« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の13件の記事

手作り おっchaんチョコ?

変なタイトルで、すみません。
昨日、わが家のおやつをたくさん作りました♪

定番+初の玄米クランチチョコ。
   グリーン&ブラック。

0803307

作り方はいたって簡単です。

①ホワイトチョコを削って、湯煎で溶かします。
*温度は70度くらいかしら?私は自宅用なので適当です。本当は温度管理が繊細なチョコでしょうが、クランチなので手を抜きます。
*ポイントは鍋よりも大きめのボウルを使い、水分がチョコの中に入らないように気をつけてください。

0803302



②お好きなお茶の粉末を入れます。
*大量に入れるとほろ苦く、甘さ控えめに感じて、男性向けには良いと思われます。

0803303



③ダマにならないように、お茶を混ぜたら玄米をどっさり入れます。

0803304

④バットに入れて完成です。

0803306


⑤今回は、残り半分に竹炭をさらにプラス!
味が何か変化するのかを調べました。

0803305


<試食した感想>

あいかわらず、チョコは美味しいです♪ v(^0^)v
目隠しで、味当てクイズをやっていますが、
パートナーは、なんとなく差を理解したようです。
が・・・。
商品としては、色の持つイメージの差が影響するだけで、
竹炭って味への影響は、ないんだな~。
こげって、身体に悪いって言いますが、竹炭は良いのかしら?
不明です。 

<基本の材料>
ホワイトチョコ 500g
玄米  200g
粉末茶 大さじ山盛り1杯
竹炭 小さじ1杯
*全てお好みで調整して下さいね♪

ちなみに、なぜおっchaんチョコかというと・・・。
パートナー(←おっちゃん^m^)の大好きなチョコだからです。うぷぷ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティーライフナビゲーターってさ。続編

昨日の続きです。
①は、こちらから

ティーライフナビゲーターは、世界で私しかいない新しい職業だって、昨日書いたのですが、もっとわくわくする気付きがあったんです♪

私の仕事は、『もっと気軽に、自由にお茶を生活に取り入れれば、毎日の生活を楽しめ、心豊かになれるんだよってことを広めることだ』と理解できたおかげで、頑なに一人でやる意味はないな~と思ったんです。


0803291

庭の姫こぶし♪ 大好きな春の花

だって、マニアが一人でうだうだ言っているよりも、みんなでわいわい楽しく言った方が、『広めること』が私の仕事なのだから、効果的だと気付けたんです♪

ティーライフナビゲーターなんていう言葉は、ただの肩書きでしかなく、どんな名前でもいいことなんだしね♪ネットを通じても、リアルな世界でも、私の周りには志を同じにできる仲間がたくさんいるんじゃないだろうか?その人たちともっとつながれるんじゃないか?と今、思う。

こんなこと、周囲から見れば当たり前だろうと言われるかもしれませんが、こんな単純なことにも気付かない私って、やっぱりそういう人間的な成長が出来ていなかったんだと思います。


0803282

庭のプラムの花♪夏には甘い実がなります♪

生きた経営の羅針盤作りは、出来上がった羅針盤以上に、作り上げる過程が重要で、それをずっとお付き合いして下さった、清水地区のJAや農林事務所や市役所の皆さん。そして何よりも『小さな農業だからできること』の著者、マーケティングプランナーの宮澤昌子さんの仕事のやり方に、本当に感動しました。

とはいえ、立派なことを言っても、やらないと仕方がないしね~。日本中に、世界中にいるお茶の良さを実感している方たちと、どうやったらつながれるようになるのか?もっと考えようと思います。

まずは、小さい私のできるところから♪

でも、今、すごく楽しいんです~♪♪♪ありがたいな~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ティーライフナビゲーターってさ。

先日、経営の基礎を学ぶ塾の終了式がありました。
今年はSacocoloという事務所を開設し、色々と新しい動きの多い年になりそう♪
ありがたいな~と思います。
自分を理解して、方向が決められるようになるのに、4年もかかってしまいました~。

080325

それでも、やっと自分の方向を見つけ、
私の仕事の意味について、理解できるようになりました。

こういう気付きって、漠然と理解していたところから、
ぐ~っと入り込む瞬間というのがあるんですね♪

ティーライフナビゲーターって、世界で私しかいない新しい仕事。
これは、これからの私たち、
つまり、お茶を知らない人、もっと言えば日本を知らない若い人たちにとって、
絶対に必要な役目になるだろうと思い、
私が勝手に創った、新しい職業なんです。^m^

