« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の13件の記事

「ガ茶」って、知ってる?

ネットサーフィンしてたら、バンダイが販売している、おもしろいお茶を発見!

ガチャピンドリンク! その名も、「ガ茶」(笑)
ネット通販専用の缶入りのお茶です。

缶の絵、かわいいな~♪ひとやすみしたくなります~。
また、この苦しくなるほどの、ネーミング。笑えて好き♪

『パーティー用、行楽用、そしてガチャピン好きにはおすすめ!』
と書いてあります。ガチャピン好きな方は、ぜひに!!

何かあったら、ここのを使おうかしら~。
でも、何かあったらって??? ナニ? イツ?
缶使うよりも自分で準備する方が早いって?

一本ずつ手元にあれば、それで嬉しいんだけどな。^^;

公式ページは、こちらからどうぞ♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

和歌山の茶粥

和歌山の生産者、上村誠さんのおうちに泊めていただきながら、農家の主婦の知恵をた~っくさん教えて頂きました。その中に茶粥もあります。

和歌山の茶粥は、もう若い人たちはめんどうだから作らなくなってきたそうです。
お鍋に湯を沸かして、日乾釜炒り番茶を煮出すのに、15分。
ゆすいだお米を入れて、煮るのに15分。

朝の忙しい時間に30分火をかけるのは、なかなか大変。炊飯器でスイッチ入れる方がよほど楽だといわれると、納得してしまいました。でも、おばあちゃんは茶粥が好きだから、ご飯と茶粥と毎日両方作るのだそうですが、茶粥はさらさら食べられるから、奥さんも大好きだと言っていました。 本当に美味しいんですよね~♪

*写真は、朝食の残りをお昼に食べたもの。思ったほどお米はふやけていませんでした。

朝茶粥を作って食べ、残ったものを常温のままで、昼にも食べる。もっとさらさらな茶粥にするには、出来上がったらすぐに流水で冷やすのだそうです。お米が締まってさらさらをキープするのだとか。

2日目の晩は、近所の人たちが集まって宴会を開いてくれました。この辺りの人たちは、大勢集まるとだいたいちらし寿司を作るのだそうです。山のちらしは、山のものばかりが入るのだそうですが、鯖の塩焼きの身をほぐし、酢とあわせて出汁の代わりにするそうです。おもしろい!(ちなみに牧之原の自然薯は、鯖の味噌汁で溶きます。)

おすし作りながら地元の人たちが言ったのは、「おすしと一緒に茶粥を食べると、本当に美味しいんだよね~。」

・・・??? 寿司でお粥???

上村さんは、ちらし寿司に茶粥をかけて食べていました。「ちらしはおかず、主食はおかゆ。」とのコメント。私も驚きながら、皆に勧められて食べて見ましたら、あれれ。けっこういける!という味でした。
が、薦めた奥さんや近所の方は、「私には出来ない~。」といっており、別々派と一緒派で分かれているようです。^^

牧之原の農家さんにこのちらし寿司に茶粥をかける話をしたら、昔の人はごはんに粥をかけて食べる人がいたとの話。さらさらと食べやすいのだそうです。それも、初耳。勉強になりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

美味しい時間♪

先日、パートナーの誕生日のお祝いをお気に入りのお店、エツナでしました。何を食べても美味しくて、嬉しくなってしまいます。

今回はいつも食べる料理に、普段は食べない料理を足しながら、ワインを頂きました。
このお店のシェフは若いけれど、仕事がきれいでソースが美味しい!味付けがとても私たち好み。近所にこんなに美味しいお店が出来て、本当にありがたいね~と、2人で毎度、話をしています。

エスカルゴや魚介のガーリックソテーは、定番の注文メニュー。パートナーのお気に入りです。

岩塩の包み焼きは、今回初めて注文しました。オリーブオイルとレモンをかけていただきます。これは私たちにはちょっとだけしょっぱかった。和紙に包んでから岩塩で包んだらどうなるかな~。

美味しかったのは、フォアグラと洋ナシのキャラメリゼ。

あっという間に食べてしまい、写真を撮るのを忘れました。^^; 
他にも、定番のピザ、マルゲリータ等など、お腹いっぱい頂き、デザートへ♪

私の大好きなアフォガード。

バニラビーンズのたっぷり入った特製アイスに、アツアツのエスプレッソコーヒーをかけていただきます。香りが良くて、本当におすすめです。こんなに美味しいアフォガードを頂いたことはありません。

この日はパートナーの誕生日。エツナさんに事前に、ケーキを頼むのでその時にハッピーバースデイのプレートか、ロウソクを添えて欲しいとお願いしてありました。

パートナーは、いつもよりちょっぴりサービスしてくれたケーキを見て「まるで誕生日なのを、知ってるみたいだね~♪」と一言。その後、チョコで書かれたメッセージを見てサプライズ♪
  
うふふ 作戦成功!!楽しいね~。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

和歌山 日置川の茶産地へ

23日から、3日間。和歌山県白浜の茶産地へ行きました。和歌山の生産者さんたちに、お茶の楽しさ、最近のお茶事情などのセミナーをするために伺いました。

お盆明けから毎日慌ただしい日程で動きましたが、移動の最後は、南紀白浜♪
白浜町の山奥に伺うと携帯電話も繋がらない。3日間、下界との繋がりをシャットアウト。とても充実して地元の皆さんと交流が出来ました。やっぱり、現地を見るのはすごい実感が出ます。

和歌山県は、本当に海か、山しかない、ステキなところでした。
そして、お茶は山の農地を見ても、発見できず、紀州の梅ばかり。^^
お茶畑は探して探して、連れて行ってもらって発見する程度です。

和歌山の日置川周辺の山は、とても谷が狭くてほとんど平地がなく、表現が出来ないのですが、静岡のどの川沿いの山とも違う雰囲気。当たり前か。^^; 細い道を山奥には進むのですが、山を登ったり降りたしして、意外に標高は低いようです。

煎茶の生産を伸ばしたい、品質を良くしたいという想いがある和歌山のお茶。そして、もう一つ。地元で続く茶粥の食文化。

今回は、ホテルではなく、お茶フロンティアでも何度も入賞している上村誠さんの家に泊めていただいたため、地元の食事や生活、そこで暮らす人たちの考え方をじっくりと体験できました。本当にありがたいです。

やっぱり、私のスタイルは、生産家密着タイプなんだな~と、改めて思いますね。

それにしても、水が美味しいところでした。
水と山と空。本当にきれいだったな~。
つり橋を、車で渡るとは、さすがに最初、びびりました。しっかり造ってあるとは言え、木の板が渡してあるだけなんですから。^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

セミナー参加

18日は、株)新規開拓の主催する、講演会へ参加しました。

テーマは、

『感動ビジネス成功の秘訣』

講師は、

●株式会社新規開拓 社長 朝倉千恵子氏
●ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー 日本支社長 高野登氏
株式会社ワニマネジメントコンサルティング 社長 和仁達也氏
株式会社ペリエ 社長 和田裕美氏

という、現在輝いている方ばかりです。

講演内容は、それぞれ皆さんが、ここまで来る道のりや経験、そしてそこから今、思うことなどなど。
特に私が参考になったのは、ペリエの和田社長です。

写真では、普通にきれいな女性なのですが、話をしだすと、めちゃめちゃおもしろい♪
とてもひっかかるものが多くて、話方も独特ですが、とても分かりやすかったです。

講演の内容から> *私が勝手に解釈した部分もあるかもしれませんので、ご了解下さい。

●成功するために必要なこと・・・・(成功って、何を持っていうのか?と突っ込まないで下さいね♪)

自分も、周囲も一緒に、ハッピーになること。ハッピーになるための一つの条件として、自分の仕事もめいっぱい楽しんで結果を作るということ。かな~。

『成功するかしないかは、考え方の差。収入の多さは、行動の差。』と、まず言われました。
『事実は、一つ。考え方は二つ。』*出来事に対して、よかったと捉えるか、悪いと捉えるかの違いだと。
 
①イライラや泣く、怒ることはしても良い。
ただし、すぐに切り換えて良い方向へ考えること。・・・陽転思考
 ⇒これは、今読んでいる谷川浩司棋士の「集中力」という本にも書いてありました。
  この本もおもしろいですよ♪

②目標にゴールする直前で、次の山を見ること。 
 成長過程は、直線ではなく小さな山がたくさん続いている。一つ達成してモチベーションが下がる前に、次の目標を目指して、成長の山脈を登り続けること。それが、「わくわく」の持続の源になる。

③情緒能力・思いやりが必要。
 笑顔の持続が必要。笑顔は、自分が笑いたいから笑うのではない。人が、笑顔の自分を見て、おだやかになってくれるために、笑う。目の前の人に一生懸命にならないと、失礼でしょう!とのこと。

④愛されキャラになるためには、表現力、伝える能力が必要。
伝わらなければ、伝えたことにならない。自分の感情を素直に表現する事。お互いに気持ち良く、楽しくなるように。

⑤持久力が必要。そして、行動しなければ、チャンスも来ない。

などなど、盛りだくさんでした。

私が特に感じた部分は、

●自分のマイナス部分を認めて、向き合う時間を持つこと。
●現状・今の自分を知る、測ること。

現状が理解できて、認められなければ、次の方向が見えないものね。
もう一つは、皆さん自分で決めたことに対しては、自分に厳しい。

講演会に参加して、本当によかった。紹介してくれた友人に感謝♪
もっと、もっと、一生懸命に仕事したいな~という欲求がいっぱい出てきました。^^
仕事って、楽しいですよね~♪♪特に、お茶の仕事が出来るのは。

それにしても、和田裕美さんは、ステキな方でした。好きだな~♪
もちろん、他の講師の皆さんも、最高にステキでした。ありがとうございました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残暑お見舞

毎日、本当に暑いですね。
こういう時は、皆さんどうやって、涼しく過ごされるのでしょうか?

我が家は、それでも熱いお茶を食後に頂いております。^0^
でも、これだけ暑いと、これからはどんどんと、
冷茶がたくさん飲まれるように、なるんでしょうね~。

ペットボトルじゃ、厚みがなくて物足りない。
だから、旨みの濃~い(値段の高い)緑茶を、氷水で頂くのが、いいですね♪

明日は、伝えるプロのための世界のお茶講座。
その後、東京へ行って来ます。
帰ってきたら、すぐまた和歌山へ。
来週は、我が家にどれくらい、いられるのかしら?(笑)

皆さんも、最後の夏をお楽しみ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お茶の消臭も限界が・・。

本当に、毎日暑いですね・・・。まだまだ、ビールが美味しいです。
今、我が家で流行りのビールは、エビスビールの新商品、「ザ・ホップ」
口に入れた瞬間と、飲み干した後の香りがよく、
しかも苦味がまろやかで飲みやすく、お気に入りです♪
ビール嫌いや、女性が好みそうな感じですよ。おすすめです。

で・・・。
今晩の夕食は、殻付きホタテのグリルにしようと思い、購入したのですが。
・・・どうも、臭う。鮮度の悪い臭いがしました。
捨てようかと思ったのですが、

 「そうだ!お茶ソースにして、臭い消しをしてみよう♪」と、ヒラメキました♪

お茶の効果を確認する絶好のチャンス。
ホタテを切って、お茶とオリーブオイル、ニンニク、塩コショウで、和えてからフライパンで焼きました。
写真取るのを忘れました。 f^0^;

 実験結果:
やっぱり、臭くて食べれませんでした。(真夏の海岸の臭い)
消臭作用にも、限界が・・・。
傷んでいる食材が、生き返るわけではないようです。
当たり前か。^^;

この季節、何でもすぐ腐ります。
お茶のカテキンには、抗菌効果もありますが、
やっぱり、お茶に期待するよりも、冷蔵庫にしまった方が、あてになるようです。
皆様も、ご注意下さい♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶問屋の風景

先日、私が先生と呼んでいる社長さんの茶問屋へ伺いました。
特に用事があったわけではなく、ふらりと立ち寄ったのですが、
いつも、とても会社がきれい。
そして、気持ちのよい空間です。

いつもきれいな部屋の一部に、拝見場があります。
あまりに整然としていたので、つい写真を撮ってしまいました。^^

2つだけ、検茶した様子。
写真には、きれいに写りませんでしたが、
スプーンが、茶盤にさしてあるのが、なんてことない風景なのですが、
検茶した方の息遣いが見えて、好きだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のお茶三昧①

今年の我が家は、今までにないほどお茶のバリエーションが豊富。
半分仕事ですが、色々なお茶を飲んでいます。

今年の夏は、抹茶が一押し♪
アイスと一緒に、頂いています。
たくさん飲んで、のどの乾きを潤すのとは、別の方法なのですが、不思議と落ち着くのです。

ちゃむりえ様から頂いた、展茗(てんみょう)と、あさひという品種です。
てんみょうは、宇治在来から選抜した品種だとか?
さっぱりしていて、夏におすすめの抹茶でした。あさひは濃厚な甘みです♪
宇治に伺った時、展茗で作ったアイスや、プリンや、茶団子を頂きました。^^
美味しかったです~♪


(手タレはもちや様)

今、ふと思ったのですが、宇治では「茶団子」というお菓子を、本当にどこの店でも、同じ形のものを見たのですが、静岡ではあまり見たことがないな~。
あまり、興味が湧かず、自分で購入することもなく過ぎたのですが、
きっと店ごとに、味が違うのでしょうね・・・。

深蒸し茶で、今年初めて購入したのは、大根占(おおねじめ)町の生産者さんたちの勉強会グループ「ふかみ会」さんのお茶。
「大滝みどり」と言う名前です。ネットで知り合って、一つ送っていただきました。
(大根占町は、鹿児島茶の走り新茶を作る地域だそうです。)

そうしたら、美味しくて♪♪
地元の農協のカウンター横に置いてある商品だそうですが、リーズナブルな価格で、良質茶♪今年の「うれしびっくり茶」の一つでした。^^

こんな良質なお茶を地元の方が飲んでいるのだとしたら、そこってけっこう「かっこいい土地」だな~と、思います。やっぱり、地元で飲まないとね!
ちなみに、「おおねじめ」と最初読めなくて、「だいこんうらない」と呼んでおりました。(笑)

ネットってありがたいですね~。こうやって作っている方の声を聞いて、農作物が購入できるんだから。
でも、本当にあり難いのは、ふかみ会さんそのもの。
だって、鳥さまがカキコしてくれなかったら、私はふかみ会さんを知る機会もなくいたでしょうから。
いつか、会えると思えますよね~♪ありがとうございます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

有機茶に興味のある方、いませんか?

<静岡茶JAPANブランド育成事業 第1回勉強会のお知らせ>

「有機のお茶作りに興味のある生産者は、いませんか?」
マルヒデ岩崎製茶の社長さんから、熱いラブコールを頂きました。^^

中小企業庁が実施する、地域の伝統的な技術や素材などを活かして世界に通用する新たなブランドを創る各地の取り組みを支援する「JAPANブランド育成支援事業」の一つに、『「ヨーロッパで売れる静岡茶づくり』プロジェクトが生まれたそうです。

下記の日程で、第1回目の勉強会を行います。静岡の生産者さんで、問屋さんたちとチームを組んでお茶を栽培から販売までやってみたいなと、少しでも興味が湧いた方は、ぜひ一度下記のアドレスにメールを入れて見て下さい!新しい世界が、広がるかもしれませんよ~!

ただ、個人的に疑問なのは、生産者さんしか参加できない勉強会なのかしら?資料に対象者が入っていないのですが、気になると言う方は、農業者以外にもいそうな気がします。もし、岩崎社長がこの記事を読んだならば、カキコしてくださ~い!
私も、時間が合えば聞いてみたい内容ですが、すでに予定が。残念です。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶会へ② 七夕茶会

今日は七夕。仙台の七夕祭りをテレビで見ました。
昨日、茶農家さんへ伺ったら、玄関先に笹に願い事がたくさんつないで飾ってありました。来客者にも、願い事を書いてもらうためか?、玄関には数枚の真っ白な札とペンが置いてありました。
この辺りは、旧暦で動く方と、新暦で動く方が入り混じっているようで、お盆の用意もスーパーには2回並びます。

暑くなり、暦の上では立秋らしいですが、夏本番。
7月2日に伺った、黄檗弘風流さんの七夕茶会を思い出します。
とても、涼しげで、楽しい茶会でした。

庭で行われているのは、男性だけで行う野点。
いい男さんが、袴姿でかっこいい♪だけではなく、美味しいお茶を淹れて下さり、幸せです~。

設えも、とても涼しげで、これが男性が考えたとは、うむむ~。
男性の方が、繊細な感覚があるのでしょうかね~。ステキでした。^^

あれから、茶会に行ってないです。^^;
は~、せっかく扇子を購入したのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めんどうを克服するには?

昨日は、伝えるプロ養成講座の5回目。日本茶でした。
私は好きで、この業種に携わっているから、ついつい「お茶の良さを伝えたい」と思ってしまうために、熱くなる。
でも、お茶に熱くない人にとっては、押しつけのように感じるかもしれないなと、意識しながらやっています。
やっているけど、なかなか思ったように行く事ばかりではないのですが・・・。^。^;)

だから、つい「お茶の良さ」を拾い出す作業をしてしまいます。
そうすると、お茶の味に関しては、あまり重要ではない(良質であることは大前提)かもなと、思ったり。質の良い、相性のよいお茶と出会えたら、さらに愉しい!という感じですね。

今回、講座に参加して下さった方から、「メリットを理解することよりも、デメリットを理解した方がいい。それを克服する方が分かりやすい。」という意見を頂きました。なるほど・・・。確かにデメリットを解消していけば、売れる商品になるのだろうと思います。実際に、少し書き出しました。

「急須で飲むお茶」のデメリットを言えば、
①茶殻を捨てるのが、めんどう。
②茶器を揃えたり、洗ったりするのが、めんどう。
③お湯を沸かすのが、めんどう。
④時間を待ったり、温度を下げたりするのが、めんどう。
⑤毎回、同じ味にならない。 等など・・。

・・・。だから、ペットボトルが売れている。全てのデメリットを克服しているから。
という、結論になるのかも・・。

一番の問題は、「めんどうくさい。」という人の心。
克服しなくてはいけないことは、「めんどうくさいことを、めんどうくさく感じさせないようにすること。」「めんどうくさいことが、愉しみだと感じてもらうこと。」
だから、相手が楽しくなるような事をするのが重要。

お茶を自分で淹れるには、茶葉も、道具も何かしら必要。だから、人の意識を変える(何かしら感じてもらう)しかないのかな~と、私は思っています。テクニックを教えるのではなく、意識を変えるきっかけを作るのが、私たちお茶好きの役目なんだろうなと思います。

人の進化は、めんどうを解消してきてここまで来たのかなと、思ったりするのですが、あえて後ろ向きに進んでいるような提案が、本当は人よりも先に進んでいるのだと思います。この辺りは、パートナーのウケウリなのですが。^^
めんどうくさい。を越えるプラスのエネルギーはなに???

やっぱり、それは 『 愛 』 でしょう~♪♪♪ ^0^)/  相手を大切に想う気持ち。

でも、ここだけの話。
ただ今、我が家はケンカ中です。 -。-;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

台風で、海が汚いのだ。

夕方、家に居る時は、2人で海へ歩きに行く。
素足で砂浜を歩くと、気持ちがいい。
牧之原市の海は、海水のきれいな海水浴場とも言われているようです。

でも、今は浜が汚い。先日の台風で、浜には折れた枝も含め、ゴミがいっぱいです。
川の上流から、石も流れてきたのか、砂浜に大小の石が広がっています。

なんてことない石なのですが、素足で歩くとけっこう痛いのでありまする~。^^;)
昔流行った、足ツボマッサージのようです。「調子が悪いと痛いんだ!」と、パートナーはスタスタと歩いて行ってしまうのですが、私は、「イタタ、イタタタ、アタタ ><)」って感じでした。

海水浴場は、清掃車が入ったようですが、それ以外のところは散らかったまま。
早く歩きやすい砂浜に戻らないかな~。

ちなみに、茶畑は、あざやかに緑です。
この日は強風で、台切り茶園の伸びた枝がさらさらとなびき、キラキラと美しく光っておりました。幸せ、幸せ。

でも、今日は海の匂いが家まで到達するくらい、湿気と海風が強かった~。夜、外を歩きに行ったら、ご~っと、波の音がする。この音は、少し怖いです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »