« 足のすくむ茶畑 | トップページ | 昨日の補足 »

田植えを7月に・・・

先日、はっとするような話を聞いた。

日本で一番早く出来る新米は、7月の沖縄だそうだ。
「早く作るには、早く田植えの出来る所へ」と考えると、
早く温かくなる沖縄が一番になるのが普通だ。
でももしかして、夏に田植えをし、1月に収穫できる品種が出来れば、
そうすれば、その1月の新米は、今年一番の新米になり、
しかも縁起のよいお米として重宝されるだろう。

台風の季節には稲穂はまだ短くて倒れにくく、
収穫時期には虫がいないから、農薬の残留も大丈夫。少なくてすむだろう。
そういうお米の品種を作ろう、7月に植えてみようと言う発想が
生まれるかどうかがとても大切だというお話だ。
つまり「早く収穫するために、田植え時期を後ろにずらす」と言う発想の転換だ。

出来る限り、自分の視点をニュートラルにしておく事がとても重要だとも教えられた。
現在の常識・非常識は、多数派・少数派という人数配分の中で決められただけで、
人や環境を傷つけることはしてはいけないけれど、
そんなジャッジは人間がするべきではないとも。

奥が深くてまだまだ私は出来ないけれど、
ニュートラルな視線で見る習慣は身に付けたいですね。

|

« 足のすくむ茶畑 | トップページ | 昨日の補足 »

つれづれ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217466/15689313

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えを7月に・・・:

« 足のすくむ茶畑 | トップページ | 昨日の補足 »