« 後悔したくない | トップページ | 静岡産地茶20種 »

『郷土茶』という見方

私が日本茶について知りたくて、静岡へ移住をしてからそろそろ9年が経ちます。
自分なりに様々な角度から、お茶を学んで、見て体験し、実感し、今講座を通して感じてもらいたいことは、この郷土茶という意識です。

『郷土料理』という言葉がありますよね。他にも『和食』、『日本料理』という言葉があります。
そのまま、お茶の世界へ置き換えてみると、

日本茶(=日本料理)・・・日本で作られているお茶の総称
   *私としては国産の紅茶も烏龍茶も発酵茶も、この中には入っています。
緑 茶(=和食)・・・・・・・流通に載っている一般的なお茶類
   *煎茶~茎茶~玉露などなど、現在手に取れる多くのお茶はこの部類に入ります。
郷土茶(=郷土料理)・・・おばん茶を含む各地域で消費されているお茶類

ここからは私の持論になりますが、
日本に伝えられたお茶が、なぜ飽きずに1000年以上も利用され続けたか?
それは、単純に郷土茶的な利用価値があったからではないのかな?

東北の漬物がしょっぱすぎると思っても、その寒い地域(風土)には、必要な塩分だったりするのだし、世界のお茶文化を見ていても、それらのお茶が利用されるのには、ちゃんと風土的な意味があります。

地球を全体と考えると、『郷土』の範囲は、日本となり、
日本を全体と考えると、『郷土』の範囲は、国内の各地域となります。

世界から見れば、日本のお茶は緑茶文化となりますが、もっと小さな、ローカルな視点で見ると日本のお茶文化は、緑茶だけではないだろうと思います。
時間的な視点を追加してみても、
蒸し製の緑茶が国内で、消費を伸ばしたのは、戦後の話。
高度成長で日本茶の価格が上がり、輸出が出来なくなったから、国内需要に目を向けたのです。
以前、四国へ行った時に、当時静岡茶の宣伝がすごかったから、
四国のお茶が売れなくなった。というぼやきを聞きました。

今の国内の各地域で飲まれているお茶を、スポット的に(1郷土茶として)見ていくと、
おばん茶の世界が、息絶え絶えではありますが、まだ残っているし、
地域のお茶屋さんは、自分の周辺のお客様の嗜好にあったお茶を作り、
地元の人のために存在しています。
グローバル化した茶業は、蒸し緑茶が主流。
産地は、静岡か、宇治か、鹿児島か、それとも三重か・・・。たくさん産地はありますね。

流通に載っている、販売されているお茶(=売れるから作るお茶)を知ることと、
もう一つは、風土に合って利用されているお茶(=自分たちが必要だから作るお茶)を知るということが、日本茶を知るのに、大切だなと思います。

日本のお茶文化は、もっと奥も幅も広い、融通の効く、
いいかげん(良い加減)な世界なんだと思いますね~♪

私は『もっと自由に、もっと愉しく 生活にお茶を取り入れるお手伝い』がしたいですね。

|

« 後悔したくない | トップページ | 静岡産地茶20種 »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
わが故郷の八女茶もありますよ~。
「・・・」の中なんですね。
全国的には、ネームバリューが少ないのかな~。
結構美味しいと思うけど。
以前に、八女茶は宇治や静岡に行き、そこのブランドで売られていると聞きました。

投稿: chaguまま | 2006.09.28 00:42

八女茶も有名な産地ですよね~♪
私も好きな産地ですよ。
星野村にも、行ったことがあります。
玉露が嫌いだった私が、
星野村の玉露を、星野村で頂いた時に、
初めて、玉露って美味しいんだと、気付かせて頂きました。
人も良くて、ステキなところです~♪
う~ん、また行きたい。
単純に、福岡は美味しいものたくさんありますしね~。
あ、美味しい邪念がいっぱいになってきた~♪

投稿: ゆう | 2006.09.28 20:27

こんばんは!
わ~っ、星野村を知っている人がいて、実際に足を運ばれたとは感激です。結構山深いところですよね。
実は私は行ったことはありません・・・。
贈り物をするときに、気を遣う人には星野村のお茶を送りますが。
八女茶が知られていてよかった!!

投稿: chaguまま | 2006.09.29 00:14

chaguまま様
もちろんですよ!有名ですから。星野村の奥深く入る感じが好きです。そして急に傾斜が大きく山を登り・・・。ぜひ行って見て下さいね。
星野村に行かれたら、どうぞ、星野村のお米も一緒に買って下さい。玉露栽培と稲作はバランスが必要で、新稲わらがないと星野村の玉露栽培は続かないんですよ。だから、玉露のためにお米もぜひに!

なるほど、星野村のお茶というのは、そういう高いポジションなんですね~。勉強になります。ありがとうございます。

投稿: ゆう | 2006.09.29 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/15689479

この記事へのトラックバック一覧です: 『郷土茶』という見方:

« 後悔したくない | トップページ | 静岡産地茶20種 »