日本茶インストラクターという制度が後から立ち上がり、
その流れに飲み込まれ、迷走したり、拒絶したり。><)
自分の立ち位置も見えず、目指す方向もわからず。
なぜ、ここにいるのかも分からず・・・。

なんだか、自分でティーライフナビゲーターと名乗りながら、
ずっと肩身が狭いような気もあったのですが(笑)
なんだか、なんだか、今は本当にすっきり。^0^

ずっと「あきらめない」っていうのは、自分が選んだ(決めた)ことだから、どんなにつらくても、しがみついてでもやり続けるってことだ(ある意味、消去法)と思っていたけれど、昨日、私の卒塾発表文を読んでもらったら、パートナーに、

「斉藤一人さんの言葉なんだけど。
『自分が仕事を選ぶんじゃないよ。仕事が(あなたを)選んでいるんだよ。』というのがあったよ。」って。

あ~、そうなんだよね。本当にそういう感じなんだよね。
だから、こんなにその時が苦しくても、止めようとは思わないんだし。
なんとか、乗り越えようと勉強するんだし。
またそれが、愉しいんだしね~♪

私は、『もっと手軽に、もっと自由にお茶を生活に取り入れた暮らしが、とても楽しく、心豊かに暮らすための方法だってことを広める』という”仕事”に選ばれて、今ここに居るんだなってことを、すごく実感した。そう思ったら、自由になれた感じ。

最高に、全てに感謝。
これから一緒に動き出すパートナーに。
いつも支えてくれる家族に。
近くに居てくれる仲間たちに。
遠くで見守ってくれる皆さんに。
もちろん、ブログを読んでくださるあなたにも・・・。
静岡のこの土地にも。
ありがとうございます。

フデキながらにも、今後もよろしくお願いいたします。

今日は、すごくマジメな記事だわ~。学ぶって楽しいね~♪今まで見えなかったことが、よ~く見えてくる。しみず茶畑塾でつながった皆さん、本当にありがとうございます。自分の殻を一つ壊した感じです♪まだ、一つか!って言われそうかな~。(笑)




| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホウロクの位置

ふ~、今日はちょっと一息。ちびかれた~。

人の出会いって、不思議な力を感じますね。
ありがたいな~・・・。って思うこの頃。

友人の袋布向春園さんのブログに、
自律神経とお茶の話が書いてありました。

あぁ~、今の私だな~・・・肌荒れがひどいし。
バランスを欠いてる状態だなって・・・。

お茶を飲んで。
飲むだけで、全てがリセットするわけではないですが、
お茶を飲むと、少し力を抜くことが出来ます。

だから、お茶の時間って、私には大切~♪
出来るだけ、手軽に作りたい時間なのです。

080326


わが家のホウロクの定位置は、
コンロの脇の壁。

いつでもすぐに、夕食後のほうじ茶が作れるようになっています。
ホウロクでも何でも、しまいこむと使う頻度が下がるので、
使いやすいように、綿ひもで結んでかけるだけ。

もちろん、かなり高温なので、炒ってすぐには戻せませんが、
逆に、熱々のホウロクはタオルに包み、
頭や肩のコリをほぐすのに、その熱を利用しています♪
これも、リラックスにつながっているのかも~!? 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新茶祭りの報告

週末は、新茶祭りに行きました。

茶摘みのハウスは、わが家のすぐ近くなのですが、ネットで調べた地図と現場がなぜか大きく離れていて、20分以上さまよってしまいました。

0803221


最後は、作業していた農家のおじさんに声をかけたら、偶然イベントのことを知っていて、地図を描いてくれました。私の持っていた地図よりも、よほど分かりやすい。^^;

S0803222


080322_

到着すると、たくさんの人!新芽がびっくりするくらいに伸びていました。

摘むととても良い香り。この香りは、本当に清々しい感じがします。

080322_3

今年最初の新茶です。^^貴重。

S0803224


場所を移動して、手もみ茶作りや、新茶を頂いたりしました。
飲んだ新茶の茶殻は、そのままお茶料理に利用され、試食が出来ました。

S0803225



0803226

牧之原の茶粥は、緑色♪地域性ですね。

たくさん参加者がいて、賑やかなイベントでした。今後も牧之原の新茶の口切になりそうなイベントでした♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

袋布向春園さんで、ブレンド体験!

この頃、お知らせばかり書いているような・・・。

今回は、私の企画をご紹介します。

4月1日(火) 大阪の袋布向春園さんで、
半日限定の、ブレンド体験コーナーを開きます♪

袋布向春園さんは、私が愛用している焙烙(ほうろく)を
販売しているお店でもあり、あのめちゃくちゃ美味しい、
お茶のスィーツブランド”葉乃國”を展開されているお茶屋さんでもあります。

今回は、エイプリールフールの当日!(笑)
大阪の袋布向春園本店、カフェコーナーで、
オリジナルブレンドを作り、飲みながらお茶会を開きます。
この時間は、ず~っと店舗内に常勤してます。

エイプリールフールですが、ちゃんとやりますので、ご安心を。^^

うふふ ^m^) 

大阪での企画は初めての試みですので、
出来るだけ色々な方のお話が伺えればな~と思っています。
とても楽しみです♪
お気軽にご来店下さい。
詳しくは、袋布向春園さんのブログをどうぞ。

****** イベント詳細 clover *****************

 あなただけのスペシャルブレンドを作ろう!

 日時: 平成20年4月1日(火) 
      13:30~17:00 時間内はいつでもどうぞ♪
 場所: 袋布向春園本店 カフェコーナ

      大阪府大阪市城東区今福西5-2-5(地図はこちら)

 内容: ●オリジナルのお茶、ブレンド作り
      ●世界のお茶トーク(お茶よろず相談)

 参加費: 無料

 案内人: ティーライフナビゲーター 
       かなざわゆう 

****************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のイベント 4/6分

花祭り茶会・・・私も一つ席を持たせて頂いています♪
          遊びに来てください♪
 

  日時:平成20年4月6日 (日) 11時頃~

  場所:静岡県袋井市浅羽1649-1
                      →円明寺(地図へ) 0538-23-3109

  内容:お釈迦様のお誕生日に行う「普段着の茶会」

  主催:日本茶道塾

  参加費:無料 

  *お問い合わせは、茶道塾さんへどうぞ。 

0803211

向笠園にて撮影(2008、3・17)

 

栃沢茶宴・・・生産者の皆さんが亭主となり、自分のお茶をふるまってくれます。静岡駅から車で1時間の山奥ですが、行くと本当に身体の中からリフレッシュします。

  日時:日時:平成20年4月6日 (日) 10:00~14:00

  場所:静岡市葵区栃沢地区 各所

  主催:栃沢茶を育て居る会・夢倶楽部とちざわ

  内容:席主とひとこと

子安亭>
●出雲道則  品種「いなぐち」をお召し上がり下さい。
●望月松雄  村の古老が作った品種です。皆様ご意見をお聞かせ下さい。
●内野正彦  昨年春の寒の戻りも影響が少なく、素直なお茶に仕上がったと思います。
●内野清己  何も足さない山のお茶。「力をいれてりきまない」むずかしいなぁ~。

龍珠院>  
●出雲清夫  緊張感が心地良い。はまったかな。
●出雲康典  やぶきたの自然仕立てによる手摘み茶です。
●内野勝   天気がよければ野良で・・・。

抹茶亭>
●たぬき村  初めての取り組みです。

時間割:各お席とも約30分ごとの入れ替わりです。

席料:志納

予約:予約可 席主または時間をご連絡下さい。
  会の事務係 FAX 054-291-2220  携帯電話 090-8078-0699 
詳しくは、こちらをどうぞ。 栃沢の地図

   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新茶のお祭り 3/22分

春になると、色々なイベントがありますね。

4月22日の朝8:30~は、牧之原市で行われる新茶の茶摘イベントがあります。
詳しくは、こちらへ

同じく22日には、ばん茶の講座がありますよ! 
この日は、午前・午後と牧之原に遊びに来てください♪

日時:平成20年3月22日 (土) 午後1時00分より

場所:島田「お茶の郷」博物館ホール  

内容:各地のばん茶の試飲とお話

講師:塚本早苗氏 (←ばん茶のことなら、この方におまかせです!)

参加費:1,000円 

会場地図 (お茶の郷博物館ホームページ)

*申し込みは、私まで連絡頂ければ、お繋ぎいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緑茶ラテ

ホワイトデーの日に、突然、いつもお世話になっている方からプレゼントが届きました。
サプライズな贈りもので、嬉しくなりました。
なんていうか、こういうところが女性の心をひきつけるんだな~・・。

0803171

届いたのは、資生堂パーラーの花椿クッキー。
缶がめっちゃ、かわいい♪
たくさんクッキーが入っているのですが、「クッキーを食べた後、この缶を何に使おうかな~♪」と、蓋を開けるたびに考えてしまいます。

プレゼントを下さった方は、日本茶関係のえらい方なので、敬意を表して、バタークッキーに合わせて、緑茶ラテを作りました♪(敬意を表して、緑茶ラテで良いのか?と突っ込まれそうですが^^;)

0803172

<作り方> チャイと同様  *使用茶葉:深蒸し煎茶
①鍋に、少量の湯と、緑茶葉を大さじ1杯を入れ、1分ほど蒸らしてしっかり味を出します。

②ミルクを300cc程度入れて、沸騰寸前まで温めて完成。

③濾しながら、カップに注ぎ、お好みで甘みを加えます。

<飲んだ感想>
実は、緑茶ラテを煎茶で作ったのは初めてだったのですが、ほうじ茶ラテと比べて苦味はあるけれど、香りが立たないですね~。
パートナーは、ミルクが強すぎると言っていました。

工夫の余地ありでした~。^^; 残念!

てくてくさんのお茶日誌に、粉末茶を使った緑茶ラテの作り方が出ていましたが、茶葉よりも粉末の方が味が濃く作れてよいのかもしれませんね。

確かに、粉末茶をお湯で溶いて、コンデンスミルクで甘みとミルクっぽさを足すという方が、緑茶の味が引き立つかもしれないな~。  

でも、クッキーは美味しかったですよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶道塾のお茶会

2月から3月にかけて、日本茶道塾の亜湖先生の講座に参加しました。

秋に私が通った、表千家の先生が用意してくださった勉強会は、茶の湯美術館についての講義だったのですが、今回は本当の意味で、茶道について学びました。

0803092

かなり有意義な時間。
学び多い講座でした。

1回目 : 茶道を学ぶ意味について 十牛図の話やお点前の話
2回目 : 茶道の成り立ちと変遷について 茶道史の講義とお点前の練習
3回目 : お茶会

お茶好きなのに、茶道の堅苦しさや閉塞感を敬遠していた私ですが、
茶道を学ぶことで、茶道から開放されました。(意味不明?笑)

 

学んだことを、ブログに書きたいなと思いつつ、
うまく言葉が出てこないため、ずっと止まったままでした。^。^;)
そうしたら、O-CHA処チャ茶応援ブログ☆Cya-o!のりるさんが、
色々記事を書いてくださっていたので、全部リンクをはりました♪

1回目の様子
2回目の様子
3回目の茶会
講座を通して感じたこと

とてもす~っと受け入れられた感じが、私も全く同じでした。
亜湖先生にも、会場のチャ茶さんにも感謝です。

そして、りるさん、こんなに丁寧にブログを書いてくださって、本当にありがとう♪

ちなみに、私は抹茶も楽しくなって、4月6日に浅羽町でお茶席を持たせて頂くことになりました。なんとか、茶せんが身体の一部のようになれば・・・。

余談ですが、お客様に抹茶を入れて出すのと、煎茶を入れて出すのでは、向き合うプレッシャーが違うと感じました。煎茶は人数分に分けていくけれど、抹茶は一人分。私が慣れていないこともあってか、相手に100%自分の入れたお茶が届くと思うと、逃げ道がなくて心地よい緊張感がありました。^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

農作業の気持ちいいところ

週末は私たちが遊ばせて頂いている茶畑に、草取りに行きました。そろそろ、シダの根っこには新芽が動き出しています。

この日は、ふきのとうとエシャレットを山からいただき、夕飯に出しました。今年は、友人も一緒に草むしりしてくれるという話になっています。
友人も、こういう山の散策は大好き!!
だから、草むしりも楽しんでやってくれると思う・・・という希望的観測です。笑

自分たちだけだと、山の草刈りも正直なえそうになることもあるのですが、仲間を募るという方法があるんだと、最近気付きました。^^;)友達が一緒だと、わくわくしてくるんですから、現金なものですね。

さて、農作業の好きなところ。
山では酸味のあるはっさくなどの果物が美味しく感じるのですが、何が気持ち良いかというと、

むいた皮を、ポイポイ畑に向かって投げ捨てられるところ!

0803081

食べてる先から、投げていく。

ゴミを投げ捨てるなんて、日常生活ではやってはいけないマナーなのですが、果物の皮はそのうち腐って土に返る。だから、畑の中ではゴミではないんですね。

正々堂々とポイ捨てが出来る。これは畑だから出来ること。
なんてことないんですが、これが、とても気持ちがいいんですよ~♪
あ、ただしゴミにも2種類あり、土に返らないゴミはもちろん全部持って帰ります。

もう一つは、みかんで汚れた手を、思い切りズボンで拭けること!

これも普通は服が汚れるからと、小さい頃から怒られてきたこと。こちらも、どうせ汚れているズボンですから、心置きなくやれる♪

う~ん、気持ちいい♪のびのび~!なのです。

山の茶畑に、遊びに来ませんか?もちろん、草むしりも一緒にお願いします~。^^

0803082

ちなみにこの写真の左右、正面全てが放置茶園。わが家はこの上に茶園があるので、上から下まで草を刈って道を作っておりまする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新茶作り体験!

暖かくなりましたね。
風が、「は~る~♪ 春~♪」と言っているようです。

さて、今年もそろそろ新茶の話題が出てくる季節。
静岡の茶畑では、防霜ファンのスイッチが入りました。

4月の声を聞く前に、早くも新茶のイベント情報です♪

Sinme06421

牧之原市で、早出し新茶のお茶作り体験を行います。
主催は、生産現場にいる方々です。
少し集合時間が早いのですが、私も参加しようと思っています。
皆さんも、今年最初の新芽の香りを体中で感じに来てはいかがでしょうか?

**************************************************

開催日 : 平成20年3月22日(土) *小雨決行と致します。
集合場所 : JAハイナン茶業センター「茶ぐりん牧之原」
        牧之原市布引原884  電話0548-27-1001
集合時間 : 朝8時30分
内容 : 
  ①ハウス茶園で新茶手摘み体験 9時~11時
     園地>牧之原市菅ヶ谷1359-1
  ②茶手もみ体験、機械製造見学 (会場:茶ぐりん牧之原へ移動)
  ③新茶試飲、お茶料理の試食 12時頃~

参加費 : 無料 (昼食等は各自ご持参下さい。)

お申し込み*お問い合わせ
  JAハイナン相良営農経済センター 担当 山下さん
  電話 0548-53-2024
  FAX 0548-53-2025

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食育とは・・・。

今日は、久しぶりに家で仕事です。
週末は、早稲田大学で行われた『田舎のヒロインわくわくネットワーク』という生産者の女性が集まる全国集会に参加しました。

0803061

学生と生産者の女性と、企業が語りあうとても勉強になる内容でした。
あまりに内容が多く、整理が出来ていませんので、感じたことはおいおい書ければ良いなと思っています。

と言うことで、わが家は今、東京みやげが多いんです♪

おやつは、福砂屋のカステラとコーヒー。

0803062

福砂屋は長崎ですが、静岡で購入したことがないので、東京みやげです。^m^;

このコーヒーカップが、1年越しで友人から届いた、バカップ展のカップです。^^
使いたかっただけです♪
個人的には、カステラには牛乳の私。^^ 理由は分かりませんが、小さい頃の記憶でしょうか?(笑)


080306_3

お昼ごはんは、神楽坂の五十番本店の肉まんとしいたけまんです。
コンビ二の肉まんと違い、どことなく本場中国の香辛料の香り(この鼻に付く香りはなんだろう?中国のサラミにも感じる香り)がするので、お茶は、鳳凰単そうのウーロン茶にしました。

ルイボスティーでも良いかなと思ったのですが、やはり香辛料の香りには、少し華やかな香りのあるあっさりしたお茶の方が相性が良いみたい。ルイボスティーでは、お茶がぼけて、一緒に肉まんもぼける感じがしました。

最後に、わくわくネットワークで、す~っと納得したことの一つを紹介します。

食育とは、食材を選ぶ力を持てるようにすること。
そして、食育とは食の教育ではなく、食を育むということ。

お茶も同じ。
自分の気分でお茶を選び、自由に遊べるようになりたい。
そして、そのお茶の背景を知りたいし感じたい。

あなたも、お茶マニアになりませんか?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »