« マニアなお茶時間作成法2 長期編 | トップページ | 「あきらめず、あせらず、遠慮せず」の講演会 »

不思議に体が軽い気分

今日、知人の藤枝のケーキ屋さんに伺いました。
新商品のコンセプトや、小学校でのケーキ屋さん講座の話、お茶の提案方法などから、個人的な話までランチを挟みながら色々と話をしました。

私自身、茶業界を客観的に見ているつもりでも、
異業種から見れば「それって変だよ。」がたくさん見えます。
オーナーパティシエの山田さんと話をしていると、
時々、自分の見方がとても狭かったなと、はっと気付かせてくれるコメントが飛び出してきて、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

今まで自分の中で良い言葉が生まれず、表現不能だった自分の講座のコンセプトが、
山田さんとの会話の中で、スコーンと抜けました。

自分のやらなきゃいけないことは、先が長く、大変だから、頑張らなきゃ!
と一人、気合を入れるような気持ちだったのが、抜けた途端に、とても体が軽くなり、
一気に広がりを持てるようになりました。山田さんには本当に感謝です。

私はずっと、「伝えなきゃ!伝えなきゃ!」っと思っていたけれど、そうじゃない。
    「引き継いでもらいたい。」
ただ、それだけのことなんだって。
しかもそれは、1200年続いているお茶の歴史なんていう、大きな流れではなく、
ただ、ただ、親から子へ引き継げばそれでいいってことなんだ。
また一つ、自分のやることがはっきりと見えてきました。

そうしたら、自分の変なこだわりが一つ消えました。
自分の肩書きなんて、人からすればどうってことのないもので、自分がそういう呼び名にこだわる事の方が、ちっちゃく感じます。私にとって肩書きなんて、どうだっていい事なんだ。それよりも、良い仕事が出来る様に。
山田さんに、感謝!

|

« マニアなお茶時間作成法2 長期編 | トップページ | 「あきらめず、あせらず、遠慮せず」の講演会 »

お茶日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/15689471

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議に体が軽い気分:

« マニアなお茶時間作成法2 長期編 | トップページ | 「あきらめず、あせらず、遠慮せず」の講演会 »