocolo original HOUROKU

袋布向春園本店さんの焙烙をベースに、皮紐を巻いています。
特に販売を大きくやっている訳ではないので、ブログを見た方からの問い合わせばかりなのですが・・・・。ありがとうございます。

けっして安いものではないのですが(そんなに高い訳でもないですが^^;←いくらだよ~!笑)、一つあると便利な道具です。

そんな訳で、オリジナル焙烙、緑色とオレンジ色の皮紐はあと一つずつになってしまいました。もともとかなり多色なため、(多いので、秋冬&地味っぽい色はほとんど巻いておりません。^^;ってことは、人に認知してもらうチャンスもないと言うことか?)もともと、それぞれの色は少数しか用意していなかったのですが・・・。

もう一つ、ティー太さんに作ってもらったポップを紹介♪

080742_2

さりげなくオリジナル焙烙の絵になっています♪関西弁は良いね♪

ちょうど、ティー太さんのブログで、ポップをお願いした元になっているプリントごっこの作品が話題になっていました。ティー太さんの歴代の作品は、本当にかっこいいんです。一度ごらんあれ♪

なのに、プリントごっこは廃盤なってしまって、さらに完売になってしまったそうな~。もったいない。話がずれました・・・。m(、、)m

焙烙は梅雨時も、部屋の臭い消しにとても重宝しています。
もちろん、美味しいほうじ茶も楽しめますしね♪

夏のほうじ茶は、水出しが美味しいですね。
器を冷蔵庫で冷やして、水出しのほうじ茶を注ぐと、それはもう~、美味♪
私はほうじ茶に、一つまみの緑茶を入れます。

そうすると、香りに甘みもプラス。^m^)

ほうじ茶作るのって、とっても簡単なんですよ♪何よりも、出来たての香りのよさを知らずにいるのはもったいないな~と思います。コレ本当!
あなたもお茶師さん気分で、火入れ職人になってみませんか~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クイズ。どっちが、どっち?

先日、一番茶と二番茶の考え方の違いについて書きましたが、今日はお茶当てクイズです~。


一番茶の新芽は、どっちでしょう~??

A

写真A


B

写真B

素直に「美味しそうな葉っぱ」を選べば、当たりそうですね。

あ、ヒント出しすぎかしら?笑

答えは、続きをどうぞ♪

続きを読む "クイズ。どっちが、どっち?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏だね~のブログパーツ

夏なので、期間限定で、
打ち上げ花火のブログパーツを付けました。

タイトルは、そのまんま。
「夏だね~。」 セレクト&命名:パートナー

時々入る、ニコちゃん花火とハート花火を見ると、
今日もなんか良い事ありそうで、嬉しくなります♪

0807011

*写真は昨日の海散歩。 後ろ姿はだれ?笑

ちなみに、本物の地元での海上花火は、
毎年、ビール持って浜辺での~んびり。

の~んびりなのは、半径20m以内に、他人はいないってことと、花火自体も、驚くほど間があいて、の~んびりしているってことです。笑

前からついてるブログパーツの「やぶきた?」は、少しずつ成長しています。
(だんだん、茶の木に似てなくなってきた・・。^^;)

でも、毎日更新しているTTDKさんのブログ「お茶のある日々」のグリムスは、なんと成長して、次の芽を出す準備をしているところ~!!早い~!
あと2日で、新芽が誕生するようですよ♪

大きく成長した時には、ろうそくもたくさん立っていて、お祝いムードでした。^^

わが家のグリムスは、何色でどんな形なんだろうな~。楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブリスベンで、お茶販売!

オーストラリアに住むブログ『てくてく、お茶日記』のてくてくさんが、なんと!
オーストラリア国内向けに、ブリスベンで日本茶のネット販売を始めました。

ブログでいつも楽しいオーストラリア情報を拝見していました。

引越し前から、やりたいと言っていたことを、
ちゃんと形にしていくところが、まず何よりも尊敬しています。

日本・日本茶の良さを、改めて実感することが多いであろう海外生活に、現地の日本の方に、ほっとしていただく。そして現地の人たちにも、広めていく。
給食にお寿司が出るくらいですからね♪

「地道にこれからこつこつと。」と言っていらっしゃいますが、本当に応援しています。

<ショップ紹介>

Aya Green Tea
http://www.ayagreentea.com/index.html
 

Aya, 「絢」とは、色糸をめぐらしてとりまいた模様という意味を持ちます。みなさまの暮らしにいろんな色をお届けしたい。そんな思いが込められています。

そうそう!同感♪ステキです~。
『みなさまの暮らしに、いろんな色をお届けしたい。』
私もそう思います。

ぜひぜひ、てくてくと、少しずつお進み下さい~♪
私もパワーを頂きました♪ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »