« 3/17.18開催『日本茶と和菓子の魅力』講演会の内容 | トップページ | 新茶前の風景①  »

演奏会へ

週末に、初めて室内楽の演奏会へ行きました。
堀米ゆず子バイオリン奏者と、児玉桃ピアノ奏者の二重奏で、モーツアルトとドビュッシーを聴きました。そして、作曲家、湯浅譲二氏の静岡AOI委嘱作品初演の作品のおひろめもありました。

私は全く知識もなく、比較するベースもなかったのですが、それでも生の臨場感に感激しました。お誘い下さった方は、とてもよかったと言われていたので、きっとステキな演奏だったのだと思います。正直私は、心地よいなと思えただけで、どれくらいすばらしかったのか?等は、さっぱり「???」
良し悪しの判断ができるような自分ではないのが、よ~く分かります。^。^;)

友人曰く、色々な作曲家の演奏を聞いたりして、自分の好きなタイプを探すと良いとのこと。なるほど、これはお茶の世界で言えば、色々なお茶を飲んでみると良いよっということですよね♪
まずは、自分が好きになることが大切なわけですから。

休憩の合間などに、少し音楽の解説を友人が入れてくれたおかげで、
とっつきにくさを外してくれたことが、本当にありがたかったです♪
友人は本当に音楽が好きな様子。

そういう「自分は大好き」なことを、押しつけではなく説明をしてくれ、
間口を広げてくれる姿勢が、とてもステキでした。
「好き」のパワーは伝える人にとって、とても大切なものだな~っと、改めて思います。

今週は、公私ともに色々とあり、慌ただしい感じでしたが、充実した時間を過ごしました。
来週も、これで元気に過ごせます♪

|

« 3/17.18開催『日本茶と和菓子の魅力』講演会の内容 | トップページ | 新茶前の風景①  »

つれづれ 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私はコンサート「前」もしくは「後」のお茶の時間が好きです。もっとも、以前たくさん聴いていた頃は専らカフェでコーヒーでしたが。
自分自身も呼吸を整え、日常の喧騒をしばし忘れ、コンサートモードにしていくのに、お茶は重要です。コンサートホールの周辺に心地よいカフェ(お茶カフェ)がたくさんあれば、より音楽も楽しめるなと思います。

投稿: くまりん | 2007.03.12 11:16

くまりん様
こんばんは。そうですね~。前後のお茶の時間。
そして、呼吸を整えて、自分の準備をするんですね。
今回の私は、そういう余韻を愉しむ時間を作れなかったんだ・・・・。

今、公私色々とあって、ちょっぴり毎日ざわざわしながら、過ごしています。そういう自分を、落ち着かせたいのですが、音楽やお茶って、リセットしてくれるんでしょうね。

投稿: ゆう | 2007.03.13 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/15689641

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会へ:

« 3/17.18開催『日本茶と和菓子の魅力』講演会の内容 | トップページ | 新茶前の風景①  »